フォト

カテゴリー

2019年12月 9日 (月)

KSP 腰上の巻

DUCATI 900SS ベベル 

KSPエンジンの組立

今回シリンダーとヘッドの作業は井上ボーリング御中にお願いした。

何故なら

Img_7241

ICBMシリンダーにしたかったからである。

Img_7242

減らないシリンダーICBM( Inoue boring Cylinder Bore finishing Method )

製作したアルミスリーブ内径にメッキをしたシリンダー

Img_7245

詳しくは井上ボーリングさんのHPをご覧ください。

30万キロ乗るというKさんにはベストチョイスのはずだ。

ニカジルメッキシリンダーの採用されたベベルは10万キロ走っても

シリンダーは問題ないと会長がおっしゃっていた。

会長のベベルは10万キロを優に超える。

メッキシリンダーではないベベルは5万キロで

スリーブ内面の段差が手、いや目ではっきり分かるくらい減っている。

恐るべしメッキシリンダー

そのシリンダーを

Img_3020

塗って

Img_3023

研ぐ。

このシリンダーの中で動くピストンは

Img_3165

TRESTLES 御中の 87mm 鍛造ピストン

Img_3166_20191209011801

Img_3167

組立まで待機。

そしてシリンダーヘッド

Img_3074_20191209011501

研磨したバルブはWPC + MOS2

組み付け前にすり合わせ

Img_3075

キレイに1本当たり面が現れます。恐るべし井上ボーリング。あたりまえだ。か。

今回使用するカムはKさんからお預かりしたイモラカム

Img_3077

当たることは無いと思うが

かなり接近するヘッドの内壁は一部削っておいた。

ヘッドのベアリングも全て交換。

このヘッドを構成する部品のセットアップにも多数シムを使う。

ベベルギヤの当たりもシムで調整する。

Img_3085

Img_3086

カム側とクランクケース側でもこのベベルギヤの当たり調整は必要なのである

クランクケース側はベベルギヤのホルダーブロックごと上下させて

クリアランスを調整できるようになっている。

これはリングプレートシムと併用するため

何とも気の遠くなるような調整作業の連続であるが

奥が深くて萌える作業だ。

同じくマニュアルには 『 いいように組め 』 としか記述がないので

自身を信じて調整するしか道はない。

ヘッド側カムの適正位置出しとベベルギヤの調整確認ができたら

各ロッカーアームの位置を適切な位置にセット

シムシムシムシムシム!

Img_3080

各バルブにOPENとCLOSE 各2本がセットされるので1つのヘッドで4本

Img_3089_20191209012101

前後シリンダーで合計8本のロッカーアームの位置が決まれば

Img_3092

OPEN、CLOSEのシム調整

バルブクリアランスである。

Img_3078

これはCLOSEのスプリング

左が新品。

ヘッドの作業に関してバルブシムの入手というのが今までネックであり

こつこつ集めたシムが

Img_3108

これ。

上2段がOPENで下がCLOSE

このくらいの数では何もできない。

一回一回注文していては作業が途切れてしまい効率が非常に悪い

しかし一気に揃えるなんて到底無理な話。

だが今回はこの効率の悪さを打開するべく

測定してチョイスしたシムの上下数個を海外へ注文した。

要はこれの繰り返しだ

日本のベベルの匠は皆こうやってシムを集めたと思う。

だから1個とかの販売なんて、まっぴらごめんなのは当然の話だ。

その1個を取り寄せるのに英語でやり取りするだろうし

送料も結構かかる。

こらからは自分で探して買うことに決めた。

先ずはOPENが届いた

Img_3164

これでKさん号のOPENは調整しながら組むことができる。

しかしOPENシムだけでこのケースが満タンになるまで集め続けなければ

今後、効率のいい作業はできない。

宝くじが当たったらシムを買おう。

来年の目標の一つはベベルのシムを充実させることに決めました。

注文したCLOSEが届き次第、ヘッドを組立ます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

KSP 腰下の巻

カスタム作業 DUCATI 900SS ベベル KSP

NE御中にお願いしていた部品が表面処理から戻ってきました。

Img_2480

毎度丁寧な梱包ありがとうございます。

開封したら洗浄開始

Img_2756

適材適所に WPC、 WPC+ハイパーモリショット

Img_2755

表面処理に関して詳しくはエヌ・イー御中のHPをご覧ください。

Img_2758_20191208233201

Img_2757

なんとも言えない美しさです。

クランクはコンロッド大端、小端、クランクピン、ピンシムに施工していただきました。

Img_2761_20191208233201

クランクの組立、芯出し、セット長合わせは酒井ボーリング御中にお願いしました。

いつもありがとうございます。

この他に表面処理はピストンリングやギヤが数個。

先ずは

ミッションの

Img_2897

Img_2912

組立。状態のよい3dogミッションで良かった。

ケースの作業

今回エンジンOHと同時に数か所の改善対策作業があり

その内の一つ

クラッチケーブルの取り付け角度改善

年間走行距離の多いKさん号の

クラッチケーブルトラブルはいつも同じ箇所の切断でして

Img_2942

この角度の悪さでアジャスターとケーブルが擦れて切れていたと思う。

ケース側の取り付け角度を変更するのは無理があるので

Img_2944

レリーズアームでこのくらいに上げてみようと思います。

Kさん宅の押入れからお預かりした

Img_2940_20191209001001

スプロケットカバーの加工と合わせてアームを加工します。

クランクケースのベアリングは全て交換

Img_2929

ベアリングを抜いて

Img_2945

ケースを手磨き。

磨き終えたら

Img_3111

ベアリングの圧入。

ベベルのクランクベアリングは高額。注文するのを少し躊躇してしまいます。

まだ使用可能なベアリングもありますが

折角ここまで開けていますので今までの走行距離と

今後を考えて交換します。

ベアリングのセットが完了したら

ケースの合わせ作業。

ベベルエンジンには各所シム調整が多数あり

この日の為に

特注焼き入れシムを数種類用意しておいたのである。

種類が多く、一気に全て揃えるのは金銭的にかなり無理があるので

このケースには今回必要と思われる必要最低限+α1+α2+寸法を読み間違えた悲しいシムが

入っている。

Img_3076

Img_3113

ミッションをセット

Img_3115

回転と位置を見るが

回転はやはり1本づつ確認しないと分かり難い

で、メインとカウンター1本づつ確認し

シフタードラム、キックシャフトも確認

『 まだ私にシムを買えっていうのか・・・・ 』

これは致し方ない。これが現実である。

こういうことを繰り返して

今後、その場でスパッと適正に組めるだけのシムが店に揃うのである。涙。

しかしマニュアルには数値は載っておらず

『 適正にしなさい 』 としか記述がない。

今、私が考えているのはシフタードラム

元々入っていなかった箇所だが入れた方がいいと思うので

やっぱり私は特注シムを買う。

次の入荷分で組み上げます。

Img_3162_20191209004901

クランクは決まりました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月22日 (金)

入魂カスタム メーターパネル編

熟成へ向けて DUCATI 900SS KSP ベベル

今回純正メーターからカスタムメーターへの変更に伴い

メーターパネルの製作。

以前の記事で

Img_2119_20191122222401

私やってますよ的な

Img_122_20191122222401

メーターパネルをお見せしたが

これにはいろいろございまして

以前のメーターパネルはトップブリッヂより下に着けていたので

今回はトップブリッヂの上に着けてみようと試みた。

Img_212

ボルトを挿す前から、メーターを入れる前から

わかっていたはずだよ。かっこが悪いということを。

スイッチの逃がし分だけ前方に出るに決まっているじゃないか。

Img_2124

ヘッドライトとの隙間も広いし収拾がつかない。

ヘッドライトとハンドルは絶対に上げない。これが二人の約束。

この写真を見て、流石にKさんも 『 コイツマジか? 』 と思ったと思う。

で、

上がダメなら下に降ろして装着してみるのだけれども

上に装着した時にしっくりくる寸法で製作したメーターパネルは

下に降ろすと 『 ここが当たるからここを曲げる。曲げると隙間が空くからまた戻す 』

など帳尻が合わなくなる。

ので、失敗は熟成への階段と作り直しを決意。

ホールソー買っておいてよかった。

作り直すならただのパネルは嫌だ

一個目のパネルのメーター穴を切り取り

Img_2675

重ねる。

これだけで別次元のメーターパネルだ(当社比)

横からスイッチが丸見えになるのは嫌なので

Img_2672

板を付けて

削る。

Img_2681

私は今、感動と興奮の渦の中に居ます。

Img_2678

Img_2687

トップブリッヂに下から2本、上から2本のボルトで固定するので

上側はキャップボルトを削って、カラーを製作。

Img_2706

Img_2707

かっくいいです。

Img_2708

ここから問題はメーターをどうやってパネルに固定するか

付属のステーで止めないよね?という無言のプレッシャーをバネに

あーでもないこーでもないを経て

本日ひらめきました。

日帰り1500kmも耐えるメーター周りにしてやる

私、自信あります。

もう一つのお題

リアウインカー取り付け方法の件も案が浮かんでおります。

興奮を抑えつつ加工の前に

エンジンの作業を進めていきます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年10月24日 (木)

3ドック と 6ドック KSPのミッションの話

想い描く熟成へのカスタム作業 DUCATI 900SS KSP ベベル 

お待たせしておりますエンジン内部の作業

ミッション編

Img_2242

KSPメインエンジンのミッション 6ドックタイプ。

全体的には状態良好なのだけれど、スライディングドックに摩耗有り。

6ドックタイプはまだ手に入るようなので部品を交換しようか迷いましたが

Kさん宅の押入れから預かった中古ミッションがあった。

押入れから取り出したミッションは、3ドックタイプ。

何年式の何に使用されていたかは不明ですが

Img_2227

状態はいい。そして6ドックより3ドックミッションの方が作り込みに信頼感がある。

Img_2225_20191024215101

ドックに厚みがある分、強そうです。

ということで

Img_2233_20191024215201

違いはあるのか比較計測。

メインシャフトもカウンターシャフトも大きな違いがない。

コンマ数ミリの厚みや全長に違いはある。

Img_2223

ギヤの歯形は違う。3ドックミッションの方が面取りがキレイです。 

Img_2239

ケースのボールベアリングに対する嵌めあいは

3ドックのメインとカウンターが 『 ググッ 』

6ドックが 『 スコッ 』

Img_2240

計測と思案の結果、3ドックミッションを流用でやってみようと思います。

Img_2236

表面処理を実施する為、スリーブギヤのニードルベアリングは抜きます。

Img_2237

両側とも交換。

ケース側のボールベアリングも交換します。

Img_2241

K様 お待たせしております

表面処理中に他所を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年9月21日 (土)

対策、修理、改善 の金属加工

ベスパ スプリント

マフラーを好きな物に交換したら

センタースタンドのゴムが干渉して溶けたので

干渉しないようにしておくれというご依頼。

Img_1372

お預かり時点ではラバーを挟んで対処されています。

ストッパーの形状を考えて

Img_1374_20190921080801

製作

Img_1376

板厚分センターの位置は下がりますので

スタンドをかけると車体は板厚分上がりますが問題ない程度と思います。

Img_1375

Img_1377

無事に干渉しない位置でストップします

少し調整して完成です。

続きまして

Img_1373

折れたエンジンフードのベロ

Img_1384_20190921080801

塗装がありますので、あまり熱を加えないように

Img_1385_20190921080801

削り取って

Img_1387

ボルト止めのベロを製作し

Img_1388

無事にロックできました。

DUCATI 900SS ベベル

シリンダーヘッドの吸気口段差

Img_1368

吸入空気の気持ちになれば邪魔な段差です

Img_1365

Img_1367

削っていく

Img_1366

指で触って、い、いいと思うところまで削りました。

KAWASAKI ESTRELLA RR

ハンドルをもっと手前に引くことができれば

より一層乗り易くなる。

ということで燃料タンク交換

Img_1389

汎用タンクです。

フレームのマウントラバーとタンク側の受け位置が合いませんので

Img_1391

受けを移動するつもりでしたが

移動したい位置に動かすと形状があいませんので

Img_1392

フレーム側にアタッチメントを取り付ける方法に変更

Img_1423_20190921080701

錆びにくいステンレスの板を切って

Img_1425

アタッチメント製作

Img_1428

元の位置から25mm後方 15mm下方 です。

Img_1433_20190921080601

点火コイルを少し動かす必要がありますが

いい位置に収まったと思います。

Img_1431

Img_1432_20190921080701

左右とも十分ハンドルを絞れる隙間が確保できました。

続いて後方マウント、純正コック取り付けアダプターを製作します。

各車お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年7月17日 (水)

フロント廻り

オーナーKさんの思い描く熟成へ。の道のり

DUCATI 900SS KSP

Img_0264

フレームの補強が完了したらフロント廻りの作業開始

Img_0381

BITO R&D御中のフロントフォーク

インナーチューブは

Img_0378

東洋硬化御中へパスしました。

Img_0382

洗い油で洗浄したアウターチューブ

こびり付いたブレーキダストまでは落としきれず。

ここで以前手にいれた洗浄液を塗布

Img_0383

ホラー映画に出てきそうなアウターチューブになりますが

Img_0384

ブラシでこするだけでご覧のようにキレイになります。

次は剥離剤を塗布

Img_0385

ちょっと気持ちが悪いですが

剥離工程数回で

Img_0391

こんな感じ。

深く付いたキズを研磨してから

研磨のプロにパスします。

自分で鏡面にまで磨く作業は今年の春から辞めました。

プロに任せるのが一番いいのだ。

Img_0392

ステムベアリング。前回の作業からですとかなりの使用走行距離です。

案の定フォークを抜いたらベアリング不良が顕著に表れています。

Img_0394

要交換です。

K様 たいへんお待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年7月 8日 (月)

DUCATI と DUCATI

DUCATI 900SS ベベル KSP

たいへんお待たせしております

内燃機とフレームの作業

Img_9727

補強の装着

これでKさんもより一層気持ちよく走ることができます

強度どうこうではなく

ワシのベベル最高だぜ!っていう雰囲気です。

そういうところが好きです。

Img_9721

 

Img_9728

 

Img_9752

 

Img_0142

Img_0143

各所キタモで補修ペイントです。

続きまして

Img_9741

DUCATI 1098 ストリートファイター

転倒による損傷個所の修正作業

こちらもたいへんお待たせしております

Img_0145

分かり難いですが

まあまあ大掛かりです。

Img_0146

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年1月 7日 (月)

MHR

修理 メンテナンス カスタム作業 DUCATI MHR ベベル

Img_4864 ご依頼いただいた追加作業です

充電電圧が復活、アイドリングもするようになったので

旅に出るためのナビゲーションシステム台の取り付け

プレートを製作しようかと思いましたが

折角お預かりしたKITにプレートがあるので

Img_4857 穴を

Img_4860 埋めて

Img_4863 穴をあけ直して装着。

Img_4868 硬化したタイヤはBT45に交換

OHLINSサスペンションとブレーキキャリパの衝突を避ける目的で

逆に装着していたサスペンションを正規の形で取り付けるべく

Img_4871_2 キャリパーを下側に移動。

ブレーキスイッチはマスター側に移動しました。

リアタイヤもBT45。前後ともVレンジです。

残る作業は配線加工とセンタースタンドボルトの交換です

Img_4872 

H様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

MHRと言えば、KMHR。

昨年の作業ですが

Img_4382 ブレンボ可変ラジアルマスターの

Img_4383 タンクステー製作。

このマスターで純正キャリパーの扱い易さが段違いに向上します。

Img_4602 クラッチレバー

かなり個体差があるように感じるレバー操作の重さ。

KMHRは結構重いほうだ。

アニマルさんは 『 握力鍛えればいいじゃん 』 とおっしゃっていたが

やはりクラッチ操作は軽いにこしたことはないと思い

以前、会長に教えていただいた

Img_4603 国産流用

ケーブルのタイコを入れる穴を拡大するだけで装着可能。

900SS Oさん号に装着した時は操作が軽くなったと感じたが

KMHRではあまり変化が無かった。

ただレバーの位置と形状が変わることで握り易くなり

操作は、かなり楽になりました。

ここで問題なのはミラーステー

カスタムミラーホルダーでは角角していて雰囲気が合わない。

SRのクラッチレバーホルダーを加工してミラーステーにしようか迷ったのだが面倒。

ハッ!!これだ!

Img_4604 ハンターカブ用

Img_4605 いいと思います。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2018年5月 9日 (水)

900SS KSP

カスタム作業 DUCATI 900SS ベベル

工場内作業が完了し

Img_9745 試乗

520いいね。走りが一層軽快です。

コンチネンタルタイヤも相まってとても走り易いです。

Img_9748 アルミ塗装の外装もかっこいい。

キック始動は安易、アイドリングも安定していて信号待ちは余裕で両手放し。

Img_9750 Kさん号熟成かと思いきや

Img_9751 まだまだやりたいことが頭の中にあるとのいうのがすごいです。

このポジションで乗る対応策は身に着けていたのですが、

しばらく走って、手と首の後ろがしびれてきたので帰店します。

Kさんはこのベベルでツーリングも通勤もなさいます。

正にKさん専用ベベル。

Img_9755 作業完了しました

K様 たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

アニマルさんの気骨

カスタム作業 DUCATI 900SS ベベル

Img_8903 気骨その1 各ステーCUT 

Img_9600 黒で部分塗装して組立。

Img_9603 はっきり見えるデロルトが美しいです。

駆動は520にコンバートしています。

Img_9580 気骨その2の1 丸コンチステーCUTから作り直し。

Img_9672 気骨その2の2 丸コンチ黒塗装

Img_9674 かっこいいです。

気骨その3

Img_9476 Grant paint worksさんによる外装アルミ塗装

Img_9475_2 アルミですね。

Img_9690 組み立ててEG始動。

Img_9716 リアウインカーステー作り直しと

Img_9693 タンクキャップ裏側の当て板製作

元は1本づつボルトナットで取り付けてあり

キャップベースを外すとFRPが波打っていました。

上面の波打ちはGrantさんに修正していただいてます。

キャップベースを装着し易いように

Img_9695 当て板にナットを付けて

Img_9696 装着。

配線類も加工してカウルを外さなくてもバッテリーの電圧測定、充電、遮断ができるようにしています。

Img_9724_3 組立て。

Img_9726 残量窓が無ければアルミにしか見えない。

Img_9725 あとはオーナーによるシート色変更と

ステッカーチューンです。

K様 たいへんお待たせしております

タイミング見て試乗に出ます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ 販売車両 点検作業のブログはこちら キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 リコール検索 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 熟成への記録 900SS 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_3203
  • Img_3149
  • Img_3152
  • Img_3151
  • Img_3148
  • Joov4218
  • Img_2892
  • Img_2895
  • Img_3102
  • Img_3103
  • Img_3105_20191210103801
  • Img_3106