フォト

カテゴリー

2020年7月30日 (木)

CBも再メッキ と SAの試乗

お預かり中にフロントフォークからオイルが出てきた 

CB250 エクスポート

アウタースプリングフォークなので

怪我防止と作業効率UPを考え

KITAMO SST

Img_8070

SR400SWピボットシャフト改CB250インナーチューブ装着ガイドを 製作。

ハンドルを通す穴を開けたが、写真の箇所より下は全くドリルの刃が立たない。

それはつまりブッシュと接触する部分ということ。

恐るべし焼き入れ技術。

Img_8072

車体の状況をみてオイルシールのみの交換にしようと作戦を練ったが

考え甘く

Img_8075

摺動部に腐食の痕跡あり。

これはシールと当たる部分なのでシールを交換しても

また漏れる可能性大。

相談の結果、CBもインナーチューブを再メッキすることに決定。

Img_8076

かなり硬く嵌っていたピストン

スライダーで打たないと外すことが出来なかった。

750では手で回るくらいだったがこれは250特有の状態か否か。

内部の状態を見る限り固着と考えている。

Img_8079

インナーチューブは、昨日再メッキに旅立ちました。

ーーーーーーー

『 Sの方がSAより乗ってて楽しかった 』

誰だ?こんなことを言ったのは?

私だ。

好調ではない状態で乗っただけの何とも狭い了見だ。反省。

しかし、街乗りで一番使う部分が好調ではないとこういう気持ちにもなる。

Img_8082

キャブレター洗浄

KAWASAKI W1SA

Img_8083

内部の汚れは酷くなかったが内部パーツ腐食がある

永い年月を経たオートバイでは致し方ない部分。

Img_8084

KEYSTER リペアキットで組み直し。

Img_8092

信号待ちからスタート時のボコつきが消え、アイドリングも下げることができた。

プラグもしっかり焼けている。

JN、MJともに濃いめに振っていたがまだ薄くでたので

帰店してSJ+、JNCL1段下げ、MJ+。

このアイドリングがメーターよみでだいたい900~1000rpmほど

試乗しながらの完全暖機で1100~1200rpm

長い信号待ちで1000rpm前後だとバッテリーの電圧低下が結構大きい。

1500だと信号待ちで疲れるし熱くて暑い。

やはり1100~1200前後がいいと考えている。

Img_8096

え、えすえー楽しいー

Img_8097

体には左チェンジが染み着いているのでいろいろな意味で安心。

右チェンジと左チェンジをごく自然に乗りこなす人はすごい。

Img_8099

夜はまだ涼しいので、エンジンが適度に冷えていい感じだ。

Img_8100

想像してみて。このオートバイで立ち乗りすることを。

Img_8101

もちろん立ち乗りした。これは至極当然なこと。

自身の好むハンドルやステップのポジショニングは

立ち乗りし易いかどうかが大きなウエイトをしめている。

全身で風を感じて走るんだ。

『 風のオ~トバイに乗おぉってぇぇ ♪ 』

あ、あ、SAで旅に出たい。

Img_8102

Sより楽しくないとか言ってごめんよSA。

SもSAも楽しい。

けど自分は左チェンジがいいな。

そしてタンクはこのSタンクがいい。

ということはSAのS外装仕様か

Sの左チェンジ改&SAフロント流用ということになる。

Img_8103

素晴らしいオートバイです。

帰路の路地も問題なく帰店しました。

破損外装部品の補修のみで完了とさせていただきます。

Img_8098

お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年7月29日 (水)

フロントフォーク インナーチューブ再メッキ

先ず初めに

Img_8041

Img_7499-3

そして

Img_7499-2

という感じです。

点検 修理作業 KAWASAKI KE125

Img_8029

スウィングアームが何故この角度なのか

Img_8032

左サスペンション固着でした。

スウィングアームの動きが渋いので、要清掃グリスアップ。

Img_8028

ホイールベアリングは

Img_8038

前後問題なし。

シールもまだしっかりしている。

Img_8039

前後ブレーキシューは清掃、グリスアップで再使用します。

ステムベアリングは適正にステムを締め付けるとカクカクする。

なんとステムレース、コーン、ボールは、KAWASAKIから新品が出る。

KLXやKMXと共通部品でした。

Img_8036

右リア1本サスですがこれが通常の車高に近い。

Img_8037

問題は

Img_8044

このインナーチューブ。

相談の結果、再メッキを実施。

オイルシールはKAWASAKIから新品が出る。

有難いです。

HONDA SL250も

フロントフォークオイル漏れ有り

Img_8045

点錆び有り

こちらも相談の結果、インナーチューブは再メッキ。

Img_8051

漏れの酷かった右側フォークは水の侵入も有り。

SLもHONDAから新品シールが出ます。

有難いです。

Img_8043

錆が出てきたマフラーは、ご希望のセラコート塗装へ昨日旅立ちました。

Img_8053

KEと一緒にインナーチューブも昨日再メッキに旅立ちました。

Img_8068

できる作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年7月22日 (水)

これまで走ってきたオートバイのこれからも走る為の点検と修理&復活修理

先日のお山

Img_7733_20200722074001

KAWASAKI W1S

粘りあるエンジンは上りのコーナーも気持ちよく走る。

Img_7731_20200722074001

六アイに見えるは、さんふらわぁ 。

Img_7734_20200722074001

たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

ーーーーーーーー

最近不調になってきたとのこと

HONDA SL250

Img_7778

点火時期のズレ。

ポイントギャップ再調整で時期が正常に戻りまして

Img_7780 

今のところ好調

作業前に乗った時の違和感は消えております。

Img_7779

オイル漏れ修理、その他ご依頼作業を進めます。

ーーーーーーー

グラソリモータースCEOのラビットS301は

九州ツーリング完走しています。

Img_4029_20200722073201

by 阿蘇

作業の時、『 錆は磨かないでね 』と言われるが

今回は

Img_7784

『 蜘蛛の巣に触らないでね 』 と言われた。

Img_7783

新たな世界に進む CEO。

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーーー

KAWASAKI GPZ900R

しばらく乗ることができなかったGPZに乗る。定期点検のご依頼。

Img_7678_20200722073801

防錆処理の効果あり

汚れたピストンは磨けば綺麗になりました。

動きは少し渋い箇所があるので要グリスアップ。

Img_7685

リアはNG

ピストンの錆とフルード滲みがあります。

Img_7686

ドライブスプロケットは少しお辞儀し始めています。

Img_7688

リアは問題なし。

Img_7690_20200722073901

ホイールベアリングは前後とも問題なし。

Img_7691

作業項目 要相談。

いつもありがとうございます。

ーーーーーーー

予期せぬアクシデントからの復活修理

損傷箇所の交換や修正は完了。

定期点検とタイヤ交換のご依頼。

Img_7833

フロントホイールベアリング要交換。

今回チョイスしたタイヤはBATTLAX BT46

45のウイークポイントを改善したというタイヤです。

どのタイヤにするか悩んでいたオーナーが

『 ワタナベシスターズが46と言っていた 』

とのことで46に決定。

よく分からない話はさておき

Img_7834

よくお似合いです。

Img_7837

フロントカウルは、Gさんによる修正&再塗装。

いつもありがとうございます。

Img_7838

リアホイールベアリング問題なし。

Img_7839

リアもBT46

Img_7843

よくお似合いです。

Img_7841

気にされていたオイル漏れ箇所は

試乗して確認します。

Img_7844

各車たいへんお待たせしております

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年7月 9日 (木)

初めてのオートバイはツインキャブ と 90完了

キタモ委託販売車両 HONDA GB250 クラブマン

初めてのオートバイに選んでいただきまして

Img_7523

古くなったタイヤの交換と油脂の交換作業

Img_7524

初期型 ツインキャブ 2本出しマフラーです。

チョイスタイヤは付いていたタイヤと同じ

DUNLOP TT100 ですが

Img_7525_20200709225101

サイズは前後とも純正サイズにさせていただきました。

Img_5305_20200709225001

フロント 3.50-18 リア 4.00-18 から

Img_7529

フロント 90/90-18 リア 110/90-18

外径と幅が小さくなります。

純正サイズで乗り慣れてからボリュームが欲しくなったら

次回交換時にサイズUPしていただければと思います。

Img_5310_20200709225001

Before 3.50-18

Img_7531

After 90/90-18

Img_7530

5500rpm付近から振動が小さくなり素晴らしい伸びをみせます。

Img_7532_20200709225101

徐々に乗り慣れていただければと思います。

ご依頼ありがとうございました

ご安全に

ーーーーーー

90の試乗

Img_7554

好調です。

Img_7556

開け始めのタメ

加速中のギクシャク小 も消えております。

Img_7558

エンストもございません。

Img_7559

乗りたい。

Img_7561

へー

本日最終確認

Img_7564

問題ありません。

Img_7563

これでOKにさせて頂きます。

Img_7562

お待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年7月 7日 (火)

ステムベアリングと不調修理 計測と考察

KAWASAKI W1S

動きに引っ掛かりのあるステムベアリングは

現在入手できるテーパーに変更するのが一般的。

しかしステアリングの動きに関してはボールに軍配が上がると考えているので

何とかボールベアリングで交換できないか捜索。

W1Sのステムシャフトと同径が国産車では見当たらないが

アウターの径さえ合えばインナーの内径はスペーサーを製作し対応できるとの考え。

Img_7486

これがW1Sのベアリングレースとコーン。

Img_7488

ボール当たり面から下の厚みは、最近のアンギュラのコーンより少し薄いくらい。

アウターの寸法を基準に探すと

Img_7489

このZ系が合致しそうだ。ボールサイズもW1Sと同じ#1/4。

コーンの内径は4mm差。2mm厚のスペーサーを製作すれば装着できそう。

Img_7490

レースはよく似ているが

Img_7491

Z系には下にシールが入る為、コーン形状が違う。

Wにもシールを装着できるチャンスかとも思うが

レース、ボール、コーンをセットしたセット長が約1.5mmも高くなる。

これでは上下合わせて約3mmプラスになってしまい

トップブリッジとアンダーブラケット間にライトステーの入るW1Sには

上か下にスペーサーが必要になる。

内径、外径の合致するテーパーベアリングのセット長も

同じくらいに差がでるのなら手間をかけてボールにすることもありかもだが

届いたテーパーベアリングは

Img_7527_20200707215801

単品計測のセット長がほぼ同等。

長々と書きましたが

一切迷わずテーパーベアリングをチョイスしました。

ーーーーー

不調修理 HONDA スーパーカブ90カスタム

気になった現象を考える

私が乗ってもオーナーのおっしゃる不具合が出ない時

先ずは正常な90の乗り味と違うところに狙いを定める。

Img_7465

先ず私が狙ったのは吸気系。

摩耗したニードル、このニードルを観察すると

Img_7511_20200707220101

信号待ち

Img_7512_20200707220101

車の流れに乗って

前が空いたら

Img_7514

全開。

Img_7511_20200707220101

先頭で信号待ち

青になったら

Img_7514

全開。ということだろうか。

Img_7506

右が新品のニードル。

私が着目した点は、不具合が出た後のお預かり時に

プラグが黒っぽいということ。

あとは走行中一定開度で現れるギクシャク小と全閉からの開け始めのタメ。

ニードルが極端に減った部分で走行していてプラグが煤けただけで

オーナーのおっしゃる不具合になるのか?ならないような気もするが

Img_7498

ということで

Img_7519

試乗。

店を出てしばらくは好調。

しかし1kmほど走ってから以前の現象が現れ

六甲アイランドに進入したころに今までになく不調。

Img_7520_20200707220001

やっと現れた不調。

ヘルメットの中でブツブツ考察を述べながら帰店。

すぐさま触った吸気系に変化をつけて症状がどうでるかのテスト。

症状に変化なく不調。

長々と書きましたが

Img_7526

狙った方向は間違っていたようだ。

すぐさま発見した次のポイントに狙いを定めて

触った吸気系は初めの状態に戻す。これをやらないと迷宮入りである。

部品の到着を待って交換。

Img_7533_20200707220001

勝負あり。たぶん。今のところ。

走行して感じた正常な90との違いが全て消えた。

スロットル開度と思っていたのは、ある回転数の振動だったのかもしれない。

Img_7534_20200707220001

これなら不具合が2日で出るとか10日で出るとか

共通パターンなしも説明がつく。

念の為、もう少乗ってみます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年7月 3日 (金)

修理と試乗 

不調修理 SUZUKI V125 CF4MA

アイドリング不安定 エンスト

走行距離と症状から狙った不具合箇所の改善

カチカチ音を聞いた時はエンジンかと思いましたが

アイドリングを不安定にさせていた電子部品の音でした。これは初めての経験。

試乗して問題なし。

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーー

ブレーキが鳴くとのことでブレーキパッド交換

Img_7401_20200703013801

KAWASAKI Z1

刻印無のブレーキパッドからベスラに交換

取付部の手直しをして試乗

Img_7402_20200703013801

これは意外、全く鳴きません。

ディスクローターとベスラパッドの相性がいいのか。

ローターのスリットが入っているところを考えると

使い込んだローターの研磨も有効な手段だと思う。

Img_7403_20200703013801

乗って気が付いた不具合は今後の課題

Img_7407_20200703013901

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーー

突然出た症状がお預かりして出ず

気になった箇所の手直しだけして一旦納車。

10日後くらいにやっぱり出たということで

Img_7463

オーナーの通勤と同じくらいの距離を走ってみるが好調。

HONDA スーパーカブ90カスタム

全く何も起こらないで数日走ったのにある日急に症状が出たとのこと。

その後は走行可能で

お預かりしてから何も触らないまま昨日の試乗。

スロットル1/2一定走行後に少し?なことがありました。

現時点では関係あるかどうか何とも言えませんが

確認します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

偶然にも72の日

点検修理 メンテナンス作業 HONDA CBM72

登録に行って気が付いた

7月2日は72じゃないか。

発行された登録証の車名が 『 ホンダ 』

すぐに受付のお姉さんに 『 ホンダドリーム 』だと説明する。

???

返納証にもドリーム付いてますよ

お姉さんが事務方に説明し、『 車名 ホンダドリーム 』に訂正。

いつもありがとうございます。

Img_7423

試乗

Img_7424_20200703000501

好調だ

Img_7426_20200703000501

スポーツバイクはサイドスタンドがよく似合う。

偶にセルのワンウェイが滑ることがある

部品は高額。

キック始動に慣れれば問題ないがここは要相談。

始動性良好ですがキックが前蹴りの為、慣れは必要です。

Img_7427_20200703000501

乗っていると排気音より吸気音がよく聞こえる。

Img_7428_20200703000501

前から見ても美しい。

Img_7429_20200703000601

ハンドルはCB72用です。

六甲アイランドから

Img_7431_20200703000601

お山に登る

オートバイは、調子よく楽しく走ることができるかどうかだ。

Img_7433

今日の雲は不思議な形をしていた。

帰店して気になった箇所の手直し

キャブレターのMJはキースターKITのMAXに変更。

社外フィルターの為か、気温か、はたまたGASの性分か

最近、KIT内のMAXもしくはそれ以上にすることが多く感じる。

Img_7437_20200703000601

Img_7444

Img_7438_20200703000601

ハーバーハイウェイも好調に走りました。

往路の料金所では御仁が手を挙げてくれた

『 おっさん!!今日は72やで! 』って心で叫びながらTYPE1サウンドを響かせ大きく会釈

復路は、、無視。。でも大きく会釈。

Img_7441

スポーツバイクは・・・

Img_7443_20200703000601

サイドスタンドがよく似合う。

Img_7445_20200703000601

写真の撮り方を変えると

Img_7446

空の雲が写る。

いい個体です。が60歳です。

電気系やエンジン系 走るにつれこれからもいろいろあると思いますが

どうか熟成に向けて根気強く永い目で72とお付き合いいただけましたら幸いです。

Img_7447_20200703000601

明日の最終チェックで問題なければ完了とさせていただきます。

Img_7430_20200703000601

たいへん長らくお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年6月30日 (火)

60年代のツインX2と80年代の2サイクル

定期点検 修理作業 KAWASAKI W1S

工具を製作

Img_7340

26mmスパナ改32mm薄口スパナ

Img_7341

バックプレートが外れシューは問題なし。

アームの動きが渋いので要グリスアップ。

Img_7342

リアホイールの軸受けは

Img_7344

円すいころ軸受けだった。当たり面問題なし。

タイヤは

Img_7357

要交換。

ステムベアリング

この動きになってしまうと

バイクの運転は非常に疲れる。そして危ない。

徐々にベアリングがNGになるので乗っている人間は気が付き難い箇所だが

自分の見た方向にバイクが勝手に進まず

進む為にハンドルを動かす必要がある時は要チェックである。

Img_7355

アンダーのインナーに虫食い有り

Img_7356

アウターには打痕あり。

残念ながらステムベアリングは国内海外ともボールしか手に入らない。

アウターレースは他車種で合致できそうな物があったが

インナーのサイズが特殊で合致しません。

ここは円すいころ軸受けに変更になりそうです。

Img_7366_20200630001601

少しですがサイドにガタがあったスウィングアームは

組み直します。

Img_7363_20200630001601

硬いリターンスプリング。これだけ硬かったら制動力に影響する。

対策方法を考えます。

Img_7368

作戦練ってから連絡いたします。

ーーーーーーーー

走行前 点検修理作業 HONDA CBM72

Img_7330

右側ケースカバーの洗浄とグリスアップ&組み直し

Img_7333

リア廻りも組み立てて

Img_7332

エアフィルター、インテークチューブは社外新品に交換しました。

ここからいろいろ組み立てまして

無事に始動しました。

手直し箇所があるので準備が整い次第

天候見て試乗します。

ーーーーーーーー

点検修理前の現状確認

Img_7334

乗ってみた感じいろいろ問題はありそうだが

根本的には状態のいい個体だと思われる。

問題は部品の入手か。

Img_7337

KAWASAKI KE125

点検開始までもうしばらくお時間頂戴します。

Img_7336

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年6月25日 (木)

続 ブレーキ鳴き止め と ZXT10D

昨日処置した鳴き止め対策の確認

HONDA CB550 our

Img_7253_20200624231201

同じコースでお山に登る

Img_7254

昨日同様ここまでは順調。

下りながらフロントブレーキを多用する。

昨日鳴き始めたポイントでは鳴かず

Img_7255_20200624231201

再度上り。

Img_7256

このポイントを越えたくらいから少し鳴くシチュエーションがあったが

昨日とは違い小さい音。

どうやら対策の方向は合っていた模様。

85対15でキタモの勝利か。

Img_7252

これで乗ってみてください

もし鳴きが酷くなるようなら次の二手までは550対応の作戦を

考えてあります。

フロントに気を取られている間に少しずつ鳴き始めたリア。。。は

次回のマフラー作業の時に鳴き止めさせていただきます。

お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーーー

KAWASAKI ZZR1100D 

Img_7246

引っ掛かりのあるステムベアリング交換作業

Img_7248_20200624231001

ベアリングプーラーのアタッチメントが合致したのでテーパーB/Gが素早く抜けます。

高いけど買って良かった工具 KITAMOランキング5位です。

Img_7249

レースには打痕有り。

オートバイはステムベアリングが良好かどうかで乗り易さに雲泥の差が生じる。

Img_7251_20200624231001

NEWシールとNEWベアリング、NEWグリスで組み立て。

Img_7257_20200624231001

試乗。

ハンドリングは良くなったが

フロントブレーキのタッチが変な感じで空走距離がある。

帰店したらブレーキオイルの交換と要エア抜き。

Img_7258

フロントタイヤを交換したらもっと乗り易くなると思います。

Img_7259

吸入空気口の網が湾曲しているのは防塵効果を狙っているそうだ。

速度が上がれば平面と湾曲で空気の切り方が変わる為か。

流石90年代の世界最速。

Img_7265_20200624231101

店に戻ってブレーキの作業とフルカウル。

Img_7269

ハーバーハイウェイへ

ん~ZZR1100は、もっと乗り易いはずだ。

今後の課題は優先順位を決めて実施できればと思います。

違和感を感じたブレーキタッチは改善しました。

ご依頼ありがとうございました

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年6月24日 (水)

定期点検と 点検修理&ブレーキ鳴き

定期点検 YAMAHA SR400

Img_7180

ホイールB/G、ブレーキシュー 前後問題なし

オーナーのお父さんが長距離を走るとのことで

ヒビの入り始めているフロントタイヤ、山の減ったリアタイヤは早めに交換。

最近、ガタの出ている車両が多いスウィングアーム

Img_7177

このSRもガタ有り

2年に1回はグリスアップを遂行しているので固着はしていませんでしたが

Img_7176

シャフト関係に摩耗あり。

純正メーター時の距離と現在の距離を足せば

ガタ発生のタイミングとしては逸脱していない。

シャフト、ベアリング、シールを交換します。

Img_7181

部品は揃いましたので作業を再開します。

ーーーーーー

点検修理作業 HONDA CBM72

フロントアクスルシャフトのカラー違い

寸法を出して

Img_7207

製作。

全体的なバランスを考え

Img_7217

内側に2mm突き出す寸法にしています。

Img_7218

左はこんな感じ。

乗って違和感なければこれで決めます。

Img_7219

前後ブレーキシューの交換。

純正販売終了の為、ベスラ製です。

Img_7216

フロント廻り組み立て。

右側クランクケース

スプロケット廻りが非常に汚れていましたので

Img_7244 

念のためシール4カ所交換。

バルブクリアランス調整、右側カム軸シール交換

ポイントブレーカーASSY 交換

Img_7245_20200623230001

KEYSTERで組み直したキャブレターも装着しました。

作業を進めます。

ーーーーーーー

ブレーキ鳴きを止められるかどうか作業 HONDA CB550our

先ずはセオリー通りの作業を実施し

Img_7241_20200623230001

山に登る。

ここまでは順調

しかしそんなに甘くはなく

Img_7242_20200623230001

この辺りではキーキー鳴き始め

Img_7243

坂を下るころには通行人が振り返ります。

帰店してから

実績のある技を何度か試しまして

ブレーキリリース時の音は消えましたが

制動時の音は消えません。

作業中に考えた方法を実施していますので

明日再度乗ってみます。

Img_7240_20200623230001

今日は暑かったけど素晴らしい空。

ブレーキの鳴き、スロットル低開度のモタつきが改善できれば

気を遣わず楽しく走ることができると思う。

EXの部品が入荷次第、7月末に入魂キャブレター作業予定。

明日の試乗の結果次第ですが

ディスクローターを研磨に出すのも1つの対策になるかも。

要談合。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ ドカティ ベベル R&R ジャパン キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 ツーリングキャリア 製作 改造 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 妄想ツーリング 熟成への記録 900SS 熟成への記録 CB550FOUR 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 GSX250S KATANA 製作記録 R1-Z 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_7889
  • Img_7890_20200801222601
  • Img_8152
  • Img_8153
  • Img_8154
  • Img_8155
  • Img_8156_20200801222501
  • Img_8157_20200801222501
  • Img_8158
  • Img_8159
  • Img_8160
  • Img_8162