フォト

2017年6月26日 (月)

完成形

どのくらいの年月かはお聞きしていませんが

かなり長い間チャンスを狙っていらしたそうで

Img_5296_2 ようやく

Img_5341 完成ヽ(´▽`)/

外装はすべてご自身で塗装されています。何度もやり直してすごい根気です。

Img_5342 ブラック外装にゴールドホイールは、やはりかっこいい。

Img_5344 KITAMOステッカーありがとうございますm(_ _)m

I様 おめでとうございます

写真ありがとうございました。

KITAMO

2017年6月 9日 (金)

GSX-R 1100

点検 修理 メンテナンス カスタム作業

SUZUKI GSX-R1100 GU74A

調整&試乗

Img_5053 表六甲から

Img_5055 西六甲へ

早朝は気持ちがいい

調整しながら行ったり来たり

今回の場合、出先で調整できるのはリアだけですが

マニュアル片手にメモりながらいろいろ触ると結構走りが変わっておもしろいんだなこれが。

Img_5057 久々にここまで来た

Img_5058 Uターンしていくバイクが他に2台

1台は朝練風。もう1台は朝活風。

折角六甲山の近所に住んでいるし

気が向いたら私も朝活しよう。

別に約束しなくても今週もあいつが朝活しているみたいな。

表六甲は土日祝でもトンネルより上は走っていいみたいですし。

Img_5063 次は東へ

Img_5064 ゴミ捨てのマナーは悪いけど、雰囲気はいい山。

Img_5066 大阪湾も見えます。

徐々に車やハイカーが増えてきたので下山

店に戻ってカウルの装着と

Dsc04414 スクリーンを

Dsc04416 磨く。

内からは分かりにくいが

Dsc04417 外から見ればキレイに見えます。

Img_5068 フルカウル

あとはオーナー自ら塗装したタンクとテールカウルをご自身で交換予定。

Img_5071 7.11前のギャップ通過も以前とは別物です。

Img_5073 かっこいいね。

昨日ハーバーハイウェイは通行止めでしたが

本日は通れました。1日で道路を復旧させる職人に感謝。

Img_5082 最終確認。

怖く感じたコーナーギャップ後の車体振れも

収まり良く、怖く感じませんでした。

Img_5084 

 

Img_5075 作業完了いたしました。

I様 たいへん長らくお待たせいたしました。

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2017年6月 7日 (水)

進行状況 GSX-R

点検 修理 メンテナンス カスタム作業 SUZUKI GSX-R1100

フロントフォークの再加工

当初既存オリフィスの拡大のみでテストしましたが

NEASキャンセルプレート装着により役目を十分果たせていないことが分かりまして

自身の考えと過去の事例を元に

Dsc04383 ダンパーロッドに8mmの穴を2か所開口しました。

ロックピースより下に4か所ですので

実際の影響はロックピースより上に偏る気がして

上には2よりも4か所開口の方がいいのかな?とも考えましたが先ずは2か所。

Dsc04385 エア抜き、油面計測の段階で以前と動きが違う。

インナーチューブを下に下げる動きに抵抗が激減。

8mmという大きい穴なので2か所で正解か。

Dsc04387 組み立てて

Dsc04388 装着。

雨降る前に

Img_5035 試乗。

再加工前と、じぇんじぇん別のフォークじゃないか!

雨が止んだら調整作業です。

I様 お待たせしております

調整完了次第ご連絡いたします。

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2017年5月31日 (水)

NEASとキャンセルキャップ

オイルロックピース 部品供給可 BO中

ダンパーロッド 部品供給不可 廃番

どうする

部品が出ないから加工しないという訳では無いが

ここは熟考。

Img_4922 ここが繋がることで下部のスペースと

上部のスペースでオイルは行き来できる。

Img_4916 が

Img_4917 フルボトム時のロックピースの役目は果たせないのではないか

Img_4921 ダンパーロッド

ここでいくと一般的なテレスコピックと条件が近いということだが

NEASキャンセルプレート装着時ならロックピースより下のオイルはほぼ無関係か。

ロックピースも圧入ではないし、ウェーブワッシャーが入っていることを考えると多少は行き来もありそう。

こういうことを考えるとNEASのキャンセルキャップが国内で製品として出ていないのも頷ける。

キャンセルキャップを装着してエミュレーターを装着しないのであれば

ダンパーロッドへ開口する穴の径は選定が非常に難しい。

今回はエミュレーターを装着するので抵抗を無くせばいいのだか

ん~悩む。ダンパーロッドなら開けた穴を塞ぐことも可能だしな

と、考えているとオーナーから連絡

『 開けているよ! 』

ご自宅にある過去の記事をいろいろ探してくださり1つの事例が判明

こういう悩み事が行きつくところは

だいたい田口編集長のところ

すごいねモトメンテナンス誌。

Img_4921_2 ここでいきます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2017年5月29日 (月)

進行状況 GSX-R

点検、修理、メンテナンス、カスタム作業 SUZUKI GSX-R 1100

走行テストの続き

Img_4887 どうも前が気になる

低速コーナーでも前が滑りそうな不安な感じ

タイヤの良さで助けられてるような。

六アイの7.11前のギャップ、ハーバーS字のギャップ

もっと吸収できるのではないか

Img_4888 リア側を調整して

コーナーの不安は少しはマシになりましたが

やはりフロント

Dsc04337 店に戻ってキャップを加工

エミュレター分をマイナスしました。

これで静止サグはハイパープロの数値

Img_4890_2 ん~

加工前の状態よりフロントの安心感が少し増した

Img_4891 あ、かっこいい

Img_4892 けど

どうもまだフロントが嫌な感じ。

迷ったらやる

Img_4908 ピストン外周から下にオイルが下りない

この上下のスペースはNEASが作動してこそ繋がるってことか

Dsc04343 NEAS unit

NEASキャンセルキャップも上下つなげていないし

Dsc04341 オイルロックピースは圧穴より上にあるし

Dsc04342 これではいくら圧穴加工しても意味ないのか。

ナンノ為にエミュレーターを装着したのだ。

NEASのカプラをただ抜いた状態よりも良くないのではないのか。

とても

Dsc04345 説明書が欲しい。

自身の考えた加工を試す為に該当部品が新品で供給されるかの確認中です。

自身の考えが間違いだったら戻せるように。

I様 お待たせしております

確認とれ次第作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2017年5月21日 (日)

公道へ

各所点検、修理、メンテナンス、カスタム作業

SUZUKI GSX-R1100

今回点火システムは

Dsc04173 ASウオタニ フルパワーKITに交換

メインハーネスも新品で気持ちがいいです。

オルタネーターからのカプラが腐食していましたので作り直しています。

Dsc04175 アルミでベースプレート製作して

Dsc04176 強力マジックテープで装着。

始動の確認がとれたら

Img_4788 車検。無事に合格しました。

入荷を待っていたフロントアクスルシャフトを交換し

Dsc04239 元の外装で

Img_4809 試乗。こういう雰囲気も好きです。

拘りのNEW外装はオーナーご自身で塗装中です。

様子を見る為に少しだけ乗ってみましたが特に不具合なく走行できました。

足回りすべてのベアリング交換とグリスアップを実施していますので

走行がしっとりしていて滑らかです。

低速走行中の急なギャップに対してのサスペンションの動きが少し硬いように感じますが

いろいろなシチュエーションで確認してみます。

Img_4810 おNEWのBT45はやっぱりいいね。

Img_4811 ゴールドホイールもかっこいいです。

Img_4815 いろいろなシチュエーションが楽しみ過ぎるな。

I様 お待たせしております

調整を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2017年5月17日 (水)

前廻り

点検 修理 各所メンテナンス カスタム 作業

SUZUKI GSX-R1100

フロントホイールのベアリングで少々躓きました。

車台番号で届いたベアリングは内径17mm

しかしアクスル径は15mm

調べると1986年GSX-R1100、6本スポークは15mmで

1987年GSX-R1100、6本スポークが17mm

この車体の年式は86年ですが、1年でシャフト径も変更されていることもあり

変更時期に重なると車台番号での特定は難しいのか?

内径15mmのベアリング品番は、08123-63027 

17mmは 09262-17034 要注意です。

ん~距離や年式考えるとアクスルシャフトも新品にしておくほうがいいかも。

無事にベアリングも届いて

手さぐり作業のフロントフォークへ

Dsc04133

今回 NEAS unit を外し RACETECHのカートリッジエミュレーターを装着

他車種で記述のあった5/16Drillという説明文を元に

Dsc04134 先ずは4か所8mmへ拡大。

説明文には6Holesになっていたので場合によっては2か所穴を増やす必要もあり。

圧側の減衰を無くす為と考えれば穴が多い分には問題なしだと思いますが

スペースも狭いですし、4か所で上手くいくならこっちのほうがいい。

そしてスプリングはハイパープロ

全長が純正より約30mmshort。

スプリングより上にカラーが入っていればエミュレーター分をマイナスできるのですが

GSX-R1100にはカラーがありませんのでセット長12mmのエミュレーターを

ハイパープロと組み合わせてみます。

Dsc04136

通常のハイパープロ仕様よりプリロードがかかってしまう状態ですが、NEASも外していますし

基準が不明ですのでこの仕様で乗ってみます。

トップキャップのプリロードアジャスターは弱めています。

Dsc04138 KITAMO製NEASキャップも装着。

Dsc04139 装着。

今回はブレーキラインを前後メッシュホースに交換

Dsc04141 chakuchi しました。

I様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2017年5月12日 (金)

進行状況 GSX-R

各部点検 修理 カスタム作業 SUZUKI GSX-R1100

各部計測結果はマニュアル規定値内

内部の状態が良好だったエンジン

今回の作業はバルブ研磨、シートカット、ピストンリング交換

Dsc04042 内燃機屋さんから戻ってきたヘッドを

Dsc04044 バルブ16本摺合せして

Dsc04047 各部品洗浄して組み立て準備。

Dsc04050 組み立て~

Dsc04053 ~組み立て~

Dsc04054 カムのタイミングも狂い無です。

バルブクリアランスを各所調整して

Dsc04055 カバー装着

Dsc04087 オイルレベルチェック窓からオイル滲みがありましたので

Dsc04090 各ガスケットと窓は交換。

Dsc04094 組み上がったキャブレターの仮装着

今回パワーフィルターは、今後装着する可能性のあるTMRにも付けられるかもと考え上部の低いゼファー用を選択しています。

TMRに装着してフレームと干渉するかしないかは未検証です。

『 内部チェック完了したよ! 』とオーナーから送られてきた写真

Image1 ハッ!!スポンジフィルター!

オイルキャッチタンクとのクリアランスもありますしスポンジの方が確実か。。m(_ _)m

Dsc04095 受け継がれたオイルキャッチタンク。

Dsc03468 オーナーが気にしていたこのホイールが

Dsc04038 ご希望色のパウダーコーティングから返ってきました。

Dsc04097 ホイールが美しいのでスプロケハブも

Dsc04099 磨いて装着。グリスは超耐久ローフリクショングリスです。

Dsc04100 チョイスしたタイヤはBT45

駆動もチェーンサイズ532から530へコンバート

Dsc04110 ブラックチェーン仕様。

かっこいいです。とても。

I様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

* 整備アシスタント募集中です。

2017年4月22日 (土)

Remove the NEAS unit

点検修理 カスタム作業 SUZUKI GSX-R1100

作業の方向性も決まりまして

お待たせしております作業の再開

足回りは全てのベアリングを交換

Dsc03821 スウィングアームとサスペンションリンク

Dsc03841 ステム

現在塗装中のホイールもベアリング、シール全て交換

Dsc03823 リアサスペンションはOH済みのオーリンズです。

Dsc03840 怪しい箇所が多かったメインハーネスも

Dsc03839 純正新品に交換。

今回純正フロントフォークから NEAS unit を外しフォークエミュレーターを装着

インナーチューブはTNK スプリングはハイパープロに変更

NEASを外すと開く穴の蓋製作

ガスケットはいやだね。ということでこの部分に使用される純正Oリングを使えるようにします。

Dsc03959 アルミ板

Dsc03960 罫書く。

Dsc03963 角断面の円を掘る。

深さはNEASの角断面溝と合わせています。

Dsc03964 表はキャップボルト沈み加工。

Dsc03967 Oリングの確認。

Dsc03968 切る。

Dsc03970 形を整え

Dsc03971 本日アルマイト処理へ旅立ちました。

I様 たいへんお待たせしております。

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

* 整備アシスタント募集中です。

2016年12月 1日 (木)

進行状況 GSX-R

点検 修理作業 SUZUKI GSX-R 1100

エンジンオイル漏れ修理と中身の点検修理

今回の作業箇所に関連するガスケット、パッキン類が純正新品で揃いました。

SUZUKIは古いバイクに優しい。

Img_3156 現状の把握

カム山に虫食いはありません

ロッカーアーム共に当たり面はキレイです。

が、山の摩耗が気になりますのでこちらはサービスデータを元に計測します。

各バルブクリアランスは16本全てにおいて広くなり各箇所にバラつきもあります。

Img_3169 内部は美しいです。

しっかりオイル管理なされている車両と思います。

Img_3173 4番はキャブと点火のチェックも必要。

Img_3175 DOHC

『 ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト! 』 言って気持ちいい言葉です。

Img_3171 次はシリンダーです。

I様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

* 整備アシスタント募集中です。

その他のカテゴリー

最近の写真

  • Img_2861
  • Img_2860
  • Img_2859
  • Img_2858
  • Img_2857
  • Img_2825
  • Img_2823
  • Img_2821
  • Img_2820
  • Img_2775
  • 2018nocs13th
  • Img_2778