フォト

2016年9月20日 (火)

旅仕様

ツーリングキャリアと

Img_1804 サドルバックサポート製作 

HONDA CB750Four K2

キャリアはステンレス丸パイプ、サドルバックサポートはステンレス無垢丸棒。

両方とも簡単脱着を心がけて製作しています。

Img_1807 お好きなように

Img_1812 積んでください。

S様 お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

道中ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

078-806-8757

email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

* 整備アシスタント募集中です。

2016年9月13日 (火)

ツーリングキャリア

旅に出る為のツーリングキャリア製作作業

HONDA CB750Four K2

シートがサイドへ開閉式の為形状少し悩みましたが

だいたいの形状決めて

Img_1730 今回はステンレス。さび・に・く・い・ステンレスです。

Img_1731 曲げる

Img_1732 曲げる

Img_1734 2点留めの後方はカラーを付けます。

Img_1735 前方は挿し込み式。

Img_1738 キャリアの台ベース。

ちょっとやんちゃな高さにしたのは

Img_1747 荷物でシート開閉が妨げられるのを防ぐ為です。

Img_1748 下側に補強。

今回は軽量、シンプルに作っていますが

実際の荷物積載の状態によりシート左側のみ上に補強入れるか

テールランプとの連結ステーを追加します。

脱着を容易にするにはテールランプは無しかな。

Img_1751 フックは4か所

Img_1752 磨いて完成。

メッキも塗装もしないので後から改造できるのが さ・び・に・く・いステンレスのいいところです。

Img_1756 装着。

Img_1757 ん~やっぱり左に補強入れたい。

明日要相談。

S様 お待たせしております

明日お電話します

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

2016年6月12日 (日)

DREAM CB750FOUR K2

公道デビュー作業 HONDA CB750 FOUR K2

昭和47年製作のバイクです。

この作業をさせていただくにあたり各バイクメ~ン先輩から

CBの4本出しはええ音すんぞ~ といろいろ聞かされてきました。

僕の記憶が確かならばOHC4気筒ナナハンに乗ることも無番マフラーの音を間近で聞くことも

初めての経験。

Img_0339 エンジンを搭載したら組み立て作業加速。

Img_0367 ポイントキットは純正新品。

エンジンガードはOVER RACING製です。

Img_0369 純正をベースに製作し直していただいたオイルホース。

リアサスペンションはオーナーが見つけてきた

Img_0370 ワークスパフォーマンス製。

ホイールは前後Hリムにチューブレス加工。

Img_0342 傷のあったジェネレーターカバーは

Img_0371 グラインダーと手で研磨。

Img_0378 昭和47年の配線類は

Img_0379 NEW配線に交換&製作しています。

キャブレターはKEIHIN CR31 

Img_0372 新品内部確認と燃料ジョイントの位置変更。

Img_0376 装着。

Img_0383 始動の確認がとれたら

Img_0386 車検。当然一発合格。なのだ。

そしていよいよ試乗&セッティング

Img_0401 日本の公道を初めて走る日本車。

各バイクメ~ン先輩のおっしゃる通り4本マフラーいい音してます。

なにより僕はOHC4気筒の乗り味に感動した

DOHCのスムーズさとは別物。

4本出しで際立つと思いますが各気筒の爆発を感じながら走る。

加速も十分。しかし右手の捻り角度に対してバイクが先行しない。

なんだろうこの感覚、昔体験したような、ん~初体験なのか?ん!

Img_0406 そう。感じたのはモーターサイクルの基本的な楽しさである。

ハーバーハイウェイを走りながらセッティングの手直し箇所を想像する。

Img_0407 

キャピキャピした若いアベックが背後を通過する。

レディース 『 何やってるんやろ?あの人 』

メンズ 『 ん~壊れたんちゃう? 』

これは路上セッティングだ。この真の意味が君達にも分かる日がくる。くる?

ピッチピチのギャルが正面を通過する。

チラ見してすぐにスマホに視線を戻す。

気持ち悪いオッサンだと思わないでくださいm(_ _)m

Img_0409 数回の手直しで乗り易いところまできました。

3/4開度以上の調整は次のオイル交換後に実施します。

Img_0410 六アイうろうろ。

一旦工場に戻って工場での手直し作業をし、外していたパーツを付けて

Img_0413 最終チェック。

Img_0415 しかし楽しいバイクだ。

そして陸運局、甲子園警察、路上、いろいろなバイクメ~ン先輩から声をかけられる。

神戸水上警察署でも警察船上の署員さんから注目の的だ。

Img_3916 この

Img_3919 K2が

Img_0422 こう

Img_0425 なりました。

Img_0427 乗車姿勢は人間工学に基づき設計。

流石、疲れず乗り易いです。

Img_0421 いいと思います。

S様 たいへん長らくお待たせいたしました。

お時間いただきありがとうございました。

それでは

Img_0438 はりきってどーぞ!

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

2016年6月 7日 (火)

lower back is glass

公道デビュー作業 HONDA CB750Four K2

組み立て作業に入っています

Img_0246 ディスクの塗り分けも抜かり無し。

Img_0257 キャリパーのインナーはすべて純正新品が出ます。

もちろん

Img_0258 マスターのインナーも純正新品。

素晴らしいね!HONDA MOTORCYCLE JAPAN

そしていよいよ

Img_0328 載せる日。

すべてを厳重にかつ動きを少なくするのは

数日前からピキピキきてる

僕の腰を守る為です。

Img_0331 ご安心ください。腰は無事です。

S様 たいへんお待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

2016年5月29日 (日)

組み立て

ピカピカは良くてもビカビカはNG

いろいろありまして作業再開。すみません。

Img_0211 スプロケハブ

Img_0212 磨く

ひたすら

Img_0213 磨く。

ひたすら

Img_0206 こちらも磨く。

ホイールベアリング、シール、リテーナーを交換して

Img_0215 組む。

オーナー様のご希望通り ビカビカではなくなりました。

Img_0216 組み立て

Img_0217 る。

次はフロント

S様 たいへんお待たせしております

作業を続けます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

2016年3月 5日 (土)

セクシーなフォークにしてくれ

公道デビュー作業 HONDA CB750Four K2

車体への組み付けを待つフォークを再加工。

オーナー様から教えられた画像よりもっと忠実にかつ優しく。

Img_8759 のぺっ

Img_8758 旋盤にセット。

Img_8760 削る。

Img_8765 磨く。

もう一方のフォークも

Img_8768 のぺっ

Img_8769 シャキンッ!かつ優しい角です。

要再エア抜き。。。

そして

オーナー様から受け取ってきた塗装済パーツ

Img_8748 美しいです。

エンジン以外ほとんどのパーツが再塗装、再メッキ、新品パーツ。恐ろしいです。

Img_8749 NEW レース、ボール、グリス

Img_8750 NEW レース、ボール、シール、ワッシャ、グリス

Img_8751 組み立て。

この状態でまだまだやることがあるのですが

Img_8756 こうやってテンションを上げる。

Img_8771 こうやって

Img_8772 自身のテンションを上げる。

Img_8775 エンジンは点検中です。

S様 お待たせしております

作業を続けます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県西宮市上甲子園4-12-36

0798-22-5587

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

2016年2月28日 (日)

チューブレスHリム

公道デビュー作業

HONDA CB750Four K2

前後ホイールのチューブレス化

Img_8299 リムを研磨

HリムはUリムよりも内側の文字や凹凸が多い

きれいに慣らして

Img_8300 チューブレスホイールにする。

Img_8302 タイヤ装着

今回オーナー様より K2に合わせたルックスより走りを意識したタイヤにしてくれと

ご依頼いただきましたので毎度お馴染みBT45をチョイスしました。

Img_8304 2.50リムに120/90-18タイヤです。

Img_8307 フロントも同様に施工。

そしてまたオーナー様より

Img_8350

『 こんなことはできるか? 』 

と連絡が入りましたので方法は思案中です。

S様 お待たせしております

作業を続けます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県西宮市上甲子園4-12-36

0798-22-5587

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

2016年2月 6日 (土)

フロントフォーク復活

公道デビュー作業 HONDA CB750Four K2

フロントフォークの復活作業

Img_7804 インナーチューブ以外は状態の良いフォークでした。

Img_7824 古いバイクのスタッドボルトは交換。

そしてアウターチューブの

Img_7831 研磨

Img_7833 研磨

Img_7835 研磨。あとは組み立ててメタルコンパウンド。

CB750Four のパーツはまだまだ純正新品がでます

やはり特別なバイクなのでしょうか。

Img_7836 復活しました。

Img_7839 たぶん44年間おつかれさまでしたm(_ _)m

S様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県西宮市上甲子園4-12-36

0798-22-5587

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

2016年2月 3日 (水)

ホイール

公道デビュー作業 HONDA CB750Four K2

磨き終わったハブをEXCEL H RIMと純正スポークで組み立て

Img_7780 美しいです

Img_7785 内側左右1周

Img_7790 リアも内側左右1周

Img_7791 外側左右1周

今回リムは前後とも1サイズずつ太くしてあります。

Img_7634 これが

Img_7792 こうなりました。

Img_7795 前後共に振れ取り完了させて

Img_7797 タイヤが入荷したらチューブレス加工です。

S様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県西宮市上甲子園4-12-36

0798-22-5587

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com















2016年1月27日 (水)

ホイール

公道デビュー作業 HONDA CB750Four K2

当初予定していた新品スチールリムを止めてアルミリムに変更

Img_7633 ホイール。

Img_7634 スポークの錆も酷く

Img_7638 タイヤはカチカチであります。

スポークを切断し

Img_7646 使用するのはハブのみです。

ハブを磨く

Img_7647 体が温まり寒い日にはもってこいの作業です。

Img_7649 美しいです。

今回使用するリムは

Img_7650 オーナー様拘りのRK EXCEL Hリム

うれしいことにスポークはまだ純正新品が出ます。

こちらもチューブレス化にします。

S様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県西宮市上甲子園4-12-36

0798-22-5587

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近の写真

  • Img_2861
  • Img_2860
  • Img_2859
  • Img_2858
  • Img_2857
  • Img_2825
  • Img_2823
  • Img_2821
  • Img_2820
  • Img_2775
  • 2018nocs13th
  • Img_2778