フォト

カテゴリー

« お知らせ | トップページ | 定期点検と 点検修理&ブレーキ鳴き »

2020年6月23日 (火)

XT225WE 5MP4

手直し作業 YAMAHA セロー225 WE

2004年の車体に

1998年のエアクリーナーBOX装着&AIキャンセル

インテークのダクトは1986年用の組み合わせ。

走って感じる現象と自身の予想が逆に進んだ時

別の場所に原因があるのか疑ってみる。

今回途中で気が付いたのは

Img_7214

部品名で言うと 『 パイプ 』

前後にホースが接着されてパイプアッセンブリー。部品代は高い。

これが原因では無かったが振るとカタカタ音がして

中のフィルターが劣化しキャブレター内にスポンジが進入していた。

振って音がした時にまさかワンウェイ?とも考えたが

装着場所的にワンウェイである必要はなく、

新品も空気両側通行。

新品はカタカタ音がしなかったので

交換したパイプの確認

Img_7215

カタカタ音は金属の網

その網に挟まれたスポンジがモロモロになっている。

交換したが特に走りに影響はなかった。

その他にも原因と思われる箇所はなく

ならばと

走って感じる現象が消えるところまでキャブレターを調整し続ける

Img_7205 

天気が良く、車が少なく、後ろに来店予定のない日。日曜日だ。

ご指摘の部分をクリアしたがどうしても純正ニードルではピッタリこない箇所が残る。

どこを重視するか

先ずはご指摘の箇所を重視した状態で完了とさせていただいた。

この日の六甲大橋と六甲アイランドでのテスト後は

Img_7206

お山で最終確認。

問題がないことを確認できた。

なんとか改善させ

この感覚はこう、ここをこうするならこうという

新たな引出しを手に入れた帰路の下り坂

頭の中は

この曲が鳴っている。

たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« お知らせ | トップページ | 定期点検と 点検修理&ブレーキ鳴き »

修理ヤマハ」カテゴリの記事

Custom YAMAHA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | 定期点検と 点検修理&ブレーキ鳴き »

最近の写真

  • Img_8339
  • Img_8343
  • Img_8344
  • Img_7889
  • Img_7890_20200801222601
  • Img_8152
  • Img_8153
  • Img_8154
  • Img_8155
  • Img_8156_20200801222501
  • Img_8157_20200801222501
  • Img_8158