フォト

カテゴリー

« imagine 3  浮かせた Sidebag。 いい塩梅な寸法を追え の巻 | トップページ | 定期~納車前~入手車両の 点検と修理 »

2020年5月12日 (火)

Always rising after a fall.. え、まだできていないの? の巻

たいへんお待たせしております。

メンテナンス カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200 

C-bowステーにバッグを付けて位置をみる

決めた箇所で前方カラーとブラケットを仮付け

Img_6363

前方のみ固定状態で

Img_6365

バッグを装着。

Img_6373

ワンタッチキーとシートのクリアランスを確保すると

バッグとシート間は余裕がある。

Img_6376

サスペンションとのクリアランスも確保した。

オーナーに画像でチェックをして貰う。

シートとバッグのクリアランスが確保できたことにより

タンデム時でもお尻とバッグは干渉しない。

ならばバッグの内側をシートのツラまで上げたいよね!

Img_6384

バッグを外側から押したらバッグ上面がプクッと膨らんだ為

バッグを膨らまして撮影しようかと思ったが

葛藤の末、そんなことはやめた。

計測したら約20mmUP

新たに板を切り出し

カラーとの連結位置を変更

Img_6393

Img_6385

Img_6387

これがUP後

Img_6388

Img_6390

これでOKをいただいた。

下に伸びたパイプはこのタイミングでCUT

Img_6398

位置が決まれば

後方のステー製作

元々ウインカーが付いている穴を利用するので

Img_6401

カラーを製作。

位置決めのポッチを逃がす穴を開けて

Img_6402

あてがう。

後方もブラケットとステーを直接繋ぎたかったが

このカラーの位置に通すボルトサイズでは

ブラケットが邪魔になり抜くことができない。

裏からボルトとなると抜くためにフェンダーを外す必要がある。

いっそ6mmボルトにするかとも考えたが

後方ステーを車体側に残してブラケットが脱着できるのも

後々便利なのではないかと考え

Img_6405

後方ステーの造り直し

Img_6408

この形は無理があり

Img_6411

斜めの部分をCUT。

曲げて調整して

Img_6412

カラーと繋ぐ。

Img_6413

ここでタイムアウト。

Img_6414

後方の連結方法は既に頭の中に描いている。

上手くいけば2~3日で仕上げ研磨までやります。

またつづく

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« imagine 3  浮かせた Sidebag。 いい塩梅な寸法を追え の巻 | トップページ | 定期~納車前~入手車両の 点検と修理 »

Custom YAMAHA」カテゴリの記事

製作記録 V-MAX」カテゴリの記事

ツーリングキャリア 製作 改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« imagine 3  浮かせた Sidebag。 いい塩梅な寸法を追え の巻 | トップページ | 定期~納車前~入手車両の 点検と修理 »

最近の写真

  • Img_8339
  • Img_8343
  • Img_8344
  • Img_7889
  • Img_7890_20200801222601
  • Img_8152
  • Img_8153
  • Img_8154
  • Img_8155
  • Img_8156_20200801222501
  • Img_8157_20200801222501
  • Img_8158