フォト

カテゴリー

2021年4月 5日 (月)

はじめてのバイクと5極リレーいろいろ&5000km『も』と考えるか『しか』と考えるか。

M・O・N・K・E・Y

どこでも行ける。

Img_3176_20210404223101

お客様の息子さんのお友達が初めてのバイクを手に入れたよ!とのことで

Img_3177_20210404223101

試乗。

気になったところの修正を実施させていただきお渡し。

ニコニコのオーナーを見ていると16歳の頃を思い出した。

初めて買ったオートバイを取りに行き

夜の三田幹線で道に迷って途方にくれたっけ。確か、雨まで降ってきたんだった。

Img_3178_20210404223101

自分の意志で右手を捻るだけでエンジンが回転してスピードが出る。

こんな感動的な乗り物が他にあるか。

今となっては、あたりまえだの・・・だが

基本的なそこに自分は魅了されたのだと偶に思う。

Img_3181

祝 バイクメ~ン

おめでとうございます。

Img_3179_20210404223101

かもしれないかもしれない運転で ご安全に

ーーーーーー

メインキーを回しても電源が入らない電装トラブル

DUCATI MONSTER

原因は

Img_3085_20210404224701

メインの5極リレー

Img_3083

手動で端子をくっつけると電源ON。

テスターで確認したところ

このリレーは汎用の5極リレーとは異なる。

コイル作動2本、バッテリー電源1本、ACC電源1本

あと1本の存在が汎用リレーポン付けでは再現できない。

が、純正は販売終了。

キーON、OFFに関係なくバッテリー電源とあと1本は導通している。

ACCは当然、キーON時にバッテリー電源と導通。

分かり易く言うと他の5極リレーは

A接点 ON時にACC導通 あと1本はNR

B接点 OFF時にACC導通 あと1本はNR

C接点 ON時にACC導通、OFF時にあと1本導通ACC遮断

自分が調べた限りではこの3パターン。

で、このリレーは40A。

メインのヒューズが30Aだからリレーが一般的な30Aというのは良くないのかもしれない。

ならば4極40Aのリレーに変更して

あと1本は別ルートでバッテリー電源に繋げば簡単なのではないかと考えたが

なんだか気分が乗らなかったので

Img_3203_20210404224801

5極40A 汎用A接点リレーを入手。

Img_3204

NR端子にあと1本とバッテリー電源を入れた。

これで電源がはいりました。

お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーーー

『 ヘッドランプが約5000kmしか持たないんやで。 』

5000kmも持てば・・・とお伝えしたいところだけど

その都度、高頻度でランプの接続端子が溶けるというのは聞き捨てならない。

HONDA スーパーカブ50 カブラ

たいへんお待たせしております。

作業開始

今回同時にフロントタイヤの交換とGASの滲むキャブレターのパッキン交換

Img_3162

フロントリム 錆を磨いて防錆処理

Img_3163

NEWタイヤ&チューブ&リムバンドです。

GASの滲むキャブレターは

Img_3164_20210404232101

洗浄して純正パッキンセットで組み直し。

インマニtoキャブのG/Kも交換して

Img_3165_20210404232101

装着。

Img_3169

問題のヘッドライト。

AC電源は特に異常な数値ではない。

異常なら直ぐに切れるか。

デラックスタイプはヘッドライト廻りがスチールだから

プラスチックのカスタムに比べ、ライトが受ける振動は大きいと思う。

が、溶けることとの因果関係は不明。

一番可能性があるのはアースと考え

ヘッドライトカプラから直接

Img_3172

ここにアース線を引いた。

これでどうなるかオーナーに検証していただく。

因みに

以前、同僚とも議論をした。

言い過ぎではなく今まで見てきたスーパーカブの80%くらいは

レッグシールド取付金具のベロが横に向いているが

本来は

Img_3171

上だ。と自分は思っている。

レッグシールドに突起がある為、そこに金具のL字部分を引っ掛けたくなるが

このL字は、締める緩めるの回り止めであって固定部ではない。

L字部で固定するなら金具に長いベロがある必要がない。

レッグシールドの該当箇所が割れている個体が多いのは

L字部で固定している個体が多いからだ。だ?だ!

が、新車を見たことがないので正解は知らない。

1億台売れたとなると、8000万台は金具が横に向いていることになるな。

80%は言い過ぎた。

工場内作業が完了し

Img_3182

試乗。

よく走るスーパーカブです。

Img_3183

あとはヘッドライトのご確認よろしくお願いいたします。

たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

Img_3184

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年12月 8日 (火)

部品再製作と部品磨きと不調修理

数年前に製作させていただいた部品

Img_0812

オーナーと共に数万キロ走ってきました。

シートを製作し直してから

上手くフィットし難くいことが発覚。

延びに延びた製作作業

Img_0813

たいへんお待たせいたしました

Img_0814

ジャスト

Img_0815

フィットです。

続きまして

錆が出始めたキャリパーボルトの研磨

Img_0817

Oリング、ブーツはゴムゴムしていてしっかりしています。

Img_0818

首上の部分

何かコーティングのような物の内側か、

通常の錆かたとは少し違う気がする。

メッキが剥がれない程度に磨ける範囲で磨いて

Img_0819

ヒートガンで熱した後に

クリアを刷毛厚塗り。

乾燥させて組み立てます。

続きまして

キャブレターオーバーフロー

HONDA CT110 ハンターカブ

始動性が非常に悪いとのことで入庫

Img_0749

キャブレター内部に錆び混入。

燃料コックのフィルターが欠品しているので要装着。

カブ系はキャブレターパッキンセットにフィルターも含まれているので助かる。

Img_0714

まだ使用できそうだけれども

少し段差が付いたフロートバルブもこの機会に交換。

Img_0715

硬化した燃料ホースはパキパキ割れるので

Img_0784

交換。

Img_0750

NEWパッキンセットで組み直し。

現状燃料タンク内部はキレイだったので

タンク交換かタンク洗浄前の錆かもしれません。

1日コックONで放置してから

Img_0791

試乗。

プラグの焼け方が変わりました。

始動性良好

Img_0792

タンデムステップは折り畳めるように位置修正。

帰店後もコックONで放置して

オーバーフローしないことが確認できたので

作業完了です。

お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年9月11日 (金)

屁のツッパリにもなりません

全日本の井上監督のプレッシャーに比べれば私のプレッシャーや悩みなんて。

為せば成る為さねば成らぬ成る業を成らぬと捨つる人の儚さ。

されど為せしも成らぬこともありけり。

それでもやってみないと分からないので頭と手を動かすのでありけり。

喝!

そんな話はさておき

今の工場内作業の一部始終

Img_8692

何だかターボみたいでテンションが上がったKE125であったが

Img_8811

試乗の途中で絶不調。

クラッチもズルズル。レリーズの錆が酷かったので戻し切っていないと考えていたが

レリーズだけではなかった。

Img_8825

クラッチを外す

Img_8826

ズルズル。

しかし

Img_8893

Img_7499-2_20200911224801

スプリングやガスケットは販売終了だったがプレートはメーカー在庫があった。

Img_8894

交換。

不調の原因は

Img_8914_20200911222601

クラックの入った点火コイルに狙いを定めてみた。

しかしこちらは販売終了。

そこで

6V ポイント式 プラグコードの自由度 を念頭に部品捜索。

パーツリストと睨めっこしながら部品屋さんにも協力して貰い

『 これは? 』 『 残念! 』

『 これは? 』 『 残念! 』

『 これは? 』 『 あるで! 』 『 高っ! 』

『 これは? 』 『 あるで! 』という感じで

上手くいくか分からない部品に値段の高い物はリスクも高いので

Img_8895

YAMAHA の 6V ポイント式 コードの自由度申し分なし。新品をGET

Img_8907_20200911222601

一部加工して、カラー製作。

Img_8909

いい感じ。

工場内で調子良好

Img_8927

試乗。

一気にパワーバンドにもっていくとクラッチがまだ少し滑る。

しかしそれ以外は安定していたので

Img_8928_20200911225801

クラッチの対策を考えながら帰店したが

帰路の途中で不調になった。

路上でこうしたらこうなった。そうしたらそうなったという現象を考えると

Img_8933

やはり電気系だと思う。

Img_8953

KEのクラッチカバーを外すスピードが速くなった。

リアサスをご用意いただいたサスに交換。

Img_8954

クラッチは、できる対策を講じてみます。

10年使った三協エアーホースリール

最近、暑さのせいかホース先端の破れが度々起こるので

その都度、修理していては作業の手が止まってしまう。

そこで三協製のホースのみを交換した。

西宮時代にホースを痛めてカットした長さを考えるとかなり短くなっていると思っていたが

Img_8957

Img_8958

びっくりするくらい短くなっていた。

これで三協ホースリールは復活。

不調修理の DUCATI 900S2

Img_8716

純正点火でいい感じのところまでもっていったが

お聞きしていた内容の

フルパワーKITを装着した途端に吹け上がらなくなるという症状。

念の為 ウオタニ御中にKITをチェックしてもらい

KITに異常がないことを確認。

で、車体側を点検修正し問題解決↓

https://youtu.be/p4Dmm7hsY7c

その他の作業を進めます。

同じく ベベル MHR

不調修理 たいへんお待たせしております。

Img_8776_20200911221301

キャブレターの点検

Img_8774

Oリングの劣化や 内部金属部品の摩耗、劣化あり

Img_9003

選んだ要交換部品が揃いましたので組み立てます。

まだ仮の仮だけれども

山を越える為

Img_9002

こういう風に形にして気持ちを上げる。

あ~かっちょいい~

約25年の歳月がもたらしたもの

Img_8918_20200911222301

このエアフィルターは致し方ない。

それよりダクトがまだゴムゴムしていてびっくりした。

Img_8921

これも致し方ない。

Img_8919

造りがカッコいいが重い。

Img_8920_20200911222301

燃料タンク

酷い錆がなく、中に油気がある。。25年間油を吹き続けたのか。。

御仁、ただもんやないな。

Img_8923_20200911222301

しっかりした骨格。

Img_8924_20200911222301

キャブレターはいろいろ思案が必要。

Img_8925

スプリングではなく、錐を錐で押すことにより極微妙な力で栓をするということか。

Img_8922

海外手配部品を先に要ピックアップ。

お時間頂戴します。

憧れたオートバイに乗りたいという御仁が手に入れた

Img_8879_20200911221101

K1

点検前の試乗

やっぱりKは気持ちいい。

お時間頂戴します。

他の車両も順次作業をさせていただきます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年8月23日 (日)

修理と修理とメンテナンスと修理

長期お預かり車両

モトグッチ ルマン2

予期せぬアクシデントから復活させるべく

Img_8573

作業を進めていよいよ公道復活というタイミングでしたが

Img_8574

点火トラブル。

しばらくすると片肺になります。

原因の検討はつけましたので対策します。

ーーーーーー

入庫タイミングの調整ありがとうございます

Img_8630

YAMAHA SRX600 ISPの

フロントフォークスプリング交換

Img_8631

ハイパープロです。

フォークの作業は完了しましたが

お聞きしていた

エア漏れ箇所の分からないフロントエア漏れの確認中です。

ーーーーーーーー

走行前点検修理

KAWASAKI KE125

Img_8638_20200823222601

スウィングアームの状態はいいので

清掃とグリスアップ。

Img_8640

ピボット部分良好です。

初めて見た

Img_8641

このリアブレーキ

インナーワイヤーを固定して

アウターを押すタイプだ

Img_8642_20200823222601

この作動方法による制動力ってどうなのだろうか??

次の試乗はこの部分を頭に入れて乗ってみよう。

Img_8643_20200823222601

見た目以上に潤ってまいりました。

Img_8644_20200823222601

作業を進めます。

ーーーーーーー

こちらもたいへんお待たせしております

『 DUCATI S2 ベベル 修理 』

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/2020/08/post-49fd3c.html

DUCATI BEVEL R&R JAPAN で更新しています。

ーーーーーーー

そしてこちらもたいへんお待たせしております

Img_8635_20200823222501

DUCATI MHR ベベル 不調修理

お聞きしていた症状の確認

始動を試みましたがすごいケッチン。

これではキックを蹴るのが恐怖でしかない。

Img_8645_20200823222501

先ずここからいきます。

お時間頂戴します。

ーーーーーーー

明日は定休日です\(-o-)/

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年7月23日 (木)

気化器 三国とデロルト

KAWASAKI MIKUNI BS34

好調な車体に装着されたキャブレター

念のため清掃とメンテナンス

Img_7888

Img_7884

錆びの進入あり。

Img_7886

フロートバルブの受け側フィルターに不純物と

Oリングはヘタっている。

Img_7890

問題はこのフィッティング。

そのまま嵌めると確実に燃料が滲む緩さです。

Img_7891

1・2

Img_7892

3・4

続いて

不調な車体の DELLORTO PHM40BD と PHM40BS

Img_7893

出先でのトラブル防止を考え

Img_7894

樹脂ユニオンはアルミに変更します。

Img_7895

内部は要洗浄と要交換部品が数点あります。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月31日 (日)

ツインの日 2 S&D&Kの巻

Img_6656

EXACTごしの

Img_6655

EXACTです。

Img_6701

消耗品メンテンンス SUZUKI TL1000R パールロードSP

Img_6698

タイヤは BATTLAX S21から S22に交換。

Img_6704

チェーンは『RK』TAKASAGOチェーンから『EK』江沼チェーンに交換。

Img_6705

エンジンオイル、各フルード交換して試乗

Img_6706_20200530231001

軽っ。

Img_6711_20200530231101

『 三重 』ナンバーから

ご当地の『 伊勢志摩 』ナンバーに変更したとのこと。

Img_6707

細部までピカピカのパールロードSP

ツーリング後に実施する愛車磨き。

その行為にかける時間を聞いて開いた口が塞がらなかった。

オーナーがTLを磨いている間に神戸~志摩間を単車で往復できますやんか。。

これが人それぞれの LOVE POWER。

Img_6710

遠いところご来店ご依頼ありがとうございます。

無事の帰宅なによりです。

ーーーーーー

たいへん長らくお待たせしました

Img_6714

DUCATI 900SD DARMAH

Img_6715_20200530230901

バーハンドルのベベル。も好き。

最近ダーマに注目する人が多い気がする。

Img_6716_20200530230901

好調です。

2カ所気になったところだけ確認します。

Img_6721_20200530230901

ああ、このダーマに荷物を積んでツーリングに行きたい。

いや何を言っている、DARMAHではなくKMHRに荷物を積むのだ。

ーーーーーー

『 好調なW3に乗ってみそ 』

私はW3に乗ったことも触ったこともない。

百聞は一見に如かず

お言葉に甘えて

Img_6730

KAWASAKI 650RS W3

手が入っていないところは無いというW3

Img_6733_20200531000801

これがW3か。。いやW3+α 。

キック1発始動、アイドリングは1100rpmでピタと安定。

車体のカッチリ感といい、

オーナーのW3愛と、この個体を仕上げるのに関わった人達の技術力の高さを感じる。

試乗させていただく前に

頭で思い描いた並列ツインは、これまた乗ってびっくり XS-1B。

どんな違いがあるのか興味があったが

自身の感じたことを分かり易く言葉で言い表すと・・・

XS-1BはスロットルOPENに対して単車先行型

650RS W3は右手追従型と言った感じか。

分かり難いな。

数十キロでは楽しさは分かっても深いところまでは行けない

何万キロ乗り込んでみたいと深く思う。

Img_6737_20200531000801

Img_6734_20200531000801

Img_6736_20200531002001

ああ、W3とさんふらわぁに乗りたい。

いや何を言ってる、W3ではなくKMHRとさんふらわぁだ。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月20日 (水)

MONSTER 900

公道復活作業 DUCATI モンスター900

良品燃料ポンプに交換

タンク内のホース類は純正新品に交換

ホースの金額にはびっくりするが燃料の中に浸かるので

ここは純正にこしたことはない。

エンジン始動が確認できたら

Img_6496

ナビマウント取付の為にお預かりした部品を加工

Img_6497

ブレーキ、クラッチフルードを交換して

Img_6498

試乗

Img_6499

ようやく公道復活です。

Img_6502

Img_6500

今回、同時にご依頼いただいた作業

制動時にリアブレーキペダルが踏み難く

走行状態の足の位置から

つま先を内側に寄せてペダルを踏む必要があり、ワンテンポ遅れるということで

走行状態からそのまま踏めるようにするペグ延長加工

Img_6507

ブレーキペダルのペグを飛ばし

アダプター製作。

Img_6508

20mmロング。

ビフォー

Img_6511

アフター

Img_6512

これでステップの中間くらいにペグの先端がきますので

踏み易くなったと思います。

Img_6501

作業完了しました。

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月15日 (金)

流用と修理 Y&D

不調点検修理と同時に、年式違いの部品取り付け作業

YAMAHA セロー225 DG08J

アイドリングするように調整しても変な感じです。

オーナーからお聞きしていたインテーク側から作業

合わせ面の変形してしまったエアクリーナーBOX

225WE ’04 適合部品が販売終了の為

225WE ’98 のBOXに変更

Img_6469

左が販売終了 ’04 右が新品で入手可能な ’98 用

Img_6470

見た目の違いはAIが付くか付かないかだけのように見える。

で、この ’98BOXに使用するご希望のダクトは

これまた年式違いの

Img_6471

開口部の大きい 225YSP ’86 用のダクトです。

インテークマニホルド交換とキャブレターの点検ができ次第

組み立ててテストします。

ーーーーーー

お待たせしております

公道復活修理 DUCATI MONSTER 900

不動の原因が燃料ポンプと判明

今回は他の作業のこともあるのでポンプは中古捜索のご依頼

外観から良さそうに見えるポンプを捜索し

単体のテスト

元々付いていたポンプとは比べ物にならない吐出を見せます。

使えそうです。

劣化したタンク内部のホース類が揃い次第組み立ててテストします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月 8日 (金)

復活修理 DARMAH の部品編

予期せぬアクシデントからの復活 

損傷したのは車体左側

Img_6306

折れたウインカーステー

穴を開けてネジを切り

Img_6307

ボルトを改造して

Img_6309

ねじ込んだら緩み防止の為、中間で点付け。

続いて

Img_6294

ひしゃげたクラッチレバーホルダー

ミラー取付穴が下がってしまっているので戻しましたが

クラックが入りました。

ので

Img_6313

クラックを埋める。

続きまして

Img_6310

曲がったシフトペダル

どの部分がどのくらい曲がっているかをよく見て

Img_6312

戻す。

Img_6314

3点治りました。

Img_6315

ホルダーはこんな感じ。

あと1点

Img_5741_20200508100101

歪んでオイルが漏れてくるという左クランクケースカバー

何処が頂点でどこから歪み始めているかを確認して

Img_6318

修正。

カバーを外すか修正機を加工するか迷ったけど

修正機を加工して対処。

たいそうな物ではないけど

工夫は詰まっているよキタモ修正機

Img_6321

お待たせしております

車体側のメンテナンスを進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月 3日 (日)

メンテナンス~修理 Y&D

ご希望箇所の部品交換とメンテナンス作業

YAMAHA V-MAX 1200

Img_6081

この車両はダイレクトイグニッションに変更されていますので

周辺部品を外しているこの機会にフロントの点火コイルを外す。

Img_6082

因みに

Img_6083

Img_6084

1台に4つ付いていますので151gX4

約600g軽量。

流用のダイレクトイグニッションが

トラブルなく使い続けられるのかは観察中です。

Img_6179

ニュートラルスイッチ改 ギヤポジションセンサーの取付。

カスタムメーター用に製作されたとのことですが

なるほど、これだとN突起を利用してギヤのポジションが分かります。

Img_6181

スイッチ、シール、ガスケット交換。

続いて

セパレーターのパッキン類の交換

Img_6077

シリンダーの冷却水栓

Img_6185

痛みは、ほとんどありませんがご用意いただいているので交換します。

Img_6186

掃除と

Img_6190

洗浄。

Img_6193

インマニも洗浄。

インマニtoVブースト間のジョイントは柔らかく状態良好でした。

冷却水滲みのあったサーモ部分

Img_6196

連結通路側のOリングを2つ追加で交換します。

Img_6198

シャキンッ!

作業を進めます。

ーーーーーー

Img_5973_20200503155601

不動のDUCATI モンスターの原因は

燃料ポンプ不良のようです。

Img_6171

ポンプの反応はあるけど、その振動が弱い気がする。

ライン上のフィルター外しても

吐出しませんのでポンプを交換します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ ドカティ ベベル R&R ジャパン キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 ツーリングキャリア 製作 改造 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 妄想ツーリング 熟成への記録 900SS 熟成への記録 CB550FOUR 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 GSX250S KATANA 製作記録 R1-Z 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_2971
  • Img_3048
  • Img_3049
  • Img_3050
  • Img_3051
  • Img_3052
  • Img_3055
  • Img_3057
  • Img_3093
  • Img_3095
  • Img_3186
  • Img_3187