フォト

カテゴリー

« V-MAX 1200 テール仕上げ | トップページ | 点検 修理作業 Fー301 & YーTX »

2020年5月23日 (土)

CBM72

オーナーが譲り受けた車両の点検整備作業 

HONDA CBM72

製造は1960年代前半

本田技研の工場から公道デビューして約60年です。

Img_6415_20200523223201

いまだ現役。

点検作業開始

Img_6542

動きの渋いステム

ダンパーを緩めてみたがステムベアリングのゴロゴロした感触がある。

レース、ボールはホンダモーターサイクルジャパンで入手可能。

部品番号を統合しながら同じ形状で近年のバイクにまで使われているようだ。

恐るべし本田技研。

フロントフォークも組み直します。

Img_6475

この辺りはいろいろあります。

Img_6543

ホイールB/G はNG

鋼板が変形しボールと接触しているので交換します。

ブレーキシューは前後とも要交換。

Img_6567

スプロケット側B/Gも変形小。

Img_6566

フロントはゴロゴロした感触はありませんがラバー内側の腐食があるので

この機会に交換します。

Img_6544

錆びて折れているボルトは除去。

Img_6474

バルブクリアランスは2番がIN EXとも隙間過小で要調整。

プラグの黒かったエンジンのキャブレターは

FLがかなり+され油面を下げてありますので

そうしなければならなかった何かがあります。

点検後、KEYSTERで要組み直し。

Img_6545

はみ出したグリスが外から見えたスウィングアームの動きは

ガタ無くしっかりしています。グリスは大事。

Img_6553

必要な部品は国内、海外で手配できました。

入荷までに期間を要しますので

ホイールを仮装着しオーナーとシート形状の打ち合わせ。

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« V-MAX 1200 テール仕上げ | トップページ | 点検 修理作業 Fー301 & YーTX »

修理ホンダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« V-MAX 1200 テール仕上げ | トップページ | 点検 修理作業 Fー301 & YーTX »

最近の写真

  • Img_6569
  • Img_6576
  • Img_6577
  • Img_6579
  • Img_6580
  • Img_6582
  • Img_6591
  • Img_6592
  • Img_6595
  • Img_6597
  • Img_6598
  • Img_6599