フォト

カテゴリー

« ZX900A | トップページ | ZX900A と KZ1000R2 »

2020年8月12日 (水)

このオートバイはこういうもんと、このオートバイはこんなもん。

ブレーキ鳴きに続き

キタモ脳内デスクの引き出しを増やす時が来た。

『 自分がこういうもんですと言うならワイはそれでええ 』

いや、私は現段階でこんなもんと逃げるしか言いようなく

こういうもんとは、言えない。

定期点検 メンテナンス 修理作業 KAWASAKI 750RS Z2

Img_8233

オイルが滲み始めたカムカバーガスケットの交換と

規定値から外れた箇所のバルブクリアランス調整。

1、3、4のEXと2のIN 合計4カ所。

Img_8234

私の記憶が確かならば

以前取り寄せた純正カムプラグと今回のカムプラグ形状が違っていると思われる。

未だに進化させているのかカワサキモータースジャパン。KMJ。

キタガワモーターサイクルズジャパン。KMJ。

cjd。いい響きだ。

Img_8235

こちらもオイルが滲んできた

右エンジンカバーガスケットの交換。

Img_8237

一緒にオイルシールも交換。

純正はシングルリップだがオイルシールに矢印付き。

これは右回り仕様ということかそれとも回転軸用ということか。

汎用シールに比べ、リップ部の同一方向に付いた模様の数が多い。

これはやはり右回り仕様ということなのか

オイルシールも奥が深い。たぶん。

Img_8238

ガバナ系はできるだけ柔らかいグリスで組み立てる。

今回の不調原因となったコンデンサーはエンジンから離すことにした

Img_8239

元のコンデンサーからフェルト部分だけ切り取って装着。

コンデンサーはステーを製作して

Img_8240

タンク下に移動しました。

社外コンデンサーなので以前と比較できませんがこれで持ちがどうなるか。

Img_8256

摩耗してきたフロントタイヤの交換

Img_8257

ブレーキ鳴き止めの苦労を思い出すと

位置が変わることによりまた鳴き始めたらどうしようと不安になるけど

そんなことで鳴くようならただのまぐれやんけ。

そうや!そうや!

ということでタイヤ交換。

Img_8258

Img_8260

過去に交換歴が無ければ50年近く使ったリム

錆が出ている箇所は研磨&防錆処理して

Img_8261

チョイスタイヤはTT100。

組み立てたら

Img_8275

試乗

ブレーキは鳴かない

この個体における処置は間違っていなかった。

Img_8277

好調であります。

Img_8279_20200810205701

支部長のRSは、よく走る。

数年前の正月

キャプテンの不意を突いた作戦による急加速に反応しピッタリ後ろに付いた支部長RS。

未だにあの時のキャプテンの悔しそうな表情が目に浮かぶ^^

Img_8280

姫路 あ に歴史を感じる。

Img_8281

とても好調なRSなのだけれど

Img_8284

最近、HONDAにも乗る支部長が気になるのは

何故、Z2はオーバーフローするのか?

今まで停車時には燃料コックをOFFにするのが当たり前だったのだけれど

HONDAに乗り始めて

負圧コックということもあり、コックをOFFにする習慣が薄れて

Z2に乗った時にコックをOFFにしなかった場合

Img_8285

キャブレタードレンホースから燃料が出てくる。

『 それは支部長、燃料コックを忘れずにOFFにす・・ 』

『 ワイがOFFにすれば済むことかもしれんがのお?! 』

『 それは支部長、燃料コックを忘れ・・・・』

『 HONDAは漏れん 』

『 それは支部・・・・ 』

『 そういうもんやと言うならワイはそれでええ 』

『 そ・・・ 』

『 もし方法が考えつくなら自分の考える方法でやってみてくれんか 』

有難い言葉だ。

ブレーキ鳴きの時も同じ言葉を頂いたど。

Img_8286

やれることを やってみて

こういうもんと言うか、止まりましたと言うか。

古いバイクはこんなもんとは言いたくない。

これを師匠と私の間では 『 こんなもんですよ攻撃 』 という。

この攻撃は一門の間でご法度。

ということで

現状の実油面計測

漏れる頻度の高いのは1番と3番。

1番

Img_8326

2番

Img_8327

1番が少し高いので実油面を規定値下限に合わせてみる。

しかし油面が適正範囲であっても

しばらく放置して漏れるということは

バルブが止め切れていないということ。

案の定、しばらく放置すると漏れる。

しかも1番が出ないと安堵すれば2番から出るという状況。

こうなれば以前から気になっていた

KEYSTER製フロートバルブのスプリングテンションに着眼。

他の車両でオーバーフローは無いけど

Zの場合は、もしかして

Img_8345

左がKEYSTERで右が以前装着していた純正。

Img_8332

純正バルブに交換し油面を低めに設定してみたが

しばらくコックONで放置すると

Img_8350_20200810205501

やはり

Img_8351

漏れる。

因みに

少し研磨したフロートの摩耗

Img_8241

社外品で1個7500円ほど

4個で3万円。。。

もう少し研磨してみます。

あと問題は金属バルブとラバーバルブの違いか。

たいへんお待たせしております

作戦を練ります。

番外編

支部長のトレーラー

Img_8122

長っ!

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« ZX900A | トップページ | ZX900A と KZ1000R2 »

修理カワサキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ZX900A | トップページ | ZX900A と KZ1000R2 »

最近の写真

  • Img_9242
  • Img_9213
  • Img_9211
  • Img_9224
  • Img_9225
  • Img_9226
  • Img_9227
  • Img_9228
  • Img_9229_20200924234401
  • Img_9232_20200924234401
  • Img_9233
  • Myct7940