フォト

ウェブページ

2021年1月 5日 (火)

2021年1月3日 淡路島

週間天気予報通り

よく冷えた朝。

6時30分明石発のジェノバラインを目指して2号線を走る。

ツーリング先生も6時30分の船だったので

一緒に淡路島入り。

Img_1405_20210105210101

AM7時過ぎ 道の駅あわじに到着すると

グラソリモータースCEOが既に到着していて

毎年恒例の朝釣り。

Img_1406

朝の明石大橋と

Img_1407_20210105210101

道の駅から見る朝焼け。

今年もこの景色が見られた。

AM8時になると参加者の方々がぞくぞくと集まる

Img_1408

初参加6名様を入れて総勢15台

しばし談合して解散

自分はツーリング先生と一緒に内陸ルート

県道157、花さじきを抜けて

内陸のまま摩耶山を目指したかったが

道を間違えて西海岸へ

県道31号を少し走って

北淡IC横、県道123から再び内陸アタック。

自分はナビを使わないので

地図を見て暗記した道路番号と

太陽の位置、山の形、民家の建ち方、電柱の立ち方、道路の質を

観察しながら進む。

団体行動には向いていない。

狭い道を進むと『 摩耶山展望所 』の看板。

Img_1409_20210105210101

ここが摩耶山。

Img_1410_20210105210101

スーパーカブだから来れた。

Img_1411

東に和歌山県、真ん中友ヶ島、西に淡路島。

国道28号目指して下山

塩尾から県道469で再び内陸

洲本まで抜けたら

数年前にアタックを断念した

猪鼻第二ダム~柏原山~モンキー海岸への山越えルートをチョイス

石だらけの林道を走りダム横かすめて標高を上げる

Img_1412_20210105210101

チーン。

道は途中で途切れていた。

引き返して11時。

先生は時間が押していたのでここで帰路へ

自分は沼島渡船乗り場を目指す。

『 山岳狭路に萌えていたら12時だったでもOK 』と

年末のブログに書いたのは自分自身の行動を予期した

伏線だったのかもしれない。

折角ここまで来たので由良に引き返して水仙郷を抜けるのはいやだ。

予定変更、諭鶴羽山を越える。

国道28号で円行寺交差点まで南下

県道535で諭鶴羽山方面へ

途中、覚住寺の看板を見つけたら左折して上田池を目指す。

Img_1413

上田池(こうだいけ)

ここでグラソリモータースCEOに入電。

沼島渡船乗り場は全員集合とのこと。

『 CEO、まだ時間かかりそうなので、適当なところで、か、かいさんでお願いします。』

CEOが持参したドローンで山の中の僕を探して貰って、手だけ振ろうかとも考えたが

そんなお手数おかけするわけにいかない。

この時点での沼島の模様は

Img_1434

こんな感じ。

Img_1446_20210105214901

VMAX NSP Nさんと

奥様のスポーツスター

初参加ありがとうございます。

Img_1444_20210105215001

848 Yさんと

スーパーカブ Hさん

昨年に続き、参加ありがとうございます。

Img_1439_20210105214901

グラソリエントCEOのショベルヘッドと

アミーゴのアミーゴOさんのインディアンボバー

初参加ありがとうございます。

Img_1445_20210105215001

FXR Mさん号と

GPZ900R Hさん号 

毎年参加ありがとうございます。

Img_1443_20210105215001

マッドボッパー Tさん

Z2お兄さん。写真ありがとうございます。

Img_1440

こちらもアミーゴのアミーゴ

Kさんのチョッパー

初参加ありがとうございます。

帰路のサンセットライン

Img_1438

向かって左側が

エルパンチョCEO アミーゴのパンヘッドと

その隣が

アミーゴのアミーゴUさんのインディアン

初参加ありがとうございます。

沼島での談合はかなわなかったが

なんとか山を越えなくてはならない。

道が狭くなったり石や枝が落ちていたり

Img_1414

ところどころ

Img_1415

ダートだったり。

少し雪が残っている箇所もあった。

どんどん進むと下り始める

Img_1416

ああ、沼島が見えるよ。

あの島の対岸には皆さん集合しているんだ。とか考えながら

Img_1417

萌える。

諭鶴羽神社の横をかすめて

急坂を下る。

ようやく下山してモンキー海岸を爆走

Img_1418

一人渡船乗り場。

ここで考えた。

恐らく各々どこかで昼食をとって西海岸を北上するグループも居るだろう。

行け!スーパーカブ!

お前のポテンシャルを見せる時だ!

Img_1419

合流~\(-o-)/

Img_1420

別ルートの方々とは談合できなかったが

サンセットラインチームには出会えてよかった。

Img_1435

Z2お兄さんが撮ってくれた猛者90。

左ステップが曲がっているのは

諭鶴羽山で一回ひっくり返ったから。

道路脇の窪みに落ちて140度くらい逆さ向いていたけど

スーパーカブはアイドリングしていた。

恐るべしスーパーカブ。

Img_1426

グラソリモータースCEOが撮ってくれた

Img_1427

笑ってるおっさん。

誠に勝手ながら

実に濃い1日を過ごさせていただきました。

今後の狭路アタックは別プランで実施しようと少し反省。

参加いただいた皆様、寒い中ありがとうございました。

2021年も

ご安全に

KITAMO

 

2020年9月29日 (火)

宇宙的なスクーターで UFO だよ

『 ゆーふぉーらいんに!行きたいかぁー! 』

『 おー! 』

6月某日

なんだか落ち込んでいた私は

ジャンボフェリーのHPを開いた。

そして

片船ドッグ入りの為、第一便の出航が50分早まるという情報を得た。

50分早まるということは仮眠しながら5時前に高松入りできるってことじゃないか!!

なんてこった!こんなチャンスは滅多にない。

5時前に四国入りできれば月曜日の1日で十分に走り回ることができる。

Img_6882

点検整備を済ませておいたHONDA スペイシー125

ODO 15469km 出発

『 潮の流れの影響で45分ほどダイヤが遅れています。 』

普段と変わらんやないかい!

まぁ自然が相手なら致し方ない。

Img_6883

新港で船を待って無事に乗船。

Img_6884

AM6時前に高松入り。

まだ眠っている高松市内を抜けて国道32号線へ

以前から気になっていた

Img_6887

名もなき道(たぶん)に登ってみた。

Img_6888

吉野川の右に見えるのが国道32号線

Img_6889

32号線で大豊まで走って

国道439号線

Img_6891_20200928230601

早明浦ダムを目指す

Img_6892_20200928230601

いいか、ここがアウトドアの生地だ。

こういうもんは、言ったもん勝ち。

Img_6893_20200928230601

途中のコンビニで買った朝食を食べて一服

Img_6894_20200928230601

これが早明浦ダム。

国道194号へのショートカットくらいにしか考えていなかった

Img_6895_20200928230601

県道17号(本川大杉線)

ここがかなり面白かった。

Img_6896_20200928230601

ちょっと期待はしていたけど、こんなに気持ちいいとは。

また走りたい。

Img_6897_20200928230601

吉野川の支流沿いに快走路が続く

Img_6899_20200928230601

川の水が綺麗で岩の質も違う感じ。

Img_6900_20200928230601

美しい場所だ。

Img_6901_20200928230601

ドンつきは国道194号線

ここからUFOライン(瓶ヶ森林道)を目指す。

寒風山トンネル手前で側道へ

Img_6902

いよいよ瓶ヶ森アタック

Img_6903_20200928230701

雨の日はここが川になるのであろう。

Img_6905

かっこいいトンネルを越えて

Img_6906

とうとう見えてきたよ

Img_6908

ドーン! 瓶ヶ森

素晴らしい景色だ

ここでも四国の山深さを感じる。

景色を堪能したら

石鎚山を目指す

Img_6910_20200928230701

この道は落石が多い

ガードレールは、いたるところでベコベコになっていた。

数年前には落岩で走行を断念した思い出がある。

Img_6911_20200928230701

そろそろ石鎚山。

Img_6912_20200928230701

さっき走った瓶ヶ森林道がもうあんなに遠くに見える。

ちっちゃいスクーターでもコツコツ走れば山を越えられるんだ。

Img_6913_20200928230701

到着。

なんと、おしゃれなショップができているじゃないか。

少し休憩して

県道12号 石鎚スカイラインで下山。

下山したら国道494で南下

県道12~県道212(東川上黒岩線)から国道33。

大渡ダム湖畔を走ってまた439合流

Img_6914

県道18号(伊野仁淀線)で越知町に抜けたかったけど

県道入り口に通行止めの看板。落石かな。

仕方がないので439を引き返して

Img_6915_20200928230701

また大渡で33号合流

仁淀川沿いに33号を快走し

横倉橋で県道18号(伊野仁淀線) 

越知町へ

Img_6916

空が広い

Img_6917

快走路18号でドンつき

Img_6918_20200928230701

国道194号

右折して、いの町方面へ

いの町の街中から県道33号(南国伊野線)で北上

Img_6919_20200928230701

鏡ダムを目指す

Img_6920_20200928230701

ちょっとだけ不安になった県道33号

県道6号(高知伊予三島線)で439を目指すか

県道16号(高知本山線)で目指すか迷ったが

船の時間もあるし、16号にした。

Img_6921_20200928230701

左折

Img_6922_20200928230701

高川川

北川川ってのもある。

Img_6924

山越え

Img_6925_20200928230701

四国が好きだぁー!

439に出たら休憩して国道32号 大豊を目指す。

大豊から県道5号(土佐北街道)で北上するか迷ったが

『 船、船、船 』と頭の中で連呼し辞めた。

国道32号

Img_6927

ここはどこだったかな

WESTーWESTより南だった記憶がある。道の駅か。

実家に寄りたかったがこの日はやめた。

Img_6929_20200928230801

最終休憩地

道の駅 『 滝宮 』

工事中でトイレしか無かった。

ここで休憩できているということは

出航時間まで余裕を持って行動できているということ。

Img_6930_20200928230801

時間的余裕を持って高松港入り

これが大事。

Img_6932

高松港で ODO 15997km

四国内の走行が500ちょい

燃費はだいたい40km/L くらいだった。

スペイシー125 絶好調です。

Img_6933_20200928230801

ジャンボ乗船。

Img_6934_20200928230801

また来るよ四国。

って思った6月。

KITAMO

2020年1月 5日 (日)

新春 極寒?修行ツーリング 2020

前日に

信頼関係が強固になりまして

出先でのプラグ・キャブレターの確認は無しと判断して

Img_3693_20200105220501

KMHR フルカウルバージョン。

Img_3825

1月3日 AM8時20分 道の駅あわじ

Img_3700

Img_3701

今年は13台のご参加

新年の挨拶と、しばし談笑したら

8時30分解散

私は、相棒、T先輩、Tさんと4台で途中まで内陸。

県道157号で花さじき抜けて、途中71号で下らずにそのまま奥へ奥へ

Img_3703

行き過ぎた。ね。

GSX-R1100のTさんは 『 どこ連れていくねん!! 』 と言ってたけど

Img_3828

この顔はまだ足りない顔。

この先は抜けられないと判断して

ここでUターン。

この後、岩のところや、泥のところ、急坂下って

3回くらいUターンした。

一緒に走った4台だけバイクに泥が付いているという

良き新年のスタートである。

東海岸まで下りたら、あとはいつものルートで

Img_3705_20200105215701

モンキー海岸へ

Img_3706

Z1で東北Zミーティングin山形に参加する猛者も

淡路島はスーパーカブで萌える。

Hさんいつもありがとうございます。

少し休憩したら

Img_3707

沼島渡船乗り場。

AM10時半ドンピシャ。

ここで師匠グループの方々とお会いして新年の挨拶。

キタモグループの方々は

Img_3708

初参加 848 Yさんと Z2お兄さんfrom宇治

Img_3709

毎年ご参加 ボッパー号 Tさんと 

朝から店に来てくれて一緒に淡路まで走った 1000S ツーリング先生

Img_3710

お二方は師匠グループ

愛でるツーリングでご一緒させていただいた653SP

XS-1B グラソリモータースCEO

Img_3711

『 チーム ミサイル 』 GSX-R1100 相棒と 

ストリートファイター T先輩

Img_3712

行き止まり狭路に連れ込まれたGSX-R1100 Tさんと 

行き止まり狭路に連れ込んだ KMHR

Img_3713

去年は4日に淡路島単独走破した550 Sさんと 

転勤からおかえりなさい Z1-R Hさん

Img_3714

毎年ご参加 Z2 播州支部長と

今年はZ2でご参加 Sさん

Img_3715

単独ジェノバライン スーパーカブ Hさん

キャプテンは残念ながら年末にステーターコイルパンクで今回は不参加

キャプテンまた行こうねー

沼島の休憩もそこそこに

いよいよトッピングメニュー

『 行きたい人! 』 『 ハーイ 』

5本の手が上がった。

淡路島南ICから鳴門北ICへ

県道183号 鳴門スカイライン

順調に走って

Img_3739

『 うどんや 』 到着

予想通りお店は混んでいて列に並ぶが

意外と早くうどんにありつく

Img_3738

これで550円くらい。

安くて美味くてお腹いっぱいになるから讃岐うどんは好きだ。

県道1号突入前に給油

Img_3740

給油を済ませたら 県道1号線 アタック

中央線は無いが意外ときれいな道で走り易い

途中の

Img_3742

絶景スポットで写真撮影

Img_3743

 『 うどんや 』 が見える

Img_3745

この道幅くらいの道路がほとんどで狭路という感じではなかったが

カーブだらけで楽しい道でした。

Img_3746

やっぱフルカウルやで。

Img_3747

今年走破する四国の3ケタを模索する2台。

Img_3802

記念撮影。

山を下ったら高松道 板野ICin

Img_3812

鳴門西PAで休憩

高速で帰る組と淡路島南で降りる組に分かれて解散。

私は播州支部長と

Img_3813

たこせんべいの里へ

通常17時までの営業がこの日は16時までだったみたいで滑り込みセーフ。

店が閉店してから

支部長と人生について談合していたら

Img_3814

日が沈みました。

Img_3819

撮り合い

Img_3822

Z2のシートは、たこせんべいと玉ねぎで満載。

支部長いろいろ話を聞かせてくださりありがとうございます。

ここから西海岸を走って淡路ICまで。

無事に高速乗って帰路。

番外編

この日 450 Tさんは

タイヤの山が不安で皆に迷惑をかける可能性があるとのことで

Img_3833

単独琵琶湖1周。長浜以北は極寒だったそうで

Tさんが一番極寒修行ツーリングになりました。

Z2お兄さんからのいただきPHOTO

Img_3839

Img_3838

Img_3848

Img_3853

かっこいい写真ありがとうございますm(__)m

年々、車やバイク、自転車が増える淡路島ですが

各々のペースで走り、トラブルなく無事に終了することができました。

ご参加ありがとうございました。

Img_3729

今年もご安全に

KITAMO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年10月23日 (水)

古き二輪を愛でるツーリング

They are swimming

He is swimming

こんなに英語の発音が難しかったとは。

いつになったらLevel 1 をクリアできるのか

そんな話はさておき

2019年10月20日

古き二輪を愛でる会 ツーリング

Img_2152

AM7時 『 これから出るズラ! 』

播州支部長から入電。

AM9時 道の駅 猪名川

Img_2129

いろいろなツーリンググループの集合場所になっていて

朝からバイクが多い。

『 こんなところで何しとんねん!? 』 

『 ふむふむ、わしも行くわ 』

偶然遭遇したNさんも含めて

11台12名 で出発。

兵庫県道12号 猪名川渓谷ラインで北上

国道372号を目指す。

西峠で少し雨に打たれるも猪村を抜け古坂峠へ

ここで反対車線を走ってきたK先輩と遭遇。

372号線の信号待ちで後ろから追いついてきたK先輩が先頭に来た。

この瞬間、すこし空気がピリッと引き締まる。

国道372号に入ってからは雨が降ることもなく順調に進む

京都府道54号から京都府道19号。最後は50号で

Img_2130

スチールの森に到着。

入場で渋滞ができるほどバイクが集まっていました。

Img_2131

500台ほど来ていたらしい。

Img_2133

普段あまり見る機会のないバイクがここには沢山います。

Img_2134

メグロ

Img_2135

ホンダ ベンリー

Img_2136

素敵な単車を構成する部品の形が美しい。

Img_2141

ベベルも数台見かけた。

各オーナーが熟成させた調子の良さそうな単車が多いです。

Img_2144

DUCATI シングルと 濃い~HONDAの並び。

Img_2140

『 〇〇仕様にしています 』 と書いてあるCBを数台見たが

何がどう何仕様なのかさっぱりわからない。

C、CA、CB、CD 深い世界だ。

Img_2145

かっこいい~

Img_2146

レースにも出ていらっしゃるのか?

Img_2142

この並びは濃過ぎ^^

自走で来ているところがすごい。

Img_2148

XSで参加されている方も多い。

Img_2132

昼頃になって

会場を出る組と会場に残る組に別れる。

当方は

播州支部長Z2、Nさん653SP、K先輩トライアンフ、相棒GV73A、KMHR の5台で

府道19号を北上。

排気量的に厳しいK先輩から

『 ちょっとエンジンキツイから縦は加減してくれ 』 と入電。

その後、先頭まで来て

『 いくらなんでも加減し過ぎや!眠なってまうわ! 』 と喝。

あまり加減したつもりでもなかったのだが

この微妙なさじ加減が分かるようになれば熟練の船頭になれるのか。

自身では結構なペースで走ったつもりだったが

『 今日はゆっくりやから燃費が伸びていいわ~ 』 というお声かけまでいただき

少し自身の自信を消失した秋の北部。

府道19号から国道162号線 周山街道まで出たら右折して道の駅 美山ふれあい広場で休憩。

ここでKMHRにトラブル発生。

『 走る工具箱 』 とまで言われた私が適合する工具を持参していなかった。

Nさんに工具をお借りし事なきを得たが反省。

『 お前バイク屋やろ! 』 ってツーリング先生が居たら激が飛んでた場面であった。

Nさんありがとうございました。

この日、播州支部長は晩から九州向けの便があったので道の駅 美山でお別れ

Img_2156

支部長ご参加ありがとうございました。

で、4台になった一行は周山街道を北上

口坂本で福井県道16号線

よし!俺の得意な山岳狭路だ!と思ったのもつかの間

Nさんにシュパッと抜かされ ウズウズする相棒に道を譲り。。。

後ろでウズウズするK先輩を、、、ブローーーック!!!

『 おどれこら!!何ブロックしとんねん!! 』

『 見えんようになってもうたやないか! 』 って

片側通行の信号待ちで怒られたが

笑ってたから大丈夫かな。

翌日

『 昨日はありがとう~楽しかったわ~ 』 って

差し入れに たこ焼きまでいただき

わざわざ店に寄ってくださる優しい先輩。

けど

『 自分、あの峠でブロックしたしな 』 と一刺しは忘れないのである。

Img_2149

最後の休憩場所、道の駅 瑞穂の里 さらびき

Img_2151

帰路の173号線は小野新交差点で大渋滞

相棒に先導して貰って猪名川渓谷ラインから帰りました。

極寒修行ぶりのツーリング

バイクってやっぱり楽しい。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

KITAMO

 

 

2019年5月 9日 (木)

そうだ山口県に行こう

  5月4日 PM10時半出発

山陽道は渋滞する可能性があると思い

真っ暗な中国道をひた走る。

AM3時 戸河内通過

分かり易く行くなら中国道山口ICで降りるのだと思うが

荷卸峠で一旦北上する距離がもったいない。

私は一つ手前の徳地ICで降りて

県道24号線を南下する道を選んだ。

Img_8209

景色もへったくれもない。

佐波川沿いの快走路

Img_8210

県道24号線 日が昇り始める朝か、日中に走りたい道だ。

しかし星はキレイでした。

Img_8211

防府市街地へ通じる橋。県道54だったか。

Img_8214

Iさんのガレージまでもうすぐのところ

AM4時半 市内の7.11 駐車場

ここから少し走ってガレージに到着。

安堵感から眠気がピーク

約束の時刻6時までガレージ前で仮眠。

Img_8278

で、

無事に納車。

I様 たいへんお待たせいたしました。

Xqmh5471

折角、山口県まで来たので一緒に暖機。

ガレージを出発し秋吉台を目指す。

国道262号線、昔走った北海道の道のように感じた。

久しぶりの秋吉台をIさんと走ってドライブインに到着すると

Img_8216

前回の秋吉でもお世話になったSHUHEI先輩とNさんが来ていた。

ん?

Img_8220

あ、どうも。90年のジスペケですよね。よく似たバイクが神戸にもいるんですよって・・・

Img_8218

その神戸のバイクでした。

Img_8207

前日にこの写真を私が送ったら当日の早朝に秋吉に居るという。

で、その日の夕方には帰宅してるという。

なんて野郎だ。

Img_8219

記念撮影

Img_8224

いつもの場所ではないけど

Iさん号とホームコースAKIYOSHI

Wthn2654

相棒もうれしそうです。

Xcxe2401

KMHRは好調。どこまでも行けそうな気がします。

Img_8267

写真を撮ってくれているので秋吉を行ったり来たり

Img_8303

ここで

この後用事があったアーリーショベルのNさんとお別れ。

早朝6時から秋吉でスタンバイしてくれていたそうで

久しぶりにお会いできてうれしかったです!

Img_8287  

4台で北上

Img_8289_1 

山口県の道は景色がよく路面もキレイで気持ちがいいです。

千畳敷~昼食とって解散

SHUHEI先輩、先導ありがとうございました

今回山口県に納車に行って距離を再認識

この距離でも足を運んで当店を利用してくれるIさんに感謝であります。

高速乗る前に給油

今から450km走って帰るのだけれど

この元気はすごい^^

Kvos6195

帰路の中国道が楽しすぎて中国道だけまた走りたいって言ってました^^

私は帰路の途中

広島の工房で仕事の打ち合わせ

Img_8245_1

話し込んで長居してしまいました

晩御飯までご馳走になってしまった

MASHさんお忙しいところありがとうございました。

で、

そういえばほとんど寝てない

案の定

中国道のどこかのPAでギブアップ

Img_8250_1

早朝無事に神戸入り。

みなさんいろいろお世話になりました

Img_8226_1

楽しみ方や拘りは人それぞれ

走り方も萌えるポイントも人それぞれ

数人集まろうが

一人で走ろうが

どちらにしても走っている時は一人だし

ヘルメットの中でブツブツ言う独り言は多くなるけど

バイクが好きだ

KITAMO

 

2019年1月 6日 (日)

2019年 修行ツーリング 第一弾

おかげさまで今回で9回目の開催になりました

凍てつく指先を我慢しながら1年の交通安全を祈願

2019年 1月3日 極寒修行ツーリング in 淡路島

Img_4735 毎度言いだしっぺは遅刻厳禁。

Img_4734 中国自動車道 宝塚IC AM6時15分

ここのスタートに拘るのは、第一回からずっとここだから。

Img_4736 播州支部長から入電 『 今から出るズラ! 』

新名神が開通したこともあり今回宝塚スタートは私一人。

自身が修行と謳うからには、年の初めに極寒の山陽道を通るのである。

破れたグローブを脱ぎ、新調した冬用グローブで挑む山陽道~神戸淡路鳴門自動車道。

毎回、これ冬用?って疑いたくなるなるくらい指先が痛い。

指先の感覚が無くなったころに明石大橋手前の暖かいトンネル通過。

Img_4822 そして明石大橋を通過。

Img_4737 AM8時頃 道の駅淡路

Img_4738 今年は総勢14名参加。

で、8時半に一回目の解散。

私は大好きな花さじきロードを抜けてから国道28号線へ

毎年、国道は車が多くペースはゆっくり。

水仙郷を越えてモンキー海岸ロードへ

Img_4739 いつもの撮影ポイントで後続車を待つ。

Img_4762 Sさん 遠いところ初参加ありがとうございます。

Img_4740 キャプテンは、マニアックな内陸を抜けてきているので

直接、沼島渡船乗り場へ到着予定。

暫し談笑していると

KMHRに乗りたそうな人を見つけたので 『 乗ってみる? 』 と声をかけると

Img_4766 即跨る

『 これなんぼまで回してええねん? 』

先ず回転数を聞くあたりが全開にする気満々である。

ベベルは労わってはならない。回してなんぼだと私も思っているが

こんなこともあろうかとASウオタニでレブリミットを効かせておいた。ホッ。

タコメーターのレッドゾーンは7500だが

回した感じでは、加速状態であれば体感的には8500~9000くらいまでいってもいいように感じた。

Img_4779 沼島渡船乗り場。

Img_4741 ラビット使いのグラソリモータースCEO

Img_4743 たこせん大好き Z2 播州支部長

Img_4744 今年はK1でご参加 Tさん

Img_4745 Z2 お兄さん from 宇治 と DYNAで初参加のSさん

Img_4746 妄想族特攻隊長 パールロードSP Sさん from 志摩 と 最多?ご参加 ボッパー号 Tさん 

Img_4747 年末納車のFXR Mさんと 今年はR1000に変わったKさん

Img_4810 R1100 相棒と

Img_4811 相棒の奥方。これを乗りこなすのはすごい。

Img_4748 初参加 ツーリング先生 テネレ と KMHR

私がベベルに魅了されたのは、ツーリング先生の900SSがきっかけなのだ。

キャプテンが到着したら

Img_4812 Zの記念撮影。

Img_4813 ザ・オートバイ 美しいバイクです。

Img_4807 Z2お兄さん写真ありがとうございます。

ここでグラソリモータースCEOと相棒の奥方は

シウンクラフトワークスのツーリングに途中合流。

修行ツーリングチームは大鳴門橋記念館へ

Img_4751 ここで昼食。

Img_4755 1日好天に恵まれ良かった。

Img_4753 徳島が見えます。

Img_4754 今年は四国行きたいな。

休憩が終わればここで解散。

高速道路、海岸線、たこせんべいの里チームに分かれて帰路につきます。

Img_4775 毎年恒例 たこせんべいの里

各観光地や海岸線は車が多いが内陸は比較的、車が少なく走りやすかったです。

ここから海岸線に出て

Img_4770 給油。

再度花さじきへ

KMHRがお山の狭路もしっかり走れることがわかりました。

これなら439行けるね。

今回は特にトラブルなどなく皆さん走りきることができて良かったです

新年早々、寒い中ご参加いただきありがとうございました。

Img_4818 

番外編

この日の為に550を熟成させるも

涙目で 『 3日・・・用事で行けない 』 と言っていたS氏が

Naat3996 4日に一人淡路島

Gigi2790 意地でも行く淡路島。

2019年もご安全に

KITAMO

2018年9月 4日 (火)

鈴鹿ツインサーキット 走行会

9月1日の夜

Img_2669 初めての宝塚北SA。美しいSAです。

9月2日に開催される走行会に行くため

相棒と待ち合わせ

前日から移動するこういう感じ久しぶりでワクワクします。

Img_2671 私のトラックにはT先輩のGPZ

トラックに乗せたら一気に盗難車感が増すと噂のGPZです。

ご安心くださいT先輩名義の愛車です。

Img_2672 しかし怪しい。。

桂川SAでT先輩と先輩のお兄さん(チーム監督)と合流

私はお兄さんと初対面だったのだけれど、何故だか昔から知っているような感じ。

深夜に現地に着いてキャンプ場みたいな某駐車場で前夜祭&チーム監督の爆笑トーク会。

爆笑トークは朝まで続き

Img_2675 参加者車列の後方に並ぶ。

Img_2676 初めて来たツインサーキット

Img_2680 現行スーパースポーツから往年のレーサーレプリカまで大勢集まっています。

Img_2678 かっこいい。

Img_2681 ライダーズミーティング

ビギナー・ロー・ミドル・ハイからエキスパートクラスまで走行会開始

Img_2685 相棒は20数年ぶりのサーキット

初めは体がカチカチでしたが徐々に力が抜けてどんどんタイムが上がります。

このセンスは高校の時からずっと見せつけられております。

『 見てや!膝パッドガリガリやで! 』 うれしそうに、、、お前は16歳か!

Img_2687

携帯で撮るとなるとなかなか難しい

Img_2714 T先輩が来た!

Img_2715 パシャ!

次は連写機能を

Img_2706 来た

Img_2708 来た

Img_2709 来た

Img_2710 来ーたー


Img_2711 パシャ!

撮影場所と角度が悪いね。

タイム計測の午前中が終わり午後からビギナーとハイの2クラスに分けて

参加希望者によるスプリントレース

Img_2723 なんと相棒はビギナーズクラスポールポジション!

惜しくも2位でしたが、こちらまで熱くなる激走で興奮しました



T先輩はハイクラスのスプリントレース

現行スーパースポーツがひしめき合う中に30年前のGPZ。そしてアップハン^^

ライン取りも違うしストレートでは抜かれる

しかしGPZ900Rは食らいつくのであった。

Img_2718 爪痕残した2台。

久しぶりにレースの雰囲気を味わえてうれしかった

なんでも熱いって素晴らしい

あれ?これは走行会だったような。いや、気持ちはレースだ。間違いない。

イベントが終了し帰路

名阪国道の渋滞に嵌り

Img_2737_2 香芝SAで休憩

皆さんおつかれさまでした。

とても濃い内容の長い長い1日でした

トラブルや怪我もなく終われてよかった

また行きましょうね~

ありがとうございました。

KITAMO

2018年1月 5日 (金)

2018極寒修行ツーリング

年が明けまして

2018年1月3日 修行ツーリング第一弾 in 淡路島

Img_7913 AM6時半 宝塚IC 雨

過去、雪はあったが雨は初めて。しかし天候は回復するという予報を信じて走る。

しばらくするとボッパー号Tさん到着

Img_7921 雨に落ち込むTさん^^

今回宝塚発は2台

雨の中スタートして名塩辺りで雪に変わり西宮北IC越えるころには霙に変わる。

そしてやはり極寒の山陽~神戸淡路鳴門自動車道

神戸西IC辺りが一番寒く感じました。

指先の感覚は寒いから痛いを超えると何故か我慢できる。

暖かい垂水のトンネルを越えて明石大橋で朝日を浴びながら最高の景色。

Img_7927 道の駅あわじに到着

既にグラソリモータース社長は到着していて岸壁で釣りしていた^^

因みに他の釣り人はゼロ。釣果も・・・

Img_7928 しばらくすると皆さん集まってくる

Img_7930 Z1 Hさん初参加ありがとうございます。

『 自宅でいくら探しても冬用グローブがないんですよ。。 』 チラッと目をやると常にエンジンを触っていらっしゃいました。

恐らくHさんがこの日一番指先痛かったのではないでしょうか。

Img_7933 相棒もGSX-Rで。初参加の奥様と。

奥様はツインカムソフテイル、家出る時から雨まじりの雪で 『 今日は止めておこう 』と

相棒が言うのを期待したそうですが、言うはずもなく・・寒さに耐えてのご参加m(_ _)m

数名の方が仕事の都合やバイク不調で不参加となり、今回は12台13名。

根性のバイクウ~メンAちゃんはバイク不調でタンデムでのご参加。

AM8時半解散

僕は内陸を抜けて洲本までのルートを選択

花さじき抜けて県道157~462へと思っていたが途中早めに左折してしまい

国道28号久留麻交差点へ下ってしまう。

スタートして途中までは一緒でしたがだんだん台数が減り

志筑交差点越えて県道469号に入るころには6台

県道469を南下して県道46号で洲本へ

予定では76号で水仙郷からモンキー海岸でしたが

また道を間違えどんどん山へ

550のSさんが 『 ぜんぜんどこ走ってるかわかりませんわ~^^ 』 と笑いながら言ってましたが

実は僕もわかっていませんでしたm(_ _)m

まぁ、道というものは方向さえ間違ってなければどこかへ出るので

そのまま突き進む

Img_7934 竹原川沿いを上り竹原ダムで休憩

地図上では強烈なウネウネ道路で県道76号まで通じていますが

僕も行ったことがないので

相談の結果、アタック組と引き返す組に分かれる

しかしアタック組もしばらく走って引き返すことに。

途中石段みたいになったので僕一人で様子を見に行きましたが

ん~この道は登山道か?次回スーパーカブで確かめに来よう。

Img_7937 険しければ険しいほど喜ぶSさん

Img_7940 初参加でもアタックTさん。

少し戻って勘を頼りに千草から小路谷に抜けるルートを選択。

海が見えたら思わずガッツポーズ。

県道76号で給油

Img_7941 Tさんの給油口が開かなくなって

地元のおじさん巻き込んでのあーでもない、こーでもない。

無事に給油口開いて給油。

Img_7945 沼島渡船乗り場に着くと師匠グループも休憩してらして

総勢25台くらいになってました。

Img_7946 初参加Z1 Hさん と

毎度のご参加 FXR Mさん 

Img_7947 初参加ソフテイル 相棒の奥様と

熟成一歩手前のキタモービル。

Img_7949 出た!六甲山SPL!師匠グループで参加されていました。かっくいい。

Img_7953_2 初参加750F Tさんと

毎度ご参加 ゴンゴー Sさん。

Img_7955 GSX-R1100 翼が増えた相棒と

毎度ご参加 ボッパー号 Tさん

Img_7957 POLICEでは初 播州支部長と

こちらもKTMでは初 Iさん

Img_7960 釣竿付きショベルヘッド Sさん。

あれ?キャプテンがいない

Img_7982 キャプテンは諭鶴羽山アタック中

Img_7984 小型でしか行けない道をCD125で。

『 お前スーパーカブで諭鶴羽アタックしよっかな~って言ってたやんけ! 』

『 来てみたらフェリー俺だけやんけ! 』

ごめんねキャプテン♡

休憩したら再スタート うずの丘 大鳴門橋記念館へ

Img_7963 山を越えてきたキャプテンも合流

Img_7966 ここで昼食と

Img_7967 休憩。

休憩したら解散。各々のルートで帰宅

Img_7978 ん?

Img_7979 雰囲気悪っ!!(イケテル営業マンです)

小さいトラブルはありましたが今回も無事に走りきることができました。

寒い中ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

今年も数回ツーリングを企画したいと考えておりますので

ご都合合えばお気軽にご参加ください。

(お気軽型と非お気軽型があります)

Img_7987 本年もよろしくお願いいたします。

KITAMO

2017年11月26日 (日)

2017 冬のキタモ修行ツーリング in 四国

11月24日晩

相棒が店に来て 

『 いいなぁ~いいなぁ~ 』 と言う

『 キタモービル過去最高に調子がいいぞ。すべてがいい具合にバランスしている感じがする。 』

『 それあれちゃうんか?壊れる前にめっちゃ調子良くなるってやつちゃうんか笑 』 

てめえ・・

俺もウスウスそう感じてるのにわざわざ言うんじゃにゃー!

Img_7089 11月25日 AM3時15分 宝塚IC

言いだしっぺは遅刻厳禁

しばらくすると

Img_7091 Tさんとボッパー号到着

なんだか寒さマシじゃない?

2人して、もしかしてそんなに寒くないんじゃないかと期待するも

やはり山陽道。そんな期待は木端微塵に。

特に三木JCTから舞子トンネルまで過酷。なぜか明石大橋は暖かく感じた。

Img_7092 淡路SA お兄さんは既に到着していた。

Z1 Hさんはトラブルの為、不参加。残念です。また行きましょうね。

ん~誰も来ませんねぇ~^^

さぁ!出発しましょう!

夜の高速、何も起こらないことを祈りながら歯を食いしばり突き進む

ヘルメットの中で唱える言葉は決まっている。

風の強い大鳴門峡を無事に越え、徳島ICへ

55号線に入ったところで1回目の給油

思っていたより6時台でも小松島界隈55号線は車が多い

55号線から日和佐で南阿波サンラインへ

見たかったのは

Img_7110 この景色

Img_7122 3台とも不具合なし

Img_7104 美しい

Img_7103 日和佐浦

Img_7216 しばらく休憩して

南阿波サンラインを進み再び国道55号線に合流

Img_7223 宍喰のコンビニで朝食

Img_7130 宍喰のチョコチップパンもおいしい。

この時点でAM8時 想定していたより時間がかかっている

ペースは悪くないと感じるが車の多さや寒さの影響かな。

朝食と暖をとったらまた55号線を室戸に向けて進む

Img_7135 これだよ走りたかった道は

Img_7139 朝日を浴びながら走る素晴らしき55号

Img_7131 太平洋デカイな!

こういう感じの快走路をまだ進み

Img_7151 室戸岬到着 AM10時

近所を少し散策

Img_7152 タコの木

Img_7156 岩と

Img_7157 岩。

Img_7158 お山の上には室戸岬灯台。

休憩後そのまま55号線で桂浜を目指す

西海岸は奈半利、安芸と結構混雑していてかなり時間を要す。

トロトロ運転になると眠気も襲う。

なんとか昼に桂浜に到着

Img_7233 カツオのたたきを食す。

カツオよりも定食についていた小鉢の川海苔に反応する3人。

昼食と暖をとって北上

時間的に今回横浪はパス

折角来たので高松まで高速は止め

国道32号線を走るため

高知自動車道 高知ICから大豊ICを目指す

Img_7160 南国SAで2回目の給油

難なく高知道を走り大豊IC着

これまた素晴らしき国道32号線を走る

Img_7166 山に挟まれた川と道路

Img_7175 大歩危、小歩危を越えて

Img_7248 お二方いつもありがとうございます。

このまま32号を阿波池田まで走りトイレ休憩

ルートを模索

高松で混むかもだが、このまま素直に32号でジャンボフェリーを目指す。

が、時間の読みが甘かった。阿波池田~ジャンボなら余裕をもって2~2時間半はみるべきだな。

阿波井川から高速乗っても大回りになるのでそのくらいは考えたほうがよさそうだ。

Img_7190 無事にフェリーには間に合ったものの反省。

ツーリングって難しい。

Img_7240 ありがとう四国。また来るね。

Img_7243 PM9時神戸着。

3人とも無事に帰宅して冬の修行ツーリングは完。

今回の走行距離は500強

Img_7194 よく頑張ったなキタモービル

どうやらこの調子良さは本物のようだ。信頼関係半端ねぇ。たぶん。。

Img_7205 チャックチャックイェーガー!

それでは2018年1月3日淡路島でお会いしましょう

日々 ご安全に

KITAMO

2017年11月20日 (月)

VDA DRAG in 笠岡

18日の早朝に自宅を出発し

AM7時笠岡到着。

自宅を出てからずっと雨

9時頃から雨も上がり皆でコースの水を除去

Img_7011 車の人はコース上を何往復も走る

水たまりは、水かきで集めてコース外へ出す

Img_7013 後で聞いたら車の走行距離

コース上で70km走ったんだって!^^何往復だ。

13時頃なんとか走行できる状態になり車検も終えてみなさんコースIN

キタモービルもコックレバーが動かないようにテーピングしてコースIN

Img_7028 それゆけ!キタモービル

この感じ久々だ

エンジンかけてコースINする緊張感と高揚感

しかしまた雲行きが怪しい

4、5台が走ったくらいで雨がポツポツ→ザーーー

Img_7015 路面が振り出しに戻って

あえなくレースは中止となりました。

Img_7018 すぐに雨は止んだけれども

この時刻からコースを乾かすのは無理ということで、終了。

Img_7021 不完全燃焼。。。

Img_7026 皆とまた走れると楽しみにしていただけに非常に残念でなりません。

しかし安全に走れてこそ の物なので致し方ない。

Img_7027 2017年の表彰式の時は晴れ^^

こんな感じで私の2017ドラッグレースは終わりました。

Img_7031 あとは25日に向けて夜な夜なツーリング仕様に戻す。

KITAMO

«朝駆けである

最近の写真

  • Img_1405_20210105210101
  • Img_1406
  • Img_1407_20210105210101
  • Img_1408
  • Img_1409_20210105210101
  • Img_1410_20210105210101
  • Img_1411
  • Img_1412_20210105210101
  • Img_1434
  • Img_1413
  • Img_1414
  • Img_1415