フォト

カテゴリー

2021年1月19日 (火)

CBの確認とCBの修理とH2の修理と

オーナーの仰る異音が

ここまでは

Img_1720

ビビリ音と問題ないメカノイズくらいしか分からなかったのだけれども

Img_1722

この後に急に出現した。

間違いなくこれが仰る異音だ

その後、帰店するまで音は消えず。

よく聞いていれば回転上昇時にも少し聞こえている。

金属同士というか金属とプラスティックか?

共鳴して

スウィングアームピボットや右サイドカバー内、

右マフラー部からも音が出ているように感じるが

恐らく右クランクケース内。

Img_1724

HONDA CB92

点検します。

ーーーーーーーー

続きまして

予期せぬアクシデント修理とメンテナンス

欲しかったのは

Img_1695

この部品取りスイッチ

同形状の物がなかなか見つからず

Img_1696

ゲットしたのは中古ハンドルセットとなりましたが

欲しかったのは

Img_1698

これ。

Img_1625

プラプラになってしまった右スイッチから破損部品を外して入れ替え

Img_1703

これで解決します。

構造を考えるとスイッチ作動時は

この折れた突起部に一番負担がかかる。

Img_1704

フロントタイヤを交換し

その他の各所を修正して

Img_1713

試乗。

Img_1714

走行に問題なくアクシデントの影響は無さそうです。

Img_1715

追加の小物部品を交換すれば完了です

Img_1719

CB250 エクスポート TYPE1 

Img_1717

ご安全に

ーーーーーーー

続きまして

Img_1601_20210119075101

Lシリンダー点火不良

ピックアップコイルの抵抗値はどれも逸脱した数値ではありません。

CDIが原因ということが分かり

Img_1683

神鳴エンヂニアリング製CDIに交換。

無事にLシリンダーも点火しましたので

Img_1686

点火コイル付近より前方の配線修正

古い配線保護ビニールチューブを除去。

プラスティックのように硬くなった配線保護チューブのままだと

Img_1685

写真のように保護チューブが割れた箇所で曲がりが急角度。

作動部分は特に断線する原因になる。

Img_1687_20210119075201

長めに電線を切りとって曲がった部分は除去。

Img_1708

メインキー、メーター廻りの保護チューブの交換と

Img_1727

ネック部の配線、保護チューブの交換。

電装の作動確認が完了したら

エンジンを始動

Img_1726

KAWASAKI MACHⅢ 750SS H2

お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

Img_1730

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月15日 (金)

おケツの疲労軽減、介護スポンジEMOと、金属疲労部品

HONDA CT125 ハンターカブ

ツーリング中におケツが痛くなるということで

Img_1653

シート上部のスポンジ変更。

横から見ると分厚いシートですが

ベースが上の方まであるので

Img_1659

このくらいスライスした状態で

中心部はシートベースギリギリ。

Img_1661

スライスした面を整えて

Img_1662_20210115224501

介護スポンジEMO貼り付け。

今回は純正シート表皮を再使用する為

Img_1663

純正に近い形状に整形。

Img_1666

こんな感じ。

Img_1673

表皮をセット

Img_1667

完了しました。

これでおケツの痛みは軽減されると思います。

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーー

HONDA ズーマーX

センタースタンドの破断

Img_1671_20210115224601

センタースタンドのキックアーム部。

現在、海外モデルのズーマーX用スタンドは入荷までに長い期間がかかるとのことで

部品番号の違う国内モデルのスタンドに変更。

Img_1670

下が国内モデル。

キックアーム部の補強の入り方が違う。

Img_1672_20210115224601

キックアームへの力の入力方向を考えたら国内モデルが強い。

ーーーーーー

KAWASAKI GPZ1100

カムチェーン廻り

Img_1647

旧チェーンと新チェーンの比較

Img_1648

奥が旧で手前が新。結構伸びている。

カムチェーンガイドも

Img_1649

主にテンショナーロッド当たり面の変形が大きい。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月 8日 (金)

1100のエンジン

走行前点検 修理 メンテナンス作業

KAWASAKI GPZ1100

エンジンを降ろして

Img_1478_20210108140501

点検

Img_1482

ピストンはSTD

スリーブ内壁は不動期間の痕跡有り。

バルブ廻りは一通り作業を実施した方が良さそう

Img_1483

ステムシールは硬化してスコスコです。

Img_1484

要チェック。

外からは分からなかったが

Img_1512

年式が年式だけにいろいろある。

Img_1522

硬化したラバーのような小さい破片あり。

長い年月がんばって走ってきたオートバイなので当然。

Img_1525

クランクとミッションを摘出。

Img_1526

ギヤドッグ、シフターは状態良さそう。

点検を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月 6日 (水)

ZX1100

公道走行前 点検 修理 メンテナンス作業

KAWASAKI GPZ1100

異音の出ているエンジンのチェック

Img_1468_20210106224401

バルブクリアランスは、3番INが0.04入らず。

その他は大きく逸脱した箇所は無いが

4番INが0.18と規定値上限。

バルブ廻りが、聞こえた異音に結び付くとは考えられず

異音の原因はカムチェーンと判断。

テンショナー突き出し状態でもチェーンが緩い。

サイレントチェーンの為、交換にはクランクケースを分割する必要がある。

車体側のこともあるし、どうしたものかと悩んでみたが

バルブクリアランスだけ調整したところで解決しない。

永く乗るよ。とのオーナーの言葉を思い出し

Img_1469

悩むのは辞めた。

部品が手に入る内に修理する。

Img_1471_20210106224401

セルモーター取付ボルトが2本とも折れ込んでいる。

何時の頃からか、折れたボルトを見つけても気持ちが動じなくなった。

Img_1474

エンジンを降ろす。

Img_1477

フレームを掃除して

部品が揃った足回り等の作業を進める

Img_0822

メッキの剥離や傷のあった

Img_0824

インナーチューブは

Img_1475_20210106224401

東洋硬化御中で再メッキ済み。

Img_1478

エンジンは点検します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年12月18日 (金)

ZXR400

公道復活 修理 メンテナンス カスタム作業

KAWASAKI ZXR400

作業開始からとても長い月日が経過してしまいました。

いよいよ仕上げ作業

Img_0128

カサカサになったインナーフェンダーに

Img_0129

潤いを与える。

オーナーの手磨きトップブリッジに交換する為

Img_0152

セキュリティボルトを外す。

夕方くらいから目が見え辛くなってきた昨今

Img_0154

来年も裸眼でボルトを除去できるか心配な昨今。

オーナー拘りのカラーリングに塗装した外装の組み立て

Img_0188

Img_0189

マフラーも拘りの角度です。

Img_0191

テール廻りの配線等を加工しながら

Img_0682

テールカウル取付。

工場内作業が完了したら

Img_0916

試乗

中低速問題なし。

コーナーリング中にリアの接地感が薄い。

Img_0917

マフラーの寄せ方もオーナーの拘り。

Img_0923

店に戻ってアンダーカウルの取付加工とリア廻りチェック

Img_0921_20201217234501

この日の雲も素晴らしい。

*ここで一つ注意点

『 外装の色が景色に溶け込む為か

この日、普段なら出てこないようなタイミングで車が進路を塞ぐことが数回。

合流しようとする車側から見ると

この手のカラーリングでは

オートバイの速度や距離感が掴みにくいと感じます。

ライトは常時点灯ですが

この日の状況から察するに

日中は、あまり意味を成していません。ご注意を。 』

工場に戻って

夜には

Img_0951_20201217234601

フルカウルデビュー

だが

スロットル開度1/2付近から上が回らない。

Img_0953_20201217234601

タイヤが温もってないからなのか

ハーバーでもリア廻りが不安。

しかし

Img_0955_20201217234601

かっこいい。

Img_0960_20201217234601

六アイに戻って

Img_0959_20201217234601

どういう方向に手直しするか思案。

自身が感じ取り考えた方向が正しいかの確認

Img_0981_20201218000401

プラグは嘘をつかない。

プラグの焼け色と考えが一致したので

MJプラスとJNに細工。

当社のメインジェット在庫量は量販店のそれを超える。たぶん。

しかし、スマホでもセッティングできる時代に

MJの在庫が多いとかは何の自慢にもならない。

学生の頃は、

学校帰りにレーシングワールド伊丹店へ寄って

ケースに入れられた大量のMJを見て萌えたもんだ。

10年くらい前

MJの在庫を聞こうと

バイクセブン伊丹店に電話したら

店員さんに 『 メインジェットって何ですか? 』と聞かれた。

レーシングワールド伊丹店は閉店してしまって

バイクセブンはバイクワールドになった。

時代は進んでいる。

予想を立て、目を凝らして番号を読んでジェット交換ではなく、ボタンをポチ。

Img_0982_20201218000401

おかえりZXR

上までギュンギュン回る。

Img_0983_20201218000401

ABC400でもなく

BCG400でもなく

YKK400でもなく

この個体はZXR400だ。

『 Z 』 『 X 』 『 R 』全て特別で速そうなアルファベット。

これは世界共通。たぶん。

Img_0985_20201218000501

六アイに戻る。

Img_0991_20201218000401

タイヤの空気圧を落として

リア廻りは少しマシになったけど

まだちょっと怖い。

動きの渋いリアサスペンションは今後の課題。

Img_6227_20201218003301

このオートバイが

Img_0986_20201218000501

こうなりました。

Img_0989_20201218000401

え?

Img_0990_20201218000401

か、かっくいい。

最終チェックで完了にさせていただきます

たいへん永らくお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

Img_0987_20201218000401

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年12月17日 (木)

W3

メンテナンス 化粧直し作業 KAWASAKI W3

タペットカバーガスケットと取付ナットの交換

Img_0730

バルブクリアランスが狭くなっているので調整

ご依頼のオイルラインガスケットとロッカーシャフトOリングも交換。

タンクとシートを外して

チャンス到来

Img_0727

磨き。

普段見えない所が綺麗というのは重要なこと。

Img_0819_20201212221801

キャリパーボルト磨きと

オイルクーラーの化粧直し

Img_0827

フィンをちょっと修正して

Img_0828

磨き&塗装&乾燥

Img_0830

ボルトも。

Img_0848

オイルクーラーが美しくなって

Img_0849

キャリパーボルトも美しくなりました。

工場内作業が完了し

Img_0857

試乗

Img_0858

どこがどう美しくなったのか説明しないと分かりません。

Img_0859

その道のプロによって組み上げられたW3は新車を越える。

勉強になります。

たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

Img_0861

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年12月12日 (土)

ZRT10C

点検 修理 メンテナンス作業 KAWASAKI ZRX1100

動きがゴロゴロしたステムベアリングの交換

Img_0833

今まで何台もステムベアリングを交換してきたが

ビフォーアフターでオートバイの乗り味が劇的に変化する部品の

第一位だと思っている。

Img_0834

VMAX1200ほどではないがZRX1100もまた

フレーム側レースが少し抜き難い車種だ。

Img_0835

NEWベアリング、NEWシール、NEWグリスで組み立て。

ブレーキキャリパーの清掃とグリスアップ&フルード交換をして

Img_0836

組み立て。

ちょっと気になるブレーキパッドが装着されている

作業前の試乗で感じたブレーキングの違和感はパッドか。

Img_0840

リア廻り。

スウィングアームのベアリングを交換と清掃。

少し亀裂の入ったプロテクターを交換したかったが販売終了。

各メーカー、各車種、販売終了の早い部品だ。

Img_0846

いろいろ清掃して組み立て。

Img_0851_20201212204901

ヘッドカバーのオイル漏れと冷却水漏れ

Img_0855

カム山はカジリ有り。この種のエンジンには多い。

バルブクリアランスはバラつきがあるものの逸脱した箇所はありません。

Img_0852

冷却水の漏れた形跡のあるサーモ取付Oリングと

2本のホースを交換。

Img_0856

ミッションカバー廻り

ガスケットとシール関係

Img_0862

ウォーターポンプのパッキン類を交換

Img_0696_20201212210601

これが

Img_0865

こう。

そら私の指紋認証が一向に復活しないのも頷ける。

どれだけ手を洗っても

手で触った箇所が少し黒くなる。

少し甘皮の黒いみかん。忍忍。

でも、手袋は嫌いだから致し方ない。

そんな話はさておき

ヒビ割れがあったブリーザーチューブも交換。

専用形状のゴム部品は早いタイミングで交換するのがいい。

Img_0886_20201212204901

各部品を組み付けて始動。

から

Img_0887

試乗

Img_0889

ZRX1100

エンジンと車体のフィーリングがとても乗り易いオートバイだ。

この個体はハンドルを少し上げてあるので

プラスで乗り易い。

速度が上がればまた違う感想を持つかもしれないが

六アイを走り回る状況では

ビックネイキッドの中でも1,2を争う乗り易さに感じる。

ビックネイキッドに久々に乗ったからか。な?

Img_0890_20201212204901

これは好みかもしれないけど

もう少し制動の反応が速い方がいいように思う。

次回はパッドの種類を変えさせてくださいm(__)m

Img_0891

ステムベアリングリフレッシュの効果はバッチグーです。

Img_0894

ウエットだったエンジン下部は乾燥しています。

六アイウロウロして冷却ファンを回す。

Img_0899

この個体は1998年式

早いもので製造から22年。

走行距離も多くなっていますがまだまだ現役。

Img_0900

好調であります。

各箇所、メンテナンスの優先順位を決めながら好調を維持できればと思います。

たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

Img_0892

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年12月 8日 (火)

部品再製作と部品磨きと不調修理

数年前に製作させていただいた部品

Img_0812

オーナーと共に数万キロ走ってきました。

シートを製作し直してから

上手くフィットし難くいことが発覚。

延びに延びた製作作業

Img_0813

たいへんお待たせいたしました

Img_0814

ジャスト

Img_0815

フィットです。

続きまして

錆が出始めたキャリパーボルトの研磨

Img_0817

Oリング、ブーツはゴムゴムしていてしっかりしています。

Img_0818

首上の部分

何かコーティングのような物の内側か、

通常の錆かたとは少し違う気がする。

メッキが剥がれない程度に磨ける範囲で磨いて

Img_0819

ヒートガンで熱した後に

クリアを刷毛厚塗り。

乾燥させて組み立てます。

続きまして

キャブレターオーバーフロー

HONDA CT110 ハンターカブ

始動性が非常に悪いとのことで入庫

Img_0749

キャブレター内部に錆び混入。

燃料コックのフィルターが欠品しているので要装着。

カブ系はキャブレターパッキンセットにフィルターも含まれているので助かる。

Img_0714

まだ使用できそうだけれども

少し段差が付いたフロートバルブもこの機会に交換。

Img_0715

硬化した燃料ホースはパキパキ割れるので

Img_0784

交換。

Img_0750

NEWパッキンセットで組み直し。

現状燃料タンク内部はキレイだったので

タンク交換かタンク洗浄前の錆かもしれません。

1日コックONで放置してから

Img_0791

試乗。

プラグの焼け方が変わりました。

始動性良好

Img_0792

タンデムステップは折り畳めるように位置修正。

帰店後もコックONで放置して

オーバーフローしないことが確認できたので

作業完了です。

お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年12月 3日 (木)

KAWASAKIの 点検 修理

点検 修理作業 KAWASAKI ZRX1100

Img_0604

お聞きしていたステムベアリング交換とヘッドカバーオイル漏れ

Img_0601

冷却水も上から漏れた形跡あり。

エンジン下部もオイルでウエット

Img_0696

原因はこのあたりか。

オートバイのメンテナンスは

Img_0697

こういう部分のグリスアップの積み重ねである。

実に地味だが重要な部分。

お聞きしていたリア廻りのガタは触った感じホイールっぽくない。

リアホイールには新しく見えるベアリングが付いていましたので

スウィングアームに照準を合わせる。

Img_0698

ピボットシャフト、インナースリーブはキレイ。

グリスは少な目だったが

ニードルベアリングも目立った痛みは無さそう。

スウィングアーム右端のボールベアリング

Img_0704_20201203193001

錆び。

指では回せず。要リフレッシュです。

Img_0703_20201203193001

掃除します。

続きまして

Img_0605

定期点検 KAWASAKI W650

Img_0685

ホイールベアリング良好

チューブレス化から約3年半 23000km

Img_0689

前後とも問題なし。

Img_0686

ご依頼のフォークオイル交換

汚れは酷くありませんでした。

軽く感じたステムの調整をして

Img_0688_20201203192901

フロント廻り組み立て。

走行距離を考えて

Img_0691_20201203192901

スウィングアームの点検

あ、KITAMOステッカーありがとうございますm(__)m

Img_0692_20201203192901

スリーブは美しく、ベアリングも問題なし。

Img_0690

ブレーキカムの摩耗もほとんど無。

フロントパッドの減りを考えると

リアブレーキはあまり使用されないのかもしれない。

各所清掃 グリスアップして

Img_0694

美しいリア廻りがより美しく潤いました。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年11月23日 (月)

仕上げ作業と最終チェック。から納車まで CB72とW1S

点検 修理 メンテナンス作業 HONDA CB72

Img_0440

お預かりしたセミトラユニットは右エアーフィルター後方に装着。

キャブレターのジェット類を予想番手に変更し

Img_0465_20201123090501

試乗

まだこうできる、まだああできると感じた箇所を調整し

Img_0468_20201123090501

お山へ。

Img_0469

4000rpm以上で繋いでいけば風になれます。

恐るべしHONDA DREAM CB72 

Img_0470_20201123090501

各所オーナー仕様の72がオーナーと歩んできた歴史を感じさせます。

Img_0472

好調であります。

72が似合う場所は

Img_0475

ここ

Img_0477

石垣と72

Img_0476

いつも壁を利用させていただいております。

Img_0478

かっこいい~

作業完了しました。

ご依頼ありがとうございました。

Img_0473_20201123090601

ご安全に

ーーーーーーーー

72と一緒に作業を進めてきたW1Sも最終作業

Img_0449

タイヤをF11に交換。

点検 修理 メンテナンス作業 KAWASAKI W1S

Img_0447

ブレーキアームの角度を修正しグリスアップ。

Img_0441_20201123091701

洗浄したフロントフォークのオイルシールを交換し

Img_0442

組付け。

アウタースプリングフォークを組み付ける時は怪我に注意。

安全に組み付けるにはトップブリッジを外す方法があるが

私は写真のインナーチューブ引き込み特殊工具を使用する。

Img_0443

キタモ製

『 GSX-R1100アクスルシャフト改W1Sフォーク引き込みSST 』

作業が完了し

Img_0455

試乗

Img_0456

W1Sが

Img_0457

欲しい。

Img_0460

フロントから感じていた違和感がなくなりました。

Img_0461

リア廻り、ギヤチェンジもバッチグーです。

W1Sも

Img_0462

壁をお借りする。

Img_0464_20201123090401

美しいオートバイです。

Img_0463

設計上の弱点やクセはあっても

各構成部品の強さを感じた作業でございました。

作業完了しました

ご依頼ありがとうございました。

Img_0458

ご安全に

先日、お二方とも納車が完了し

Dsc_1680

北港を2周したりで帰路の 72

Dsc_0034-1

173などソロツーリング W1S

写真ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ ドカティ ベベル R&R ジャパン キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 ツーリングキャリア 製作 改造 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 妄想ツーリング 熟成への記録 900SS 熟成への記録 CB550FOUR 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 GSX250S KATANA 製作記録 R1-Z 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_1835
  • Img_1839
  • Img_1842
  • Img_1843
  • Img_1844
  • Img_1845
  • Img_1846_20210123142701
  • Img_9609_20210123000401
  • Img_9610_20210123000401
  • Img_1812_20210123000301
  • Img_1815_20210123000301
  • Img_1819