フォト

カテゴリー

2020年3月21日 (土)

試乗

ラビット S301

Img_5495

センタースタンド軸受けの再生と共に

ご依頼いただいていましたシフトチェンジの不具合は修正しました。

クラッチミート位置も調整しています。

Img_5498

うさぎと言われれば

Img_5499

うさぎに見える。

Img_5500

明日外装を組み立てて完了とさせていただきます

Img_5496

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーー

不調修理

KAWASAKI MACHⅢ 

現状の確認

Img_5501

オーナーの仰る通り、2ストはここからやろってところで

加速しません。

Img_5503

低いギヤで引っ張っても

高いギヤで丁寧にいってもダメ。

走行しながら少し小細工しても改善も悪化もしません。忍忍。

Img_5502

お時間頂戴します

順次点検を開始させていただきます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年3月19日 (木)

兎の部品再生

ステップ、センタースタンド軸受け再生

ラビット S301

Img_5462

材料が届きまして

Img_5474_20200319215701

切り取った部品を元に寸法計測。

Img_5466

各部品を製作して

Img_5467

合体。

Img_5221_20200319215601

これが

Img_5472

こうなりました。

位置を決めてフレームと合体できれば

Img_5476

塗装して

Img_5477

関連部品取り付け。

センタースタンドの軸止め輪は、当初圧入かと思いましたが

ブレーキアームを取り付けることにより止め輪が抜ける心配はありませんので

外す時に往生しないように手で脱着できる寸法にしています。

Img_5481

Img_5483

Img_5484

再生できました。

各部組み立てます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年3月 3日 (火)

40分で出現した症状と部品再生

不調修理作業 CB750Four K2

Img_e5012_20200303225301

プラグキャップの不良

4番のみの不具合でお聞きした症状が出るのかどうか

プラグキャップをNGK製に交換し

 試乗

店を出てからちょっと変な感じ。

信号で大型トラックが前後に停車すると何かアイドリングの音が変に聞こえる。

それでも特に症状出ず

40分ほどゆっくり走ったところで

Img_5184

出現した。

不意にエンスト。

その後、再始動は可能でも4気筒がしっかり燃焼していない。

帰店して抵抗値を計測すると2.3コイルの2次抵抗値が逸脱している。

翌日には抵抗が正常値に戻ったので

相談の結果

Img_5213

純正NEWコイルに交換することにしました。

エンストの仕方に気になる点がありまして

カスタム部品のセミトラユニットと昇圧キットは外させていただきました。

工場内作業完了し

Img_5226

試乗

1時間半ほど走りましたが特に症状出ず。

Img_5228

スロットル1/8開度以下パーシャルでうろうろした後は信号待ちのアイドリングが少しだけ乱れる。

グッ、グッ、グッと開けた後はアイドリングも安定しています。

Img_5229

終始、以前のようなバラつきは出現しませんでした。

日中に近所走行でプラグの焼け色を確認して完了とさせていただきます。

ーーーーーー

ステップフロアー下 修正作業

RABBIT S301

Img_5218

センタースタンドをどうやって外すのか?

塗料で埋まっていたが

レンチがかけられる部分があり、炙って潤滑剤塗布して

Img_5220

抜けました。

今では、まず見ない構造の装着方法でした。

Img_5221

オーナーと修理方法を相談し

GOサインいただきましたので

Img_5222

剥がしていく。

元々の形はどのような物なのだろうかと考えていたら

グラソリモータースCEO登場

『 社長!今日は301!? 』

『 いや、XSやで 』

元々の形を観察できるチャンスかと思いましたが

『 今日、六甲山でステップ両方とも擦ってん! 』

『 平らなとこやで!平らな道でやで! 』と

平らな道を強調し、すごくうれしそうに話すCEOを観察。

CEOおめでとうございます。

近々、301の観察に伺いますのでよろしくお願いいたします。

Img_5224

表面の錆はありましたがフレーム自体は大丈夫だと思います。

部品を剥がしながら再生方法を考えましたので

Img_5225

この部分を再生します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月27日 (木)

修理とカスタムの金属加工

曲がったサイドスタンドを戻そうと試みましたが

折れました。

Img_5119

純正は販売終了の為、付いていた物と同じ社外品

Img_5120

サイドスタンドを出した時の、角度を決める部分が少し変形しているので

Img_5121

サイドスタンド側に肉盛りして角度調整。

この車体の車両重量を支えるには、スタンドの強度が少し足りないと思われるので

Img_5123

可能な限り車体を起こす為の下駄の選定

厚みを決めたら

Img_5124

下駄を付けて塗装しました。

 

ーーーーーー

カウルに当たるエキゾーストパイプの通り道変更

Img_5097

エキゾーストパイプ4本を交換して

Img_5114

前方は回避

溶けて膨らんだ部分が元々付いていたEXパイプの通り道です。

4本交換して中間パイプがカウル、サスリンク、トルクロッドに当たりますので

Img_5112

集合部の後方を切って長さと角度変更

Img_5108

回避しました。

溶けて変形している部分が元々の中間パイプの通り道です。

お預かりしている材料を挿し込む

Img_5116

角度と長さは要相談です。

ーーーーー

前回の点検時に課題として残っていた

ステップベース、センタースタンド受けの修理

Img_5125 

車重を考えるともげることは無いと思いますが

長い目で見ると不安です。

Img_5126

ステップはどうにかできてもセンタースタンド部分が

リアブレーキのペダルを介した軸の通り道になっていますので思案中です。

Img_5128

長い年月を経てきたバイクですので

腐食した部分の修正跡などいろいろあります。

何処が母材で何処が補修溶接で何処が金属パテか確認する

Img_5129

忍忍。

作戦思案します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月22日 (土)

試乗 症状出た時、勝負。の巻

不調修理 KAWASAKI GPZ900R

突然のエンスト 再始動良好

『 ココ! 』 という箇所はありませんが

疑わしい箇所があったので点火系の修正。

Img_4983

始動して症状が出ないかの確認。

作業前も工場内では1回だけ症状らしき現象があったくらいでしたので

ここで何も起こらないことは喜べません。

点検するために外した電気配線と

気になっていた電気配線

Img_4984

修正作業のGOサインをいただき

Img_4985

修正しました。

工場内作業完了し

Img_4995

さんふらわぁ より

Img_4999

こっちの方が似合うか

Img_5001

六アイ内をいろいろな走り方と乗り方で試しましたが

症状出ず。

Img_4991

ただオーナーの話では

問題なく走れる時もあれば、出発して一つ目の信号までに症状が出る時も

あるとのことですので何日か乗ってみようと思います。

Img_4998

このハンドル乗り易いな。

Img_4997

GPZ900R かっこいいバイクです。

何回かに分けて試乗します。

こちら

公道復活修理

Img_4989

ET4

いろいろありましたが走るようになりました。

Img_4987

明日最終確認します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月16日 (日)

日々の作業とKOP仕様変更

不調修理 KAWASAKI GPZ900R

突然のエンスト

パターンなし、再始動性良好。

Img_4756

症状が再現できるか不安でしたが

始動1発目から症状が出ました。

セル始動で全く点火せず、3回目のセル始動でいきなりエンジン点火。

Img_4758

各所配線関係触りながらいろいろ試しましたが

その後は全く症状出ず。

原因が確認できてから気になる加工配線は手直しさせてください。

Img_4759

プラグの焼け方とカシメ不良のコードの場所が合致するが

ブーツが捲れているとかではない。

点検を進めます。

ーーーーーーーー

長期不動 公道復活修理 ET4

点火不良

Img_4760

オーナーにご用意いただいたCDIに交換して火が飛びました。

Img_4762

インマニのヒビが貫通していますので交換します。

Img_4763

不動期間の割にキャブレター内部はキレイです。

ガソリン抜いて保管されていたのかな。

パッキンのみ交換します。

部品が届き次第先ずはエンジンを始動します。

ーーーーーーー

ベベルに効果抜群

Img_4683

ヘッドライトブースターKIT取付。

ーーーーーーー

キタモオリジナルパーツになる予定の

ベベルアーシングKIT

電気の伝導率で銅を選びましたが

アルミとの相性が良くないことが分かり

Img_4772

銅カラー、銅ボルトからアルミカラー、鉄ボルトに変更

銅がアルミより下に位置すれば腐食はマシになるとお聞きしたが

この場所だと下に取付ようがないのでアルミカラーにします。

Img_4771

KMHRは銅のままもう少し使って腐食を見てみようと思う。

電気をよく通す銅を選んだが

腐食すれば伝導率は低下していく。

ミスチョイスか。

因みにジュラルミンに含まれる銅はどんな銅なのだろうか。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月 8日 (土)

プッシュロッド交換と ナナハンエフ & キモステニューカラー

ブレンボ ラジアルマスター

レバーが衝撃を受けレバーがプラプラになってしまったマスターの修理。

Img_4622

内部のストッパーアルミカラーの破損

Img_4624

プッシュロッドセットは部品で入手が可能なので

Img_4623

入手。

ロックリングを外すと

ピストンが抜けてくるので一緒に内部清掃

Img_4625

内部は比較的キレイでした。

シールの硬化やキズも見当たりません。

各所グリス塗布して

Img_4628

組み立て。

これは予備マスターとしてご自宅に保管です。

ーーーーーー

Img_4580

RC04 公道復活

入荷待ちの交換部品が入荷する前に

Img_4614

不具合が無いかの確認

大きいカウルだからか凝視する小学生が多い。

自分が小学生のころは 『 ナナハン 』 という名称に憧れた。

年代で考えれば1100や1300、大きいバイクはあったのだけれども、

やっぱりナナハンという響きがカッコよかった。

そんな話はさて置き

朗報

時計動きました。

Img_4617

部品が入荷次第、組み付けて再度試乗します。

ーーーーーーーー

先日追加の注文をした時に

作りたかったパターンを送信。

やっぱり言ってきやがった!と

もしかするとKing Designさんも思ったかもしれない。

今更というか

とうとうというか

いつまでこのステッカーなの?というか

このステッカーが好きだから仕方がない。

Img_4564

ニューカラー登場。。。。。

King Designさんに

そろそろ新しいデザインを考えて貰おう。かな。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年1月12日 (日)

タイヤ

手に入れた車両の不要配線取り外し&オイル交換

BMW K1200R

Img_3981

オーナーにとっては不要な後付け配線を外す。

カウル関係は結構外しやすい造り。

車両を見れば見るほどどんな乗り味か気になる

工場内作業が完了し

Img_4013

試乗

オーナーのおっしゃる通りコーナーや交差点では立とうとする。

コーナー途中のギャップも少し怖い感じ。

先入観かフロントが棒で支えられているような

それでも停車時に体重をかけたら前後きれいにスウィングする。

Img_4015

デュオレバー機構

Img_4016

上りや下りいろいろ走って

この乗りにくさはタイヤの影響が一番大きいと結論出しました。

このフロント機構は評判がいいみたいなので

NEWタイヤのK1200Rはどんな感じか少し興味が湧いてきた。

Img_4014

ご依頼作業完了しました

ご依頼ありがとうございました。

こちらはNEWタイヤでご機嫌

Img_4018

ホンダ C70 スーパーカブ

私の好きなミシュラン M35をチョイスさせていただきました。

こちらのC70は新しいオーナーの下で出張仕事バイクとして活躍します。

Img_3970

腐食していたキャブレター内部は洗浄しパッキン類交換

その他要交換部品の交換と各作業済ませています。

Img_4019

C90ほどのパワーはありませんが十分走るC70です。

Img_4021

なんだか久しぶりに

Img_4020

穏やかな試乗だ。

Img_4017

気になった個所の調整のみ実施して完了です。

ご依頼ありがとうございました。

Img_4024

こちらは今からタイヤ交換。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月19日 (火)

いろいろ修理といろいろ修理

キックアーム戻り不良修理 HONDA CL

Img_2782

右側ケースカバーを外して点検

アームの軸等にグリスアップし

Img_2783

組み直し。

直りました。

ジョイントスターターの摩耗により軸受とのガタがありますので

ここは今後の課題。

キックシャフトのオイル漏れもシャフトの摩耗とこのガタが影響しているように思います。

続きまして

アイドリング不調 HONDA CB400SF VTECⅢ

不動期間があり一先ず公道復活したとのことですが

信号待ちでエンストしたりするので作業のご依頼。

Img_2735

少しガソリンの腐食臭がしましたのでキャブレターチェック

Img_2731

フロートチャンバーに少し沈殿物があります。

ジェット類は少し緑がかっていますので洗浄します。

Img_2732

一部のホースやゴムが劣化して割れてきていますので該当箇所の交換と

ガソリンが止まらない負圧コックを交換してから試乗してみます。

続きまして

長期お待たせしております

Img_2581

BMW R100RS の公道復活できるかのチェック作業

長い期間 停めていたとのことで各所腐食が進んでいますが

一先ずエンジンをかけることができるかどうか

Img_2785

久しぶりの結構キツイガソリン腐食臭です。

手前の工具は

Img_2786

大分県 中野モータース御中で販売している特殊工具。

EXフランジがかなり固着していますので油と熱で対処してみます。

続きまして

バッテリー上がり修理 YAMAHA XS650SP

走行中にエンスト。その後電装系の光り方が弱い。

BTの電圧は10.5Vまで下がっており液補充と充電して始動。

発電量が正常になったり異常になったり

該当配線や腐食したカプラ端子を交換しても改善せず

Img_2380

発電側を点検すると

Img_2378

ブラシ摩耗。ここはXSのメジャーなトラブル箇所だそうだ。消耗品です。

ブラシだから正常と異常をいったり来たりするわけだ。

Img_2387

新品ブラシと比較。

ブラシ交換して直りました。

同じくバッテリー上がり修理 KTM DUKE

ご自宅で満充電後にご来店。ご来店時には再始動できないくらいBTが弱くなっています。

点検開始 三相の発電量が低くなっており

Img_2710

ステーターコイル不良。

で、コイル固定ボルトでよくあるボルト固着。

しっかりかかるレンチで緩まないとなると

あまり期待できないが

Img_2711

頭だけ飛ばしてステーターコイルを先に外す。

熱を加えてバイスクリップで緩めようとするもやはり緩まず。

となると折ってねじ山を再生するしか方法はないので

Img_2750

折って、ボルトのねじ山ギリギリにドリルで穴を開ける。

そこへ同サイズのタップ

Img_2751

ドリルの時点でネジ側のねじ山はある程度割れており

一番奥のネジ先端がタップにひっついて抜ける。

Img_2752

手前は少し緩くなったが奥はしっかりしています。

現在ステーターコイルの入荷待ちです。

各車作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年9月21日 (土)

対策、修理、改善 の金属加工

ベスパ スプリント

マフラーを好きな物に交換したら

センタースタンドのゴムが干渉して溶けたので

干渉しないようにしておくれというご依頼。

Img_1372

お預かり時点ではラバーを挟んで対処されています。

ストッパーの形状を考えて

Img_1374_20190921080801

製作

Img_1376

板厚分センターの位置は下がりますので

スタンドをかけると車体は板厚分上がりますが問題ない程度と思います。

Img_1375

Img_1377

無事に干渉しない位置でストップします

少し調整して完成です。

続きまして

Img_1373

折れたエンジンフードのベロ

Img_1384_20190921080801

塗装がありますので、あまり熱を加えないように

Img_1385_20190921080801

削り取って

Img_1387

ボルト止めのベロを製作し

Img_1388

無事にロックできました。

DUCATI 900SS ベベル

シリンダーヘッドの吸気口段差

Img_1368

吸入空気の気持ちになれば邪魔な段差です

Img_1365

Img_1367

削っていく

Img_1366

指で触って、い、いいと思うところまで削りました。

KAWASAKI ESTRELLA RR

ハンドルをもっと手前に引くことができれば

より一層乗り易くなる。

ということで燃料タンク交換

Img_1389

汎用タンクです。

フレームのマウントラバーとタンク側の受け位置が合いませんので

Img_1391

受けを移動するつもりでしたが

移動したい位置に動かすと形状があいませんので

Img_1392

フレーム側にアタッチメントを取り付ける方法に変更

Img_1423_20190921080701

錆びにくいステンレスの板を切って

Img_1425

アタッチメント製作

Img_1428

元の位置から25mm後方 15mm下方 です。

Img_1433_20190921080601

点火コイルを少し動かす必要がありますが

いい位置に収まったと思います。

Img_1431

Img_1432_20190921080701

左右とも十分ハンドルを絞れる隙間が確保できました。

続いて後方マウント、純正コック取り付けアダプターを製作します。

各車お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店キタモ情報 ご来店・お知らせ エンジンオイル取扱A・S・H キタモphoto キタモ ツーリング モータースポーツのブログはこちら キタモ ドカティ ベベル R&R ジャパン キタモおすすめ動画 キタモ厳選中古車情報 キタモ委託販売車両情報 キタモ車両(委託車、厳選車) 売約済み シートEMO スタッフ募集 スパークプラグ在庫ラインナップ スーパーミニマムチャレンジ 2019 チューブレスキット代理店 作業記録 CB750Four K1 作業記録 GSX-R1100 作業記録 SRX600 作業記録 XJR1300 修理 ドカティ 修理 ハーレーダビッドソン 修理 他 修理カワサキ 修理スズキ 修理ホンダ 修理ヤマハ 大事なツール 妄想ツーリング 熟成への記録 900SS 熟成への記録 CB550FOUR 熟成への記録 ESTRELLA RR 熟成への記録 GPZ1200R 熟成への記録 KMHR 熟成への記録 KZ1000 MB 製作記録  小屋 製作記録 250SB 製作記録 CB1100R 製作記録 CB750F 製作記録 CB750Four K2 製作記録 GPZ900R 製作記録 R1-Z 製作記録 SMC 試作車 製作記録 SR MSP 製作記録 SR NSP 製作記録 TL1000R 製作記録 V-MAX 製作記録 W650 製作記録 Z1000J Custom HD Custom HONDA Custom KAWASAKI Custom SUZUKI Custom YAMAHA Custom DUCATI Custom 他

最近の写真

  • Img_5709
  • Img_5809
  • Img_5815
  • Img_5816
  • Img_5821
  • Img_5846
  • Img_5847
  • Img_5848
  • Img_5849
  • Img_5850
  • Img_5851
  • Img_5697_20200408215601