フォト

カテゴリー

2019年4月18日 (木)

コツコツ気化器

不調修理の4気筒

Img_7414_1

カワサキ ZX10

オーバーフローに伴い途中3気筒エンジンに変化

内部の汚れや腐食も見受けられます。

Img_7532_1

洗浄

Img_7534_1

完了

腐食内部部品やゴムパッキン類の要交換部品が多いので

Img_7536_1

KEYSTER製 リペアキットで組み直します。

1台のキットではなく1キャブキットX4になるので燃料連結ノズルのOリングが2個足りないですが

2個だけOリングを用意すれば何てことありません。

Img_7538_1

1キャブ4千数百円でこれだけの部品を交換できる

Img_7539

しかも十分な精度です。

私はKEYSTERが好きです。

Img_7541_1

連結入魂。

続きまして

不調修理 スズキ GSX400S

Img_7472_1

結構汚れていますが

予想していた不具合はない

Img_7473_2

洗浄

Img_7476_2

GAS漏れが疑わしい箇所がありますので各気筒ごとに洗浄

Img_7500_1

劣化した連結燃料ノズルシール

Img_7533_1

どうも3番キャブレターで過去にスロージェット関係のトラブルがあったようです。

できる範囲で修正して組み立てます。

Img_7570_1

一部部品の追加が出てしまいました

入荷次第組み立てます。

キャブレターの後は

Img_7568

NEWホイールへタイヤ組み付け

Img_7569

CD125T準備完了です。

各車たいへんお待たせしております

入庫の順番と作業の順番に関しまして

作業内容により前後いたしますが

ご容赦いただきますよう何卒よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年4月 7日 (日)

オートバイの修理 & 修理

予期せぬアクシデントからの復活修理作業

KAWASAKI Dトラッカー125

Img_7255_2 リムとタイヤ損傷

純正リムは海外生産品でメーカー在庫無し

バックオーダー納期未定という回答の為

Img_7272_3 中古の純正リムをゲット

Img_7275 組み立てて

Img_7278 NEWタイヤです。

その後、無事に復活でございました

M様 お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

続きまして

定期点検 & オイル漏れ修理

SUZUKI ST400 TEMPTER

Img_7292 クランクケース

左側からのオイル漏れ

エンジンの底はオイルと埃で汚れています。

全体的に湿っているので

ガスケット、Oリング、オイルシールを交換します。

Img_7314

スプロケットシャフトのシール

Img_7315 内側のスペーサー

シールの当たり面付近に錆の小さいクレーターがありますので

オイルシール、スペーサーと内側のOリングを交換します。

(スペーサーは残念ながら販売終了でした。できる範囲で研磨します)

Img_7316

少し錆びたシャフトは磨いています。

Img_7322

カバーガスケット交換とステーターコイル配線のグロメット部分の漏れ対策を実施します。

H様 お待たせしております

部品揃い次第組み立てて試乗します。

こちら

不調修理 エンジン不動 その他もろもろ

始動性が悪いが乗れていたとのことですが

しばらく乗らなかったらエンジンかからず。

SUZUKI GSX400S 刀

Img_7222

走行距離はもうすぐ大台に乗ります

4気筒の内、 2番シリンダーのみ圧縮が低い

プラグ清掃とキャブ燃料抜き替えで始動はできたものの

確かに始動性は悪く

回転上昇に違和感があります。

Img_7223

折角なので大台超えて走り続けて貰いたいけど

各部の状態を見ると、

どこをどう修理したらリフレッシュした刀を感じられるか

何とも難しい判断をしなければならない。忍忍。

修理の方向性と方法は、オーナーと相談でございます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年3月31日 (日)

KSR-Ⅱ

ミッションオイルドレン ボルト穴修理作業 

KAWASAKI KSR-Ⅱ MX080B

Img_7063  修正したケースを組み立て

ベアリング、オイルシール、ガスケット交換

Img_7064 ミッションオイルを入れて放置

漏れの確認ができたら

Img_7066 エンジン組み立てて

Img_7067  始動。

工場内で確認してから

Img_7068 試乗でお山へ

Img_7069 静かなバイクです。

好調であります。

Img_7071 オイル漏れ無し

Img_7073 2サイクルの80は相変わらず楽しい。

試乗して、特に気になった箇所はありませんでした。

Img_7072 作業完了しました

K様 たいへんお待たせしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年3月29日 (金)

日々の修理作業と 地味な動画

電装トラブル YAMAHA VMAX 

久しぶりに乗ろうとするとバッテリー電圧低下

バッテリーは充電で復活しましたが

エンジン回転数UP時の充電電圧が16Vを超え異常な数値ですので

Img_6817_1  点検

点検の結果

レギュレーター不良の疑いがありましたので

Img_6910_1 H CRAFT製 レギュレーターに交換

取り付けにはステッププレートの加工とレギュレーターフィンの加工が必要でした。

Img_6911_1 こちらは外した純正レギュレータ

大きさが違います。

Img_6912_1 無事に収まりまして

充電電圧も正常値となり無事納車でございました。

S様 ご依頼ありがとうございました。

続きまして

ミッションオイルドレン ボルト穴修理作業 

KAWASAKI KSRⅡ

オーバーサイズボルトに変更する為

Img_7035 下穴加工

Img_7042_1 M12のタップを立てる

Img_7041 これがリコイルできなかった理由

Img_7040 チェンジシャフト穴手前で

オーバーサイズの下穴を止めています

食付長さ分、奥まではねじ切りできませんが

手前は8山ほどかかっていますので問題はないと思います。

Img_7045 ガスケット無しの

手締めでこのくらい

Img_7044 ガスケット付けて

Img_7043_1 20Nで締め付けて

全くビクともしませんのでOKです。

Img_7046_1 ガスケットに

一周当たりが付きましたので漏れることも無いと思います。

エンジン組み立ててテストします。

K様 たいへんお待たせしております

作業を進めます。

最後に

KAWASAKI 125ccのフロントフォーク点検

地味ですが曲がっていることがはっきり確認できました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年3月27日 (水)

GPZ900R 

定期メンテンンス & フォークオイル漏れ修理作業


KAWASAKI GPZ900R ZX900A


Img_6913 一緒にフロントタイヤ交換


ベアリング問題なしです。


Img_6915  チョイスタイヤはGT601


ウエイトは15g。外した601と同じですが位置が違うので


ホイールではなくタイヤのバランスです。


Img_6919 フロントフォーク


インナーチューブに小さい点錆跡がありますが再使用に問題はないと思います。


中身はヘタリ等少なく再使用。


オイルは真っ黒でアウター底部に沈殿物あり。


Img_6918 NEWシール、ガスケット、Oリング、オイルで


Img_6920 組み直し。


エンジンオイル、オイルエレメント交換が完了し


Img_6921 試乗。


GT601 肉厚なゴムを感じられて安心感があります。


流石ロングセラータイヤです。


パイロットアクティブのゴムの薄さから路面を感じられる安心感とは別の安心感かな。


Img_6922  ツーリング仕様のNinja


昔乗ってたNinjaは首都高仕様


『 いっけー!俺の900アール!』 と


歯を食いしばって全開で走る横を当時デビューしたZZR1100がスイッと抜いて行ったそうです。


お気持ちお察しします。


バイクはスピードだけじゃないよね。


でも、、、 速い=かっくいい は、たぶん一生崩れません。


シャコタン = かっくいい も。


Img_6925  あ、KITAMOステッカーありがとうございます。


Img_6926  最近花粉の種類が変わったのか体調がいい。


Img_6930  GPZも好調です。


Img_6929  作業完了しました


K様 お待たせいたしました


ご依頼ありがとうございました。


KITAGAWA MOTOR CYCLES


庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6


TEL 078-806-8757


Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com


--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,


Hyogo, 658-0026, Japan


MOTOR CYCLE repair & custom


委託販売車両情報はこちら↓


http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html


中古車情報はこちら↓


http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年3月25日 (月)

進行状況 MX080B

ミッションオイルドレン ボルト穴修正作業

KAWASAKI KSR-Ⅱ

Img_6890 点検

Img_6891 シリンダー内壁は距離相応の縦傷。

再使用で問題ないと思います。

Img_6893  クラッチハウジングの摩耗少な目

クラッチハブも同様です。

Img_6898  かなり丁寧にシフトチェンジされているのか

シフターの焼けや摩耗はほとんどありません。

Img_6899 美しいです。

Img_6897 付着物はエアクリーナースポンジのようだ。

Img_6903 ここにも少し付着している。

湿式のフィルタースポンジはモロモロに崩れるので定期的に点検&交換が必要。

洗浄します。

Img_6901 ピストンは再使用してリングとピンベアリングのみ交換しようと思います。

Img_6894 問題のドレンボルト穴

Img_6895 クラッチ側と

Img_6896 ミッション側

下からのぞいたら半山と半山の間に全山があるように見えたが

どうやら全山は入口の4山のみのようだ。

チェンジシャフト穴とのクリアランスを考えるとオーバーサイズドレンは

シャフト穴手前で止める必要がある。

Img_6900 加工します。

K様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年3月10日 (日)

日々の作業と ボッパーは舞鶴 キタモは西鈴


SRX600のパウダーコーティング依頼部品

Img_6556 ホイール

室内照明と携帯カメラの撮れ方で色の見え方が色々ですが

パウダーコーティングは色合わせができないので

できるだけ純正色に近い色で塗って貰いました。

アルミ地の部分は今回同色で塗装

Img_6557 タイヤはGT601をチョイス

フロントタイヤ 100/90-17は適合するタイヤのラインナップがほぼありませんので

110/80-17に変更してGT601で前後揃えました。

組み立てできる箇所から組立ます。

エンジンオイルドレンボルトネジ山損傷 KAWASAKI KSRⅡ

Img_6539 どのように直すか作戦を練ります

下から覗くと初めに全周ネジ山が数山、その奥に半周ネジ山が数山

そのまた奥に全周が数山あって一番奥は半周ネジ山。という説明が難しいネジ穴。

半周となるとリコイルは不可。

全てが横から見えればいいのだけれどと思ったが

Img_6563 手前の半周はクラッチ側で見えるが

奥の半周はミッションの部屋なので見えず。

どのように加工するにせよミッション側の切削切り子は出しきれませんので

相談の結果、クランクケース単品にしてネジ山を再生することに決定。

すみません少々お時間頂戴します。

美しいカム山

Img_6596 GSX-R1100 ヘッドカバーオイル漏れ修理

GV73A バルブクリアランス規定値

IN 0.10~0.15 EX 0.18~0.23

規定値から外れた箇所が3か所ありましたので調整しています。

1年通して結構過酷な状況下で乗っているジスペケだと思うが内部の状態は良さそうです。

Img_6606 潤滑経路。

Img_6607 これが油冷エンジン。

因みに

Img_6608 水冷GPZ900R。

チョイスしたタイヤは

Img_6603 フロント DUNLOP F11

Img_6605 リアは同じくDUNLOP TT100GP 

走行前点検修理中の YAMAHA XS-1

フロントホイールベアリングと

Img_6599 リアのブレーキシューは交換済です。

オイル漏れ箇所のガスケットとシールは純正と社外品で揃いました。

その他作業を進めます。

休日のボッパー号は

Img_6588 中舞鶴線 北吸トンネルへ

Img_6589

Img_6590 KAWASAKI KZ1000 A1

Img_6592 五老ヶ岳の

カフェで

Img_6593 パフェ?を食べる

Tさんの愛車は

Img_6591 極悪マッドボッパー号です。

いつも写真ありがとうございます。

西鈴に行ってきたよ

店長は、CB750Fに乗っているKさん

西鈴蘭台駅前の 『 西鈴BAR 』 

Img_6577 神戸市北区南五葉1丁目1-7

TEL 078-907-6608

『 お腹空いてますか? 』 と聞かれて

不覚にも 『 ハイ! 』 と大きい声で答えてしまった。。BARなのに。

『 キタガワさんが来るからと思ってご飯炊いてますよ 』

大好物のご飯を!!

店長?まさか僕が昔、親子丼をおかずに白ご飯を食べていたのをご存じなのかぁ!

そんな話はさておき

オートバイの引き取りにトラックで来ていたのでお酒は飲めませんが

昼はランチを提供しているということもあり食事のメニューも充実していた。

おしゃれな雰囲気の店内で 『 から揚げ定食 』 をいただいてしまった。BARなのに。

店長手作りの食事がおいしいんだこれが。

ちょうど西鈴BARに来店されていたお客さんとも話ができて

つい長居してしまった。

店の前が広いのでバイクで来ても大丈夫ですし

目の前がコインパーキングなので車もOK。

駅前なので電車で来ても駅を出てすぐそこ。

また夜走りの経由地が増えました。

店長ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年2月17日 (日)

修理 メンテナンス と 六アイテストからの~今週西鈴に行ってみようか

春に向けて タイヤ交換 KAWASAKI GPZ900R改

Img_6075 オーナーチョイスは DIABLO ROSSOⅢ

ウエイト少な目でいい感じです。

タイヤもホイールも精度がいいからですね

KMHRなんてちょっと軽量化してもフロントのバランスウエイトで振り出しに戻ります。

Img_6091 相変わらずよく走るGPZです。

以前でていた電装のトラブルも無く良好。

乗るのにコツは要りますがチョウドイイバランスに仕上がりつつあるのかもしれません。

Img_6092 A様 ご依頼ありがとうございました。

続きまして

不調修理 SUZUKI K125

Img_6080 ゴミでも噛んだのか

Img_6089 オーバーフロー

燃料を止めるのはキャブレターの役目ですが

どうやら燃料コックもOFFの仕事が甘いようです。

Img_6090 コックとキャブレター確認します。

テスト中の SUZUKI TS250 ハスラー

スイッチボックスの手直し

プラスチックのキャップを外すと

Img_6093 上下分割。メンテナンス性抜群。

Img_6094 ウインカースイッチ要修正。

Img_6095 組立ました。

Img_6101 試乗の続き

Img_6103 とても好調なTS

100kmくらいでライトが切れるなんて嘘のようだ

思い込んではいないが症状が治っている自信はある。

球切れとの関連はゼロではないだろうという怪しい箇所が数か所あった。

ライトONで瞬間的に切れていた電球を治したのであれば

『 治っているぜ!ひゅーひゅーだよー 』 という1回の試乗で済むが

今回は約100kmは切れずに点灯していたとういうから

Img_6104 テスト中は孤独だ。

Img_6106 TS250 テストそっちのけで楽しんでしまうほどよく走るバイクだ

しかし後続車には気を使ってしまうな。

Img_6107 合格まであと130km。

各車作業を続けます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

KAWASAKI RS

マフラーフランジ スタッドボルト折れ 修理作業 KAWASAKI Z2

Img_6062 純正スタッドボルト

Z2の車台番号から発注ですが、元々付いていたスタッドボルトとねじ山の長さが少し違う。

Z1の時も同様。社外マフラーの種類によってはフランジとナットの間にカラーが必要になります。

メーカーがボルトのサイズを他車統一で変更したのか?

このZ2は届いた純正スタッドで問題なくマフラー装着できました。

フランジ部も無理して付いている感じはないので

集合マフラーということもありスタッドは振動で折れたのかもしれません。

工場内作業完了し

Img_6065 試乗

Img_6067 むむむ

Img_6068 エンジン静かでスムーズ

オーナーにお聞きすると、ある匠の手によって仕上げたエンジンとのこと

するってーと、以前感動した純正キャブレターを組んだ匠か

やはり匠はすげーや。

Img_6069 オーナーが気にされていたリアブレーキの制動力

Img_6070 確かにこれは効かない。

ロッド式からワイヤー式に変更されていることが大きく関係していると思うが

ステップの位置がイケイケに寄っているので

足首の角度がキツく ペダルを踏む力が減少する。

その分フロントはよく効くけど

このリアの制動力では車体のコントロールがやり難い

Img_6074 店に戻って私の踏み易い位置に変更

Img_6076 おお~ちょっち改善。

踏み易くなりました

納車時にオーナーの角度に変更します。

ゆくゆくはステップを純正付近に移動し、ブレーキもロッド式に戻した方がいいかもしれません。

Img_6073 作業完了しました。

S様 お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年2月14日 (木)

修理と 考察→実行と パルス信号の謎

不調修理作業 SUZUKI GSX-R1100 GV73A

車載状態でフロートチャンバー、フロートを外しまして

Img_6006 4つとも沈殿不純物あり。

Img_6007 錆の粉です。

上からGAS流して洗浄します。燃料タンクは再度溶剤漬け置き中です。

古くなった点火系も交換しておこうということで

Img_6031 NEWコイルとNEWキャップです。

追加でご依頼いただいた作業の該当部品入荷待ちです。

続きまして

動き出したらいろいろ出てきたということで

Img_6034 再メンテナンス

KAWASAKI ZX10

オイルと冷却水の漏れ

Img_6038 デリバリーパイプのOリング損傷

スプロケットとチェーンも今回一緒にということで

530コンバートと

Img_6039 通勤重視でドリブン3丁上げ

純正スプロケットは両方販売終了ですのでドリブンはサンスタースチール48丁

ドライブもサンスターでノーマルと同じ17丁です。

Img_e6043 テンはノーマルでオフセットです。

で、オイルの漏れたスプロケット廻りですが

一番怪しいのはクラッチのレリーズシャフト部。

どうせなら周辺のオイルシールと白くなったレベルウィンドゥ、ガスケットを交換しようと

思いましたが

どう見てもフレームにエンジンが載っていては外れない

シャフトのカラーも抜けないしカバーを逃がしようがないぞ

どうにか方法はないか、考えに考えマウントボルトを2本抜いたりしましたが

『 無い 』 と判断

そうなればエンジンとフレームをズラすしかない

方法を決めるまではいろいろな方向から考えるが、方法を決めたら迷わず進む

どーなんやろ、どーなんやろとここでウジウジやっていたら作業時間は倍以上長くなる

Img_6041 ズラして

Img_6040 外しました。

やってみたらそんなに面倒な作業ではないが

他にこのカバーを外すいい方法をご存じの方がいらっしゃれば教えて欲しいです。

洗浄してオイルシール、レベルウィンドゥ、ガスケットを交換します。

その他、冷却系作業も進めます。

続きまして

カスタム作業 HD

Img_6017 こちらパルス信号変換器

以前タコメーターでお世話になった変換器です

Img_6022 今回はスピードメーターに使おうと思ったのですが

Img_6030 テストで躓きました。

ちょっと時間がかかりそうなので

先にフロントフォークをチューニングに出そうと思います。

各車お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ 販売車両 点検作業のブログはこちら キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ チューブレスキット代理店 リコール検索 作業記録 SRX600 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 熟成への記録 900SS 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 GSX-R1100 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_7626
  • Img_7627_1
  • Img_7629
  • Img_7630
  • Img_7631
  • Img_7632
  • Img_7633
  • Img_7634
  • Img_7581_1
  • Img_7586