フォト

カテゴリー

2019年3月13日 (水)

ホイール関係作業

ホイールリフレッシュ HONDA CD125T

Img_6626 前後組立

右外前傾 の2本交差 です。

Img_6627 内側を通して

Img_6628 外側を通す。

Img_6629 リアも同様。あ、このハブが国内在庫最後の一個です。

” CD125T ” 長い歴史の中で最後の一個のハブを私が組むと思うと・・・・

まぁ、あまり普段と気持ち変わらず一輪入魂。

Img_6630 組立完了。

あとはNEWチョイスタイヤをオーナーと相談。

今装着して走っているタイヤが要交換時期にきたらピットインです。

そのままごっそりホイール交換してすぐに走り出せるようにと考えたけど

ここまでホイールがキレイになるとスプロケットキャリアやブレーキのバックプレートを

磨きたくなるのは必至。

もしかしたらオーナーが普段乗りながらご自宅で磨いているかも。要相談。

こちらも ホイールリフレッシュ YAMAHA SRX600

Img_6632 こちらは元のホイールをパウダーコーティング塗装。

Img_6634 前後ともNEWベアリング装着

Img_6635 チョイスタイヤは、DUNLOP GT601です。

Img_6636 試乗が今から楽しみであります。

こちらは組立作業中の YAMAHA DT250

Img_6638 ブレーキのグリスアップ。

ドライブ、ドリブンスプロケット、チェーン交換

ロックワッシャーはドライブ側純正有り、ドリブン側販売終了。

ドライブスプロケット純正有り、ドリブンスプロケット販売終了。

ドリブンスプロケットは XAMをチョイス。

Img_6639 ゴールドだと雰囲気どうかな?と思いましたが

Img_6642 モノサスのDTとなら悪くない気がする。

各車お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年3月 9日 (土)

XR250

オイル漏れ修理 その他メンテナンス作業 HONDA XR250 MD30

ガスケット類、ピストンリング、インテークバルブ 交換

加工から戻ってきたシリンダーヘッドを

Img_6570 組立

Img_6574 シリンダーとヘッドを装着

Img_6578 調整と各部品を取り付けて

各部チェックが完了したら

Img_6580 試乗

調子良好です。

Img_6581

ステップはベースのフレームが関係しますので修正できませんでした。

Img_6583 XRで行くツーリングは楽しそうです

Img_6584 ピストンリングが新品になりエンジンがハキハキしています。

Img_6582 ホンダが作るオフロードも乗り易くていいバイクです。

Img_6586 作業完了しました

N様 お待たせいたしました

普段乗りのアイドリングは下げさせていただいています

納車時に内容ご説明します

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年3月 2日 (土)

隠れた1/3

不調修理作業 HONDA CB450 K1

Img_6460 キャブレター 点検 洗浄

片側のフロートチャンバは別年式かなにかの流用です

使用には問題なし。

燃料漏れを懸念してかフロートH寸法は高くしてあった。

こんな時は

Img_6461 KEYSTER です。

ジェット類の腐食が酷いわけではないが、乗って出た症状は薄く感じたので

KEYSTER製のリペアキットで供給量を増やしてみます。

先ずはMJ UP FL H寸法-2mm

Img_6463 なんてこった

誰だCB450はよく走るとか、恐るべし本田宗一郎とか言ってた奴は。

私だ。。。

Img_6465 恐るべし本田宗一くらいしか体感していなかった。

43に出て一つ目の信号到達までで違いが分かった

全く伸び方が違う。

レッドゾーンは9500rpm。5500rpm付近からの伸び方が太くなった。

深江の頂上手前50mくらいで4速いっぱい、5速に入れていたのが

4速のままでもまだ加速し続けている。

Img_6466 しかしまだ450は燃料を欲しがっている。

店に戻り各箇所プラスで

Img_6468 後続ぶっちぎり。

Img_6469 素晴らしいエンジン。

春になり気温が上がってモタつくようならMJ5番下げかJNストレート径をプラスするか。

Img_6471 念のため街乗りが濃すぎないかチェック。

しばらく来ない間に

Img_6472 豪華客船のような建物ができていた。

Img_6474 ハーバーハイウェイもぶっちぎりです。

走りに対して燃料コックノズルの細さやフロート室容積の小ささが気になるが

以前のような症状は出ません。

需要はあるように思うのでストックできる供給量を増やせばもっと安定したパワーを感じられる気がする。

Img_6475 450はまだ力を秘めている

そうするってーとクラッチが心配。

それより車体と足回り、制動力が心配。

Img_6478 ご安全に

T様 お待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年2月27日 (水)

進行状況 XRとXR

オイル漏れ修理 HONDA XR250 MD30

漏れ方を考えると歪などあるかと思いましたが

Img_6342

Img_6345 特に問題はなさそうです。

問題なのは錆びたエキゾーストスタッドボルト

マフラーを外す時に1本はナットと一緒に抜けましたが

他の3本は全く動かず。錆びてなければ動かない方がいいのだけれど

錆が酷いので走行中など後から折れると厄介。

ヘッドを単品にしている今のうちに交換します。

Img_6346 下側の2本は折れました。

Img_6353 この下穴に一番神経を使います。

ここから私の場合は残ったネジをドリルで切腹させていきます。

Img_6356 バキバキ言いながら固着ネジからねじ山が外れていき

Img_6358 最後にこれが出てくるのだ。

タップを立てれば再使用できるネジ穴のねじ山ですが

ネジのねじ山が飛ぶ時に、ネジ穴のねじ山が一部飛んだりしますので

この取り方をした場合はだいたいリコイルします。

Img_6359 これでスタッドボルトはリフレッシュできます。

ヘッドカバーの折れたボルトは熱して抜きましたのでリコイルはしません。

今回は、特に大きな不具合はありませんで

ガスケット類と一緒に硬化したバルブステムシール ギャップ大で面当りのピストンリングを交換します。

Img_6364 作業を進めます。

こちらは

林道走行中の転倒で曲がった

Img_6361 ハンドルガード修正。完了のXR250。

オイル漏れ修理中のXRオーナーが気にされていたステップの角度を

見比べさせていただきましたがベースからかなり角度が違いました。

修正方法があるか考えてみます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

気化器

復活作業 HONDA CB1300SF

Img_6213 腐食は、まだマシでしたが

Img_6211 ダイヤフラムはNG

1.4番は問題ないが2.3番はそれぞれ数か所破れています。

これは使用時の熱の影響か。

Img_6214 一旦待機。

不調修理 HONDA CB450 K1

Img_6332 ここに来るまで全く問題なく調子がいいのだけれども

Img_6333 この坂をがんばって登ったらオーナーのおっしゃる症状がキッチリ出ます。

Img_6337 先ず燃料系統から確認中です。

続きまして

不調修理作業 富士産業 ラビットスクーター S301A

Img_6350 怪しい燃料系に先ずは狙いを定めて作業開始。

Img_6351 コックに不純物沈殿。

ノズルがカットしてあり、下のカップにはうっすら亀裂。パッキン不良か外部燃料漏れもあります。

古いからと言ったって、グラソリモータースCEOのラビット号のコックは漏れていないですし

しっかりしたコックなら滲んでも漏れないよね。

燃料タンクは洗浄します。

Img_6352 フロートのバルブシートに不純物。

どうやらコック&キャブレターの不純物によるガス欠のようです。

ジェット類の腐食があるのでキャブレターはKEYSTER製リペアキットで組み直しますが

燃料コックはどうしたものか。

思案中です。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年2月20日 (水)

HONDA WEEK

定期点検 メンテナンス作業 HONDA CB750F RC04

Img_6180 スタッドボルトの錆び

少々痩せておりますので交換します。

Img_6181 ベアリングは前後問題ありません。

ハブダンパーのガタは少な目。

Img_6182 こういう時くらいしか外さないスウィングアーム。

内部グリスは汚れていますが、乾燥はしておらず状態は悪くないと思います。

Img_6183 ニードルベアリング痕も指で分かるレベルではありませんので

清掃、NEWグリスで組立ます。

各所定期的に作業させていただいてますので

大きく目立った不具合はありません。

Img_6184 赤フレームかっこいい。

K様 作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

続きまして

オイル漏れ修理作業 HONDA XR250 MD30

Img_6140 シリンダーとヘッドの合わせ面です。

エンジン前方 EXパイプの真上にあたる箇所のヘッドカバーボルトが2本固着

1本は抜けましたが

もう1本はビクとも動かなくなり

Img_6149 折って外しました。

Img_6151 燃焼室にもオイルが侵入しているようです。

今までの経緯がわかりませんので何とも言えませんが

もしかすると高いアイドリングと関係しているかもしれません。

Img_6195 カム

Img_6196 ロッカーアーム共に酷い摩耗はありません。

Img_6193_2 こちらは焼けたオイルの汚れが酷いので洗浄。

Img_6171 車体は待機です。

N様 エンジンを点検し

確認後に連絡いたします。

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年2月14日 (木)

修理と 試乗と スタッドボルトと 背水の陣

電装不良の HONDA CD90 ベンリィ

メインキーは純正新品が出ましたので交換

ハンドルの左スイッチBOXは販売終了。

中古も同タイプが見当たらず、付いていた物を復活させることにしました。

こんなこともあろうかと

Img_5996 部品取りのスイッチBOXを集めている。

Img_5994 知らない人が見たらゴミだ。

なんでも1年間使わなかった物は処分していった方がいいと聞くが

Img_5997 こういう都合のいい部品を摘出できるから

なかなか捨てることができない。

しかしこのスプリングは少し短かった。

と思ったら

Img_5998 別のスイッチからいい具合のスプリングを摘出。

これだから捨てることができない。

しかしこんなに上手く部品を求め、見つかるのは1年に1回あるかないか。

それでも新品が供給されないならこういう流用部品達に頼るしかない。

で、スイッチBOXを入れたBOXは小さいスプリング1個のみ取ってから棚に戻りました。

Img_5999 復活。

Img_6004 電装問題なしです。

Img_6002 作業完了しました。

T様 お待たせしました

ご依頼ありがとうございました。

続きまして

Img_6001 Zのスタッドボルト折損

1番シリンダー、もう1本のスタッドボルトを抜こうとしたらこちら完全に固着。

2番シリンダーのスタッドはすんなり抜けました。。なんでか?

Img_6008 なんとか摘出しましたがねじ山は再生します。

折損していたスタッド側をよく観察すると、どうやらリコイル済のようだ。

ちょっとリスクが高くなる。

来店したキヨシ船長が

『 なんかややこしそうなことやってますね!あんまり喋りかけないほうがよさそうですね! 』

と、めちゃめちゃ喋りかけてくるので

一旦作業をストップ。

船長の刺激的な話をじっくり聞けて楽しい時間だ。

船長♡いつもありがとうm(_ _)m

で、ヘッドの作業に戻る

Img_6010_2

できるだけヘッドを降ろさずにというご希望なので慎重に。(物理的にできない物はできないとお伝えします)

Img_6011 無事に摘出。

どうやら前回も折れ込んだようで、中にドリルの跡があります。

EXパイプ装着時に無理がかかっているのか、固着か。

Img_6014 2か所リコイル

S様 お待たせしております

スタッドボルトは入荷次第2本交換します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年2月13日 (水)

修理と 試乗と 集中、観察そして忍耐

作業後の試乗

Img_5980 HONDA スーパーカブ90 HA02

外観の錆等ございましたが

各操作に遊びが少なくカチッとしていて中身はかなりいい状態だと思います。

Img_5983 レッグシールド装着して作業完了です

I様 お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

続きまして

電装トラブル SUZUKI TS250 ハスラー

ヘッドランプ部分で電圧の点検

Img_5952 アイドリング ライトON 電圧低

Img_5956 回転UP ライトON 少し低いが悪くない数値だと思う

ヘッドランプ、テールランプ、メーターバックランプ どれかが切れたりW数の変更があると

ここのACの数値が変わる

今回は通電後瞬時にヘッドランプが切れるのではなく

通勤で10日~20日ほど乗ると切れるとのことで

Img_5985 数日に分けて乗ってみます

バッテリーは充電してみましたが、数日で電圧が弱るので交換します。

Img_5989 今のところは順調

体感的にはMT250より TS250の方がよく走る気がする。

しばらくはTSの試乗日です。

続きまして

Img_5990 ベスパ

Img_5993 外す時にも思いましたが

このハンドルをスムーズに脱着できる人を尊敬する

この作業、作業者の心技体はかなりレベルアップすること間違いなし。だな。

KITAMO

2019年2月10日 (日)

点検修理 メンテナンスと  試乗と 夜走りは熟成への道

数年の眠りからの復活作業

Img_5945 HONDA CB1300SF SC40

腐食ガソリンの臭いが漂っていますので、先ずは関係先をチェックします。

電装トラブル修理

Img_5939 SUZUKI TS250 ハスラー

ヘッドランプのフィラメントがよく切れるというトラブル

Img_5940 ?な箇所が何か所かあるので

気になる箇所から調べてみます。

走行前点検 メンテナンス作業の HONDA スーパーカブ90カスタム HA02

オーナーと相談して錆が目立つ部品を交換

Img_5935 リムとスポーク交換の効果は絶大

一気にバイクが美しく見えます。

Img_5944 準備でき次第試乗します。

寒い日曜日にジョルカブの慣らし運転途中で寄ってくださった

Img_5936 休日の隊長。

こちらは

Img_4613 勤務日の隊長。

Img_4616 両日共にかっこいいです。

試乗後にオイルが漏れてきた CD125T

該当オイルシール交換後

Img_5859 漏れて

Img_5861 きません。

しばらくウロウロして

Img_5862 帰店後も問題なく

Img_5863 作業完了しました。

金曜から寒くなるから木曜しかない。と水曜の晩に決まりまして

新名神のSHITAMI☆NIGHT

往路でトラブル発生

Img_5824 PAでバイクを直す。

この3人で以前にもあったような・・・

前編 http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/touring_mc/2015/10/post-bb72.html

後編 http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/touring_mc/2015/10/post-31ca.html

その節はご迷惑をおかけしました。

処置を済ませて

Img_5806 京都へ

Img_5809_2 夜の東寺です。

しばらく休憩したら

Img_5811 京都出発

川西ICでTさんとお別れした後、復路の新名神

Img_5814 緊急ピットイン

またしてもプチトラブル。

しかし私は、この時確信した

過酷な走りは熟成への道に通じる。

この日出たトラブルといえば劣化した金属や古い配線端子が原因のトラブル。

振動対策であったり、はっきりと対処法が見える箇所である。

六甲越えも京都の市内も好調で、高速道路も全体の90%は好調に走っていた

そして会長にお聞きしていたベベルの実力の一部も確認できた

こういうことを繰り返せば絶好調ベベルが出来上がるのだ。

ベベルはそう簡単には壊れない

熟成したKMHRならカルスト巡り1500kmもワイドオープンで走破できるはずだ。

KITAMO

修理作業


アイドリングで825ccになるということで入庫

SUZUKI GSX-R1100

3番シリンダーのみ燃焼していません。

Img_5915 プラグコードの劣化はありますが

火花テストはOK 2と3の入れ替えテストでも相変わらず 3番が燃焼せず。

症状を考えると領域を受け持つジェットの詰まりのようです

Img_5912 タンクに残った錆の粉が4気筒すべてのキャブから出てきました。

車載状態でフロートチャンバーが外せられれば洗浄します。

タンクも要確認。

続きまして

エンジン不調の バーディー FR80

2サイクルオイルタンクに水混入

タンク内部は乳化した不純物が溜まっています。

Img_5933 ポンプ内部も乳化。

Img_5934 ピストン、シリンダー共にNGです。

クランク周りにはまだ少し湿り気が残っていますが要確認。

現在、関連部品の確認中です。

続きまして

電装トラブルの HONDA CD90

キーをジャストな位置に動かせば使用できていたメインキーが

全く反応しなくなったとのことで入庫

Img_e5923 メインキー接点の腐食

Img_e5925 BT電圧がかかる箇所は特に痛みが激しいので交換します。

フラフラになったウインカースイッチも確認

Img_e5927 錆でスプリングが破損

内部の状態を考えると、部品が出るならスイッチボックスASSY交換が気持ちいいかな。

と、思いましたが販売終了。

修理か流用交換します。

各車お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ 販売車両 点検作業のブログはこちら キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ チューブレスキット代理店 リコール検索 作業記録 SRX600 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 熟成への記録 900SS 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 GSX-R1100 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_6704
  • Img_6703
  • Img_6702
  • Img_6701
  • Img_6698
  • Img_6697
  • Img_6696
  • Img_6684
  • Img_6683
  • Img_6682
  • Img_6681
  • Img_6680