フォト

カテゴリー

2021年3月25日 (木)

SUZUKI DR800改

配線作業と同時にメーターパネルの形状修正

SUZUKI DR800

Img_2946_20210325192201

オーナーと気になる箇所を談合。

パネルとメーターボデー、ベースプレートとの兼ね合いを考え

Img_2952

CUT。

Img_2961

シュっとしました。

製作した各配線を結線

ヒューズBOXは

Img_2963_20210325192201

電装ケース内に納める。

ヘッドライトからメーターにかけて脱着したが

改めて、この個体をカスタムした担当者の凄さを感じる。

0から構築された各部品のレイアウト

帳尻を合わせるのはとても大変。

Img_2964_20210325192201

ヘッドライト&フォグランプ取付。

各電装の作動確認ができたら

Img_2969

組み立て。

Img_2970_20210325192301

ベース車両がDR800と分かるヒントは何処にあるのか。

エンジンを凝視してもピンとこない。

工場内作業が完了し

Img_2974_20210325192301

試乗

Img_2975_20210325192301

シングル800の排気音に何か周波数があるのか

散歩中の犬がクルクル回ったり吠えたり

ハイテンションになることが多い。

この現象は他の車種にもある。

経験から察するに単純に排気の音量ではない。

もっと不思議なことは

住吉のお山へ登るにつれフル無視の犬が増えるということ。

阪急電車の高架を潜るまでは、あんなに犬が盛り上がっていたのに

渦森台だと出会う犬全てフル無視だった。

お山の下と上で違うことといえば気圧か。

ん~全くもってどうでもいい。

Img_2977

好調。

ディスクローターのフロートピンを交換し

ギャップで鳴っていたカチャカチャ音は消えております。

Img_2982

メーターパネルはシュっとして配線類はスッキリしました。

Img_2980

作業完了

たいへん永らくお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

Img_2979_20210325192301

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年3月23日 (火)

OMDC が

好きだ。

USJより、TDLより、UFJより、SMBCよりも

好きだ。

ああ、

久しぶりに行きたい。

カスタム作業 SUZUKI 250SB SSP

2015年に製作させていただいた

Img_5259_20210323105401

250SB SSP

Img_2678_20210323105501

数年前にオーナー拘りのマフラーに変わって、

よりカッコよさが増した250SB。

Img_2660_20210323224501

車両を引き取りに伺ってから長い年月が経過してしまい

申し訳ありません。

気合いを入れ直して作業開始。

今回

Img_2090

数年の妄想を形に。の、ご依頼。

各職人さんへ加工を依頼するので

部品の取り外しと

オーナーから送られてきた部品が装着できるかの確認。

先ずは

Img_2107

エンジン。

Img_2108

内燃機屋さんにバルブ廻りの研磨を依頼。

今回装着する部品は、全てオーナーから送られてきた。

流石、数年妄想なさっていただけあって

事細かにチョイスされている。

が、見切り発射部品も混ざっていた

Img_2422

拘りのキャリパー

Img_2430_20210323215001

このサポートでラジアル化するのだが

対向4POTではスポークにHIT。

キャリパーを削る前に

Img_2424

サポートに合わせる為、取付穴を加工。

Img_2425

無事装着。

キャリパーの肉厚を計測して

スポークに当たらなくなるまで削ろうと試みたが

Img_2429_20210323215001

これだけ削っても当たる。

これ以上は気持ちが悪い。

ならば

昨年12月にツーリング先生のご厚意で

KITAMO工場に仲間入りした菱高号の出番だ。

約3か月静かに出番を待っていた菱高号。

クランプが無かったので

簡単にクランプセットを購入するつもりだったが

考えが甘かった。

揃えるとなると恐ろしく高い。

しかし、材料を押さえるクランプは安価品ではダメだ。

部品加工は、クランプと刃物が鍵を握る。と

思っている。

Img_2692

今回の加工に必要な最低限の組み合わせだが

クランピング治具界の最高峰

ナベヤ製で揃えた。

Img_2798_20210323215501

出番だ菱高号。

Img_2777

流石、ナベヤ製。がっちり固定。

キャリパーサポートのフォーク固定面を2mmスライスして

キャリパーを外に出す作戦。

刃物と部品を見ながら加工をするとき

ベッドのハンドルをどちらに回せばベッドがどちらに動くか

少しでも迷った時は手を止めなければならない。

思っている方向と反対にベッドが動いた場合、

場所によっては、部品がおじゃんになる可能性がある。

機械加工の匠は、体が覚えているから

頭で考えなくても勝手に手が動く。

しかも手の感覚で100分の数ミリ、

1000分の数ミリまで出すというのだから匠はカッコいい。

今回、『 え~っと 』という瞬間が8回くらいあった。忍忍。

Img_2778

なんとか

上手くいった。↓

https://youtu.be/bkw8nBtl6LY

Img_2799

菱高号、これから大活躍の予感。

ディスクローターは

Img_2790

4mmほど外にオフセットする必要有。

各部品、外注先に旅立ちます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年3月21日 (日)

全集中 配線作業 ヒューズホルダー弐の型 

ヘッドライト廻りの配線修正作業

SUZUKI DR800改

Img_2701_20210321101601

これをどのようにするか作戦を練る

その前に

Img_2813_20210321101501

約15年、共に戦った電工ペンチ

Img_2812_20210321101501

カシメが甘くなるシチュエーションが出てきたので

Img_2811_20210321101501

新調した\(-o-)/

手に馴染んだペンチと比べ非常に使い辛い。

少し形状を加工して早く慣れなければ。

先ず

Img_2756_20210321101501

長い線をカットして作り直し。

次は

Img_2758

ヒューズが接続されるこの部分を製作する。

数個のバラヒューズを纏める為

Img_2760

よく当社で使用する在庫のミニ板ヒューズホルダーを出したが

車体のメーターに装着される管ヒューズは0.3A~1A。

板ヒューズの最小は1Aであった為

Img_2875

KAWASAKI KZ用のヒューズホルダーを用意。

使用するのは

Img_2876

これだけ。

各配線を0.3sq~1.25sqに交換し

Img_2877

製作。

今回フロント廻りで除去した線は

Img_2879

これ。

Img_2878

相談中の加工が決定すれば

配線類を結束する。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年3月14日 (日)

AMALの装着 と 配線の整理整頓

不調修理 トライアンフ

500ccにはプレミア626をセット

Img_2675_20210314090401

スロットルケーブルの形状が異なる為、トップキャップは

Img_2676

元のAMALのキャップを使用。

始動 ↓

https://youtu.be/ekx1yizC9NU

ここから調整していきます。

次は750にプレミア932の取付。

作業を進めます。

ーーーーーーー

フロント廻りの配線作業 

SUZUKI DR800改

配線作業の前に

Img_2694

12Vソケット取付ブラケット製作

上面は厚みがある方が部品感が増すので

Img_2693

5052の板で

Img_2696

上面だけ厚みを持たせる。

Img_2698

装着。

配線を眺めながら

Img_2699

どういう風に配線を製作するか

Img_2701

作戦を練る。

分岐と単発のヒューズが多いので

その辺りをスッキリさせることが今回の鍵を握る。

Img_2702

メーター裏も。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月11日 (木)

アルミとアルミの間に鉄が入らないメッキシリンダー

YAMAHA セロー225WE 5MP 2003年

Img_2110

空冷 アルミメッキシリンダー 内径70mm 外径77.5mm

35X35X3.14X58=223.09cc

ーーーーーー

SUZUKI 250SB LX250L (D-TRACKER) 2003年

Img_2112_20210211090501

水冷 アルミメッキシリンダー 内径72mm 外径86mm

36X36X3.14X61.2=249.04cc

KLX300

Img_2113_20210211090501

内径 78mm 外径 90mm

39X39X3.14X61.2=292.29cc

Img_2114_20210211090501

292.29-249.04=43.25cc\(-o-)/

ーーーーーー

TAKEGAWA 181

Img_2111

空冷 アルミメッキシリンダー 内径63mm 外径66mm

31.5X31.5X3.14X57.9=180.40cc

こちらは鉄スリーブ

Img_2115

HONDA CT125 ハンターカブ 内径52.4mm 外径58mm

26.2X26.2X3.14X57.9=124.80cc

Img_2116_20210211090501

180.40-124.80=55.60cc\(-o-)/

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月 3日 (水)

SUZUKI KATANA 250R NSP

カスタムの続き 手直し 仕上げ作業 

SUZUKI GSX250S 刀

前方スポンジの削りがあまく表皮が波打ったシート

Img_1772_20210203074501

整形し直して

Img_1872

前方にFRP。

Img_1877_20210203074501

成型してアシヤさんにパス。

煩かったマフラー

Img_1951_20210203074601

バッフルを製作してキタモ法で加工。

思ったように音量が抑えられず追加工。

1インチパイプを曲げる設備が当工場にはないので

Img_1970_20210203074601

1インチハンドルを使う。

最終形状は

Img_1971_20210203074601

これ。

オーナーご希望のヘルメットホルダー

ここしかないという場所に装着

Img_1964

ここ。

お願いしていたシート表皮の改造が完了し

Img_1974

装着。

アシヤさんいつもありがとうございます。

その他モロモロの手直しも完了。

Img_1976

試乗。

年末に乗った時は、冷えた路面に対してタイヤの怖さがあったが

昨日の日中は暖かく安心感増。

Img_1978_20210203075301

ハーバーハイウェイも安定した走行で乗り易い。安堵。

『 こんにちは 』

『 こんにちは 』

『 これなんてバイクですか? 』

待ってました。

『 うヘヘヘ、これはですね・・・・・ 』

『 へぇ~こりゃええわ 』

『 でしょ~ええでしょ~僕のじゃないんです~ 』

オフロード乗りバイクメ~ン先輩との出会いでございました。

Img_1979

御仁に挨拶して出発。

帰路のハーバーも好調。

Img_1981_20210203075301

ROKYU駐車場。

Img_1982_20210203075101

交差点の右左折も見た方向にスッと素直に曲がってくれる。安堵&安堵。

私的には排気音もいいと思う。

Img_1984_20210203075201

250というのが軽快でいい。

Img_1987

SUZUKI KATANA 250R NSP ↓

https://youtu.be/uT4iBDxSSUE

Img_1986

これは

Img_1989_20210203074801

あれだ

Img_1996

お山がいい。

Img_1995

ようやく完了しました。

たいへん永らくお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

Img_1994

Img_1988

安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月30日 (土)

消音作業と、軽二輪登録。

昨年、何度も消音に失敗し気が付いたのは

音は通路方向、気体の流れは通路方向に限らないということ。

ちょっとパクリだけれども

消音作業ではキタモ法という物を捻り出したと感じている。

とか書いてはいるが

『 やっぱり、もうちょっと音小さく。 』って

昨日、S氏から連絡が入った。

重要なのは、めげない心。

消音といえば

KATANA R も排気音が煩く要消音。

Img_1962

サイレンサーの出口側は二重管の為、固定するには

パイプとパイプの間にバッフルのナットを仕込む必要がある。

それでは、形状がややこしく見た目がカッコ悪い。

ので

Img_1963

EXパイプ側にバッフルを仕込むことに決めた。

形状を思案し

Img_1950

材料を切って

Img_1951

組み立て。

Img_1959_20210130221401

こんな感じ。

ここからこのバッフルをキタモ法で追加工する。

EXパイプ側は

Img_1960_20210130221301

これが

Img_1961

こうなる。

バッフルを仕込むつもり無く製作したマフラーなので

帳尻が合わなくなる箇所は要修正。

作業を進めます。

ーーーーーー

お客様が手に入れたTL125

TLR200のエンジンを積んだとのことで

軽二輪登録のご依頼

Img_1941_20210130222801

ナンバープレート下部のホルダーは

原付、軽二輪、両方のナンバーサイズに対応できるようになっている。

無事に申請が完了し

Img_1943_20210130222801

TL125改

Img_1945

200。

Img_1946

税金や各種保険の金額が上がり

Img_1947

維持費は増額しますが

そんなことが吹き飛ぶくらい

素晴らしいことがある。

それは

Img_1948

あなた渡れる、鳴門海峡。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月21日 (木)

1月の日々の作業 

不完全だった箇所の修正と改善作業

Img_1772

シート形状変更

表皮の厚み分タンクとの隙間を設ける。

抵抗なく簡単にセットできて

スポンジはタンクに当たらないように。

Img_e1776

形状が変わったので改造して貰った表皮ではNG。

前方にもベースがないとスポンジ形状の保持は難しいよ。とアドバイスをいただき得心。

FRPで前方のベースを作ってみます。

Img_1790

USBの位置変更と

ハザード対応ICリレーは

Img_1791_20210121225701

ここにセット。

インジケーターランプのLED化も済ませて

Img_1786_20210121225701

無事にハザード作動。

作業を進めます。

ーーーーーー

パウダーコーティングのご依頼

Img_1796_20210121225601

クランクケースカバー左右と

お預かりした部品群

Img_1797

これは、もう一度どれとどれとどれとどれを塗るのか指示を仰ごう。

何度もすみませんです。

ーーーーーー

オーナーの拘り

Img_1743

346.4g

Img_1798_20210121225401

306.6gになりました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月 5日 (火)

GSX250S 刀 モノサス

『 250カタナにSSのテールを装着したいんや 』

この一言から始まったカスタム作業も大詰め。

2020年の年末

カスタム メンテナンス作業 SUZUKI GSX250S カタナ

アッパーカウルの組み立て

Img_1273_20210105230001

リアブレーキマスター付近は本組み時に仕上げる予定だったので

Img_1296

リザーブタンクステーの製作と

Img_1300

取付口径の違うホースのアダプター製作

Img_1302

取付。

マフラー装着やその他モロモロ

Img_1305

点火は

Img_1306_20210105230201

ASウオタニ SPⅡパワーコイルKITと

オーナーご持参のカスタムイグナイターを装着。

Img_1308

各配線作業

Img_1312_20210105230301

余る配線は切る。足りない配線は伸ばす。

二進も三進もいかない配線は作る。

Img_1317

タンク下とシート下に各電装を収めて

Img_1320_20210105230301

始動。と同調。

整形して貰ったサイドカバーに

Img_1323_20210105230301

アルミメッシュをセット。

タンクも載せて

Img_1336

いい感じ。

Img_1338

シート失敗。

スポンジの削りが足りず結構キツイ。削り直しだ。

Img_1340_20210105230401

フロントフェンダー本付け。

Img_1341_20210105230401

工場内での準備が整えば

Img_1342_20210105230501

試乗

Img_1345_20210105230501

冷えたタイヤの不安感はあるが

特に問題なく走ります。

排気音はちょっと煩い。

Img_1348

いいバランスになったと思う。

Img_1355

オーナー拘りのカラーリングもマッチしています。

Img_1358

センターアップ2本出しにして良かった。

Img_5331

この250が

Img_1352

こうなりました。

悩みに悩んだ 250S NSP

ああ、カックいい。

帰店したら

Img_1372_20210105230701

ありがとうございますm(__)m

Img_1373_20210105230701

こんなに大きく。

Img_1376_20210105230701

KITAMOロゴ。

Img_1382_20210105230701

31日まで仕事のオーナー宅へ

無事、1月1日に乗っていただけて安堵。

たいへん永らくお待たせいたしました

後日、詰めの作業を実施させていただきます

お時間いただきありがとうございました。

Img_1361

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年12月29日 (火)

去年の年末は900SS。今年はGJ76A。

『 どっちがえぐいですか?(笑) 』(K氏談)

今日28日で各メーカーの年内部品注文は終了した。

それは、漏れがあったら今日までにということ。

『 どうや!進んでるか!? 』 

部品屋さんが配達の時に楽しみにしてくれているのは

Img_0658_20201228232501

メンテナンス カスタム作業 SUZUKI GSX250S カタナ

各職人さんから続々と部品が戻ってくる。

Img_1067

外装。

ウインカー取付用の穴は

Img_1069

埋めて貰った。Gさんすごいよ。

シートは

純正表皮を改造して前方を作り直して貰った。

Img_1070

それはそうとKITAMOトラックのシートをどないかせんと

あかんのちゃうか。以前ASHIYAさんにも言われた。

そして

パウダーコーティングが滑り込みセーフ

Img_1184

いつもありがとうございます。

Img_1192_20201228232501

製作した部品が多い。

それは組める人間が私しか居ないことを意味する。

あ、苦しまぎれのタンクマウント。。黒にして正解だった。

では、参る。

Img_1221

洗浄した部品と再メッキインナーチューブで

Img_1226

組み立て。

塗装したホイールに

Img_1228_20201228232601

NEWタイヤ、バルブ、ベアリングを装着。

Img_1230

アルマイト処理した入魂アタッチメントが光っている。

オーナー拘りの

Img_1232

リムテープを貼り付けてホイールの準備完了。

Img_1233

純正スプロケットが渋さを演出します。

フレームの下準備が完了したら

外観を掃除したエンジンを

Img_1220

搭載。

寝かしたエンジンにフレームを被せたので私の腰は無事です。

Img_1227

塗装したステムをNEWベアリング、グリス、キャップで組み立て。

Img_1237

フレームを吊って前後足回りの取付。

Img_1238

やり残していたフレーム側サスリンクのボルト加工

GSR用が長いので

Img_1239

切って

Img_1240

短くした。

Img_1242

サスペンション取付。

Img_1243

ああ、モノサスカタナになった。涙。

Img_1247

リムテープが効いている。

Img_1248

入魂アタッチメントのシルバーも効いている。

Img_1258

YZF R1シートレール装着。

恐ろしく軽いシートレールは約1.5kg。

切った250Sフレームは

Img_1257_20201228233001

約6kg。

撮り方によって

Img_1259_20201228232701

140タイヤが170くらいに見えるから不思議だ。

流用の神に助けられた集合部

Img_1266

美しくなった。

スウィングアームの内側で

Img_1264

ステンレスに

Img_1263

変わる。ここが味噌。

Img_1260

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ ドカティ ベベル R&R ジャパン キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 ツーリングキャリア 製作 改造 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 妄想ツーリング 熟成への記録 900SS 熟成への記録 CB550FOUR 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 GSX250S KATANA 製作記録 R1-Z 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_2971
  • Img_3048
  • Img_3049
  • Img_3050
  • Img_3051
  • Img_3052
  • Img_3055
  • Img_3057
  • Img_3093
  • Img_3095
  • Img_3186
  • Img_3187