フォト

カテゴリー

2020年2月16日 (日)

日々の作業とKOP仕様変更

不調修理 KAWASAKI GPZ900R

突然のエンスト

パターンなし、再始動性良好。

Img_4756

症状が再現できるか不安でしたが

始動1発目から症状が出ました。

セル始動で全く点火せず、3回目のセル始動でいきなりエンジン点火。

Img_4758

各所配線関係触りながらいろいろ試しましたが

その後は全く症状出ず。

原因が確認できてから気になる加工配線は手直しさせてください。

Img_4759

プラグの焼け方とカシメ不良のコードの場所が合致するが

ブーツが捲れているとかではない。

点検を進めます。

ーーーーーーーー

長期不動 公道復活修理 ET4

点火不良

Img_4760

オーナーにご用意いただいたCDIに交換して火が飛びました。

Img_4762

インマニのヒビが貫通していますので交換します。

Img_4763

不動期間の割にキャブレター内部はキレイです。

ガソリン抜いて保管されていたのかな。

パッキンのみ交換します。

部品が届き次第先ずはエンジンを始動します。

ーーーーーーー

ベベルに効果抜群

Img_4683

ヘッドライトブースターKIT取付。

ーーーーーーー

キタモオリジナルパーツになる予定の

ベベルアーシングKIT

電気の伝導率で銅を選びましたが

アルミとの相性が良くないことが分かり

Img_4772

銅カラー、銅ボルトからアルミカラー、鉄ボルトに変更

銅がアルミより下に位置すれば腐食はマシになるとお聞きしたが

この場所だと下に取付ようがないのでアルミカラーにします。

Img_4771

KMHRは銅のままもう少し使って腐食を見てみようと思う。

電気をよく通す銅を選んだが

腐食すれば伝導率は低下していく。

ミスチョイスか。

因みにジュラルミンに含まれる銅はどんな銅なのだろうか。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年1月29日 (水)

DUCATI KSP

昨年未完のカスタム作業の続き

DUCATI 900SS Bevel KSP

『 オーリンズ落札したよ! 』

ニコニコしながらステアリングダンパーを見せてくれたKさんに

『 ステーがなきゃ付きませんよ。 』 とは、とても言えない~

Img_4399

ステアリングダンパーの取付作業

ブラケット単品も販売されているのだけれど

部品屋さんから金額を聞いて注文するのは止めた。

加工しないといけない可能性があるなら作る方がいい

Img_4400

10mm厚アルミ板から

Img_4401

クランプ製作。

フレーム側のブラケットに装着する為

Img_4402

ピロボールとドッキングさせる。

Img_4405

装着してハンドルを左右に切って確認

Img_4406

動作問題なし。

Img_4411

初回のオイル交換とフィルター交換

バルブクリアランスはOPENのみ計測して1/100~2/100増し。

狭まる予想だったがこのくらいの数値なら許容範囲。

第二段階の慣らし完了後に再度確認します。

その他点検作業が完了し

Img_4414

試乗。

なんてこった

エンジンめちゃめちゃいいじゃないか

Kさんが真面目に慣らしを遂行したエンジンを

私がプラス2000の5000まで回す。

排気の厚み、吸う力、パーシャルの滑らかさ

どれをとってもKMHRとは比較にならない。

Img_4416

気持ちよくハーバーを流していたら少し雨が降ってきた。

それなのに気持ちはなえない

雨を切り裂くように走るKSP

正に、ミッドナイトミサイル号(元)!!

今のネーミングは、、、忘れてしまった。。

ケラーマンウインカーも明るく

LEDになることにより点滅がはっきりしていて安心感が増しました。

Img_4419

店に戻ってKさんと談合して納車。

お待たせいたしました

運転ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年1月28日 (火)

Kellermann ウインカー

カスタム作業の続き DUCATI 900SS Bevel

昨年末にできなかった作業の続き

ウインカーカスタム ケラーマン製ウインカーに交換

Kさんご希望の位置にセットする為にブラケットの製作

どういう風に装着するか

形を考えることとその寸法出し

イメージするまでにかなりの時間を要しますが

イメージさえ思い描くことができて道具があれば

製作自体はそこまで大変なことではない。道具さまさま。

Img_4127

用意しておいた材料を旋盤にセット

Img_4128

フロントはフォークにクランプしようと初め考えたが辞めた。

ハンドルに変更する。

Img_4129

これはリア用

Kさんご希望のリアサスペンションクランプを製作

Img_4137

このブラケットをリザーブタンクに

Img_4134

クランプする。

Img_4138

小さいのはハンドル用の製作したブラケット。

Img_4364

小さいケラーマン製ウインカー

これで保安基準に適合しているのが驚き。

Img_4365

すごく明るい。

Img_4367

フロント

Img_4368

すごく小さい。

ウインカーリレーをICリレーに交換

今回ご希望のハザード機能も追加し結線。

無事に点灯しました。

その他の作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年1月21日 (火)

ヘッドライトブースター

LOビームのトラブル修理と

車検に対応する為のHiビームブースト作業

DUCATI 848

Img_4146

ロービームカプラが解けて破損。

端子の腐食が有りましたので接触不良で高温になったか。

同タイプのカプラは見つけることができず

形状は違いますがH11ランプ用の汎用カプラを入手して

Img_4147

取付。

純正は配線挿し込み部にシールが無かったが

汎用品には防水シールが付属していたのでこちらの方が信頼性高いように感じます。

848のヘッドライトハイビームは車検に通らないことがあるらしいので

今のうちに対策を実施したいとのご相談で

今回はHI側にブースターを装着することに決定

Img_4152

H4 1灯式 HI/LO用 ブースターキット PAMS製

考えてみたらリレーは2つ付いているし

H11 2灯式 左HI 右LOの 848なら両方ブーストできる

ということで

Img_4154

848用に配線加工

Img_4151

バッテリーからリレーを介して直接ヘッドライトに電気を送ります。

Img_4155

ただランプ側で+電源を取るので

キーONでヘッドライトは点灯します。

セルスイッチに消灯機能が備わっていないので

今後、セルモーターの回転がが弱くなるようなら対策が必要です。

ブースト前

LO

Img_4149

HI

Img_4150

ブースト後

LO

Img_4159

HI

Img_4157

すごく明るくなった!!と言いたいところだけど

写真に騙されてはいけない

カメラでは比較が難しい。

ピントを合わせる個所を変えれば

ブースト後のLOがこうなる

Img_4158

肉眼では、はっきり明るくなったと認識できます。

LEDヘッドランプ装着車など、アイドリングでチカチカしていた車両も

ヘッドライトブースターを装着することにより

チカチカすることもなくアイドリングでパッと明るく点灯します。

ブースターの効果は、はっきり出ます。

特に年式の古い車両でONOFFスイッチやディマースイッチの接点腐食、

電線の腐食でロスが大きいほど効果は絶大です。

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年1月20日 (月)

キタモオリジナル ベベル部品

現在いろいろ試している

キタモオリジナルのベベル用 対策部品や改良部品

その1

Img_3933_20200120220801

クラッチケーブル角度 適正化アダプター

Img_3934_20200120220801

その2

Img_4123

ヘッドアーシングKIT

Img_4124

これはKSP用に作ったLONG仕様

Img_4126

Img_4125

シンプルにヘッドのみです。

アーシングに関してはキタモービル時代にその効果を体感(アイドリングの安定)して以降

KMHRにもヘッドアーシングは実施しています。

その3

これは商品とするには現実的ではありませんが

いい加減、キックの後にズレたラバーを手で戻すのが嫌になったので

Img_4074

ラバーストッパーの製作

Img_4075

久しぶりのローレット。

Img_4076

Img_4077

Img_4078

キックペダルの先端を切る。

Img_4080

下穴開けて

逆ねじ切り

Img_4082

分厚いラバーはキックが楽。

Img_4083

ストッパーキャップを逆ねじで止めて

Img_4140

ん~ダサい。

けどラバーがズレることはありません。

Img_4142

ステンレスで造り直そう。

KITAMO

 

 

2020年1月 7日 (火)

クラッチケーブル 取り付け角度変更アタッチメント

の製作

DUCATI Bevel

かなり力のかかる部分だけにいろいろ形状を考えたが

できるだけシンプルな形状を模索し、思いついた形状に決定。

Img_3919

ドリル改エンドミルで部品製作

Img_3920

3点X2セット分

Img_3921

合体。

アームに嵌める部分とケーブルを通す部分を削り

Img_3928

装着。

Img_3927

このように挟みます。

Img_3929

違和感は

Img_3930

やはりあるが

Img_3931

できる限りシンプルにはなったと思う。

引き側の強度も確保でき横方向のフレも抑えた。

キタモ初のオリジナル部品にすることができるかどうか

Img_3933

KMHRで耐久テスト

山岳狭路のクラッチ連続使用に耐えるかどうか。

2つ作ったので 

ほぼ毎日乗る KSP Kさんにも耐久テストしていただこうと思う。

クラッチレバーの重さ軽減に関しては

実際に走行してみないと何とも言えませんが

アームが伸びることによりケーブルの遊びは減らす必要が出てくる可能性あり。

張りが出る分、あまり軽くなった感じはしないかもだが

Img_3934

取り付け角度は改善されたので

ガイドとケーブルが擦れることなく、ケーブルの寿命は格段に向上するはずだ。

Img_3935

出来上がってしまえば、特別な形状には見えないけれども

ブツブツ言いながら何個か考えて

これが自身で思いつくベストと選んだ 至極の一品(当社比)です。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月30日 (月)

KSP 2019

2019年の締め作業

DUCATI 900SS BEVEL KSP

予定していた作業すべてはやり遂げることができずに申し訳ありません。

来年タイミングを合わせて実施させていただきます。

年内の製作物

Img_3634  

メーター固定と各配線

Img_3636

走行や始動でズレるキャブレターの押さえ製作

今回挿し込みスリーブも交換していますので

以前よりはカッチリ付いていますが今後を考え

Img_3637

スプリングでエンジン側に引きました。

Img_3638

Img_3639

見た目もいい感じです。

メーター固定

Img_3640

メーターカバーを製作し

Img_3642

小さいですがラバーを内蔵

Img_3643

半月状ですが固定に問題なく

Img_3644

見た目もいいのではないかと思っています。

Img_3645

いろいろ穴開けなくて正解だった。

Img_3646

で、車体前方の配線引き直し

Img_3648

メーター作動させて

Img_3647

各部組立

来年の課題は残りましたが

Img_3655

本日無事納車完了でございました

たいへんお待たせいたしました

ご依頼いただきありがとうございました。

Img_3654

ベベルのまだまだ秘めたる魅力を感じさせる車両に仕上がったと思います。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月28日 (土)

自分を信じる

だけではなく

疑うことも大事。

それでも

少しホッとしました。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月25日 (水)

激闘 SSO Dry clutch の巻

DUCATI 900SS KSP ベベル

Kさんが探しに探して見つけた乾式クラッチ

ベベル用は日本初上陸だそうです。

Img_3454

見つけ出して先方と連絡をとって輸入したKさんの執念の塊。

そしてここからは取り付けへの私の執念の記録

部品をまじまじと見ながら作りの良さにうれしくなります。

何と言ってもクラッチバスケット、クラッチ板が

SSOさんオリジナルではなく高年式DUCATI用で

比較的簡単に入手できるというところが今後を考えると嬉しい。

クラッチに集中する為

Img_3456

先に右側を組み立てておく。

ブリーザータワーは今回NAG製バルブ内臓型に交換。

Img_3457

SSOさんのクラッチキットになることにより大きいフライホイールは外す。

これがベベルの走りにどう影響するのか。

説明書通りに組み立てていくのだが

説明書には、ギヤとの干渉を避ける為ピックアップコイルを指定した寸法だけ削りなさいという記述がある。

しかしこれは純正ピックアップの話。

Kさん号は以前からBRITZ MOTORS製に変更している為

マウントステーはもちろんコイルも違う。

少し削ってみたが、指定された寸法分削れば中身が出てくるんじゃないかと、嫌な予感。

削ってダメにしたらシャレにならない。

そこで以前修理した国産バイクのピックアップを倉庫からひっぱり出してきた。

Img_3467

こんなこともあろうかと。。。

ステーターコイルがパンクしたけどピックアップは正常なASSY部品。

いつかピックアップだけパンクした時の応急用に置いておいた。

 日本製のピックコイルではないが

最近のピックアップコイルの樹脂がどの程度の厚みがあるのか

知っておく必要がある。

Img_3469

樹脂薄っ!!!

即コイル到達。

同じピックアップコイルではないが

これではハイリスク過ぎる。

しかしながら、今更コイルを純正に戻すのは嫌だ。

BRITZ MOTORS製のピックアップコイルキットで得られるベベルへの安心感は計り知れない。

ということで

思案の結果ピックアップコイルを逃がすことに決めた。

Img_3471

干渉するのはセンサーローターの奥のギヤ。

コイルに関して、純正はセンサー金属部分が横向き

BRITZ製は縦向き。

それぞれの位置関係を導き出したら

先ずはセットカラーを取り除き干渉するギヤから軸方向に遠ざける。

そうすることで干渉するSSOさんのケースを削る。

そしてできるだけ外に広げる為、エアーギャップ拡大を補うセンサーローターの拡大。

因みに外に広げることにより干渉するマウントステーの裏側も削る。

そしてSSOさんのケースもまた削る。

SSOさんごめん。

Img_3472_20191225005901

このローター形状に削ってある部分は肉薄なので削ることはできない。

Img_3473_20191225005901

80mmのダミーを装着してギリギリ当たらないくらい。

Img_3458

これは77.9ダミー。

コイルを広げられる寸法、ケースに干渉しない寸法

このことから算出した数値を狙う。

Img_3474

2/3だけ肉を盛る。

Img_3476

治具にローターを圧入してボルトでロック。

Img_3477

狙った寸法プラスになるまで削って

Img_3478

整形。

加工ついでに

Img_3479

ローターセット治具を製作

Img_3480

こんな感じ。

実際のセンサーローターで位置を決めたら

Img_3482

ピックアップにグリスを塗って

ガスケット無しで仮組してみる。

これでもまだ一か所グリスがギヤに付着したので

最終手段はギヤ側の面取り部を少し削りました。

ガスケット無しで干渉無しが確認できればガスケット有りだと安心。

Img_3484

スパークしてくれるよう願って組立。

クラッチハブのセンターナットは手持ちの工具では締めることができないので

Img_3485

KOKEN改SSOさん専用ソケット製作

Img_3486

かっこいいです。

Img_3490

この角度も強烈なインパクト。

私が削ったスプロケットカバーも

Img_3491

よくお似合いだと思います。

Img_3493

まだまだ続きます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

KSP エンジン組み立てと加工の巻

DUCATI 900SS KSP ベベル

1年半くらい前から

『 スプロケットカバー加工したいなぁ~な? 』 とジャブを打たれ続け

とうとうその時が来た

Img_2940

使用するカバーを選んで

KSPに似合うカバーとはどういう物か

Kさんのキャラクターに似合うものはどういう物か

考えて

Img_3283

切った。

Img_3284

やり過ぎる前に止めて

Img_3288

磨く

Img_3291

我ながら上手くいったと思う。

Img_3292

KSPに似合うはずだ。

そうこうしている間に

Img_3164_20191224235601

CLOSEシムが届いた

Img_3107_20191224235801

これで調整しながら組めるぞと思ったのもつかの間

OバンクEXのクローズが・・・

ケースでいうところの上から3段目

一番左端のところに入るシムサイズがどうやらジャストフィット。。。

『 これからは自身でシムを調達する 』 とか言っておきながら

速攻でBRITZ MOTORS御中に連絡。

すぐに該当シムを送ってくださり、ジャストフィット。ありがとうございました。

やはりシム集めに終わりはない

Img_3260

第二弾注文

今回使ったシムと前回注文しなかったサイズのシム

各サイズ一個づつですが少しは増えた。

Img_3265

ヘッドの調整完了。

しかしこれはあくまでも単体での話で、エンジンに搭載後

何回もクランキングしてから最終チェックは必要。

そうこうしている間に

追加で注文していたクランクケース側のシムも届き

Img_3327

こちらは計測済みの指定寸法シムだったので

Img_3329

自身の考えるようにジャストフィット。

Img_3330

実圧縮比の測定

Img_3341

クランクケースにマリオサッシの強化オイルポンプ装着

Img_3342

ボルトを締めたら軸が回らないというトラブルはありましたが

軸を少し手直しして解決。

いよいよケース側ベベルギヤの調整

Img_3343

シムは余分に用意しておいたので

何度も試しながら

Img_3345

無事に調整完了。ここも自身の考えに基づいたOKラインです。

この後、いろいろあったが

今度は速攻でトレッセル御中に電話して、

また助けてもらいました。ありがとうございました。

Img_3372

かっこいい。

Img_3373

エンジンが組めたら

Img_3427

タイミングのチェックと

クランキングのチェック

Img_3429 

Img_3430_20191225003501

バルブクリアランス関係も確認して

Img_3435

車体に搭載。

当店ではベベルエンジンを適当な高さで床にセットし

上からチェーンブロックでフレームを下してくるという方法で搭載しますので

ご安心ください

腰は無事です。

つづく

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ ドカティ ベベル R&R ジャパン キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 妄想ツーリング 熟成への記録 900SS 熟成への記録 CB550FOUR 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 R1-Z 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_5709
  • Img_5809
  • Img_5815
  • Img_5816
  • Img_5821
  • Img_5846
  • Img_5847
  • Img_5848
  • Img_5849
  • Img_5850
  • Img_5851
  • Img_5697_20200408215601