フォト

カテゴリー

« お知らせ | トップページ | お知らせ »

2020年9月11日 (金)

屁のツッパリにもなりません

全日本の井上監督のプレッシャーに比べれば私のプレッシャーや悩みなんて。

為せば成る為さねば成らぬ成る業を成らぬと捨つる人の儚さ。

されど為せしも成らぬこともありけり。

それでもやってみないと分からないので頭と手を動かすのでありけり。

喝!

そんな話はさておき

今の工場内作業の一部始終

Img_8692

何だかターボみたいでテンションが上がったKE125であったが

Img_8811

試乗の途中で絶不調。

クラッチもズルズル。レリーズの錆が酷かったので戻し切っていないと考えていたが

レリーズだけではなかった。

Img_8825

クラッチを外す

Img_8826

ズルズル。

しかし

Img_8893

Img_7499-2_20200911224801

スプリングやガスケットは販売終了だったがプレートはメーカー在庫があった。

Img_8894

交換。

不調の原因は

Img_8914_20200911222601

クラックの入った点火コイルに狙いを定めてみた。

しかしこちらは販売終了。

そこで

6V ポイント式 プラグコードの自由度 を念頭に部品捜索。

パーツリストと睨めっこしながら部品屋さんにも協力して貰い

『 これは? 』 『 残念! 』

『 これは? 』 『 残念! 』

『 これは? 』 『 あるで! 』 『 高っ! 』

『 これは? 』 『 あるで! 』という感じで

上手くいくか分からない部品に値段の高い物はリスクも高いので

Img_8895

YAMAHA の 6V ポイント式 コードの自由度申し分なし。新品をGET

Img_8907_20200911222601

一部加工して、カラー製作。

Img_8909

いい感じ。

工場内で調子良好

Img_8927

試乗。

一気にパワーバンドにもっていくとクラッチがまだ少し滑る。

しかしそれ以外は安定していたので

Img_8928_20200911225801

クラッチの対策を考えながら帰店したが

帰路の途中で不調になった。

路上でこうしたらこうなった。そうしたらそうなったという現象を考えると

Img_8933

やはり電気系だと思う。

Img_8953

KEのクラッチカバーを外すスピードが速くなった。

リアサスをご用意いただいたサスに交換。

Img_8954

クラッチは、できる対策を講じてみます。

10年使った三協エアーホースリール

最近、暑さのせいかホース先端の破れが度々起こるので

その都度、修理していては作業の手が止まってしまう。

そこで三協製のホースのみを交換した。

西宮時代にホースを痛めてカットした長さを考えるとかなり短くなっていると思っていたが

Img_8957

Img_8958

びっくりするくらい短くなっていた。

これで三協ホースリールは復活。

不調修理の DUCATI 900S2

Img_8716

純正点火でいい感じのところまでもっていったが

お聞きしていた内容の

フルパワーKITを装着した途端に吹け上がらなくなるという症状。

念の為 ウオタニ御中にKITをチェックしてもらい

KITに異常がないことを確認。

で、車体側を点検修正し問題解決↓

https://youtu.be/p4Dmm7hsY7c

その他の作業を進めます。

同じく ベベル MHR

不調修理 たいへんお待たせしております。

Img_8776_20200911221301

キャブレターの点検

Img_8774

Oリングの劣化や 内部金属部品の摩耗、劣化あり

Img_9003

選んだ要交換部品が揃いましたので組み立てます。

まだ仮の仮だけれども

山を越える為

Img_9002

こういう風に形にして気持ちを上げる。

あ~かっちょいい~

約25年の歳月がもたらしたもの

Img_8918_20200911222301

このエアフィルターは致し方ない。

それよりダクトがまだゴムゴムしていてびっくりした。

Img_8921

これも致し方ない。

Img_8919

造りがカッコいいが重い。

Img_8920_20200911222301

燃料タンク

酷い錆がなく、中に油気がある。。25年間油を吹き続けたのか。。

御仁、ただもんやないな。

Img_8923_20200911222301

しっかりした骨格。

Img_8924_20200911222301

キャブレターはいろいろ思案が必要。

Img_8925

スプリングではなく、錐を錐で押すことにより極微妙な力で栓をするということか。

Img_8922

海外手配部品を先に要ピックアップ。

お時間頂戴します。

憧れたオートバイに乗りたいという御仁が手に入れた

Img_8879_20200911221101

K1

点検前の試乗

やっぱりKは気持ちいい。

お時間頂戴します。

他の車両も順次作業をさせていただきます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« お知らせ | トップページ | お知らせ »

修理ホンダ」カテゴリの記事

修理カワサキ」カテゴリの記事

修理 ドカティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | お知らせ »

最近の写真

  • Img_5868_20201028224601
  • Img_7017_20201028224501
  • Img_7018_20201028224501
  • Img_9765
  • Img_9767
  • Img_9907
  • Img_9908
  • Img_9909
  • Img_9910
  • Img_9918
  • Img_9923
  • Img_9926