フォト

カテゴリー

« HONDA の KEIHIN と YAMAHA の MIKUNI | トップページ | お知らせ »

2021年1月27日 (水)

1月の日々の作業 その3

キャブレターを装着して工場内で悩む

YAMAHA セロー225WE 5MP

Img_1888

走行は、好調なのだけれども

始動性が極端に変化。

セルボタンプッシュから0.3秒くらいで始動できる時もあれば

3秒回しても始動できないこと有り。

今まで出会ったセロー225なら

暖機後はボタンプッシュから0.2~0.8秒の間に始動できる個体が

大半だった印象がある。

Img_1887

もう少し調べてみます。

こちらも

キャブレターを装着して工場内で調整後

Img_1883_20210127080701

自身の感じた不具合が改善しているかの確認試乗

HONDA DREAM CB250T G5?

Img_1885

ザ・オートバイ。

スロットル全閉からの開け始めにあったモゴつき、タメは消えた。

スッと消えるようなアイドリング時の空白も消えた。

長い信号待ちでも今のところ安定している。

その後の開け始めにも密を感じるのでいい感じ。

が、小刻みなストップ&ゴーの時にアイドリングの落ち込み有り。

Img_1886

ザ・オートバイ。

次の一手をどうするか考えを纏めながら

Img_1889

オーナーがゲットしたハンドル交換作業

Img_1891_20210127080701

少し捻じれた純正ハンドルから

曲がり、捻じれ無の純正ハンドルへ

Img_1893

スロットル側スイッチボックスの配線保護チューブが

プラスティックのように硬化しているので

Img_1894 

スロットル側はNEW保護チューブに交換。

ハンドルを装着して思う

Img_1896_20210127080801

自身が幼少期に萌えた景色は

正にこの景色。

排気量違えどHONDAのこの景色。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« HONDA の KEIHIN と YAMAHA の MIKUNI | トップページ | お知らせ »

修理ホンダ」カテゴリの記事

修理ヤマハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HONDA の KEIHIN と YAMAHA の MIKUNI | トップページ | お知らせ »

最近の写真

  • Img_2971
  • Img_3048
  • Img_3049
  • Img_3050
  • Img_3051
  • Img_3052
  • Img_3055
  • Img_3057
  • Img_3093
  • Img_3095
  • Img_3186
  • Img_3187