フォト

カテゴリー

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月28日 (日)

お知らせ

3月4日(木)午後は、

出張の為店に居りません。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月26日 (金)

修理とメンテナンス 2月。

左右端が重いステムの確認

Img_2324_20210225225701

HONDA DAX 

動きの渋さはあったもののゴロゴロ感はあまり感じなかった。

が、ステムのみ装着状態ではゴロゴロする。

ステムナットの調整では解決せず

Img_2326_20210225225701

打痕小のレースとボール、シールを交換。

各NEWで動きが良くなり両端の重さも無くなった。

その他作業を進めます。

ーーーーーー

ブレーキ鳴き止め

以前キャリパーを組み直したら鳴き始めた KAWASAKI W3

今回手法を変えて再度組み直し

Img_2340

鳴きません。

Img_2341

今のところ。

Img_2343_20210225230301

意地の悪い制動をしても

Img_2345_20210225230301

鳴きません。

Img_2342_20210225230301

今のところ。

Img_2344_20210225230301

あと数回テストします。

ーーーーーーーー

症状が一定ではなく悩みに悩んだ

YAMAHA セロー225WE

問題なく始動できたり、できなかったり

全く始動できなかったり、できたり。

Img_1888_20210225231101

切っ掛けは恐らくオーバーヒートからのエンストだと思うが

オーナーからお聞きしたその後の症状。

不調を順に追う

初めに自身がwhyとなったところが答えの至近距離にいる。

ことが多い。

オイル漏れが酷かったシリンダ廻りも修理。

折角開けたので

Img_2257

バルブ研磨とシートカットを内燃機屋さんで施工して貰い

ピストンリングは交換。

Img_2349_20210225231101

セルモーターのOリングも交換して組み立て。

Oリングやホース、各ゴム部品がかなり硬化している。

その他モロモロ確認して

Img_2350_20210225231101

状況が一変。

ようやく迷宮から抜け出せそうだ。

好調なセローは、永く好調をキープするが

一旦不調に陥ったセローはとてもシビアに感じる。

組み立てて数日テストします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月23日 (火)

橋を渡ることに決めたら叩く。ジェネレーターカバー編

オイルが付着したカバーを見て嫌な予感がした。

これは

Img_1513

パテだ。

部品を探そうとも考えたが、

このタイプのジェネレーターカバーは新品、中古とも見つからなかった。

剥がしてえらいこっちゃになっていたらどうする。

内側から液体パッキンを塗布して漏れを止めるべきか。

思案の結果

橋を渡ることに決めた。

てゆうか

どうなっているのか見たかった。

Img_2293_20210223181401

えらいこっちゃ。

だが大丈夫だ

金属パテを剥がしながら頭で修理イメージを固めた。

ステーターコイルが装着される為

歪むと取り返しがつかない。

ので

Img_2295_20210223181301

固定治具を製作

Img_2296_20210223181301

奥行きが変わってもシャフトを製作すれば同系の他車種にも使用できる。

Img_2297

こうして

Img_2298_20210223181301

鉄板に固定。

裏は

Img_2299

こう。

盛って削るを

Img_2300

繰り返す

Img_2302_20210223181301

繰り返す

Img_2303

ここまできた。

Img_2305

水で漏れテスト

合格なら洗油で再度テスト。

合格。

破損したタイマーカバーのベースは

Img_2306

金属パテで接着。

Img_2310

窪み部の外周溝は掘れないのでこれでいきます。

オーナーからお預かりしているパネルを嵌めたら

Img_2308

綺麗に見える。

Img_2309

細かい巣は金属パテで埋める。

Img_2311_20210223181301

お疲れ様やで治具。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月21日 (日)

SUZUKI OM50

不調修理 SUZUKI ミニタン

ピストン シリンダー損傷 その他モロモロ。

2サイクルオイルの供給が減っていた模様。

原因は

Img_2277

恐らくキャップ。これではベントが効かない。

ピストンやシリンダーは販売終了。

ミニタンのパーツリストが発見できず

販売終了部品の番号が不明。

SUZUKIに在庫のある、ミニタンのエンジン部品の番号から

同年代のTS50、RM50、PV50と近い存在であることをつきとめた。

中でもTS50が近いかな。

Img_2252

時間がかかってしまいましたが

純正、05OVERピストンをゲット。

シリンダー

Img_2253

今回は、米山機工御中でピストン合わせボーリング。

いつもありがとうございます。

Img_2246_20210221182001

内部部品の腐食したキャブレターは

この機会にできるだけリフレッシュ。

Img_2249_20210221182001

まだSUZUKI純正部品が手に入ります。

Img_2251

有難い。

腐食した燃料コックも

Img_2254

TS後期型?スズキ純正部品がメーカー在庫あり。

これはうれしい。

Img_2273_20210221182001

オーバーサイズのNEWピストン、リング、ピン、クリップ、ベアリングで

Img_2274

組み立て。

ガスケットもSUZUKI純正が出ました。

Img_2275_20210221182001

始動

吐出はしていたがオイルポンプの動きも不安なので

混合GASにしました。

ご来店されるお客さんの中でも

『 おお~懐かしいな~ 』という方と

『 これ何? 』 という方がいる。

自分はミニタンの存在を知らなかった。

1970年代後半から80年代前半にはいろいろな車種が販売されており

その中でもかなりマニアックな車種なのかも知れない。

Img_2278_20210221182001

試乗

2サイクルの音が珍しいのか、通行人によく見られる。

タクシーの御仁は凝視していた。

この人は間違いなくバイクメ~ンだ。たぶん。

Img_2279

平和なバイクだ。

Img_2281

今日は暖かい。

Img_2282

ちょっとアイドリングが不安定。

調整しながら

Img_2286

魚崎南町テスト。いいと思います。

信号待ちではヘッドライトOFFの方がいい。

完全暖機後は安定しているが長い信号待ちとなると

ONでいるよりOFFで待つ方が気分的には安心です。

作業完了しました

たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

慣らしよろしくお願いいたします。

Img_2284

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月17日 (水)

それは愛だ。CT125編

『 こらぁ!バイク屋!お前バイク屋やろ! 』

これは、ツーリング先でのエンジン始動に手間取った時に飛ぶ激である。

『 おお~まるでバイク屋みたいやんけ~ 』

これは、いい仕上がりを見せた時に発せられる言葉である。

バイク屋らしいバイク屋になるということは

バイク屋にとってとても重要なことなのだと思う。

厳しい言葉も

これは愛だ。そうだ。そうだ。きっと。そうだ。

Img_2185

バイク屋らしく防水カプラーを使った。

カプラーオンのモンキー125とは違い

CT125はメインハーネスの間にFI CONを割り込ませる必要がある。

Img_2186

上手くいった。まるでバイク屋みたいだ。

最新の車両を触っていると、作業し辛いのは配線加工。

昔の車両と違い、遊びが少ない。

全ての配線が無駄のない長さなのと保護被覆チューブから見えている配線が

非常に短く、いたるところでフレーム等に固定されているのである。

これは人間社会にも相通ずる物があるのではないか。たぶん。

そんな話はさておき

Img_2121

181ccだよ\(-o-)/

Img_2126

シリンダーはブラック仕様。

Img_2214

流石56ccプラスの走りは余裕を感じる。

今回、同時にスロットルパイプを他メーカー流用でハイスロ化した。

作用角は2/3くらいになっていると思う。

正直な感想として

路地や山岳狭路において、181ccに125ノーマルギヤ比の組み合わせだと

右手の微妙な匙加減が必要に感じた。反応がちょっと急で少しギクシャクぎみ。

これは噴射量か?

自分はもう少しぼやけた感じが好みだけれど

これは人それぞれ、まだ慣らし運転中なので

慣らしの完了とオーナーの走り方にマッチしたギヤ比を決めて

要相談。

Img_2219_20210217210201

快走路と山岳狭路

どちらでも楽しめるいい塩梅のスプロケット丁数はいかに。

あと、この個体に合ったFICONのマッピングも探る必要がある。

現状で住吉のお山だと4000~5000rpmも回せばスイスイ登ってくれる。

慣らし完了後の走りが今から楽しみ。

Img_2220

今回装着したOPMIDのメーター。

細かな設定が可能で機能も多く優れたメーターだと思う。取付も簡単。

CT125はヘッドライトが暗いということで

Img_2221

TAKEGAWA製のフォグランプも装着。

風防ステーと共締めにして

ステー前方には、錆び難いステンレスでフレ防止の左右連結板を装着した。

そして

Img_2215

あなたも渡れる。鳴門海峡。

軽二輪登録。

維持費は上がるが、ハンターカブで鳴門海峡が渡れるなんて羨ましいかぎり。

Img_2222

店に戻ってスロットルの遊びを少し増やした。

OPENまでもう半拍追加する感じ。

Img_2224

オーナー仕様のフル装備で六アイ。

六アイならハイスロの方がいい。

お山に登った時は、現状かドリブン1丁下げくらいがよく感じたが

六甲大橋を走った感想ではドリブン2丁下げかドライブ1丁上げくらいか。

ここはオーナーの萌えるポイントを探す。

Img_2225

ザ・ツーリングバイク

Img_2231

ヘッドライトのみ

Img_2223_20210217210201

フォグON!

Img_2233

明るい。

Img_2234

いや~100m先かぁ

Img_2235

うん。似合うな。

Img_2237_20210217210201

車高を落としたからか

ギュッと詰まっていていい感じ。

Img_2227_20210217210201

グリップヒーターにハンドルカバーがあれば

寒い夜も夏用グローブで大丈夫。

残るはETCの固定と最終チェックで完了とさせていただきます。

お待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

Img_2217

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月16日 (火)

お知らせ

2月16日(火)は、車両引き取りの為

夕方以降店に居りません。

2月17日(水)は、陸運支局に行きますので

昼過ぎまで店に居りません。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月14日 (日)

HONDA スーパーカブ110 JA07 SSP

メンテナンス カスタム作業 

Img_2156_20210214220801

HONDA スーパーカブ110 JA07

Img_2147_20210214220801

相変わらずパワフルな走りに驚く。

上りでもグングン伸びる感じ。

そして乗り易く感じる。

信号等の制動時は柔いかなと思ったが

走行すると、とても安定している。

上りのコーナーリングでも安心感を感じたが

特に下り。

コーナー手前でブレーキングしてフロントが沈んだところでも

まだギャップを吸収してくれている。

自身がコーナーの曲がり易さを検証するメインの場所は

渦森台への上り、西谷公園を回り込む左複合コーナーと

渦森台からの下り、住吉台公園を過ぎて住吉川支流を渡る橋の右複合コーナー。

両コーナーとも途中にギャップがある。

今までこのコーナーを一番スムーズに回ったのはテネレ700。

SSPスーパーカブもまた

恐怖感なくスムーズに回れた。

Img_2148_20210214220801

川西市のご当地キャラクターは『 金太君 』。

Img_2155_20210214220801

目立つシフトペダルと、カバーしたら見えないバッテリーケース。

Img_2153_20210214220801

ブレーキペダルも加工箇所は見えない。

Img_2152_20210214220801

いろいろ工夫したフロントフォークも

Img_2162_20210214220801

見えない。

説明を求めないと分からない箇所が多いJA07

オーナーの拘りが詰まっています。

今後の課題を談合し納車完了。

お待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

Img_2151_20210214220801

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月13日 (土)

JA07系 と JA10 と YSS 

メンテナンス カスタム作業 HONDA スーパーカブ110 JA07

一か八かで。のGOサインが出たフロントフォーク作業。

中古のJA10フロントフォークを入手。

Img_2127_20210213093901

右がJA10。

左は現在使用しているJA07系フォークのタイホンダ仕様。

各構成部品のパーツナンバーは全て違う。

組み立て全長は同じ。

作戦は、タイホンダアウターにJA10インナーを使用する。

Img_2129_20210213093901

左 JA07系 右 JA10

パイプシートに開口されたオリフィスの孔径、数、位置が違う。

タイホンダアウターにそのままJA10インナーを組むと

全長がショートになった。

Img_2128_20210213093901

8mm開口の肉厚が違う

Img_2131_20210213093901

ここ。

ロングはOKだけどショートはNGとのことだったので

思案の結果

Img_2132_20210213093901

足りない寸法分パイプシートを伸ばすことに決定。

形状を見ると無垢棒から製作もできそうだけど

今回は

Img_2133_20210213093901

外径の少し大きいゲタを製作。

Img_2134_20210213093901

点付けして

Img_2135_20210213093901

形状を整える。

Img_2137

理屈上は、これで元フォークの全長になる。

Img_2138

ボトムソケットボルトはJA10を使用。

Img_2140_20210213094001

オーナーご希望の減衰バルブ、プリロードアジャスタ付き部品を組む。

推奨オイルはYSS#20。

結構ドロッとした無色透明のオイルだった。

Img_2143

JA07 X JA10 X YSS。

圧側減衰、プリロード調整機能の追加された プコブルーフォーク。

乗って確認します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月11日 (木)

アルミとアルミの間に鉄が入らないメッキシリンダー

YAMAHA セロー225WE 5MP 2003年

Img_2110

空冷 アルミメッキシリンダー 内径70mm 外径77.5mm

35X35X3.14X58=223.09cc

ーーーーーー

SUZUKI 250SB LX250L (D-TRACKER) 2003年

Img_2112_20210211090501

水冷 アルミメッキシリンダー 内径72mm 外径86mm

36X36X3.14X61.2=249.04cc

KLX300

Img_2113_20210211090501

内径 78mm 外径 90mm

39X39X3.14X61.2=292.29cc

Img_2114_20210211090501

292.29-249.04=43.25cc\(-o-)/

ーーーーーー

TAKEGAWA 181

Img_2111

空冷 アルミメッキシリンダー 内径63mm 外径66mm

31.5X31.5X3.14X57.9=180.40cc

こちらは鉄スリーブ

Img_2115

HONDA CT125 ハンターカブ 内径52.4mm 外径58mm

26.2X26.2X3.14X57.9=124.80cc

Img_2116_20210211090501

180.40-124.80=55.60cc\(-o-)/

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月10日 (水)

原動機付自転車 第二種甲 HONDA編

点検 修理 メンテナンス作業 HONDA CB92

塗装部品が戻るまでにその他の作業

サイズUPされたタイヤを

現状よりも細いタイヤに交換。

Img_2049_20210209235801

流石、レースマシンの市販モデルだけあって

Img_2050_20210209235801

前後ハブがかっこいい。

細い18インチタイヤのラインナップは、少ない。

今回チョイスしたタイヤは

Img_2082

IRCです。

他作業を進めます。

ーーーーーー

カスタム 乗車ポジション改善作業 HONDA CT125 ハンターカブ

ガレ場やヌタヌタ場での後退時に

乗車したままで後退できるように

Img_2074

純正リアショックから

Img_2075

TAKEGAWA製 25mmショートへ。

フロントは20mm突き出し。

それに伴いホーン位置変更。

CT125は

足を地面に着ける際、

シート下の両サイドにカバーやマフラーがある為、内腿は開き気味。

あと、シートスポンジの角も足漕ぎを要す場面では

少々妨げになる。

ということで

Img_2076

印を入れたスポンジの角を除去

足漕ぎしても内腿がスムーズに動くように削る。

Img_2078

純正表皮再使用でこんな感じ。

他作業を進めます。

ーーーーーー

メンテナンス カスタム作業 HONDA スーパーカブ110 JA07

各部ドリリングと再メッキ

Img_2030

『 もっと穴を開けておくれ 』と入電のあった

バッテリーケースは

Img_1815_20210210003401

ここから

Img_2056

こうなりました。

加工前131.4g → 加工後103.6g

27.8gの減。

キーホルダーを1個追加しただけで

たちまちプラスに転じる数値だけれども

オーナーにとっては萌える瞬間。

チューブレス化されているリアホイール

Img_2060

チューブレステープしっかりしています。

Img_2061_20210209235701

オーナーにご用意いただいたタイヤに交換。

Img_2065

ヘッドカバーは新型の冷却フィン付きに交換。

Img_2066_20210209235701

フロント廻りのメンテナンス

Img_2069_20210209235701

各所予防整備

Img_2071_20210209235701

ステムB/G打ち換え、スイッチ交換など実施。

フロントフォークカスタムで躓きまして

Img_2072_20210209235701

オーナーご希望のカスタム部品が装着できないことが判明。

装着するには、インナーチューブを流用する必要があるが

現物合わせになる為、一か八か。

『 一か八かでいいよ。やっておくれ。 』ということで

やってみます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月 6日 (土)

自社工場の金属加工と メッキ処理技術と ホット写真。

スピードメーターギヤボデーの加工 ご依頼

Img_2021_20210206083301

アクスルシャフト径拡大とフォーク側当たり面の追い込み。

Img_2022_20210206083301

完成。

ご依頼ありがとうございました。

割れた冷却フィンの再生

Img_2006

折角塗装するのだから治そうということで

Img_2041

再生

Img_2040

Img_2046_20210206085501

上手くいって良かった。

mavoさんのストラット

数年に渡り加工を繰り返し、黒に塗っていたが

この形状で決めるとのことで

Img_2035

再メッキのご依頼

Img_2023_20210206083701

美しいです。

同じく再メッキのご依頼

Img_1819_20210206083501

オーナーご希望の加工を施したチェンジペダルとブレーキペダル

Img_2028_20210206083501

再メッキ。

Img_2029

1本は実用。もう1本は観賞用(予備部品)。

送られてきた写真

排気音いい感じ。とのことで

Img_2007 ほ。

こちら

問題ないよ。とのご来店に

Img_2037 ほっとしました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年2月 3日 (水)

SUZUKI KATANA 250R NSP

カスタムの続き 手直し 仕上げ作業 

SUZUKI GSX250S 刀

前方スポンジの削りがあまく表皮が波打ったシート

Img_1772_20210203074501

整形し直して

Img_1872

前方にFRP。

Img_1877_20210203074501

成型してアシヤさんにパス。

煩かったマフラー

Img_1951_20210203074601

バッフルを製作してキタモ法で加工。

思ったように音量が抑えられず追加工。

1インチパイプを曲げる設備が当工場にはないので

Img_1970_20210203074601

1インチハンドルを使う。

最終形状は

Img_1971_20210203074601

これ。

オーナーご希望のヘルメットホルダー

ここしかないという場所に装着

Img_1964

ここ。

お願いしていたシート表皮の改造が完了し

Img_1974

装着。

アシヤさんいつもありがとうございます。

その他モロモロの手直しも完了。

Img_1976

試乗。

年末に乗った時は、冷えた路面に対してタイヤの怖さがあったが

昨日の日中は暖かく安心感増。

Img_1978_20210203075301

ハーバーハイウェイも安定した走行で乗り易い。安堵。

『 こんにちは 』

『 こんにちは 』

『 これなんてバイクですか? 』

待ってました。

『 うヘヘヘ、これはですね・・・・・ 』

『 へぇ~こりゃええわ 』

『 でしょ~ええでしょ~僕のじゃないんです~ 』

オフロード乗りバイクメ~ン先輩との出会いでございました。

Img_1979

御仁に挨拶して出発。

帰路のハーバーも好調。

Img_1981_20210203075301

ROKYU駐車場。

Img_1982_20210203075101

交差点の右左折も見た方向にスッと素直に曲がってくれる。安堵&安堵。

私的には排気音もいいと思う。

Img_1984_20210203075201

250というのが軽快でいい。

Img_1987

SUZUKI KATANA 250R NSP ↓

https://youtu.be/uT4iBDxSSUE

Img_1986

これは

Img_1989_20210203074801

あれだ

Img_1996

お山がいい。

Img_1995

ようやく完了しました。

たいへん永らくお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

Img_1994

Img_1988

安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

お知らせ

携帯電話が復活しました。

ご迷惑をおかけいたしました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

お知らせ

携帯電話が壊れましたので

復活するまで店の方にご連絡いただければ助かります。

試乗中など留守の場合は連絡がつきませんので

ご了承ください。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

最近の写真

  • Img_2971
  • Img_3048
  • Img_3049
  • Img_3050
  • Img_3051
  • Img_3052
  • Img_3055
  • Img_3057
  • Img_3093
  • Img_3095
  • Img_3186
  • Img_3187