フォト

カテゴリー

2021年2月17日 (水)

それは愛だ。CT125編

『 こらぁ!バイク屋!お前バイク屋やろ! 』

これは、ツーリング先でのエンジン始動に手間取った時に飛ぶ激である。

『 おお~まるでバイク屋みたいやんけ~ 』

これは、いい仕上がりを見せた時に発せられる言葉である。

バイク屋らしいバイク屋になるということは

バイク屋にとってとても重要なことなのだと思う。

厳しい言葉も

これは愛だ。そうだ。そうだ。きっと。そうだ。

Img_2185

バイク屋らしく防水カプラーを使った。

カプラーオンのモンキー125とは違い

CT125はメインハーネスの間にFI CONを割り込ませる必要がある。

Img_2186

上手くいった。まるでバイク屋みたいだ。

最新の車両を触っていると、作業し辛いのは配線加工。

昔の車両と違い、遊びが少ない。

全ての配線が無駄のない長さなのと保護被覆チューブから見えている配線が

非常に短く、いたるところでフレーム等に固定されているのである。

これは人間社会にも相通ずる物があるのではないか。たぶん。

そんな話はさておき

Img_2121

181ccだよ\(-o-)/

Img_2126

シリンダーはブラック仕様。

Img_2214

流石56ccプラスの走りは余裕を感じる。

今回、同時にスロットルパイプを他メーカー流用でハイスロ化した。

作用角は2/3くらいになっていると思う。

正直な感想として

路地や山岳狭路において、181ccに125ノーマルギヤ比の組み合わせだと

右手の微妙な匙加減が必要に感じた。反応がちょっと急で少しギクシャクぎみ。

これは噴射量か?

自分はもう少しぼやけた感じが好みだけれど

これは人それぞれ、まだ慣らし運転中なので

慣らしの完了とオーナーの走り方にマッチしたギヤ比を決めて

要相談。

Img_2219_20210217210201

快走路と山岳狭路

どちらでも楽しめるいい塩梅のスプロケット丁数はいかに。

あと、この個体に合ったFICONのマッピングも探る必要がある。

現状で住吉のお山だと4000~5000rpmも回せばスイスイ登ってくれる。

慣らし完了後の走りが今から楽しみ。

Img_2220

今回装着したOPMIDのメーター。

細かな設定が可能で機能も多く優れたメーターだと思う。取付も簡単。

CT125はヘッドライトが暗いということで

Img_2221

TAKEGAWA製のフォグランプも装着。

風防ステーと共締めにして

ステー前方には、錆び難いステンレスでフレ防止の左右連結板を装着した。

そして

Img_2215

あなたも渡れる。鳴門海峡。

軽二輪登録。

維持費は上がるが、ハンターカブで鳴門海峡が渡れるなんて羨ましいかぎり。

Img_2222

店に戻ってスロットルの遊びを少し増やした。

OPENまでもう半拍追加する感じ。

Img_2224

オーナー仕様のフル装備で六アイ。

六アイならハイスロの方がいい。

お山に登った時は、現状かドリブン1丁下げくらいがよく感じたが

六甲大橋を走った感想ではドリブン2丁下げかドライブ1丁上げくらいか。

ここはオーナーの萌えるポイントを探す。

Img_2225

ザ・ツーリングバイク

Img_2231

ヘッドライトのみ

Img_2223_20210217210201

フォグON!

Img_2233

明るい。

Img_2234

いや~100m先かぁ

Img_2235

うん。似合うな。

Img_2237_20210217210201

車高を落としたからか

ギュッと詰まっていていい感じ。

Img_2227_20210217210201

グリップヒーターにハンドルカバーがあれば

寒い夜も夏用グローブで大丈夫。

残るはETCの固定と最終チェックで完了とさせていただきます。

お待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

Img_2217

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月14日 (日)

HONDA スーパーカブ110 JA07 SSP

メンテナンス カスタム作業 

Img_2156_20210214220801

HONDA スーパーカブ110 JA07

Img_2147_20210214220801

相変わらずパワフルな走りに驚く。

上りでもグングン伸びる感じ。

そして乗り易く感じる。

信号等の制動時は柔いかなと思ったが

走行すると、とても安定している。

上りのコーナーリングでも安心感を感じたが

特に下り。

コーナー手前でブレーキングしてフロントが沈んだところでも

まだギャップを吸収してくれている。

自身がコーナーの曲がり易さを検証するメインの場所は

渦森台への上り、西谷公園を回り込む左複合コーナーと

渦森台からの下り、住吉台公園を過ぎて住吉川支流を渡る橋の右複合コーナー。

両コーナーとも途中にギャップがある。

今までこのコーナーを一番スムーズに回ったのはテネレ700。

SSPスーパーカブもまた

恐怖感なくスムーズに回れた。

Img_2148_20210214220801

川西市のご当地キャラクターは『 金太君 』。

Img_2155_20210214220801

目立つシフトペダルと、カバーしたら見えないバッテリーケース。

Img_2153_20210214220801

ブレーキペダルも加工箇所は見えない。

Img_2152_20210214220801

いろいろ工夫したフロントフォークも

Img_2162_20210214220801

見えない。

説明を求めないと分からない箇所が多いJA07

オーナーの拘りが詰まっています。

今後の課題を談合し納車完了。

お待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

Img_2151_20210214220801

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月13日 (土)

JA07系 と JA10 と YSS 

メンテナンス カスタム作業 HONDA スーパーカブ110 JA07

一か八かで。のGOサインが出たフロントフォーク作業。

中古のJA10フロントフォークを入手。

Img_2127_20210213093901

右がJA10。

左は現在使用しているJA07系フォークのタイホンダ仕様。

各構成部品のパーツナンバーは全て違う。

組み立て全長は同じ。

作戦は、タイホンダアウターにJA10インナーを使用する。

Img_2129_20210213093901

左 JA07系 右 JA10

パイプシートに開口されたオリフィスの孔径、数、位置が違う。

タイホンダアウターにそのままJA10インナーを組むと

全長がショートになった。

Img_2128_20210213093901

8mm開口の肉厚が違う

Img_2131_20210213093901

ここ。

ロングはOKだけどショートはNGとのことだったので

思案の結果

Img_2132_20210213093901

足りない寸法分パイプシートを伸ばすことに決定。

形状を見ると無垢棒から製作もできそうだけど

今回は

Img_2133_20210213093901

外径の少し大きいゲタを製作。

Img_2134_20210213093901

点付けして

Img_2135_20210213093901

形状を整える。

Img_2137

理屈上は、これで元フォークの全長になる。

Img_2138

ボトムソケットボルトはJA10を使用。

Img_2140_20210213094001

オーナーご希望の減衰バルブ、プリロードアジャスタ付き部品を組む。

推奨オイルはYSS#20。

結構ドロッとした無色透明のオイルだった。

Img_2143

JA07 X JA10 X YSS。

圧側減衰、プリロード調整機能の追加された プコブルーフォーク。

乗って確認します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月11日 (木)

アルミとアルミの間に鉄が入らないメッキシリンダー

YAMAHA セロー225WE 5MP 2003年

Img_2110

空冷 アルミメッキシリンダー 内径70mm 外径77.5mm

35X35X3.14X58=223.09cc

ーーーーーー

SUZUKI 250SB LX250L (D-TRACKER) 2003年

Img_2112_20210211090501

水冷 アルミメッキシリンダー 内径72mm 外径86mm

36X36X3.14X61.2=249.04cc

KLX300

Img_2113_20210211090501

内径 78mm 外径 90mm

39X39X3.14X61.2=292.29cc

Img_2114_20210211090501

292.29-249.04=43.25cc\(-o-)/

ーーーーーー

TAKEGAWA 181

Img_2111

空冷 アルミメッキシリンダー 内径63mm 外径66mm

31.5X31.5X3.14X57.9=180.40cc

こちらは鉄スリーブ

Img_2115

HONDA CT125 ハンターカブ 内径52.4mm 外径58mm

26.2X26.2X3.14X57.9=124.80cc

Img_2116_20210211090501

180.40-124.80=55.60cc\(-o-)/

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月10日 (水)

原動機付自転車 第二種甲 HONDA編

点検 修理 メンテナンス作業 HONDA CB92

塗装部品が戻るまでにその他の作業

サイズUPされたタイヤを

現状よりも細いタイヤに交換。

Img_2049_20210209235801

流石、レースマシンの市販モデルだけあって

Img_2050_20210209235801

前後ハブがかっこいい。

細い18インチタイヤのラインナップは、少ない。

今回チョイスしたタイヤは

Img_2082

IRCです。

他作業を進めます。

ーーーーーー

カスタム 乗車ポジション改善作業 HONDA CT125 ハンターカブ

ガレ場やヌタヌタ場での後退時に

乗車したままで後退できるように

Img_2074

純正リアショックから

Img_2075

TAKEGAWA製 25mmショートへ。

フロントは20mm突き出し。

それに伴いホーン位置変更。

CT125は

足を地面に着ける際、

シート下の両サイドにカバーやマフラーがある為、内腿は開き気味。

あと、シートスポンジの角も足漕ぎを要す場面では

少々妨げになる。

ということで

Img_2076

印を入れたスポンジの角を除去

足漕ぎしても内腿がスムーズに動くように削る。

Img_2078

純正表皮再使用でこんな感じ。

他作業を進めます。

ーーーーーー

メンテナンス カスタム作業 HONDA スーパーカブ110 JA07

各部ドリリングと再メッキ

Img_2030

『 もっと穴を開けておくれ 』と入電のあった

バッテリーケースは

Img_1815_20210210003401

ここから

Img_2056

こうなりました。

加工前131.4g → 加工後103.6g

27.8gの減。

キーホルダーを1個追加しただけで

たちまちプラスに転じる数値だけれども

オーナーにとっては萌える瞬間。

チューブレス化されているリアホイール

Img_2060

チューブレステープしっかりしています。

Img_2061_20210209235701

オーナーにご用意いただいたタイヤに交換。

Img_2065

ヘッドカバーは新型の冷却フィン付きに交換。

Img_2066_20210209235701

フロント廻りのメンテナンス

Img_2069_20210209235701

各所予防整備

Img_2071_20210209235701

ステムB/G打ち換え、スイッチ交換など実施。

フロントフォークカスタムで躓きまして

Img_2072_20210209235701

オーナーご希望のカスタム部品が装着できないことが判明。

装着するには、インナーチューブを流用する必要があるが

現物合わせになる為、一か八か。

『 一か八かでいいよ。やっておくれ。 』ということで

やってみます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月 6日 (土)

自社工場の金属加工と メッキ処理技術と ホット写真。

スピードメーターギヤボデーの加工 ご依頼

Img_2021_20210206083301

アクスルシャフト径拡大とフォーク側当たり面の追い込み。

Img_2022_20210206083301

完成。

ご依頼ありがとうございました。

割れた冷却フィンの再生

Img_2006

折角塗装するのだから治そうということで

Img_2041

再生

Img_2040

Img_2046_20210206085501

上手くいって良かった。

mavoさんのストラット

数年に渡り加工を繰り返し、黒に塗っていたが

この形状で決めるとのことで

Img_2035

再メッキのご依頼

Img_2023_20210206083701

美しいです。

同じく再メッキのご依頼

Img_1819_20210206083501

オーナーご希望の加工を施したチェンジペダルとブレーキペダル

Img_2028_20210206083501

再メッキ。

Img_2029

1本は実用。もう1本は観賞用(予備部品)。

送られてきた写真

排気音いい感じ。とのことで

Img_2007 ほ。

こちら

問題ないよ。とのご来店に

Img_2037 ほっとしました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月30日 (土)

消音作業と、軽二輪登録。

昨年、何度も消音に失敗し気が付いたのは

音は通路方向、気体の流れは通路方向に限らないということ。

ちょっとパクリだけれども

消音作業ではキタモ法という物を捻り出したと感じている。

とか書いてはいるが

『 やっぱり、もうちょっと音小さく。 』って

昨日、S氏から連絡が入った。

重要なのは、めげない心。

消音といえば

KATANA R も排気音が煩く要消音。

Img_1962

サイレンサーの出口側は二重管の為、固定するには

パイプとパイプの間にバッフルのナットを仕込む必要がある。

それでは、形状がややこしく見た目がカッコ悪い。

ので

Img_1963

EXパイプ側にバッフルを仕込むことに決めた。

形状を思案し

Img_1950

材料を切って

Img_1951

組み立て。

Img_1959_20210130221401

こんな感じ。

ここからこのバッフルをキタモ法で追加工する。

EXパイプ側は

Img_1960_20210130221301

これが

Img_1961

こうなる。

バッフルを仕込むつもり無く製作したマフラーなので

帳尻が合わなくなる箇所は要修正。

作業を進めます。

ーーーーーー

お客様が手に入れたTL125

TLR200のエンジンを積んだとのことで

軽二輪登録のご依頼

Img_1941_20210130222801

ナンバープレート下部のホルダーは

原付、軽二輪、両方のナンバーサイズに対応できるようになっている。

無事に申請が完了し

Img_1943_20210130222801

TL125改

Img_1945

200。

Img_1946

税金や各種保険の金額が上がり

Img_1947

維持費は増額しますが

そんなことが吹き飛ぶくらい

素晴らしいことがある。

それは

Img_1948

あなた渡れる、鳴門海峡。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月23日 (土)

1月の日々の作業 その2

パウダーコーティングを依頼する前に

Img_1824

ラバーブッシュを外す。

10年くらい前に製作したR1-Zマフラーブッシュ用の治具が

V-MAXのブッシュに合致したので

Img_1826

抜く。

10年前に製作して4年前に1回使って今回。

活躍する場は少ないけど有ると無いとでは大違い。

Img_1828

ブッシュ&ブラケットを痛めることなく

Img_1829

抜けた。

ーーーーーー

拘りのチェンジペダルを

Img_1819

予備でもう1本。と入電。

一緒にご依頼の

Img_1815_20210123000301

バッテリーケース肉抜き(131.4g→120.2g)と

Img_1812_20210123000301

リアブレーキペダル(693g→663g)

Img_1832_20210123000301

可愛くバーリング的な要素を入れておくれ。とお聞きしていたので

思案の結果

Img_1833_20210123000301

こうしました。

ご自身のバイクを『 カッコよく 』 と 『 可愛く 』

人それぞれ。

去年の作業でも可愛くという案件があった

こちらもまた

Img_9609_20210123000401

前籠装着はご自身のDAXを可愛くしたいから。

Img_9610_20210123000401

可愛いDAXのオーナーは

心斎橋のメキシコ料理店 

エルパンチョ↓ の

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27001670/

 CEO↓

Img_9732_20210123000401

あれ?

いや

アミーゴォ~

Img_9738_20210123000401

ひゅーひゅーだよー

いつもありがとうございます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月21日 (木)

1月の日々の作業 

不完全だった箇所の修正と改善作業

Img_1772

シート形状変更

表皮の厚み分タンクとの隙間を設ける。

抵抗なく簡単にセットできて

スポンジはタンクに当たらないように。

Img_e1776

形状が変わったので改造して貰った表皮ではNG。

前方にもベースがないとスポンジ形状の保持は難しいよ。とアドバイスをいただき得心。

FRPで前方のベースを作ってみます。

Img_1790

USBの位置変更と

ハザード対応ICリレーは

Img_1791_20210121225701

ここにセット。

インジケーターランプのLED化も済ませて

Img_1786_20210121225701

無事にハザード作動。

作業を進めます。

ーーーーーー

パウダーコーティングのご依頼

Img_1796_20210121225601

クランクケースカバー左右と

お預かりした部品群

Img_1797

これは、もう一度どれとどれとどれとどれを塗るのか指示を仰ごう。

何度もすみませんです。

ーーーーーー

オーナーの拘り

Img_1743

346.4g

Img_1798_20210121225401

306.6gになりました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月15日 (金)

おケツの疲労軽減、介護スポンジEMOと、金属疲労部品

HONDA CT125 ハンターカブ

ツーリング中におケツが痛くなるということで

Img_1653

シート上部のスポンジ変更。

横から見ると分厚いシートですが

ベースが上の方まであるので

Img_1659

このくらいスライスした状態で

中心部はシートベースギリギリ。

Img_1661

スライスした面を整えて

Img_1662_20210115224501

介護スポンジEMO貼り付け。

今回は純正シート表皮を再使用する為

Img_1663

純正に近い形状に整形。

Img_1666

こんな感じ。

Img_1673

表皮をセット

Img_1667

完了しました。

これでおケツの痛みは軽減されると思います。

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーー

HONDA ズーマーX

センタースタンドの破断

Img_1671_20210115224601

センタースタンドのキックアーム部。

現在、海外モデルのズーマーX用スタンドは入荷までに長い期間がかかるとのことで

部品番号の違う国内モデルのスタンドに変更。

Img_1670

下が国内モデル。

キックアーム部の補強の入り方が違う。

Img_1672_20210115224601

キックアームへの力の入力方向を考えたら国内モデルが強い。

ーーーーーー

KAWASAKI GPZ1100

カムチェーン廻り

Img_1647

旧チェーンと新チェーンの比較

Img_1648

奥が旧で手前が新。結構伸びている。

カムチェーンガイドも

Img_1649

主にテンショナーロッド当たり面の変形が大きい。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ ドカティ ベベル R&R ジャパン キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 ツーリングキャリア 製作 改造 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 妄想ツーリング 熟成への記録 900SS 熟成への記録 CB550FOUR 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 GSX250S KATANA 製作記録 R1-Z 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_2971
  • Img_3048
  • Img_3049
  • Img_3050
  • Img_3051
  • Img_3052
  • Img_3055
  • Img_3057
  • Img_3093
  • Img_3095
  • Img_3186
  • Img_3187