フォト

カテゴリー

2020年1月21日 (火)

ヘッドライトブースター

LOビームのトラブル修理と

車検に対応する為のHiビームブースト作業

DUCATI 848

Img_4146

ロービームカプラが解けて破損。

端子の腐食が有りましたので接触不良で高温になったか。

同タイプのカプラは見つけることができず

形状は違いますがH11ランプ用の汎用カプラを入手して

Img_4147

取付。

純正は配線挿し込み部にシールが無かったが

汎用品には防水シールが付属していたのでこちらの方が信頼性高いように感じます。

848のヘッドライトハイビームは車検に通らないことがあるらしいので

今のうちに対策を実施したいとのご相談で

今回はHI側にブースターを装着することに決定

Img_4152

H4 1灯式 HI/LO用 ブースターキット PAMS製

考えてみたらリレーは2つ付いているし

H11 2灯式 左HI 右LOの 848なら両方ブーストできる

ということで

Img_4154

848用に配線加工

Img_4151

バッテリーからリレーを介して直接ヘッドライトに電気を送ります。

Img_4155

ただランプ側で+電源を取るので

キーONでヘッドライトは点灯します。

セルスイッチに消灯機能が備わっていないので

今後、セルモーターの回転がが弱くなるようなら対策が必要です。

ブースト前

LO

Img_4149

HI

Img_4150

ブースト後

LO

Img_4159

HI

Img_4157

すごく明るくなった!!と言いたいところだけど

写真に騙されてはいけない

カメラでは比較が難しい。

ピントを合わせる個所を変えれば

ブースト後のLOがこうなる

Img_4158

肉眼では、はっきり明るくなったと認識できます。

LEDヘッドランプ装着車など、アイドリングでチカチカしていた車両も

ヘッドライトブースターを装着することにより

チカチカすることもなくアイドリングでパッと明るく点灯します。

ブースターの効果は、はっきり出ます。

特に年式の古い車両でONOFFスイッチやディマースイッチの接点腐食、

電線の腐食でロスが大きいほど効果は絶大です。

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年1月20日 (月)

キタモオリジナル ベベル部品

現在いろいろ試している

キタモオリジナルのベベル用 対策部品や改良部品

その1

Img_3933_20200120220801

クラッチケーブル角度 適正化アダプター

Img_3934_20200120220801

その2

Img_4123

ヘッドアーシングKIT

Img_4124

これはKSP用に作ったLONG仕様

Img_4126

Img_4125

シンプルにヘッドのみです。

アーシングに関してはキタモービル時代にその効果を体感(アイドリングの安定)して以降

KMHRにもヘッドアーシングは実施しています。

その3

これは商品とするには現実的ではありませんが

いい加減、キックの後にズレたラバーを手で戻すのが嫌になったので

Img_4074

ラバーストッパーの製作

Img_4075

久しぶりのローレット。

Img_4076

Img_4077

Img_4078

キックペダルの先端を切る。

Img_4080

下穴開けて

逆ねじ切り

Img_4082

分厚いラバーはキックが楽。

Img_4083

ストッパーキャップを逆ねじで止めて

Img_4140

ん~ダサい。

けどラバーがズレることはありません。

Img_4142

ステンレスで造り直そう。

KITAMO

 

 

2019年12月12日 (木)

修理とメンテナンス

オイル漏れ修理作業 SUZUKI GSX-R1100 GV73A

他の不具合で少し手こずりましたが

作業完了しました。

Img_3247_20191212224301

1100のオーナーは、キタモのお客様の中で恐らく一番ヤングです。

Img_3248

オーナー色の個性的なオートバイです。

カウル付き1灯も2灯も

Img_3250

やっぱりオートバイは魅力的です。

ご依頼ありがとうございました

日々、運転ご安全に

こちらはカウル付き1灯

Img_3211

定期点検 メンテナンス作業 DUCATI MHR R1 ベベル

工場内の作業が完了し試乗

Img_3212

エンジンの回転上昇がスムーズ

流石、匠が仕上げたエンジンです。

Img_3214

前方も

Img_3213

後方も美しい。

Img_3215

セル始動というのが、最近何だかうれしくなります。とても。

Img_3219

い~な~このべべル。

Img_3216

作業完了しました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月10日 (火)

MHR

定期点検 メンテナンス作業 DUCATI MHR R1 ベベル

全体的に状態良好です。

Img_3141

ホイールベアリング問題なし

Img_3140

フロントも問題ありません。

スプロケットキャリアのベアリングのみ

Img_3138

ゴロゴロしています。

Img_3144

内部は錆が発生していましたので

在庫のSKFベアリングに交換。

中空になる部分は結露等で錆びやすくなるので

キャリアの内部防錆処置して組み立てています。

Img_3142

毎度乾燥気味のメーターギヤもグリスアップ

ニップルからもできるだけグリスを注入し

Img_3143

組立。

その他キャリパー清掃とグリスアップ

Img_3139

オーナーの雰囲気とバイクの雰囲気のマッチング感が半端ねえベベルです。

各部作業完了後に試乗します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月 5日 (火)

900SS

ブレーキ不具合修理 その他作業 DUCATI 900SS ベベル

ブレーキタッチに違和感

自社工場内でできることをいろいろ試しましたが

症状改善せずで

ディスクローターが原因と判断し

Img_2028

ヂスクローター研磨を依頼

Img_2364

研磨から戻ってきました。

毎度迅速なご対応に感謝いたします。

これからは、同じ症状の車両に出くわせば自社工場でどうのこうのせず

速攻でブレーキ屋さんにパスしようと思います。

どうのこうので時間がかかって申し訳ありませんでした。

Img_2365_20191104212301

Img_2366

症状消えました。忍忍

Img_2367

Oバンク EXパイプが再メッキで美しく輝いています。

Img_2368

ブレーキパッドはap racingの新品に交換しています。

Img_2369

Img_2370

DUCATI 900SS BEVEL

Img_2373

素晴らしいバイクです。

Img_2372

O様 作業完了しました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年10月29日 (火)

触った時に感じる違和感の大事さと 日々の作業と PHOTO

修理作業 DUCATI 900SS ベベル

Img_2293

センタースタンドストッパーの加工

リアサスペンションが少し長くなったことにより

スウィングアームに垂れ角が付いて

センタースタンドとスウィングアームがヒットしてしまうことへの対策。

ストッパー部分にネジを仕込むのだけれど

穴が約8mmで8mmボルトだとスコスコ

かといって9mmは現実的ではなく

10mmとなると肉厚が不安なので

8.3mmの下穴を開けてリコイルを仕込み

Img_2294

薄く加工した8mm6角ボルトを仕込みました。

メーターケーブルの話

Img_2296

奥まで刺さっているのにこの隙間は嫌だぞ。

ケーブルの先端を切断してワイヤーが解れると後戻りできないので

Img_2295

カラーを製作。

Img_2298

これでケーブルは上下に押されることなくフリーです。

問題のブレーキ

Img_2324

症状消えずで

本日ローター研磨に旅立ちました。

点検 修理 メンテナンス作業 KAWASAKI GPZ400R

Img_2312

2013年式のタイヤを2019年式のタイヤに交換と

Img_2314

ホイールベアリング、錆びたCリング、変形したメーターギヤレシーバーの交換

Img_2317_20191028235001

前後16インチのホイールに

チョイスしたタイヤは DUNLOP GT601 ARROWMAX

Img_2318

リアも同様に ARROWMAX 

Img_2320

リアもホイールベアリング、スプロケットキャリアベアリング、シール 交換。

動きが渋かったフロントフォーク

Img_2321

カスタムパーツで言うところのエミュレーターと同じかどうかは

分からないがシリンダの上に純正でバルブが装着されている。

Img_2322

SUZUKIには無かった。

で、問題のアンチダイブ。

ブレーキプランジャが外してあり固定式アジャストボルトが付いた部品が装着してある。

少しテンションをかけた状態でアジャストしてあったが

これは何を意味するのか

何故乗り心地があんなに悪いのか

考え中です。

Img_2323

動きを良くするにはひと手間工夫が必要かも。

お山でもチェックしておこうと思い

Img_2302

先日のXJR1300最終チェック

Img_2304

乗り易くなりました。

本日車両搬出に行った帰り道

Img_2311

東の空。

毎年足を運べていないモーターショー

今年は行きたいと思います

その前に愛知県の職人のところに部品を持っていかなければ。

東京モーターショーに行くか、大阪モーターショーに行くか。。悩む!

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年10月25日 (金)

900SS

EXパイプ再メッキ 修理 その他作業 DUCATI 900SS ベベル

フロントホイールの組立

ハブの合わせ部分に入るインナーカラーの寸法。

内径がアクスルシャフトよりも少し太いので

組立時にボールベアリング内輪との接触面を均等にするのが至難の業です。

あと、組み立てた時にB/Gの間で少しカラーが遊ぶので

Img_2162

内径、全長を変更したインナーカラーを製作しました。

Img_2163

何度か調整しながら

Img_2164

確認。

ブレーキローターを装着して

制動時を想定して組み付けています

取り付け時に微調整しても構造的にガツンと制動すればここに行くだろうという位置。

左に比べ右が少し振れが残りました。

装着して乗ってみます。

Img_1891_20191025231501

メッキ職人さんにお願いしていたEXパイプが戻ってきました

Img_2245

4つ使用するバンド

Img_2246

ボルトに嵌めるカラーが4個中3個ひしゃげていましたので

少しでも強くする為

Img_2247

中にネジを切ったカラーを製作しました。

Img_2249

ボルトに付けて

Img_2255

バンドを組立。

Img_2258

美しいです。

O様 お待たせしております

お聞きした作業が完了次第、試乗します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年10月24日 (木)

3ドック と 6ドック KSPのミッションの話

想い描く熟成へのカスタム作業 DUCATI 900SS KSP ベベル 

お待たせしておりますエンジン内部の作業

ミッション編

Img_2242

KSPメインエンジンのミッション 6ドックタイプ。

全体的には状態良好なのだけれど、スライディングドックに摩耗有り。

6ドックタイプはまだ手に入るようなので部品を交換しようか迷いましたが

Kさん宅の押入れから預かった中古ミッションがあった。

押入れから取り出したミッションは、3ドックタイプ。

何年式の何に使用されていたかは不明ですが

Img_2227

状態はいい。そして6ドックより3ドックミッションの方が作り込みに信頼感がある。

Img_2225_20191024215101

ドックに厚みがある分、強そうです。

ということで

Img_2233_20191024215201

違いはあるのか比較計測。

メインシャフトもカウンターシャフトも大きな違いがない。

コンマ数ミリの厚みや全長に違いはある。

Img_2223

ギヤの歯形は違う。3ドックミッションの方が面取りがキレイです。 

Img_2239

ケースのボールベアリングに対する嵌めあいは

3ドックのメインとカウンターが 『 ググッ 』

6ドックが 『 スコッ 』

Img_2240

計測と思案の結果、3ドックミッションを流用でやってみようと思います。

Img_2236

表面処理を実施する為、スリーブギヤのニードルベアリングは抜きます。

Img_2237

両側とも交換。

ケース側のボールベアリングも交換します。

Img_2241

K様 お待たせしております

表面処理中に他所を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年10月17日 (木)

制動時の違和感

このままではコーナーリングの突っ込みで後れをとってしまう

ということで

EXパイプ 再メッキ ブレーキング時の不具合修理作業 DUCATI 900SS ベベル

Img_1891

錆びてしまった Oバンク EXパイプ

Img_1909

バンド類もメッキ職人のところで再メッキ中です。

問題のブレーキ

以前よりも酷くなってきた症状

Img_2020

ローターとパッドの当たり方に

Img_2021

違いがあるのだけれども

Img_2024

それはKMHRも同じ

鋳鉄ローターは錆が取れる取れないで分かり易い

これはリジットローターにリジットキャリパーならあり得るか。

Img_2025

けどKMHRでは違和感が特にない。

Img_2022

Img_2023

試乗させていただいて症状を確認させていただくと

ローターが歪んだ時にでる症状と判断したが

振れはゼロでは無いが

これでそこまで症状でるかな?と疑問。

Img_2026

縦方向のズレも少しあります。

Img_2027

一先ず簡単な研磨だけ実施しました。

Img_2029_20191017012501

Img_2028_20191017012501

Img_2031_20191017012701

ハブが合わせなので組み付けにも位置調整が必要と思われる。

ap RACINGのキャリパーもチェックします。

O様 お待たせしております

Fr廻りを組み付けてEXパイプを待ちます。

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年9月 8日 (日)

点検 修理とカスタム & いただきPHOTO

フロントフォーク

Img_1246_20190908171701

インナーチューブの曲がりがあるので

曲がり修正と研磨&再メッキ

Img_1248_20190908171701

東洋硬化 御中に旅立ちました。

こちらは東洋硬化 御中から戻ってきた

Img_1249_20190908172901

BITO R&D フロントフォークインナーチューブ

今回は研磨&再メッキ&クロムナイトライドコーティング

派手さはありませんが、通常の硬質メッキとは色味が違い

只者ではない雰囲気がありありです。

Img_0384_20190908171801

アウターチューブは

Img_0632

研磨職人に研磨を依頼。

Img_1269

組立。

Img_1274

美しい

Img_1273

フロントフォークです。

調整作業 900SS ベベル

Img_1252

デロルトキャブレターの洗浄と不具合箇所の修正

Img_1253_20190908172401

O、V 共に組み直しました。

Img_1257

パーシャルの雑味や開け始めのタメが無くなり乗り易くなりました

Img_1259

が、日中の始動がやり難いので見直します。

こちら定期点検

KAWASAKI Z1 Hさん号

Img_1251

今月は、秋田Zミーティングに参加だそうです。

道中ご安全にm(__)m

部長はこの夏

Img_1276

コンテストで最優秀賞獲得。おめでとうございます\(-o-)/

私はプラモデルに関してあまり詳しくありませんが

ただ組み立てるだけではなく随所に手を加え、よりカッコよく見える手法が散りばめられているそうで

プラモデルもまた奥が深いです。

夏のTさんと450は

Pwpj1501

紀伊半島西側海岸線から串本へ

帰路は那智~十津川方面 山越え 勇気あるルートを選択。

走行距離450キロのツーリング

Qtvx9543

450はまだまだ走れると言っているみたいで

安心と信頼が増したそうです。

これが正しく熟成への道。

写真ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ 販売車両 点検作業のブログはこちら キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 リコール検索 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 熟成への記録 900SS 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 R1-Z 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_4332
  • Img_4333
  • Img_4334
  • Img_4336
  • Img_4338
  • Img_4340
  • Img_4341
  • Img_3875
  • Img_3876
  • Img_3877
  • Img_4238
  • Img_4240