フォト

カテゴリー

2020年5月15日 (金)

Sidebag C-bow ブラケット完成 

メンテナンス カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200

グラブバーに装着したステーとブラケットを連結する部分を製作

Img_6435

バッグの位置を何度か調整して最終確認。

確認が済んだら

Img_6438

グラブバーと連結状態で

Img_6439

各部を完全に固定していく。

Img_6441

余分な部分をCUTし研磨して完成。

Img_6442

これが組み立てた状態。

Img_6443

先ずはグラブバーと後方ステーを装着

Img_6445

C-BOWステーをブラケットに装着した状態で車体に取付。

Img_6444

自分としては

この8mmボルト固定部分が今回の重要ポイント。

Img_6456

そんな小さい話はさておき

Img_6447

バッグがご希望の位置に収まったことに

Img_6448

安堵。

Img_6458

バッグなしでも結構スタイリッシュ

Img_6457

になった。

Img_6449

あとはテール廻りの仕上げと組み立てです

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月12日 (火)

Always rising after a fall.. え、まだできていないの? の巻

たいへんお待たせしております。

メンテナンス カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200 

C-bowステーにバッグを付けて位置をみる

決めた箇所で前方カラーとブラケットを仮付け

Img_6363

前方のみ固定状態で

Img_6365

バッグを装着。

Img_6373

ワンタッチキーとシートのクリアランスを確保すると

バッグとシート間は余裕がある。

Img_6376

サスペンションとのクリアランスも確保した。

オーナーに画像でチェックをして貰う。

シートとバッグのクリアランスが確保できたことにより

タンデム時でもお尻とバッグは干渉しない。

ならばバッグの内側をシートのツラまで上げたいよね!

Img_6384

バッグを外側から押したらバッグ上面がプクッと膨らんだ為

バッグを膨らまして撮影しようかと思ったが

葛藤の末、そんなことはやめた。

計測したら約20mmUP

新たに板を切り出し

カラーとの連結位置を変更

Img_6393

Img_6385

Img_6387

これがUP後

Img_6388

Img_6390

これでOKをいただいた。

下に伸びたパイプはこのタイミングでCUT

Img_6398

位置が決まれば

後方のステー製作

元々ウインカーが付いている穴を利用するので

Img_6401

カラーを製作。

位置決めのポッチを逃がす穴を開けて

Img_6402

あてがう。

後方もブラケットとステーを直接繋ぎたかったが

このカラーの位置に通すボルトサイズでは

ブラケットが邪魔になり抜くことができない。

裏からボルトとなると抜くためにフェンダーを外す必要がある。

いっそ6mmボルトにするかとも考えたが

後方ステーを車体側に残してブラケットが脱着できるのも

後々便利なのではないかと考え

Img_6405

後方ステーの造り直し

Img_6408

この形は無理があり

Img_6411

斜めの部分をCUT。

曲げて調整して

Img_6412

カラーと繋ぐ。

Img_6413

ここでタイムアウト。

Img_6414

後方の連結方法は既に頭の中に描いている。

上手くいけば2~3日で仕上げ研磨までやります。

またつづく

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月 9日 (土)

imagine 3  浮かせた Sidebag。 いい塩梅な寸法を追え の巻

先日、だいたいの位置が想像できたサイドバックブラケットの製作。

だが、オーナーご希望の位置に固定して寸法を出すことは当然できないので

製作するブラケットは浮いたバッグに合わせていく。

メンテナンス カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200

元々装着されていたブラケットは

Img_6278

これ。

MT09用とのことで

このブラケットと車体を、製作されたステーで連結していた為

部品点数が多くバッグが外に張り出し

グラつきも増える。

今回のご希望は

車体に近く、バッグ上面はシート上面より少し下。

上下と前後にハの字で後方上がり~の後端はグラブバー付近。

できるだけ一つのブラケットで固定したいところ

バッグのアタッチメントを観察

Img_6323

ブラケットを上に回すとワンタッチキーを挿せなくなるし

脱着は上に引き抜く為、鍵穴の上部には何もないようにする必要がある。

だいたいの形状が想像出来たら

Img_6324

寸法が決まっている箇所から部品の製作作業

先ずはアタッチメントの固定部分

Φ16 t=1.2 の

錆びにくいステンレスパイプを使用

Img_6325

Img_6326

前後左右

Img_6327

こんな感じ。

Img_6328

これを

Img_6329

バッグに装着する。

車体側は、ご指定の固定箇所があるので

Img_6330

先ずはそこからステーを出す。

因みにグラブバーは

旧、製作用、本番用の3つお預かりしている。

Img_6332

後方上部一か所はフレーム、もう一か所はグラブバー。

上部2カ所とグラブバー後方下部、前方フレームの計4カ所。

3カ所でもいいように思うが

ピタッと決まる気持ち良さは4カ所に軍配が上がる。

Img_6333

シートを付けてバッグをあてがう

ここから出せる寸法は予想して定規を使う

前方は短い距離で直接ブラケットと固定したいと思い

Img_6335

錆びにくいステンレス無垢棒でカラーを製作

Img_6336

できればこのカラーに直接装着したい。

つづく

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年4月30日 (木)

キャリアX2

HONDA エルシノア MT250 

グラソリモータースCEOからのご依頼で数年前に製作したリアキャリア。

思えばこのキャリアがキタモ製ツーリングキャリア第一号だ。

今回FさんがCEOからキャリアをプレゼントされたということで

Img_6069

ボルトオン

Img_6073

ノーマルテールの車体に装着できるか不安でしたが

問題なく装着できました。

Img_6074

まるで純正のよう?です。

Img_6071

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーー

HONDA CB750用?

リアキャリアの取付

Img_5576

ご用意いただいたキャリアはこれなのだけれども

この形状ではシートが開閉できない。

そして後方ステーの形状からしてフェンダーに直接穴を開ける必要もある。

シートは開閉可能にしてフェンダーには穴を開けたくない。忍忍。ということで

Img_5581

シートに当たる部分と後方ステーをCUT

後方はキャリア製作でよく使用するウインカーマウントボルトを使うことにした。

受けを製作して

Img_5582

ウインカー部に仮付け

この受けとキャリアを

Img_5586

連結。

シート開閉部分は

Img_5587_20200430225101

切ったパイプを後方にズラした。

Img_5588

簡単に塗装

Img_5589

切ったパイプの穴をゴムか何かで塞ぎたかったのだけれども

ホームセンターに具合のいい物が売っていなかったので

錆びにくいステンレスでキャップを製作し

Img_5591

圧入しました。

これで

シートが

Img_5592

開閉できます。

Img_5594

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月15日 (土)

750FC キャリア&パニアケース 専用品て言ってたじゃないの!の巻

HONDA CB750 FC インテグラ

ロングツーリング仕様にする為のキャリアとパニアケースの取付作業。

CB750FC用 リアキャリアとパニアケースセット(中古)

Img_4688

ジョイントのプラスチック破損 曲がり小

ねえねえ、いやな予感がするよ

あてがってみる。

Img_4680

ん~これはまさか。。。

いや、そんな筈はない

FC用っておっしゃっていた。

一先ず、破損したジョイントを抜いてアルミで製作

Img_4690

ドリル、バイト、エンドミル、加工の順番をよく考え

Img_4692

取付部を製作。

後方は挿し込みジョイントを製作

Img_4693

Img_4708

後方は挿し込みのみ

前方はボルトで固定。

Img_4704

部品の製作が済み

組み立てていくのだけれども

どうも上手く組みあがらない。

先ず外したウインカーを何処に付けるのか

左右のサスペンションの張り出しが違うのに何故ステーは左右共通なのか

リアサスペンションのリザーブタンクとパニアケースが何故接触するのか

既存のステーを曲げたり伸ばしたりいろいろしながら

久しぶりに気持ちが、ステーと一緒に折れかけた。

初めから製作するつもりで挑む作業と

なんとか既存のステーを駆使して取付ようと試みて頓挫する作業。

上手くいかない分、モヤモヤした作業になるのである。

分かったこれはFC用ではない。

『 お前がやらんかったら、誰がやるんじゃ! ゴールァー!!』

昔、師匠に言われた言葉を思い出し

折れそうな気持ちを奮い立たせた。

オーナーがこのインテグラを購入した思いは?

『 荷物を積んでロングツーリングに行きたいんや 』

ならば

Img_4710

前方ステー 左ストレート 右オフセットで作り直し。

元ステーからは最終的に穴距離25mmロング

Img_4714

中間ステーも製作

パニアケースの内側と当たるため後ほど角は削り落した。

キャリア全体を後方に寄せたので

Img_4712

BOXの蓋が開閉できるようになった。

Img_4717

パニアケースのワンタッチロックが破損していたので

相談の結果、ボルトで固定することになり

ウインカーは純正がいいということで

Img_4719

純正ウインカーステー一体型パニアケース固定プレート製作

Img_4721

パニアケース取付

Img_4722

リアウインカー取付

Img_4723

上部キャリアを外せば

Img_4725

シート着脱可能です。

Img_4729

いいと思います。

Img_4731

工場内作業完了し

Img_4734

さんふらわぁがよくお似合いです。

Img_4737

FCでは、なかなか見かけないスタイルになりました。

Img_4740

ハーバーの走りも良好です。

Img_4742

風の抵抗はあるがカウルに守られ体は楽チン。

足元のガードは冬に大活躍です。

Img_4746

Img_4747

このバイクでツーリングに行けるのは羨ましいです。

Img_4749

BT45 NEWタイヤで安心。

Img_4752

明日の最終チェックで完了にさせていただきます。

Img_4753

たいへんお待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

Img_4751

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年6月22日 (土)

BMW R75/5 ツーリングキャリア

製作のご依頼

BMW R75/5 ツーリングキャリア

2年前にCB750 K1 のキャリアを製作させていただいた

栃木県のM様

BMWのキャリアもご依頼ありがとうございます。

Photo_20190622084102

K1でツーリングに行かれた時の写真

いつ見ても荷物満載のバイクはかっこいい

Photo_20190622084101

北海道いいな~

そんな話はさて置き

Img_9600_20190622084401

オーナーが作ってくださった図面から

Img_9602_20190622084201

パイプを曲げて製作

Img_9761

これが折損した元のキャリア

ツーリングの荷物を積むと前方プレート後端付近に負担が集中。

ということで

今回は

Img_9612_20190622084201

パイプ径とレイアウトを変更&補強を追加

車体のフィッティング後に

ご指摘いただいた箇所を修正し

Img_9758

完成しました

Img_9759

いいと思います。

G20前に間に合って良かった

本日発送します。

Img_9760

M様 たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2019 スーパーミニマムチャレンジ 応援よろしくお願いいたします ↓

https://www.makuake.com/project/smcbonnevillejapan/

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年6月16日 (日)

修理 メンテナンスと 金属加工

BMW R75/5用 オーダーキャリアの製作

Img_9612_1

シート開閉式の為、前方の補強は左側のみです

Img_9628_1

車体との取り付けプレートは厚みを2mmプラス

プレートのみ仮付け状態で一度車体とフィッティングです。

Img_9629_1

M様 よろしくお願いいたします。

続きまして

納車後に不具合が出たSRX600

Img_9635_1

試乗させていただいて

キャブレターに何か潜んでいると思われましたので

再度チェック

Img_9638

原因と思われる箇所を発見しました

試乗して確認します。

I様 ご迷惑をおかけします

確認でき次第連絡させていただきます。

続きまして

定期点検 好きなタイヤに交換作業

CB750Four K2

Img_9639

3年経過のチューブレステープ

しっかり貼り付いています。

Img_9642

オーナーチョイスタイヤは DUNLOP TT100 です。

リアは

Img_9643

BT45 120/90-18 から

Img_9645

DUNLOP TT100 4.00-18 へ

Img_9644

リアのチューブレステープもしっかりしています。

Img_9646

S様 作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2019 スーパーミニマムチャレンジ 応援よろしくお願いいたします ↓

https://www.makuake.com/project/smcbonnevillejapan/

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2017年7月23日 (日)

K1 ツーリングキャリア

HONDA CB750Four K1

 

ツーリングキャリアの製作

 

Dsc04556 ここまで製作しましたが

 

現車が無い分どうも不安

 

一度仮付け状態でお送りしてフィッティングをお願いしまして

 

案の定NG箇所数か所

 

再度ご指摘いただいた箇所を変更し製作

 

Dsc04619_1 メインパイプ変更

 

メインパイプの曲げ位置と角度がポイントでした。

 

Dsc04620_1 補強も製作

 

Dsc04621_1 センタースタンド掛けアシストグリップ

 

Dsc04625 今回はBOX装着の為、荷掛フックは無

 

Dsc04630 磨いて焼け色を取る

 

Dsc04632 NG箇所はクリアしたはず。

 

完成したらお送りして

 

Photo_3 ホっ

 

Photo ホっ

 

Photo_2 ホっ

 

装着OKとのお便りをいただきました。安堵。

 

KITAMOステッカーもありがとうございます。栃木県初上陸ですヽ(´▽`)/

 

Photo_4 運転ご安全に

 

H様 たいへんお待たせいたしました

 

お時間頂きありがとうございました。

 

KITAGAWA MOTOR CYCLES

 

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

 

TEL 078-806-8757

 

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

 

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

 

Hyogo, 658-0026, Japan

 

MOTOR CYCLE repair & custom

 

 

 

 

 

 

2017年6月30日 (金)

CB ツーリングキャリア

遠方よりご依頼いただきました ツーリングキャリア製作作業

 

HONDA CB750FOUR K1

 

現車と合わせることができませんので詳細な寸法をご指定いただいての作業

 

着工が遅れてしまい申し訳ありません。

 

Dsc04550 材料の切り出し

 

今回はリアボックスを装着するということで

 

メインパイプと後部台座は直角にして横方向に格子。

 

Dsc04551 パイプの間隔もご指定。

 

Dsc04552 メインパイプを曲げる。

 

Dsc04553 位置合わせ。

 

Dsc04554 ベースはこんな感じです。

 

Dsc04555 あとは補強と車体マウント装着

M様 お待たせしております

 

週明けに完成させて発送します。

 

もうしばらくお待ちください

 

よろしくお願いいたします。

 

KITAGAWA MOTOR CYCLES

 

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

 

TEL 078-806-8757

 

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

 

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

 

Hyogo, 658-0026, Japan

 

MOTOR CYCLE repair & custom

2017年4月30日 (日)

プコブルーの拘り

カスタム作業 HONDA スーパーカブ 110改

 

Dsc03994 カゴの位置が気になるということで

 

オーナーご希望の形と位置へ

 

Dsc03995 ステーの加工

 

Dsc03996 中間フックを外し、全体を奥へ押し込み下へ下げる。

 

Dsc03997 穴位置を変更し15mm下げます。

 

奥行は14mm追い込み

 

Dsc04005 仮で付けて

 

Dsc04006 フィッティング

 

Dsc04009 軽量化のドリルドとNEW籠取り付けフラットバー装着。

 

Dsc04012 うん。うん。

 

Dsc04013 レッグシールドクリアランスも確保しました。

 

Dsc04017 レバーもドリルドされてる・・・

 

Img_4650 『 この前カゴは油断させる為に付けてるからね! 』 と、オーナー。

 

一見ノーマル風のカブにはいたるところに拘りカスタムが詰め込まれていて

 

お話を伺ってびっくりしました。

 

S様 お待たせいたしました

 

ご依頼ありがとうございました。

 

KITAGAWA MOTOR CYCLES

 

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

 

078-806-8757

 

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

 

* 整備アシスタント募集中です。

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ ドカティ ベベル R&R ジャパン キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 ツーリングキャリア 製作 改造 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 妄想ツーリング 熟成への記録 900SS 熟成への記録 CB550FOUR 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 GSX250S KATANA 製作記録 R1-Z 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_8339
  • Img_8343
  • Img_8344
  • Img_7889
  • Img_7890_20200801222601
  • Img_8152
  • Img_8153
  • Img_8154
  • Img_8155
  • Img_8156_20200801222501
  • Img_8157_20200801222501
  • Img_8158