フォト

カテゴリー

2020年10月26日 (月)

GSX X GSR X YZF

カスタム作業 GSX250S KATANA

サスペンションの仮付け完了

Img_9510_20201026004101

から

シートレール仮付け

Img_9769

現状の車高で

タイヤ&スウィングアームとシートレールのクリアランスを確保。

左右カラーを製作し

Img_9771

チェーンラインを出す。

右カラーはブレーキキャリパーの取付方法を変更することにしたので

部品が届き次第、合わせた寸法で再製作。

Img_9778

シートを載せてみる

Img_9779

うん。

Img_9780_20201026004101

カッコええがな。

タンクなどとの兼ね合いがあるので

Img_9789

シートレール上部の固定位置は決定。

ちょっとシート高が高いか?

オーナーにフィッティングしていただいたが

やはり高かった。

車高も高いのでサイドスタンド使用時の車体傾斜角が大きい。

これも乗り降り時の不安をプラスさせてしまう原因。

Img_9856

先ずは車高を

Img_9866

車高調で下げる。

車高が下がると

シートレールとタイヤのクリアランスが狭まる。

そこで

シートレール取付下部のステー穴位置を5mmずらした板を製作

Img_9870

これでタイヤとのクリアランスは確保できる。

そして

シート高が上がる。。。忍忍。

しかし車高さえ下げることができれば

あとはシートレールより上でシート高を調整することができる。

Img_9869_20201026004201

サイドスタンド使用時の車体傾斜角も不安のない角度になった。

Img_9868

かっこええがな。

オーナーと確認したステップ位置

Img_9832

だいたいの場所を決めて

ステップを何にするか思案。

悩んだ末

Img_9854

ヤフオクで中古のAGRASをゲット。SUZUKI用です。

これのメリットは

Img_9855

4ポジション選択可。ということ。

4ポジション以上になると穴だらけのステッププレートになるので

4ポジションにした。

このバックステップでSUZUKIの純正リアマスターを使用するのだが

SUZUKI車によく使われているマスターは、

ホース取付部が内側に向く為

GSRスウィングアームを装着したGSX250Sには不利。

かといって

上部にホース取付部のあるNISSINやBREMBOのマスターでは

取付ピッチが違う為、アダプターを取り付ける必要があり

その分マスターが内側に寄る。

もしかして

KAWASAKIやHONDA用のバックステップを探すべきだったのか。。

いや、折角見つけたのだからSUZUKIでいい。

純正やEARL'Sのバンジョーアダプタよりも薄いGOODRIDGEをチョイスし

AGRASステップのマスター取付箇所を裏から表に変更した。

取付位置を決めて

悩みに悩んだステップ取付ブラケットを製作

Img_9876

軽くて強いを考えた。

立ち乗りができなければ意味がない。

ステップを外側に出す為にカラーを使うのはなんとなく嫌だったので

ブラケットでオフセットもできるようにしている。

Img_9877

装着。

Img_9878

左も。

Img_9880

このくらいスウィングアームと近い。

マスターを裏に付けていればもっと外にステップを装着する必要がある。

Img_9881

干渉する箇所が無い為、左は右よりも少し内寄り。

マスターを表に装着する為に切った

AGRAS刻印入りマスターガードを装着するか悩み中

Img_9882

ブーツの邪魔になるかも。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年10月 9日 (金)

GSX250S モノサス

点検 メンテナンス カスタム作業

SUZUKI GSX250S 刀

オーナーの妄想を現実にする為

kitamobrainをフル回転した。

車高を一回で決めるのは至難の業

ならば車高調整機能を備えればそこは解決する。

Img_9448

調整部分を製作。

Img_9449

Img_9452

あとは、これをどうマウントしていくか

考えているとどんどん難しくなりがちだが

やはりシンプルで強い物がいい。

何パターンか考えて製作しながら変更を繰り返し

Img_9496

こんなにもシンプルな形が生まれた。

Img_9450

ここにパイプを付けて

Img_9497_20201009085201

こうして

Img_9499

こうした。

一先ず、店にあったM16P1.5のナットの厚みで位置を決定。

Img_9498_20201009085201

Img_9500_20201009085201

シートレールマウント、小物部品マウントを兼ねた

パイプの補強を考える前に

Img_9510

ジャッキから降ろして

サスの動きを確認し

Img_9511

再度イメージを想像、テンションを上げて

Img_9512

また型枠にセット。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年9月24日 (木)

GSX250S 刀

メンテナンス カスタム作業 SUZUKI GSX250S

スウィングアーム取付の続き

Img_9211

右カラーの再製作

Img_9224

次は上手くいった。

Img_9225

挿入。

続いて左

Img_9226

左はGSR純正ベアリングを使用するので

B/G当たり面の外径は1mm小

Img_9227

できるだけ右側に寄せて装着したいのでカラーの厚みもかなり違う。

Img_9228

今回の位置出しは

Img_9229_20200924234401

この部分にチェーンがヒットしないようにすることに重点を置いた。

あとの帳尻はホイール側で合わせる。

ピボット部にスラストベアリングを入れるスペースが無いので

左右のガタなく、それでいてスムーズに動くように。

ピボットシャフトを締め付けて

動きの確認 ↓

https://youtu.be/1O-PueExQ4c

確認が取れたら

Img_9232_20200924234401

ここと

Img_9233

ここの部品を製作していく。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年9月23日 (水)

自社工場の金属加工と外注金属加工 & いただきPHOTO 

先ずは自社工場(1人)

Img_9177

単体でお預かりの部品達

Img_9178

ステップスペーサーの製作と

Img_9180

脱着時によく落としてしまうというM4ナットの点付け&

Img_9181

オーナー設計フルパワーKITブラケットの裏側角ナット点付け。

続きまして

Img_9120

オーナーご希望のストラット加工

Img_9119

指示画像を送っていただき

長いストラットを

Img_9190

CUTして

Img_9155

成型。

続きまして

Img_9182

流用スウィングアームの右側を削り

Img_9183

サイズを変更したニードルB/Gとシールを装着

Img_9184

ディスタンスカラーを製作し

Img_9185

左右カラーの製作

Img_9186

内径28mmのニードルB/Gに合わせてカラー外径を調整

Img_9187

折角外径がバッチグーでしたが

Img_9188

キリで内径20mmを開けたのが失敗

急がば回れ。

反省した2個目は早いよ。

続きまして

外注金属加工

Img_9121

純正EXパイプの再メッキ

Img_9122

いろいろありオーナーにはご迷惑をおかけしましたが

Img_9123

ようやくここまできました。

お時間いただきありがとうございます。

これから施工をお願いする

Img_9194

インナーチューブ再メッキ

Img_9195

結構錆びております。

こちらも

Img_9196

ちょっと固着気味のフロントフォーク

Img_9197

オイルは左右とも良くない色です。

Img_9198

たいへんお待たせしております

本日再メッキに旅立ちます。

Img_9199

これが美しくなって帰ってきます。

いただきPHOTOの前に

Img_8497_20200923011501

激レア蚊取り線香。

半周回ったところで蚊以外にも効く煙が出そうです。

いただきPHOTO

Img_7515

奥方様と走る時は雨が多いとか

Img_8364

V-MAX NSP どんどん進化しています。

そんなNさんが

Img_9202_20200923014801

免許取り立て初期型GBのA君を誘って京都と滋賀のお山へ。

300km超走破したとのこと。

かなりクネクネ道を設定したが10代のバイクメ~ンは難なくクリア。

Img_9201_20200923014801

PHOTO by 奥方様 

あれ?雨降ってない。雨女返上おめでとうございます。

播州支部長の休日は

Img_9005

庭でマフラー塗装です。

奥方様、お気持ちお察しします。

Img_9192

Z2 好調とのことで安心しました。

Img_8724

こちらは

播州〇〇長の

Img_8500_20200923012201

知られるとまずい3号機です。

だちょうさん元気そうで良かった。

Img_8503

Img_8504

あれ?この撮り方は、播州しぶ・・

Img_8505

Img_8506

美味しいうどん屋さん。

結構前にいただいた写真ですが

Img_6128

I兄弟 弟さんのXJR1300

Img_6129

愛知茶臼山

Img_6130

解説画像ありがとうございますm(__)m

こちら I兄弟 お兄さん

Img_8165

誰もいない早朝の秋吉 ドライブイン 6月

Img_8166

6月の早朝秋吉台は貸し切り。

そして

Img_8163

誰もいない早朝の秋吉 ドライブイン 8月

Img_8164

8月の早朝秋吉台も貸し切り\(-o-)/

Uomw9471

ナッキーさんはSR2号機で7月の四国へ

落石で2時間通行止めなどいろいろあったそうですが

Yeot9555

無事に 瓶が森林道を走破

6月には

Myct7940

祖谷のしょんべん小僧ともご対面。

私も幼少期にしょんべん小僧とよく対面した思い出があります。

CB450 の Tさん

Ewga6520

IN 広島

Ccwo4781

この日の為にソロキャンプ道具を揃えたTさん

Ubxf5179

なんかテントを張る場所がここでいいのか?という感じですが

ご本人は 『 ドキドキワクワク!! 』とのことで

良かったです。

やっぱりオートバイは最高であります。

皆様、写真ありがとうございました

今後とも

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年7月28日 (火)

25日はカワサキとホンダの日で26日はベベルとスズキとマー坊号の日。 PS 8月2、3日は定休日です。

点検 メンテナンス KAWASAKI W1SA

試乗させていただきましたが

開け始めのボコツキが有り、信号待ちからのスタートに気を使います。

走れば好調に感じます。

Img_7930

美しいエンジンだ。

Img_7933

キャブレターの引き代調整と

Img_8004

ポイントギャップ、点火時期の調整。

SAはポイントが2つ。クランク360に対して点火カム軸180ということか。

独立した調整が可能になりエンジンにとってはいい。

Img_8019

試乗。

Img_8021_20200728002301

開け始めのボコツキは無くなりましたがアイドリングを一定以上下げると不安定になる。

もう少しアイドリングを下げたい。

Img_8022

北の空が赤くなり

Img_8023

西の空はいい雲。

Img_8024

SよりSAの方がフロントブレーキの制動力があり安心感があります。

Img_8027

プラグは常に真っ黒なので

Img_8024

キャブレターを確認します。

ーーーーーーー

修理作業 HONDA CB250 エクスポート

スウィングアームのガタ

Img_7924 

摩耗したブッシュを交換

Img_7926

当たりを見て少し調整

非常に地味な動画ですがガタはなくなりました。

ふー

Img_8014

ふー

Img_7960

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年7月 3日 (金)

まな板に載ったまま毎日形の変わらない車体を見て、改めて喝を入れる。心技体+α の巻

カスタム メンテナンス作業 SUZUKI GSX250S KATANA

Img_6813_20200703210201

オーナーご希望の形にするにあたり

スウィングアームの選定

現実的な寸法と現実的な取付方法とその他モロモロを検討。

装着するなら

Img_7019_20200703210201

折角なのでこのような形にしたかった。

流用カスタムは説明書が無いので現物を合わせて

装着不可なら選んだスウィングアームは、ただのアルミになります。

右側フレームのステップ部分を一部切って仮に嵌めてみる

Img_7477_20200703210301

まるで

Img_7476_20200703210301

このフレームの為にあった

Img_7473_20200703210201

スウィングアームじゃないか。とも見えるが

現実はそんなに甘くはない。

しかし

Img_7471

カッコええやん!と思う右脳が

この作業・・・という左脳に壁を越えろと言う。

改めて自身を考えると

作業のご依頼は右脳で受けているように思う。

しかし

オートバイに乗ったらそんなことどっちでもよくなる。

そんな話はさて置き

Img_7469

チェーンライン確保の為、スウィングアームはできるだけ右に寄せる必要有。

現状はスウィングアームをそのまま嵌めただけです。

このスウィングアームが装着できれば

オーナーのイメージにする為のモロモロが上手く進むと信じている。

Img_7470

オーナーの頭の中にはGSX250S NSP

私の頭の中にはそのNSPにする為の方法。

Img_7472_20200703210201

おお~かっくいい~

しかし気が重い。

つづく

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年6月14日 (日)

加工

見た目と排気の両立。

このマフラーが装着されたゴンゴーがイメージ通りなんだけれども

音が大きいので気持ちよく走られない。というオーナー。

ターンナウトサイレンサーは切らないと中身をどうこうできないので

Img_5866_20200614194301

以前、こういう部品を製作し

Img_5868_20200614194301

EXパイプ径を絞ってみたけどあまり変化なし。

エンジンから近い位置でこれ以上口径を絞るのはよくないのではないか。

いや、今この状態もよくないだろう。

この位置で減音できたとしても排気の流れはとても悪くなるという考えに達し

オーナーに承諾を得て

メッキの波打ち方を観察し

Img_7016

切った。

結構硬い金属だ。

Img_7017

我ながらいい位置で切ったと思う。

見た目はこのマフラーがいい、音は適音がいい、切った箇所はあまり目立たないようにしたい・・・他・・

忍忍。

Img_7018

EXパイプ絞り部品を外して

サイレンサーの中身をごっそり入れ替えます。

切った跡ができるだけ目立たないようにするイメージは描けた。

ーーーーーー

こちら

寸法を計測し、レイアウトを確認し、車体を見に行き

選んでみたスウィングアームは

Img_7019

これ。

送料の方が高かった中古品をGET。

あてがってみて流用が根本的に不可なら別のスウィングアームにします。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年6月 6日 (土)

GSX250S

点検 修理 カスタム作業 SUZUKI GSX250S 刀

お預かりした車両の

Img_5330

現状確認

Img_5332

全体的に状態良好のKATANA

気になった箇所のチェック

Img_5404

キャブレターはジョイントOリングなどの劣化がありますので

Img_5407

メンテナンス。

たいへん長らくお待たせしております

加工スペースのまな板が空きまして

ようやく流用部品の選定作業に着手しました。

Img_6808

オーナーご希望のカスタムは

Img_6809_20200606091301

こんな感じ。

難題はリア廻り、シート下、この辺りの処理か。

Img_6810_20200606091301

気合いを入れて挑んだのだが

気が付くと

Img_6804

EXボルトを入れた袋にステップと書いていた。

いかん気持ちが負けている。

気合いを入れ直して

Img_6813

どういう風な全体像にするのかの思案と

流用部品を探す為の寸法計測。

Img_6812

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2018年12月10日 (月)

進行状況 750

修理 カスタム作業 SUZUKI GSX-R 750

無事に車検取得とのことで

追加修理作業とカスタムのご依頼。

フロントタイヤ交換と

Img_4184 GSX-R1100 Iさんから届いたマフラー装着。

Img_4181 パイプのマーキングにお心遣いを感じます。

中間ラバーマウント部は

ステーを移動させても穴位置が合わないので少し離してステー製作固定。

Img_4183 サイレンサーステーも合いませんので

Img_4235 ステーとカラーを製作して

Img_4239 固定。

試乗に出ようとしたところで

フロントフォークのオイル漏れが悪化。

Img_4353 で、洗浄とシール、Oリング交換。

組み立て完了後に

Img_4354 試乗。

すごいなナナハン。

スロットルの重さはキツイけど、走りは素晴らしい。

ミッションのギヤ比がいいのか加速減速ともに、とてもスムーズ。

軽く引っ張るだけでグングン加速する。

レッドゾーンまでなんて、とても回せそうにありません。です。

が、

Img_4355 コーナーのギャップがかなり恐怖。

速度が上がってから通過するギャップに対して反応が良くありません.

ハーバー減速帯のように予め分かっているギャップなら心の準備もでき構えられますが

コーナー途中で突如現れるギャップを踏んだ時は

『 ドぅヘー!! 』 という感じで数秒ヒヤッとします。

ん~試乗も危険がいっぱいであります。

Img_4356 改善します。

これでギャップが怖くなくなれば

とんでもなく面白いバイクになるな

Img_4357_2 あ~かっこいい。

M様 お待たせしております

作業を続けます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2018年12月 1日 (土)

ステップ

可倒式ペグから固定式ペグへ変更

社外品固定式ペグよりも長めにしたいということで

ステップ周り加工作業。

Img_4189 純正可倒式より約15mmショート

通常固定式プラス25mmでセットします。

アタッチメント差し込み外径14mmに決めて

Img_4190 ステップベースプレートの装着穴が痛んでいるので

Img_4194 埋めて14mmで掘り直し。

Img_4195 25mmロングアタッチメント製作。

Img_4203 左右とも

Img_4206 ロングです。

Img_4208 チェンジ側

Img_4209 ブレーキ側。

コーナーでステップが擦るようでしたら

25mm部分の追い込みは対応可能です。

動作確認完了しました。

I様 お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ ドカティ ベベル R&R ジャパン キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 ツーリングキャリア 製作 改造 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 妄想ツーリング 熟成への記録 900SS 熟成への記録 CB550FOUR 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 GSX250S KATANA 製作記録 R1-Z 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_5868_20201028224601
  • Img_7017_20201028224501
  • Img_7018_20201028224501
  • Img_9765
  • Img_9767
  • Img_9907
  • Img_9908
  • Img_9909
  • Img_9910
  • Img_9918
  • Img_9923
  • Img_9926