フォト

カテゴリー

« アルミとアルミの間に鉄が入らないメッキシリンダー | トップページ | HONDA スーパーカブ110 JA07 SSP »

2021年2月13日 (土)

JA07系 と JA10 と YSS 

メンテナンス カスタム作業 HONDA スーパーカブ110 JA07

一か八かで。のGOサインが出たフロントフォーク作業。

中古のJA10フロントフォークを入手。

Img_2127_20210213093901

右がJA10。

左は現在使用しているJA07系フォークのタイホンダ仕様。

各構成部品のパーツナンバーは全て違う。

組み立て全長は同じ。

作戦は、タイホンダアウターにJA10インナーを使用する。

Img_2129_20210213093901

左 JA07系 右 JA10

パイプシートに開口されたオリフィスの孔径、数、位置が違う。

タイホンダアウターにそのままJA10インナーを組むと

全長がショートになった。

Img_2128_20210213093901

8mm開口の肉厚が違う

Img_2131_20210213093901

ここ。

ロングはOKだけどショートはNGとのことだったので

思案の結果

Img_2132_20210213093901

足りない寸法分パイプシートを伸ばすことに決定。

形状を見ると無垢棒から製作もできそうだけど

今回は

Img_2133_20210213093901

外径の少し大きいゲタを製作。

Img_2134_20210213093901

点付けして

Img_2135_20210213093901

形状を整える。

Img_2137

理屈上は、これで元フォークの全長になる。

Img_2138

ボトムソケットボルトはJA10を使用。

Img_2140_20210213094001

オーナーご希望の減衰バルブ、プリロードアジャスタ付き部品を組む。

推奨オイルはYSS#20。

結構ドロッとした無色透明のオイルだった。

Img_2143

JA07 X JA10 X YSS。

圧側減衰、プリロード調整機能の追加された プコブルーフォーク。

乗って確認します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« アルミとアルミの間に鉄が入らないメッキシリンダー | トップページ | HONDA スーパーカブ110 JA07 SSP »

Custom HONDA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルミとアルミの間に鉄が入らないメッキシリンダー | トップページ | HONDA スーパーカブ110 JA07 SSP »

最近の写真

  • Img_2971
  • Img_3048
  • Img_3049
  • Img_3050
  • Img_3051
  • Img_3052
  • Img_3055
  • Img_3057
  • Img_3093
  • Img_3095
  • Img_3186
  • Img_3187