フォト

カテゴリー

« まな板に載ったまま毎日形の変わらない車体を見て、改めて喝を入れる。心技体+α の巻 | トップページ | 初めてのオートバイはツインキャブ と 90完了 »

2020年7月 7日 (火)

ステムベアリングと不調修理 計測と考察

KAWASAKI W1S

動きに引っ掛かりのあるステムベアリングは

現在入手できるテーパーに変更するのが一般的。

しかしステアリングの動きに関してはボールに軍配が上がると考えているので

何とかボールベアリングで交換できないか捜索。

W1Sのステムシャフトと同径が国産車では見当たらないが

アウターの径さえ合えばインナーの内径はスペーサーを製作し対応できるとの考え。

Img_7486

これがW1Sのベアリングレースとコーン。

Img_7488

ボール当たり面から下の厚みは、最近のアンギュラのコーンより少し薄いくらい。

アウターの寸法を基準に探すと

Img_7489

このZ系が合致しそうだ。ボールサイズもW1Sと同じ#1/4。

コーンの内径は4mm差。2mm厚のスペーサーを製作すれば装着できそう。

Img_7490

レースはよく似ているが

Img_7491

Z系には下にシールが入る為、コーン形状が違う。

Wにもシールを装着できるチャンスかとも思うが

レース、ボール、コーンをセットしたセット長が約1.5mmも高くなる。

これでは上下合わせて約3mmプラスになってしまい

トップブリッジとアンダーブラケット間にライトステーの入るW1Sには

上か下にスペーサーが必要になる。

内径、外径の合致するテーパーベアリングのセット長も

同じくらいに差がでるのなら手間をかけてボールにすることもありかもだが

届いたテーパーベアリングは

Img_7527_20200707215801

単品計測のセット長がほぼ同等。

長々と書きましたが

一切迷わずテーパーベアリングをチョイスしました。

ーーーーー

不調修理 HONDA スーパーカブ90カスタム

気になった現象を考える

私が乗ってもオーナーのおっしゃる不具合が出ない時

先ずは正常な90の乗り味と違うところに狙いを定める。

Img_7465

先ず私が狙ったのは吸気系。

摩耗したニードル、このニードルを観察すると

Img_7511_20200707220101

信号待ち

Img_7512_20200707220101

車の流れに乗って

前が空いたら

Img_7514

全開。

Img_7511_20200707220101

先頭で信号待ち

青になったら

Img_7514

全開。ということだろうか。

Img_7506

右が新品のニードル。

私が着目した点は、不具合が出た後のお預かり時に

プラグが黒っぽいということ。

あとは走行中一定開度で現れるギクシャク小と全閉からの開け始めのタメ。

ニードルが極端に減った部分で走行していてプラグが煤けただけで

オーナーのおっしゃる不具合になるのか?ならないような気もするが

Img_7498

ということで

Img_7519

試乗。

店を出てしばらくは好調。

しかし1kmほど走ってから以前の現象が現れ

六甲アイランドに進入したころに今までになく不調。

Img_7520_20200707220001

やっと現れた不調。

ヘルメットの中でブツブツ考察を述べながら帰店。

すぐさま触った吸気系に変化をつけて症状がどうでるかのテスト。

症状に変化なく不調。

長々と書きましたが

Img_7526

狙った方向は間違っていたようだ。

すぐさま発見した次のポイントに狙いを定めて

触った吸気系は初めの状態に戻す。これをやらないと迷宮入りである。

部品の到着を待って交換。

Img_7533_20200707220001

勝負あり。たぶん。今のところ。

走行して感じた正常な90との違いが全て消えた。

スロットル開度と思っていたのは、ある回転数の振動だったのかもしれない。

Img_7534_20200707220001

これなら不具合が2日で出るとか10日で出るとか

共通パターンなしも説明がつく。

念の為、もう少乗ってみます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« まな板に載ったまま毎日形の変わらない車体を見て、改めて喝を入れる。心技体+α の巻 | トップページ | 初めてのオートバイはツインキャブ と 90完了 »

修理ホンダ」カテゴリの記事

修理カワサキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まな板に載ったまま毎日形の変わらない車体を見て、改めて喝を入れる。心技体+α の巻 | トップページ | 初めてのオートバイはツインキャブ と 90完了 »

最近の写真

  • Img_8339
  • Img_8343
  • Img_8344
  • Img_7889
  • Img_7890_20200801222601
  • Img_8152
  • Img_8153
  • Img_8154
  • Img_8155
  • Img_8156_20200801222501
  • Img_8157_20200801222501
  • Img_8158