フォト

カテゴリー

« お知らせ | トップページ | 喝っ! Z1000R2 »

2020年7月16日 (木)

重要なのはめげない心。熟成を目指して。W1Sの巻

点検 修理作業 KAWASAKI W1S

入荷を待っていたロックナットが届いて

Img_7618

リア廻りの組み立て。

その他モロモロ

Img_7620

組み立て。

Img_7621_20200715233901

潤っています。

このマフラーに付着したシミが

Img_7622

W界で有名な 『 硫酸パンチ 』 か

Img_7666_20200715234001

作業後にブリーザーホースとバッテリーのホースは車体下まで伸ばしました。

キャブレターに装着されたスプリング

Img_7634_20200715233901

この後、始動を試みて意味が分かったが

バックファイヤーの爆風でスプリング諸共キャブレターが飛びます。

事前にチェックしていたガバナとポイント

Img_7417_20200715233901

ウエイト軸やウエイト穴の摩耗有り

一先ず今回はそのまま組み直し。

問題はポイントブレーカーのベースプレート

嵌る穴に対してべースが少し小さい為

ギャップを合わせてから点火時期を調整しようとすると

ギャップがズレる。

純正ではないのか。

そして

タイミングホール

Img_7636_20200715233901

オイルの混じったブリーザーガスが噴き出してくる

タイミングホールの角度が丁度 整備士の顔面を狙う角度だ。

霧状のオイル&ガスを浴びながら合わない点火時期を調整するのは至難の業。

結局、タイミングライトを使用するのは辞めて

手動で合わせることにした。

Img_7644

ベースプレートの調整幅を越えてくるので

コンタクトブレーカーのカムギヤがズレている可能性も考えたが

今回はベースプレートを加工して対処。

キャブレターのスプリングは外せそうだ。

当初より始動性は良くなったと思うが

回転落ちの遅さと偶に上がるアイドリングが気になる

もしかするとガバナのガタが関係しているのかもしれない。

点火関係は、ほぼ部品が出ないので思案が必要です

走れるようなら今後の課題

不調ならキャブレターか点火を確認します。

そんなことより

自身の作業着のヨレヨレ具合がもっと気になってきた。忍忍。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« お知らせ | トップページ | 喝っ! Z1000R2 »

修理カワサキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | 喝っ! Z1000R2 »

最近の写真

  • Img_1888_20210225231101
  • Img_2257
  • Img_2324_20210225225701
  • Img_2326_20210225225701
  • Img_2340
  • Img_2341
  • Img_2342_20210225230301
  • Img_2343_20210225230301
  • Img_2344_20210225230301
  • Img_2345_20210225230301
  • Img_2349_20210225231101
  • Img_2350_20210225231101