フォト

カテゴリー

« W1S | トップページ | お知らせ »

2020年7月11日 (土)

1歩進んでもう1歩進もうと思ったら進めないことに気が付いて、修正に悩んで2歩下がることに決めた結果3歩進むことがで

きたW1S編

軸方向にガタのあったスウィングアームの作業中に気が付いた

Img_7583

センタースタンド軸受けの不良。

要相談。

スウィングアームに戻って

Img_7584

錆びはあるがブッシュ等の摩耗は少ない。

Img_7585

この状態でしっかり面で当たる。

軸方向のガタは

Img_7586_20200711202001

この段差

Img_7589

ダストシールに張りがあればあまり感じないガタだと思うが

ダストシール販売終了。

W系は国内、海外ともに販売終了部品がかなり多い。

ガタを無くす為

Img_7590

両サイドにシムを入れた

Img_7591

ガタなく、動きもスムーズでバッチグーです。

このまま一気にリア廻りと考えていたが

私の確認不足だ

Img_7596

種類の違うナットが付いているだけと思っていたら

Img_7597

ボルトのスプロケット当たり面摩耗大

ネジ山損傷

ドリブンスプロケット取付穴摩耗大

走行中にドリブンスプロケットが動いていた模様。

ボルト、ロックワッシャー、スプロケット販売終了

KAWASAKIから供給されるのはナットのみです。

ボルトはステンレス製の社外品があるが欠品中で

ヤフオクはどんどん値段が上がる。

スプロケットはギヤの摩耗が少ないので穴さえ修正できれば使用可能。

『 強く締めてもすぐに緩むぞ 』 

ご来店のキャプテンが

強く締め付けようかな。。なんてボソボソ言った私に喝。

分かっていたけど出鼻を挫かれたショックでボソボソ言ってしまった。

ならば

Img_7598

取付穴を15mmに拡大。

痩せたボルトを太らせて

Img_7599_20200711202201

成型。

久しぶりの

Img_7600_20200711202101

ネジ切りは毎回緊張する。

Img_7601_20200711202301

右2本が修正品。

45Cでブッシングを製作

Img_7602

圧入

Img_7603

Img_7604

内径は純正と同じ12mmです。

Img_7605

セット。

Img_7606

しっかりしています。

通常ナットで締め付け確認

Img_7608_20200711202101

本組は、M12P1.25の緩み止めナット。

Img_7609_20200711202101

いいじゃないか。

緩み止めナットが届いたらリア廻りの作業を再開します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« W1S | トップページ | お知らせ »

修理カワサキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« W1S | トップページ | お知らせ »

最近の写真

  • Img_8339
  • Img_8343
  • Img_8344
  • Img_7889
  • Img_7890_20200801222601
  • Img_8152
  • Img_8153
  • Img_8154
  • Img_8155
  • Img_8156_20200801222501
  • Img_8157_20200801222501
  • Img_8158