フォト

カテゴリー

2020年4月 8日 (水)

HONDA

エンジン腰上 OH HONDA CB550our

手に入れた純正O,Sピストン

4番シリンダーの縦傷を消すべく075 O,Sにしました。

Img_5709

傷はキレイに消えております。

Img_5809

ヘッドはバルブ研磨、シートカット、最小値の面研。

各計測が完了し

Img_5815

組み立て待ち。

Img_5816

組み立て待ち。から

Img_5821

ヘッドカバー以外、組み立てました。

今回、ロッカーアームのサイドクリアランスに関して

.8~1近く動くのはどうも嫌な予感がするので

Img_5846

カム山に対してしっかり当たる位置にするため

ある程度の遊びを設けた状態でシムを追加しています。

Img_5847

バルブとの当たりも問題ありません。

Img_5848

外す時に 『 これは? 』 と感じていたが

カムとカムスプロケットを組み付けるにあたり

上死点マーク合わせ状態では組めない。

スプロケット位置を決めてから回転させ、カムスプロケットの穴と頭を使う。

オーナーからお預かりしたガスケットキットに

オイルパンのOリングが入っているので

Img_5849

外す。

流石に5万キロ超えのスラッジ、汚れはありますが

異物などなく状態良好。

Img_5850

ん~これ5万キロか??いや本田技研の5万キロ。

Img_5851

洗浄して組み立て。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年4月 2日 (木)

日々の修理と ビバ!HMJ

電装カプラ交換

Img_5698

溶けたジェネレーターtoレギュレーターカプラ

配線切って電線磨いてNEW端子とNEWカプラで

Img_5699

繋ぎ直し。

不調修理

疑った箇所を点検

Img_5692

各JNは虫食いあり。

Img_5694

エアージョイントチューブ破れ。

Img_5696

キャブレターには疑わしい箇所と絶不調になりかねない箇所あり。

Img_5697

オーナーにご用意いただいた岸田精密工業製

KEYSTERキャブレターリペアキットで組み直します。

KAWASAKI H1 MACHⅢ 500SS

Img_5695

車体は一先ず待機です。

ーーーーー

マフラーの穴を埋めておくれのご依頼

Img_5537

内部腐食による穴

Img_5538

Img_5539

これは埋めるとかのレベルではないので

Img_5540

蓋をさせていただきました。

モサモサしている部分をガリガリ削って

Img_5542

これはなんとかなりそう

少しづつ埋めることはできないので

鉄板を穴と同じ大きさに切って蓋をしてから外周を合体させる方法。

内部の錆で湧いてくる物を抑え込むように埋める。

Img_5546

Img_5544

Img_5545

Img_5543

埋めた。合計6カ所。

ーーーーーー

CB250 エクスポートと

Img_5661

魚崎南町の桜。

ビバ!HMJ!

Img_5706

Img_5707

HONDA主導だろうけど

各製造会社、町工場が動いたってことか

Thanks also to Taiyo Giken!!

Mさん情報ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年3月27日 (金)

カムとロッカーアームと お店訪問 &いただきPHOTO

部品取りエンジンは一か八か。

結局、一番必要とした部品は良品ではなかった。

気持ちを切り替えて作戦2

で、見つけたカムが

Img_5531

一番左のカム

走行5万キロ超えのカムと

走行は多くないと思われるがオイル管理? カム。

と、見つけた良品カムの比較。

摩耗の酷い箇所を抜粋

Img_5555

走行5万キロ超え 1番IN山

Img_5556

走行・オイル管理? 1番IN山

Img_5557

見つけた良品 1番IN山

Img_5558

5万キロ超え 3番IN山

Img_5559

走行・オイル管理? 3番IN山

Img_5560_20200325224701

見つけた良品 3番IN山

全体的にIN側の摩耗が多い。

カムと同じ車両に付いていたロッカーアーム付きヘッドカバー

Img_5562

1番のINを除いて状態良好です。

3台分のカムとロッカーアームに共通する摩耗は

軸受けの位置とクリアランス管理が関係しているのか?

Img_5561_20200325224701

一先ずカムが手に入って安堵。

作業を進めます。

ーーーーー

Img_5486

MB号と 848 Yさん号

Img_5487

ラーメン NIGHT

Img_5488

夜の東寺は幻想的です。

VMAX Nさん

Img_5517

三方五胡へ

場所よりもトップカバーがまた変わっていることに目がいってしまった。。。

Img_5518

軽快なVMAXです。

写真ありがとうございました。

ーーーーー

私は

Img_5509

早朝のブルーラインへ

Img_5514

バイクではないですが晴天なり。

是非バイクで走ってみたい道路でした。

ブルーラインの話をいろいろ聞かせて貰っていた

支部長に連絡

Img_5516

この日の支部長はトレーラーでした。

Img_5511

一本松PA

Img_5512

お日さんの下、気持ち良さそうにしていた猫。

ムッチリしていたのでちゃんと飯は食わせて貰っているようだ。

Img_5513_20200326023201

PAの桜開花。

そんな話はさておき

西に向かったのは

イモトさんと話をしたかったから。

Img_5515

入口の雰囲気に圧倒されそうになり

緊張したけど伺ってよかった。

気さくにいろいろな話を聞かせていただいた。

KMHRを治して、次はベベルで

KITAMO

2020年3月18日 (水)

めげない心

Img_5441

Img_5442

Img_5443

Img_5444

オーナーと私の欲しかった物は手に入らなかった。

が、数点の予備部品は手に入った。

Img_5445

Img_5448

Img_5449

作戦2を進めています。

後日説明いたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

CB250 EXPORT

エンジントラブル修理 HONDA CB250 エクスポート

夏の高速道路上で

Img_1989_20200318225901

2番ピストンに穴が開いてしまった。

溶けたピストンや傷んだカムチェーンテンショナーローラーのことを考え

クランクケースも確認しておこうということで

Img_4030

点検

Img_4029

オイルポンプはピストン、ボデー内壁とも酷い摩耗、傷はありません。

Img_4034

ポンプの真下辺りにテンショナーローラーのカスと少々アルミ、少々液体ガスケット。

Img_5337

全体的には状態のいいエンジンです。

Img_5338

この黒い汚れが取れない

Img_5339

洗浄台でもエンコンでも取れないので

匠に教えて貰った洗浄液を試す

Img_5340

漬け置き。

Img_5348

翌日。

液から取り出しブラシで洗う。

Img_5364

なんてこった。

素晴らしい洗浄液じゃないか。

これからはこれだ。

Img_5367

ミッションの状態は良好。ドック部に厳しい摩耗はありませんでした。

各部洗浄したら

Img_5369

クランクケース組み立て

Img_5372

カムチェーンテンショナーとガイドのローラーは新品に交換。

Img_5374

これが付いていたローラー。長く使用すると致し方ありません。

Img_5382

ヘッドはバルブのすり合わせのみです。

Img_5383

カムとロッカーアーム。

カムに少し摩耗がありますがカムは手に入りません。

使用できないレベルではないので

今後も今まで通りオイル管理をしっかりしていただければと思います。

Img_5384

組み立て。

どういう風に腰を守って車載しようかと考えていたら

キャプテンご来店。

Img_5417

硝子の腰のキャプテンと硝子の腰の私で車載しました。

キャプテン助かりましたありがとうございました。

今回一緒に発電系も見直してみよということで

Img_5450

手に入れた新品ステーターコイルとマグネット

Img_5451

元々のマグネットには4Gの刻印。手に入れたものは7K。

取付位置は同じでしたので

Img_5453

装着してみましたが

以前の電圧と然程変化がなく、泣く泣く元に戻して

Img_5454

組み立て。

プラグの番手は1番上げました。

Img_5461

いい雰囲気です。

工場内作業が完了し

Img_5457

試乗

Img_5455

プラグの焼け色は危険なレベルではありませんが

慣らし後の走行に備えて濃いめに振ろうと思います。

Img_5456

オーナーが戻るまで何回か乗ってみます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年3月10日 (火)

KEIHIN PW28

点検 組み直し ケイヒンキャブレター

Img_5293

内部に要交換部品が数か所ある場合

当店では迷わず岸田精密工業製のKEYSTERリぺアキットで組み直します。

今回のキャブレターは燃料通路のジョイントOリングもNG。

リペアキットにはこのOリングも入ってますのでバッチグーです。

Img_5299

純正を使用した方がいい場所は純正を再使用しています。

MJ、JNCLは諸々の状況を踏まえ気持ちプラスにしています。

Img_5301

オペレーティングロッドのロックナット上部突き出しを規定値で合わせると

3番キャブのみピストンバルブが若干沈む。

ピストンバルブ上のコの字ブラケットを曲げ直すことは何度もやりたくないので

アジャストナットで調整できる範囲はアジャストしてピストンバルブの高さを合わせます。

Img_5303

3番のピストンバルブが低い。

エンジン始動しての同調前に

目視で調整しておけば同調作業が楽チンです。

スロットルのストップアジャストメントも調整しておかないと

構造上、ピストンバルブ上のコの字ブラケットは開くと思う。

チョークの開閉アジャストも忘れてはならない。

Img_5302

キャブレター上部のブーツはHONDA純正部品がまだ手に入ります。

Img_5304

キャブレター単体でスロットル調整したら完了です。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年3月 3日 (火)

40分で出現した症状と部品再生

不調修理作業 CB750Four K2

Img_e5012_20200303225301

プラグキャップの不良

4番のみの不具合でお聞きした症状が出るのかどうか

プラグキャップをNGK製に交換し

 試乗

店を出てからちょっと変な感じ。

信号で大型トラックが前後に停車すると何かアイドリングの音が変に聞こえる。

それでも特に症状出ず

40分ほどゆっくり走ったところで

Img_5184

出現した。

不意にエンスト。

その後、再始動は可能でも4気筒がしっかり燃焼していない。

帰店して抵抗値を計測すると2.3コイルの2次抵抗値が逸脱している。

翌日には抵抗が正常値に戻ったので

相談の結果

Img_5213

純正NEWコイルに交換することにしました。

エンストの仕方に気になる点がありまして

カスタム部品のセミトラユニットと昇圧キットは外させていただきました。

工場内作業完了し

Img_5226

試乗

1時間半ほど走りましたが特に症状出ず。

Img_5228

スロットル1/8開度以下パーシャルでうろうろした後は信号待ちのアイドリングが少しだけ乱れる。

グッ、グッ、グッと開けた後はアイドリングも安定しています。

Img_5229

終始、以前のようなバラつきは出現しませんでした。

日中に近所走行でプラグの焼け色を確認して完了とさせていただきます。

ーーーーーー

ステップフロアー下 修正作業

RABBIT S301

Img_5218

センタースタンドをどうやって外すのか?

塗料で埋まっていたが

レンチがかけられる部分があり、炙って潤滑剤塗布して

Img_5220

抜けました。

今では、まず見ない構造の装着方法でした。

Img_5221

オーナーと修理方法を相談し

GOサインいただきましたので

Img_5222

剥がしていく。

元々の形はどのような物なのだろうかと考えていたら

グラソリモータースCEO登場

『 社長!今日は301!? 』

『 いや、XSやで 』

元々の形を観察できるチャンスかと思いましたが

『 今日、六甲山でステップ両方とも擦ってん! 』

『 平らなとこやで!平らな道でやで! 』と

平らな道を強調し、すごくうれしそうに話すCEOを観察。

CEOおめでとうございます。

近々、301の観察に伺いますのでよろしくお願いいたします。

Img_5224

表面の錆はありましたがフレーム自体は大丈夫だと思います。

部品を剥がしながら再生方法を考えましたので

Img_5225

この部分を再生します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月27日 (木)

修理とカスタムの金属加工

曲がったサイドスタンドを戻そうと試みましたが

折れました。

Img_5119

純正は販売終了の為、付いていた物と同じ社外品

Img_5120

サイドスタンドを出した時の、角度を決める部分が少し変形しているので

Img_5121

サイドスタンド側に肉盛りして角度調整。

この車体の車両重量を支えるには、スタンドの強度が少し足りないと思われるので

Img_5123

可能な限り車体を起こす為の下駄の選定

厚みを決めたら

Img_5124

下駄を付けて塗装しました。

 

ーーーーーー

カウルに当たるエキゾーストパイプの通り道変更

Img_5097

エキゾーストパイプ4本を交換して

Img_5114

前方は回避

溶けて膨らんだ部分が元々付いていたEXパイプの通り道です。

4本交換して中間パイプがカウル、サスリンク、トルクロッドに当たりますので

Img_5112

集合部の後方を切って長さと角度変更

Img_5108

回避しました。

溶けて変形している部分が元々の中間パイプの通り道です。

お預かりしている材料を挿し込む

Img_5116

角度と長さは要相談です。

ーーーーー

前回の点検時に課題として残っていた

ステップベース、センタースタンド受けの修理

Img_5125 

車重を考えるともげることは無いと思いますが

長い目で見ると不安です。

Img_5126

ステップはどうにかできてもセンタースタンド部分が

リアブレーキのペダルを介した軸の通り道になっていますので思案中です。

Img_5128

長い年月を経てきたバイクですので

腐食した部分の修正跡などいろいろあります。

何処が母材で何処が補修溶接で何処が金属パテか確認する

Img_5129

忍忍。

作戦思案します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月26日 (水)

76年(H)と、82年(D)のシリンダー

エンジンリフレッシュ作業 HONDA CB550our K2 1976年

腰上の点検

Img_5038

ヘッドカバー

Img_5039

ロッカーアームシャフトは4本とも摩耗。 交換しておきたい部品ですが販売終了。

Img_5040

ロッカーアーム摩耗

Img_5041

カムの当たる部分に段付きがある物と虫食い跡がある物が数個

海外で入手可能でしたが8個揃うかはまだ不明です。

Img_5043

カムシャフト摩耗 指で分かる段差あり。

海外で入手可能、新品部品が手に入るだけ有難いと思いますが

金額が金額なだけに足踏み中です。

以上のことからヘッド廻りに関してはオーナーと相談して作戦を練り直しです。

Img_5056

バルブの研磨とシートカットは実施します。

Img_5047_20200226000101

洗浄

Img_5049_20200226000201

洗浄

ヘッドの面はスタッド穴周辺が少し盛り上がっていたりするので

洗浄完了後にチェックします。

シリンダー

Img_5044_20200226000201

こちらも洗浄してから

Img_5050_20200226000201

内径計測

5万キロオーバーですが、摩耗少でした。

現状のリングもギャップは規定値内に収まっていますが

4番シリンダーの縦傷と錆の痕跡があるので

今後を考えてO.Sで組みなおす予定です。

Img_5051_20200226000201

ピストンの吹き抜けの少なさはそういうことか。

Img_5053_20200226000901

4番の傷。

組付け状態を再現して計測すれば色が変わっている境目で多少は寸法差が出ると思いますが

この状態では指でも爪でも境目は分かりません。

スリーブの摩耗と言えば

Img_5055_20200226000301

こちら DUCATI ベベル 1982年 15000km

指ではっきり分かる段差

上部が減ってると思いきや下部が逃げて減ってないだけじゃないか?

と、今思えば意味不明な思考回路で

計測したら

やっぱり上部が減っていました。

このままオーバーサイズでボーリングしても

また同じことになると思うので

硬いスリーブに交換します。

それにしても縦傷が多い。

そんな話はさておき

Img_5054_20200226000201

流石 ホンダ技研です。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月23日 (日)

修理と今日の試乗と いただきPHOTO

公道復活 修理作業 KAWASAKI ZXR400

キャブレター内のガソリンを抜くと

緑ではなく濃橙色。

これならそのままいける可能性あり。

燃料を送ると、ポンプNG。忍忍。

Img_e5005

ポンプ本体から燃料漏れ。要交換です。

直接キャブレターに繋いで

始動。

サイレンサーはまだ仮です。遅くてすみません。

エアクリーナー装着

無事にアイドリング。

作業を進めます。

今日も

Img_5004

好調。

全く何も起こらないのであとはオーナーに普段使いで乗っていただこうと思います。

Img_e5003

お待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

お引き取りまでに日があるのであと少しだけ乗ってみます。

こちらは

不調修理 HONDA CB750Four K2

1時間ほど走ったところで調子を崩したとのこと

先ずはスパークプラグの焼け色を見ようと思いましたが

Img_5009

4番はキャップ内部の金具が抜けました。

これが原因か。

この金具の嵌るキャップ側はバネで押される金具が入っているので

曲げ角度の付いたキャップは抜けた金具を戻すことはできない。たぶん。

戻せたとしても一度抜けた物は次も抜けますのでNGK製に4本とも交換します。

Img_e5012

抜いた1番と抜けた4番

どうやら4番は水分が混入していた模様。

Img_e5013

Img_e5014

内部に残った金具も変色しています。

リプロ品の新品コイルKITもキャップだけはNGK製か日和製に交換しておいた方が

長い目でみれば安心かもしれない。

キャップ入荷次第組み付けてテストします。

ーーーーーーーー

KさんからいただきPHOTO

『 ステッカー貼ったよー 』

Img_4973

なんとまぁ ステッカー貼るとこうも変わるか。

貼る前

Img_4481_20200223214101

貼った後

Img_5002

か、かっこいいです。

写真ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ ドカティ ベベル R&R ジャパン キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 妄想ツーリング 熟成への記録 900SS 熟成への記録 CB550FOUR 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 R1-Z 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_5709
  • Img_5809
  • Img_5815
  • Img_5816
  • Img_5821
  • Img_5846
  • Img_5847
  • Img_5848
  • Img_5849
  • Img_5850
  • Img_5851
  • Img_5697_20200408215601