フォト

2018年5月 9日 (水)

900SS KSP

カスタム作業 DUCATI 900SS ベベル

工場内作業が完了し

Img_9745 試乗

520いいね。走りが一層軽快です。

コンチネンタルタイヤも相まってとても走り易いです。

Img_9748 アルミ塗装の外装もかっこいい。

キック始動は安易、アイドリングも安定していて信号待ちは余裕で両手放し。

Img_9750 Kさん号熟成かと思いきや

Img_9751 まだまだやりたいことが頭の中にあるとのいうのがすごいです。

このポジションで乗る対応策は身に着けていたのですが、

しばらく走って、手と首の後ろがしびれてきたので帰店します。

Kさんはこのベベルでツーリングも通勤もなさいます。

正にKさん専用ベベル。

Img_9755 作業完了しました

K様 たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

アニマルさんの気骨

カスタム作業 DUCATI 900SS ベベル

Img_8903 気骨その1 各ステーCUT 

Img_9600 黒で部分塗装して組立。

Img_9603 はっきり見えるデロルトが美しいです。

駆動は520にコンバートしています。

Img_9580 気骨その2の1 丸コンチステーCUTから作り直し。

Img_9672 気骨その2の2 丸コンチ黒塗装

Img_9674 かっこいいです。

気骨その3

Img_9476 Grant paint worksさんによる外装アルミ塗装

Img_9475_2 アルミですね。

Img_9690 組み立ててEG始動。

Img_9716 リアウインカーステー作り直しと

Img_9693 タンクキャップ裏側の当て板製作

元は1本づつボルトナットで取り付けてあり

キャップベースを外すとFRPが波打っていました。

上面の波打ちはGrantさんに修正していただいてます。

キャップベースを装着し易いように

Img_9695 当て板にナットを付けて

Img_9696 装着。

配線類も加工してカウルを外さなくてもバッテリーの電圧測定、充電、遮断ができるようにしています。

Img_9724_3 組立て。

Img_9726 残量窓が無ければアルミにしか見えない。

Img_9725 あとはオーナーによるシート色変更と

ステッカーチューンです。

K様 たいへんお待たせしております

タイミング見て試乗に出ます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2018年5月 5日 (土)

進行状況 900SS

カスタム作業 DUCATI 900SS ベベル

Img_8802 シート下のいろいろな部分を

Img_8903 CUTして除去。

Img_9472 レギュレーターは風のあたるシート下に移設

Img_9552 バッテリーはラバーマウント

Img_9566 籠を製作して

Img_9567 シートカウル内に移設。

丸コンチですがステーが気に入らないとのことで

Img_9568 ステーを切る

Img_9569 この機会に腐食穴と

Img_9571 目立つ部分の凹みは

Img_9576 補修。

問題のステー

いろいろ形状悩みましたが

Img_9572 シンプルにいこうと考えまして

Img_9574 この形状で表と裏で挟みます。

Img_9541 520コンバートの部品

ヘタっていたハブダンパーも交換します。

K様 たいへんお待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2018年3月25日 (日)

進行状況 900SS

カスタム作業 DUCATI 900SS ベベル

お待たせして申し訳ありません

Dsc06567 作業開始

今回は外装のALLペイントとバッテリー移設

バッテリーが付いていた場所をスカスカにしておくれというご依頼。

Dsc06569 プラス、マフラーステーが気に入らないから

切って作り直しておくれというご依頼。。。。。。

Dsc06570 プラス、チェーンは520サイズにコンバート

しておくれというご依頼。

いつもありがとうございますm(_ _)m

Dsc06571 何を残して何をカットするか

Dsc06573 ここにはデロルトとブレーキリザーブタンク、各ホースだけにしたいと思います。

K様 たいへんお待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2017年10月 6日 (金)

900SS KSP

修理、カスタム作業 DUCATI 900SS ベベル

今回ご依頼の修理作業とカスタム作業とは別に、3年間断り続けていたけど

オーナーの熱意に負けたご希望部品を取り付け(これが最後で封印)

何を付けたか、僕には書く勇気が、、ない!

『 ここぞ!という時にしか使わないよ! 』 と、おっしゃっていたが

昨日、『 連発で使ってるよ! 』 と、メールが届いたので

何を付けたか直ぐに目撃情報が届くはずだ。。。

工場内でエンジン始動~ステップ廻りの調整~

Img_6356 試乗

僕には変更したステップ位置がキツイかなと思っていましたが

案外、乗り易くでびっくり

膝がタンクのエグリにフィットする為、以前よりニーグリップがやり易くなり体勢を維持するのが楽になりました。

ハンドル位置は相変わらず苦しい。。

Img_6357 シフトのタッチも

リアブレーキのタッチも格段に向上しました。

そして今回一緒に交換したコンチネンタルロードアタック タイヤ

コーナーでの安心感、直線の安定感、流石ラジアルタイヤです。

19インチや18インチの重量車にはかなりマッチしていると感じます。

Img_6358 

現在積んでる予備エンジンもヘタってはいるが調子はいい

スパッと始動しアイドリングも安定

マメなオイル管理や少し早いサイクルでプラグの交換は必要だが

なんとなく適度なところでバランスしている感じが心地いいです。

現在、メインエンジンの為に部品をオーナーがコツコツ集めていて

どんな走りになるのか

Img_6359 メインエンジンが楽しみです。

Img_6362 900SS ベベル

Img_6363 KSP仕様

Img_6396 以前の乗車姿勢(これで東京行ってます)

Img_6395 変更した乗車姿勢(これでも東京行くんじゃないかな)

ニーがエグリにインしました。良かった。

Img_6360 作業完了しました。

K様 たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

運転ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom



2017年9月28日 (木)

ステップ完成

ステップ交換 その他修理作業 DUCATI 900SS ベベル

位置決めの完了したYAMAHA流用ステップ

Dsc05187 リザーブタンクはヘの字ナットでボルト止め。

Dsc05189 バンジョーアダプタは90度を選択し

油圧ブレーキスイッチ装着。ヤマハのブレンボマスターなので10mm1.25ピッチ。

問題のシフトペダルは

なかなかしっくりくる形状が見つからず

一番加工が少なく装着できそうな

Dsc05190 R25用を中古でゲットしました。

ステップ本体はR6なので同じYAMAHA製。

Dsc05195 ピロボールのカシメを飛ばす

Dsc05196 これ。

Dsc05192 装着するシフトロッドを製作

Dsc05193 片側は逆ねじ仕様です。

シフトペダルの軸ボルトはR6(8m)とR25(10mm)でサイズが違いますので

ステップベースに10mmのネジ穴を切り直して装着

シフトロッドは片側逆ネジですのでペダルを外すことなくロッドを回して

Dsc05197 一番上から

Dsc05198 下まで調整できます。

取り付けの確認がとれたら

Dsc05203 オーナー仕様にベースを仕上げて

Img_6303 シフトチェンジ側

Img_6306 リアブレーキ側

共に本付けしました。

両側共タッチはいい感じです。

K様 お待たせしております

その他作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2017年9月21日 (木)

ステップだよ

ステップ交換作業 DUCATI 900SS ベベル

ご用意いただいたのはYAMAHA製

Dsc05106 オーナーとフィッティングした位置にできるだけ近づけます。

ステップ本体には大きな加工は無しということで

Dsc05107 DUCATI~YAMAHA仮プレートを製作。

仮プレートでだいたい必要な部品と修正箇所を考えたら

Dsc05128 12mm⇔8mm変換アダプター兼スペーサーの製作。

純正のステップ軸が12mm1.0ピッチと、都合のいいボルトが見つかりませんで

Dsc05129 アダプターで都合のいいボルトを使用できるようにしました。

Dsc05130 左も

Dsc05132 右も。これで好都合です。

仮プレートで分かった修正箇所を変更して

Dsc05134 プレートを製作

Dsc05135 ザックリ切ったら

Dsc05136 スペーサー製作

Dsc05138 ベース装着

Dsc05139 R

Dsc05140 L

これでオーナーの膝がタンクのエグリにフィットするかな。

シフトペダルは付属品ですとリンクなどややこしいです。

製作しようと考えましたが、それでは当初の計画から反れますので

ペダル下部(外側)にロッドが付くタイプの国産で流用してみます。

プレート本組ボルトは明日揃います。

K様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2017年9月10日 (日)

ステップ廻りの修理

アクシデントからの復活作業 DUCATI 900SS ベベル

右側ステップに加わった衝撃により

Dsc05038 フレーム側取り付け部分が変形

ねじ山を切ってあるカラーが後方に広がってしまいました。

当然ステップ側の軸も曲がり

純正を探してもなかなか見つからないので

これを機にオーナーのしっくりくるポジションへ変更。

ただ純正ステップは、いつでも取り付けできるように

ステップ取り付け部分は再生します。

Dsc05040

Dsc05041 純正ステップの軸に合わせたネジ穴

Dsc05042 変形した部分を切り取って

Dsc05043 再生しました。

で、

オーナー仕様のポジションへ変更する為にご用意いただいたステップは

Dsc05045 YAMAHA製です。

これで万が一の時も容易に、そして安価に部品が手に入ります。

Dsc05044 

フレームは加工せず

ステップベースもできるだけそのままに、製作するアタッチメント形状を考えます。

左は少々加工が必要かもです。

K様 お待たせしております

アタッチメント製作します

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2017年2月 9日 (木)

進行状況 R1

異音修理 カスタム作業 DUCATI 900R1 ベベル

ブレンボRCSラジアルマスター リザーブタンクステーの作り直し。

元のステーのイメージで全長を短くして

汎用の為かボルトに対して大きすぎる穴を適正にする。

Dsc03300 少し厚みを増して製作。ステンレスです。

元のステーはアルミです。

Dsc03305 ブレーキ

Dsc03308 クラッチ

流石ラジアル。オーナーが気にされてたクラッチミート、レバータッチも格段に良くなりました。

ブレーキも微妙なコントロールができ扱い易くなっています。

Dsc03303 これでいきます。

K様 お待たせしております

本日車検取得しました

天気見て試乗に出ます。

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

* 整備アシスタント募集中です。

2017年2月 4日 (土)

進行状況 R1

異音修理 カスタム作業 DUCATI 900R1 ベベル

今回のカスタム箇所はブレーキ&クラッチマスター

Dsc03260 純正ブレンボからブレンボラジアルへ

HPシリーズ RCSラジアルマスターシリンダー

走行シーン、オーナーの好みに応じてレバーレシオが2段階で調整できます。

握りしろを浅く、または深く。素晴らしい部品です。

もちろんレバーの位置も調整可能。

Dsc03261 ブレーキ

Dsc03262 クラッチ

両方ともホースはそのまま使用できそうです。

Dsc03263 リザーブタンクステーは作り変えたほうがいいかも。

マスターがセットできたら車検に行きます。

試乗ができる状態になったら

Dsc03264 出たり出なかったりの異音の原因を検証します。

K様 お待たせしております

今週車検に行きます。

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

* 整備アシスタント募集中です。


その他のカテゴリー

最近の写真

  • Img_1914
  • Img_1912
  • Img_1910
  • Img_1909
  • Img_1906
  • Img_1869
  • Img_1868
  • Img_1867
  • Img_1866
  • Img_1864
  • Img_1862
  • Img_1861