フォト

カテゴリー

2019年6月22日 (土)

BMW R75/5 ツーリングキャリア

製作のご依頼

BMW R75/5 ツーリングキャリア

2年前にCB750 K1 のキャリアを製作させていただいた

栃木県のM様

BMWのキャリアもご依頼ありがとうございます。

Photo_20190622084102

K1でツーリングに行かれた時の写真

いつ見ても荷物満載のバイクはかっこいい

Photo_20190622084101

北海道いいな~

そんな話はさて置き

Img_9600_20190622084401

オーナーが作ってくださった図面から

Img_9602_20190622084201

パイプを曲げて製作

Img_9761

これが折損した元のキャリア

ツーリングの荷物を積むと前方プレート後端付近に負担が集中。

ということで

今回は

Img_9612_20190622084201

パイプ径とレイアウトを変更&補強を追加

車体のフィッティング後に

ご指摘いただいた箇所を修正し

Img_9758

完成しました

Img_9759

いいと思います。

G20前に間に合って良かった

本日発送します。

Img_9760

M様 たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2019 スーパーミニマムチャレンジ 応援よろしくお願いいたします ↓

https://www.makuake.com/project/smcbonnevillejapan/

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年6月16日 (日)

修理 メンテナンスと 金属加工

BMW R75/5用 オーダーキャリアの製作

Img_9612_1

シート開閉式の為、前方の補強は左側のみです

Img_9628_1

車体との取り付けプレートは厚みを2mmプラス

プレートのみ仮付け状態で一度車体とフィッティングです。

Img_9629_1

M様 よろしくお願いいたします。

続きまして

納車後に不具合が出たSRX600

Img_9635_1

試乗させていただいて

キャブレターに何か潜んでいると思われましたので

再度チェック

Img_9638

原因と思われる箇所を発見しました

試乗して確認します。

I様 ご迷惑をおかけします

確認でき次第連絡させていただきます。

続きまして

定期点検 好きなタイヤに交換作業

CB750Four K2

Img_9639

3年経過のチューブレステープ

しっかり貼り付いています。

Img_9642

オーナーチョイスタイヤは DUNLOP TT100 です。

リアは

Img_9643

BT45 120/90-18 から

Img_9645

DUNLOP TT100 4.00-18 へ

Img_9644

リアのチューブレステープもしっかりしています。

Img_9646

S様 作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2019 スーパーミニマムチャレンジ 応援よろしくお願いいたします ↓

https://www.makuake.com/project/smcbonnevillejapan/

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年6月14日 (金)

いただきPHOTO と 金属加工

Z2お兄さん 、 ボッパーTさん

転勤先から兵庫県に帰ってきたGPZ Hさん。

Img_9423

Img_9422

より快適なルートを模索

Img_9427

前回雨で中止となったお兄さんプレゼンツ リベンジツーリングの下見

Img_9428

写真ありがとうございます!

続きまして

大変お待たせしております金属加工

Img_9600_1

BMWのキャリア製作

オーナーご指定の寸法と形状。

元々付いていたキャリアが破損した為、強度プラスと形状変更。

Img_9601_1

今回メインのパイプは厚さ2mmにしました。

Img_9602

ご指定の寸法位置で曲げる。

Img_9604

パイプは全て外径16mmで組みます。

M様 たいへんお待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年5月26日 (日)

MOTO GUZZI 1000S

  走行前点検整備 カスタム作業 モトグッチ1000S

前後ホイールチューブレス加工

キャブレター修正が完了し

Img_8737

左右キャブレターの同調とケーブル引き代調整 グッチもベベルもこの作業が非常に大事。

Img_8748

先ず試乗して気になる箇所がないかのチェック

帰店したら

Img_8776_1

オイル交換とエレメント交換

毎回思うがなぜオイルパンの中にフィルターを入れたのか

Img_8777_1

まぁ 入ってるからオイルパンを外すしかありません。

ミッション、ファイナルギヤボックスのオイルも交換。

Img_8831

アルチューロに乗った時に思ったがツインといえど

このエンジンは高回転がより楽しい走りになる。

それはベベルも同じか

特に5000rpm付近からの伸びが気持ちよい。

この個体はポイント式だが

点火はセミトラの方がいいように感じます。

Img_8834

エンブレ時、シフトダウンの空ぶかし、アイドリングなど

車体が右に振られるのは慣れるまで時間がかかりそうだ

車体剛性がしっかりしているのかコーナーでの恐怖感は

ベベルほどない。前後サスペンションがいいのかな。

Gさんからカウル塗装完了と入電

Img_8896

やっぱりGさんは、職人である

Photo

これが元の形

ウインカー取り付け穴が表裏に立体的な形で成形されている。

それをフラットにしておくれという依頼でした。

Img_8897_1

裏もご覧の通り。素晴らしい。

手に入れたカウルのスクリーンが

Img_8879

曇っている。

Img_8880

こんな感じ。

磨き剤を付けてひたすら磨く

磨く~磨く

Img_8882_1

 

Img_8898

スクリーン装着

Img_8902

美しくなりました。

ここで問題発生

左右方向のアイドリング振動で製作したカウルステーがプルプルすることが判明

Img_8911

無垢防でステーに補強を入れます。

無事振れが収まりまして

Img_8914

最終確認

モトグッチは

Img_8907

センタースタンドより

Img_8912

サイドスタンドがかっこいい。

Img_8908

センターより

Img_8915

サイド。

だが、寝過ぎる場所はNG。

あと、モトグッチはスーサイドスタンドなので要注意。

Img_8916

Img_8924

Img_8923

Img_8918

作業完了しました

Img_8920

Y様 たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年5月17日 (金)

1000Sの点検

走行前点検整備 MOTO GUZZI 1000S

全体的に状態は良好な個体です。

各部の点検

Dellorto PHM40

Img_8611

NS側 フロート破れ

このタイプのフロートでは、お約束みたいな頻度で破れている

見ておいて良かった。

Img_8613

ND側は大丈夫でした。

念の為、キャブレター点検

Img_8635_1

浸入してはいけない場所に燃料が浸入しています。

あとは、オーナーが以前からおっしゃっている

『 プラスチックのユニオンは嫌だ 』

アルミ製に交換します。

Img_8637_1

インテークのラバーホルダーに亀裂が出始めているので

ここも交換します。

その他は特に問題ないと思います。

で、問題のホワイトフロート

黒い樹脂タイプから白に変わりまた黒に変わって安心していたが

どうもまた白に変わった?ようだ。

現在手に入るのが白しかなくこれは距離走るとまた同じことになるかもしれません。

でもご安心ください

こんなこともあろうかと

Img_8638_1

8.5gフロートを在庫していたのだ\(-o-)/\(-o-)/

しかし最後の1セット(1台分)

メーカーがまた黒樹脂タイプに変更してくれることを願います。

アルミユニオンも在庫していました\(-o-)/

まぁ、こちらは今のところすぐに手に入ります。

Img_8614

ポイントは痛み少な目

調整のみ実施します。

Img_8632

点検中です。

ツーリングに備え

Img_8642_1

タイヤ交換と同時にチューブレス化のご依頼

Img_8643

バリやリムの繋ぎ目を研磨

Img_8644

このテープがあるからチューブレス化後もスポーク調整ができます。

Img_8646

特殊両面テープと保護テープ貼り付け

すぐにタイヤを嵌めたらエアーを充填し

Img_8649

エアー漏れチェック

Img_8650

リアも同様。

1日置いて圧力の変化をチェックします

因みにチョイスタイヤは MICHELIN PILOT ACTIV

重量イタリア車でご好評いただいております。

今回もう一点

カウルの装着作業

Img_8615

ステー製作

Img_8619_1

最近このラバー&カラーがマイブームです。

カウルはGさんにパスしています

Gさんよろしくお願いいたします。

Y様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年2月20日 (水)

& SUZUKI と Vespa の日

不調修理 SUZUKI K125

OFFの仕事が甘かった燃料コックは

交換したい部分の部品設定がなく、コックアッセンブリー交換。

Img_6168 3200円(税別) 安っ!!

他のメーカーならこの2倍~3倍くらいかっ!?

しかし中身の構造を見れば他のメーカーの1/2~1/3というのも少し頷ける。。。

が、スズキが未だに部品を供給してくれること、しかも安価ということが有り難いのだ。

このコックが13200円(税別)だったとしても必要な時は買わなければならないのだから

スズキ二輪さまさまである。

キャブレターを少し手直しし

スロットル開け始めに密度の濃さを感じます。

しばらく放置して燃料漏れが止まったことが確認できれば

Img_6190 試乗

Img_6191 調子良好のK125に戻りました。

Img_6189 T様 ご依頼ありがとうございました。

続きまして

Vespa Sprint 150

手直ししたハンドルを装着しオーナーお気に入り部品の取り付け

そのままではボデーと干渉するので

Img_6141 各サイズのカラーを

Img_6143 量産して

Img_6147 バックレストキャリアの装着。

その他作業を済ませて

Img_6174 試乗

Img_6175 気にされていたアイドリングは調整しました。

見た目はおしゃれなスクーターだが、走りは2サイクル150ccの力で坂もグングン登ります。

速度が上がれば足回りの頼りなさが目だってくる。

片持ちのフロントはギャップを拾った瞬間に力が斜めに吸収される感じで結構怖い思いをする。

それでも左手で変速しながら背筋を伸ばして走ればなんとも気分がいい。

Img_6176 やはり欧州車はこの壁が似合う。

Img_6178 お待たせしました作業完了しました

Img_6177 Muchas gracias amigo !!

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2018年7月 1日 (日)

CSS disco volante

先ずはこちらの動画をご覧ください

スピードメーターを機械式VEGLIAから

電気式DAYTONAに変更

注意書きには6V昇圧12V電源では作動しないとありましたが

『 ダメならダメでいいからやってみてよ 』 ということで

MV Agusta 175CSS disco volante 1954

Img_0571 desu。

Img_0648 haisenwo ! kakoushi,shouatsukit souchaku

Img_0649 iroiroarimashitaga ! bujini sadou

ライトケース内からステーで固定して

Img_1437 MV Agusta 175CSS disco volante 1954

Img_1438 desu 。

神戸のモダニズム文化の壁の前で撮影したかったけど

如何せん気持ちに余裕がありませんで

Img_1439 店の前で。

Img_1440

Img_1441 この世界の

Img_1442 沼に

Img_1443 底は無いよ。

Img_1444 作業完了しました

T様 たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2018年5月23日 (水)

ARTURO

テールランプ変更作業 MAGNI ARTURO

製作したウインカーステーと加工したテールランプブラケットを仕上げる

Img_0075 テールランプブラケットはウレタン塗装です。

配線を加工して

Img_0076 装着。

Img_0080 いい感じに

Img_0086 MHR風

Img_0085 です。

他の作業もありましたので

Img_0101 試乗

相変わらずとても面白いバイク

私的に、ハーバーのような高速コーナーがあるコースを走るのが好きです。

楽しさ、面白さの感じ方や、萌えるポイントは人それぞれ

自身の場合、現時点ではアルチューロが総合的に一番面白いと思うバイク。

走りの占める割合が大きいが、

セル始動というのも徐々に割合が増してきたような気がする。。。

あぁ、早くキックオンリーのMHRに乗らなくては

キックが面倒になってしまいそうだ。。。喝っ!!

Img_0099 主張するテールランプとウインカーもかっこいいと思います。

Img_0102 KITAMOステッカーありがとうございますm(_ _)m

Img_0103 マーニ

Img_0105 アルチューロ

作業完了しました

M様 お待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2018年5月21日 (月)

テールランプは改?

純正テールが破損し補修しましたが再度破損

プラスチックでは無理があるだろう。ということで

他車種流用テールランプ取り付け作業

MAGNI ARTURO

ご用意いただいたのは

Img_9826 CEVテールランプと金属ベース

取り付け位置が合いませんのでベースは要加工

Img_9918 作業開始

オーナーのご要望は 『 純正がこうだったようにしたい 』 とのことで

Img_9925 このベースの邪魔になる部分を切って

下側2か所の穴をフェンダーに開けて

Img_9930 仮取り付けで位置を合わせる

フレーム、フェンダー、テールランプベースの共締め箇所を

Img_0045 作り直す

取り付け箇所に指が入り難く、

Img_0050 先にランプを付けてしまうとかなり面倒になる

かといって後からランプの取り付けもやっかい。

そこで今回一緒に製作が必要な

Img_e0051 ウインカーベースで挟むようにしました。

Img_0049 こんな感じです。

Img_0047 まだウインカー挿しただけですがMHR風ウインカーベースです。

M様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

2018年5月19日 (土)

作業いろいろ

トレーラーのスタンド製作のご依頼

脱着が容易で安定するようにということでしたので

思案した結果

Img_0003 片側スライド式にしました。

Img_0005 リアアクスルシャフトを受けます。

Img_0021 レーシングスタンド風にもなり

収納にも場所を取らないように

Img_0022 壁があれば立てることもできます。

少しトレーラーがお疲れに見えますが、今回のご依頼は『 立てて収納 』がメインの使用方法。

立てても安定しています。

Img_0024 お待たせいたしました塗装して完了です。

電装トラブル?という HONDA エルシノア

バッテリーがNGでして交換後のテスト

Img_0012 ライトONのアイドリング

夜間走行して5000rpm付近で7.3V出ていますので

問題は無いように思います。

Img_0017 ウインカーを点灯させると

Img_0018 5.9~6.0Vを行ったり来たり

ウインカーを消せば徐々に電圧上昇しますのでこちらも問題ないかと思いますが

長い信号待ちでウインカー点灯させながらブレーキランプを点灯させた状態は

あまりよろしくないようです。

あと、右前のウインカーだけ光り方が違うので確認すると

Img_0020 表示の見難い12V電球でした。

6Vに交換します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ 販売車両 点検作業のブログはこちら キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 リコール検索 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 熟成への記録 900SS 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 GSX-R1100 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_0688
  • Img_0688_20190804225001
  • Img_0699
  • Img_0700
  • Img_0701
  • Img_0702
  • Img_0703_20190804225501
  • Img_0704
  • Img_0705
  • R75
  • R75_20190803223001
  • R75_20190803223002