フォト

カテゴリー

« YAMAHA | トップページ | メンテナンスと修理 W1SとCB72 の巻 »

2020年10月22日 (木)

796 DRY CLUTCH

クラッチカスタム作業 DUCATI MONSTER 796

乾式クラッチ化

近所を走行して

Img_9608_20201022011001

各合わせ面からオイルが滲み出た。

走行後にレリーズロッドを抜くと分かるが

シャフト内に入ってくるオイルは少なくはない。

液体ガスケット塗布では脱着の度に漏れないか不安が残るので

対策を練って

Oリングを仕込むことに決めた。

先ず

Img_9781_20201022011001

ハブの奥のカラー

シャフトに嵌める奥のOリングは

796と乾式クラッチの組み合わせでは意味をなさないので

そこは無し。

テーパーワッシャーも抜くので

ワッシャー寸法をプラスした寸法でカラー製作。

Img_9790_20201022011001

奥のカラーとハブの当たり面。

表のカラーとハブの当たり面。

Img_9791_20201022011001

表のカラーとスペシャルナットの嵌め合い部分。

Img_9792

スペシャルナットのシールを含めれば

合計4カ所のシーリング。

Img_9793

奥のカラーをセットして

Img_9794

組み立て。

Img_9795

試乗

Img_9798

惰性で進みながら1速や2速に入れた時

レバー側に少し動きを感じる。

これは長さ調整に仕込んだコロの動きかもしれない。

切れ、繋がりは問題なし。

Img_9800

Img_9801

外側から見た状態ではオイル滲み出しはない。

Img_9802

レリーズ側が少しウエット。

これはエンジンオイルかクラッチフルードか。

Img_9803

少し六アイをウロウロして帰店。

Img_9805

漏れてないよ~\(-o-)/

Img_9807

OK。

製作した各部品を表面処理に出します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« YAMAHA | トップページ | メンテナンスと修理 W1SとCB72 の巻 »

Custom DUCATI」カテゴリの記事

コメント

叡知の塊ナットに感服しました‼️本家ドゥカティが技を盗みに来たり、他の湿式ドゥカティ乗りが乾式化に駆け込んで来るかもしれませんね😁
楽しみに待ってます‼️

uedaさん いつもありがとうございます。
uedaさんご安心ください!たぶん誰もやりません!日本では、あなただけです(笑)
海外にはやってる人がいるそうですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YAMAHA | トップページ | メンテナンスと修理 W1SとCB72 の巻 »

最近の写真

  • Img_0204_20201125000501
  • Img_0347
  • Img_0348
  • Img_0350_20201124233701
  • Img_0351_20201124233701
  • Img_0354_20201124233701
  • Img_0356
  • Img_0361
  • Img_0368_20201124233801
  • Img_0370
  • Img_0373
  • Img_0479