フォト

カテゴリー

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月31日 (日)

R&R JAPAN 更新

『 ダーマが欲しい 』

DUCATI BEVEL R&R JAPAN

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

記事を更新しました。

良かったらご覧ください。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

ツインの日 2 S&D&Kの巻

Img_6656

EXACTごしの

Img_6655

EXACTです。

Img_6701

消耗品メンテンンス SUZUKI TL1000R パールロードSP

Img_6698

タイヤは BATTLAX S21から S22に交換。

Img_6704

チェーンは『RK』TAKASAGOチェーンから『EK』江沼チェーンに交換。

Img_6705

エンジンオイル、各フルード交換して試乗

Img_6706_20200530231001

軽っ。

Img_6711_20200530231101

『 三重 』ナンバーから

ご当地の『 伊勢志摩 』ナンバーに変更したとのこと。

Img_6707

細部までピカピカのパールロードSP

ツーリング後に実施する愛車磨き。

その行為にかける時間を聞いて開いた口が塞がらなかった。

オーナーがTLを磨いている間に神戸~志摩間を単車で往復できますやんか。。

これが人それぞれの LOVE POWER。

Img_6710

遠いところご来店ご依頼ありがとうございます。

無事の帰宅なによりです。

ーーーーーー

たいへん長らくお待たせしました

Img_6714

DUCATI 900SD DARMAH

Img_6715_20200530230901

バーハンドルのベベル。も好き。

最近ダーマに注目する人が多い気がする。

Img_6716_20200530230901

好調です。

2カ所気になったところだけ確認します。

Img_6721_20200530230901

ああ、このダーマに荷物を積んでツーリングに行きたい。

いや何を言っている、DARMAHではなくKMHRに荷物を積むのだ。

ーーーーーー

『 好調なW3に乗ってみそ 』

私はW3に乗ったことも触ったこともない。

百聞は一見に如かず

お言葉に甘えて

Img_6730

KAWASAKI 650RS W3

手が入っていないところは無いというW3

Img_6733_20200531000801

これがW3か。。いやW3+α 。

キック1発始動、アイドリングは1100rpmでピタと安定。

車体のカッチリ感といい、

オーナーのW3愛と、この個体を仕上げるのに関わった人達の技術力の高さを感じる。

試乗させていただく前に

頭で思い描いた並列ツインは、これまた乗ってびっくり XS-1B。

どんな違いがあるのか興味があったが

自身の感じたことを分かり易く言葉で言い表すと・・・

XS-1BはスロットルOPENに対して単車先行型

650RS W3は右手追従型と言った感じか。

分かり難いな。

数十キロでは楽しさは分かっても深いところまでは行けない

何万キロ乗り込んでみたいと深く思う。

Img_6737_20200531000801

Img_6734_20200531000801

Img_6736_20200531002001

ああ、W3とさんふらわぁに乗りたい。

いや何を言ってる、W3ではなくKMHRとさんふらわぁだ。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月30日 (土)

ツインの日 Y&Yの巻

不調点検修理 YAMAHA TX650

Img_6564_20200530230701

固着したスタータプランジャ

何かで抜こうとした形跡がありますので固着してから月日は流れているようだ。

こういう物はエンジンコンディショナーやキャブレタークリーナーでも

すんなりと抜けることは少なく、強い溶剤漬け置きもよくない

そういう場合どうするか

Img_6622

優しい液に漬ける。

漬けている間に

点検中に気になったリア廻りのガタがどうもホイールB/Gではないようで

Img_6687

スウィングアームであった。

ガタの大きさはまだマシではあるが

現状以上にガタが進行すると

走行中のスロットルONOFFの度にスウィングアームごと後輪がガコガコと大きく動く。

スウィングアームのチェックが済んだころに

Img_6690

スッとプランジャーが抜けた。

何も傷つけない素晴らしい液体。

Img_6740_20200530230701

バルブクリランスは大きく外れてはいませんが

バラツキが少しあるので調整。

カムチェーンは伸びがあるので調整します。

同じくYAMAHA

KさんのXS650SP

Img_6741

ヘッドがシートカット、バルブ研磨、最小値面研

Img_6742_20200530231201

シリンダーはピストン合わせボーリング&プラトーホーニング

ピストン系はWPC&MOS2から戻ってきました。

Img_6743

恐るべしプラトーホーニングです。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月26日 (火)

JYA2LT シルエットに萌える夜 の巻

カスタム メンテナンス作業 YAMAHA V-MAX 1200

Img_6569

同調。

工場内作業が完了したら

C-BOWステーを装着しSide bag装着。

Img_6576

試乗。

Img_6577

カチッと装着されたbagを見る度、製作に悩んだ日々が思い出される。

Img_6579

bagを外してみる。

うん。これがっ

Img_6580

たまらん。

オーナーチョイスのテールランプが純正テールカウルと

Img_6582

ジャストフィットです。

黒いバイクといえば

Img_6591

夜。

Img_6592

Img_6595

ここから少し走って

さんふらわぁ出航後のさんふらわぁ乗船場

Img_6597

バイクを停めて少し離れる

振り返って見えたVMAX NSP

今このカッコよさを写真で伝えられるか否か

此処を先途とばかりに写真を撮りまくった。

Img_6598

直ぐにオーナーに写真を送信。

Img_6602

Img_6600

Img_6601

ん~かっこいい。これはあれだ、マンモスウレピーである。

オーナーの妄想とプロデュース

昨年末からのカスタムにおけるプライオリティ。

自分はカスタムに関してあまりイメージする能力がない。

オーナーの妄想を具現化するにはどういう風にすればいいかを考え

製作していくので仕上がったバイクを見て乗って毎回感動する。

Img_6613

気が付いた不具合の修正をし最終試乗

Img_6611

C-BOWステー いい塩梅です。

因みにこのステーがセンタースタンドアシストグリップにもなります。

Img_6614

作業完了しました

Img_6599

たいへんお待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

DG08J

カスタム 修理作業 YAMAHA セロー225WE

合わせ面の変形したエアクリーナBOXの交換

Img_6469_20200526153001

メーカーから入手可能な ’98 WE 用BOXに

Img_6471_20200526153001

YSP ’86 のダクト

特にBOXを加工することなく装着可能でした。

ダクトを変更したりダクトを外したりすると

大きく吸入量が変わる。

個人的にはBOXより外側のダクトはあった方がいいと考えている。

今回BOX変更に伴いAI(エアーインダクション)はキャンセルします。

Img_6570

ヒビが入ったインテークマニホルドも交換。

Img_6571

組み立て。

外でMJやJNCLを変更するのはリスクが伴うので

住吉川沿いの道路を走って店で変更を繰り返す。

ある程度の変化するデータがとれたら

パターンを決めて

Img_6573

試乗

Img_6574

標高も

Img_6575

上げてみる。

順調にお山を登り、帰路で気になったところを調整

Img_6585

PSの調整に伴う変化が大きい。

これはAIをキャンセルしたセロー特有なのか。否か。

お預かり時にEXフランジ部の排気漏れが少しあったので

ここも影響が大きいと思います。

全体的に乗り易く信号待ちの不安もないパターンで

Img_6603

またお山に登る。

Img_6604

最近忘れていた何かを

Img_6605

思い出させてくれるセロー。

Img_6607

未だに大人気のバイクなのが頷ける。

Img_6608

順調でございます。

あと1回乗って完了にさせていただきます。

お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月23日 (土)

点検 修理作業 Fー301 & YーTX

不調修理作業 富士産業 ラビット 301

頻繁にエンジンストップ 再始動良好

Img_6503

原因はメインキーでした。

該当配線を交換。

動かなくなったスピードメーター

メーター本体、メーターギヤ共に問題なく

Img_6505

原因は切れたケーブルでした。

部品交換が完了し

Img_6559

試乗。

グラソリモータースCEOの301に匹敵するほど調子がいい。

何というか金属が馴染んだ感じとでもいうのか。

製造から60年近いですし壊れる個所もいろいろあると思いますが

メーカーの作り込みがしっかりしているラビットは強い。と思う。

Img_6560

こちらもまだまだ現役。

Img_6561

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーー

不調修理作業 YAMAHA TX650

走行中の不具合からアイドリングの不具合まで

Img_6528

今回一番大きく影響したのはポイント付近の不具合

ポイント廻りを修正と調整し

始動。

お預かり時の状態よりはかなり改善したと思います。

オーナーからお聞きしていた箇所と

近所を試乗して気になった箇所の点検修理

Img_6565

キャブレターの点検

Img_6564

2番キャブ スタータープランジャが完全固着。

ポイント修正後に乗ってみた感じで、根本的な車両の状態はいいと思いましたが

各所気になったところは点検してみます。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

CBM72

オーナーが譲り受けた車両の点検整備作業 

HONDA CBM72

製造は1960年代前半

本田技研の工場から公道デビューして約60年です。

Img_6415_20200523223201

いまだ現役。

点検作業開始

Img_6542

動きの渋いステム

ダンパーを緩めてみたがステムベアリングのゴロゴロした感触がある。

レース、ボールはホンダモーターサイクルジャパンで入手可能。

部品番号を統合しながら同じ形状で近年のバイクにまで使われているようだ。

恐るべし本田技研。

フロントフォークも組み直します。

Img_6475

この辺りはいろいろあります。

Img_6543

ホイールB/G はNG

鋼板が変形しボールと接触しているので交換します。

ブレーキシューは前後とも要交換。

Img_6567

スプロケット側B/Gも変形小。

Img_6566

フロントはゴロゴロした感触はありませんがラバー内側の腐食があるので

この機会に交換します。

Img_6544

錆びて折れているボルトは除去。

Img_6474

バルブクリアランスは2番がIN EXとも隙間過小で要調整。

プラグの黒かったエンジンのキャブレターは

FLがかなり+され油面を下げてありますので

そうしなければならなかった何かがあります。

点検後、KEYSTERで要組み直し。

Img_6545

はみ出したグリスが外から見えたスウィングアームの動きは

ガタ無くしっかりしています。グリスは大事。

Img_6553

必要な部品は国内、海外で手配できました。

入荷までに期間を要しますので

ホイールを仮装着しオーナーとシート形状の打ち合わせ。

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月20日 (水)

V-MAX 1200 テール仕上げ

ツーリング用サイドバッグの装着

Img_6449_20200520211501

ロングツーリング用ハードケースキャリアの組付け確認が完了。

メンテナンス カスタム作業 YAMAHA VMAX 1200

カスタムテールランプ化に伴い

テールカウルの後方固定箇所を切り取りましたので

後方に一カ所追加。

Img_6518

MAの下辺りに穴を開けて

Img_6519

M6のネジを切ったインナーカラー製作。

Img_6520

固定。

Img_6523

DS400シート取付ラバーを仕込んだテールカウルを

Img_6522

被せて

Img_6521

固定。

続いて

スチールインナーフェンダー後方を切ったことにより

無くなった配線通路の確保。

通常テールランプの配線のみのところに

テールランプ、ナンバー照明、ウインカー、ドライブレコーダーカメラの

配線が通るので

Img_6524

左右に振り分けました。

テールカウルにも穴を追加しています。

仕上げ用グラブバーを装着し

Img_6526

組み立て。

メンテナンス作業の途中で気が付いた

Img_6535

オーナーの拘り。吸入口拡大。

場所を戻してテール廻り

Img_6534

ブラックグラブバーでリア廻りが引き締まりました。

Img_6530

残る作業はキャブレター同調とテール廻り配線加工です。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

MONSTER 900

公道復活作業 DUCATI モンスター900

良品燃料ポンプに交換

タンク内のホース類は純正新品に交換

ホースの金額にはびっくりするが燃料の中に浸かるので

ここは純正にこしたことはない。

エンジン始動が確認できたら

Img_6496

ナビマウント取付の為にお預かりした部品を加工

Img_6497

ブレーキ、クラッチフルードを交換して

Img_6498

試乗

Img_6499

ようやく公道復活です。

Img_6502

Img_6500

今回、同時にご依頼いただいた作業

制動時にリアブレーキペダルが踏み難く

走行状態の足の位置から

つま先を内側に寄せてペダルを踏む必要があり、ワンテンポ遅れるということで

走行状態からそのまま踏めるようにするペグ延長加工

Img_6507

ブレーキペダルのペグを飛ばし

アダプター製作。

Img_6508

20mmロング。

ビフォー

Img_6511

アフター

Img_6512

これでステップの中間くらいにペグの先端がきますので

踏み易くなったと思います。

Img_6501

作業完了しました。

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月16日 (土)

サイレンサー固定 ZXR編

サイレンサーをオーナーのご希望の角度と位置に取り回した。

公道復活修理 カスタム作業 KAWASAKI ZXR400

次はサイレンサーの固定

板のステーではなく丸棒のステーがいいということで

Img_6476

5052材で上下のカラーを製作

タンデムステップは外すということで

Img_6477

この位置で作ることにした。

頑丈で軽量を考え

Img_6478

Φ16mmのパイプで上下連結。

Img_6479

こんな感じ。

サイレンサー挿し込み部と中間パイプにスプリングフック取付

Img_6485

中間パイプはカウルなどの兼ね合いから

スプリングを上部1本に変更しました。

Img_6484

これでカウルはオーナーにお返しします。

他の作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月15日 (金)

流用と修理 Y&D

不調点検修理と同時に、年式違いの部品取り付け作業

YAMAHA セロー225 DG08J

アイドリングするように調整しても変な感じです。

オーナーからお聞きしていたインテーク側から作業

合わせ面の変形してしまったエアクリーナーBOX

225WE ’04 適合部品が販売終了の為

225WE ’98 のBOXに変更

Img_6469

左が販売終了 ’04 右が新品で入手可能な ’98 用

Img_6470

見た目の違いはAIが付くか付かないかだけのように見える。

で、この ’98BOXに使用するご希望のダクトは

これまた年式違いの

Img_6471

開口部の大きい 225YSP ’86 用のダクトです。

インテークマニホルド交換とキャブレターの点検ができ次第

組み立ててテストします。

ーーーーーー

お待たせしております

公道復活修理 DUCATI MONSTER 900

不動の原因が燃料ポンプと判明

今回は他の作業のこともあるのでポンプは中古捜索のご依頼

外観から良さそうに見えるポンプを捜索し

単体のテスト

元々付いていたポンプとは比べ物にならない吐出を見せます。

使えそうです。

劣化したタンク内部のホース類が揃い次第組み立ててテストします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

Sidebag C-bow ブラケット完成 

メンテナンス カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200

グラブバーに装着したステーとブラケットを連結する部分を製作

Img_6435

バッグの位置を何度か調整して最終確認。

確認が済んだら

Img_6438

グラブバーと連結状態で

Img_6439

各部を完全に固定していく。

Img_6441

余分な部分をCUTし研磨して完成。

Img_6442

これが組み立てた状態。

Img_6443

先ずはグラブバーと後方ステーを装着

Img_6445

C-BOWステーをブラケットに装着した状態で車体に取付。

Img_6444

自分としては

この8mmボルト固定部分が今回の重要ポイント。

Img_6456

そんな小さい話はさておき

Img_6447

バッグがご希望の位置に収まったことに

Img_6448

安堵。

Img_6458

バッグなしでも結構スタイリッシュ

Img_6457

になった。

Img_6449

あとはテール廻りの仕上げと組み立てです

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月14日 (木)

定期~納車前~入手車両の 点検と修理

熟練バイクメ~ンから、初オートバイのバイクメ~ンへ

バトンタッチ。

Img_6351

YAMAHA SR400 FIモデル

軽点検作業

Img_6348

窓から見えるブレーキフルード

タンクの蓋を開けると

Img_6349

このくらい変色しています。

交換すると

Img_6350

窓に見える色はこうなります。

車体の状態は良好。

グリスアップのみ済ませて

Img_6419

試乗。

改めてオートバイっていいなと思った。

Img_6424

芋虫や幼虫が歩き回り、木からは毛虫が糸でぶら下がっていて

春から夏を感じる住吉のお山。

Img_6425

SR快調であります。

初めてのバイクにはもってこいだと思います。

Img_6420 

このSRが春夏秋冬、標高の寒暖差や海や山の匂い、

海岸線の爽快さ、山岳狭路の不安感

いろいろなことを感じさせてくれると思います。

ご依頼ありがとうございました。

ご安全に

ーーーーーー

オーナーが知人から譲り受けた車両の点検作業

HONDA CBM72

Img_5854

たいへんお待たせしております

Img_6415

作業開始

エンジンは静かな方だと思います

発電もしていて状態は良さそうです。

Img_6416

ポイントは要チェック

Img_6417

国内では入手が困難と思われる部品が数点ありますので

一通り点検でき次第、作戦を練ります。

作業を進めます。

ーーーーーーー

定期点検 YAMAHA MT07 RM19J

新車から3年

Img_6341

各部グリスアップ

Img_6342

フロントはタンク内部が黒色なので実際より色は濃く見えています。

Img_6343

リアのタンク。これが現状の色です。

フルード交換しました。

前後キャリパーピストンは固着なし。

清掃してグリスアップしています。

Img_6344

各ケーブルグリスアップと

Img_6345

この錆は磨いてスロットル内部もグリスアップ。

普段から乗っていて徐々にこの状態になれば気が付きにくいですが

この錆があるだけでスロットル操作には変な違和感があります。

Img_6346

プラグ長っ。レンチは14mm。

私は普段BとDを扱うことが多いのでLで始まるプラグは新鮮。

Img_6347

この後、私のミスで警告灯を点灯させてしまった。

何が原因で点灯したかは分かっているので問題ないが

一度点いた警告灯はリセットするまで消えないということが問題。

普段、警告灯とあまり接する機会がないのでアタフタしましたが

この機会に

Img_6426

機械を購入。

ダイアグノースティックツール。

数万円~1600円くらいまでいろいろあり過ぎて

どれを入手すればいいのかさんざん悩んだ挙句

モニターが付いている中では安い6000円くらいのこの機械にした。

世界基準のOBD2という種類で

今回はヤマハ用のハーネスアダプターを購入したけど

ホンダ、カワサキ、スズキのハーネスアダプターを購入すれば

OBD2仕様のバイクならこの機械1個で全部使えるそうだ。

何がすごいってバイクに接続するだけでどの辺りのセンサーに異常があるか

この6000円の機械が教えてくれる。

今更ながら便利な世の中になったと思う。

しかし、何故故障したとか警告灯とは無縁の故障、

警告灯を点灯させた原因の分からない場合は、整備士のひらめきにかかっている。

Img_6428

Img_6427

あんなにアタフタしたけど

ダイアグノースティックツールのボタンをポチポチしただけで

Img_6430

警告灯は消灯した。

ダイアグノースティックツール・・・これは使える。

お待たせしてすみませんでした。

作業完了しました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月12日 (火)

Always rising after a fall.. え、まだできていないの? の巻

たいへんお待たせしております。

メンテナンス カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200 

C-bowステーにバッグを付けて位置をみる

決めた箇所で前方カラーとブラケットを仮付け

Img_6363

前方のみ固定状態で

Img_6365

バッグを装着。

Img_6373

ワンタッチキーとシートのクリアランスを確保すると

バッグとシート間は余裕がある。

Img_6376

サスペンションとのクリアランスも確保した。

オーナーに画像でチェックをして貰う。

シートとバッグのクリアランスが確保できたことにより

タンデム時でもお尻とバッグは干渉しない。

ならばバッグの内側をシートのツラまで上げたいよね!

Img_6384

バッグを外側から押したらバッグ上面がプクッと膨らんだ為

バッグを膨らまして撮影しようかと思ったが

葛藤の末、そんなことはやめた。

計測したら約20mmUP

新たに板を切り出し

カラーとの連結位置を変更

Img_6393

Img_6385

Img_6387

これがUP後

Img_6388

Img_6390

これでOKをいただいた。

下に伸びたパイプはこのタイミングでCUT

Img_6398

位置が決まれば

後方のステー製作

元々ウインカーが付いている穴を利用するので

Img_6401

カラーを製作。

位置決めのポッチを逃がす穴を開けて

Img_6402

あてがう。

後方もブラケットとステーを直接繋ぎたかったが

このカラーの位置に通すボルトサイズでは

ブラケットが邪魔になり抜くことができない。

裏からボルトとなると抜くためにフェンダーを外す必要がある。

いっそ6mmボルトにするかとも考えたが

後方ステーを車体側に残してブラケットが脱着できるのも

後々便利なのではないかと考え

Img_6405

後方ステーの造り直し

Img_6408

この形は無理があり

Img_6411

斜めの部分をCUT。

曲げて調整して

Img_6412

カラーと繋ぐ。

Img_6413

ここでタイムアウト。

Img_6414

後方の連結方法は既に頭の中に描いている。

上手くいけば2~3日で仕上げ研磨までやります。

またつづく

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月 9日 (土)

imagine 3  浮かせた Sidebag。 いい塩梅な寸法を追え の巻

先日、だいたいの位置が想像できたサイドバックブラケットの製作。

だが、オーナーご希望の位置に固定して寸法を出すことは当然できないので

製作するブラケットは浮いたバッグに合わせていく。

メンテナンス カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200

元々装着されていたブラケットは

Img_6278

これ。

MT09用とのことで

このブラケットと車体を、製作されたステーで連結していた為

部品点数が多くバッグが外に張り出し

グラつきも増える。

今回のご希望は

車体に近く、バッグ上面はシート上面より少し下。

上下と前後にハの字で後方上がり~の後端はグラブバー付近。

できるだけ一つのブラケットで固定したいところ

バッグのアタッチメントを観察

Img_6323

ブラケットを上に回すとワンタッチキーを挿せなくなるし

脱着は上に引き抜く為、鍵穴の上部には何もないようにする必要がある。

だいたいの形状が想像出来たら

Img_6324

寸法が決まっている箇所から部品の製作作業

先ずはアタッチメントの固定部分

Φ16 t=1.2 の

錆びにくいステンレスパイプを使用

Img_6325

Img_6326

前後左右

Img_6327

こんな感じ。

Img_6328

これを

Img_6329

バッグに装着する。

車体側は、ご指定の固定箇所があるので

Img_6330

先ずはそこからステーを出す。

因みにグラブバーは

旧、製作用、本番用の3つお預かりしている。

Img_6332

後方上部一か所はフレーム、もう一か所はグラブバー。

上部2カ所とグラブバー後方下部、前方フレームの計4カ所。

3カ所でもいいように思うが

ピタッと決まる気持ち良さは4カ所に軍配が上がる。

Img_6333

シートを付けてバッグをあてがう

ここから出せる寸法は予想して定規を使う

前方は短い距離で直接ブラケットと固定したいと思い

Img_6335

錆びにくいステンレス無垢棒でカラーを製作

Img_6336

できればこのカラーに直接装着したい。

つづく

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月 8日 (金)

復活修理 DARMAH の部品編

予期せぬアクシデントからの復活 

損傷したのは車体左側

Img_6306

折れたウインカーステー

穴を開けてネジを切り

Img_6307

ボルトを改造して

Img_6309

ねじ込んだら緩み防止の為、中間で点付け。

続いて

Img_6294

ひしゃげたクラッチレバーホルダー

ミラー取付穴が下がってしまっているので戻しましたが

クラックが入りました。

ので

Img_6313

クラックを埋める。

続きまして

Img_6310

曲がったシフトペダル

どの部分がどのくらい曲がっているかをよく見て

Img_6312

戻す。

Img_6314

3点治りました。

Img_6315

ホルダーはこんな感じ。

あと1点

Img_5741_20200508100101

歪んでオイルが漏れてくるという左クランクケースカバー

何処が頂点でどこから歪み始めているかを確認して

Img_6318

修正。

カバーを外すか修正機を加工するか迷ったけど

修正機を加工して対処。

たいそうな物ではないけど

工夫は詰まっているよキタモ修正機

Img_6321

お待たせしております

車体側のメンテナンスを進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月 5日 (火)

imagine 2 そういうことだったのか to understand ステー編

見切り発車してしまったナンバーステー

Img_5083_20200505223001

の、作り直し。

メンテナンス カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200

オーナーご持参のナンバープレートベースには

ナンバー照明、LEDウインカー、ドライブレコーダーのカメラが

装着される。

単品で持ってみると当然板のみのベースよりは重い。

これを保持するステーを考えた。

板厚を厚くしてしまうとステー自体が重くなり

テールランプのベース部分に負担が増える。

無垢棒で作るのは雰囲気が違う。

考えた結果

t=1.2の鉄板をチョイス。

Img_6262

考えた形に切って

Img_6263

曲げる。

見切り発車したステーを一部削る。

新たに切り出した鉄板を結合することにして

少しでも軽く、それでいて強い。

そんな時は

Img_6264

バーリングだ。

バーリングを久しぶりにしたかっただけ。ではない。

Img_6265

t=1.2の鉄板の強度が何倍にも上がったはず。

Img_6266

ナンバープレートステーを合体。

Img_6268

Img_6272

バーリング穴が、配線通しの穴としても役に立った。

Img_6271

テールランプとナンバー照明は、適切なクリアランスを確保し

カツカツまで寄せることができる。

Img_6273

両サイドキャリアのブリッジもかわすことができた。

ブリッジとナンバーステーの連結は、できるだけ安易に着脱できるように考えます。

Img_6276

いいと思います。

キャリアの連結ブリッジとナンバープレートベースの連結は後回しにして

日帰りツーリング用バックを装着する為のステー製作。

Img_6285

何度も説明を聞いたのだけれども

ご希望のポイントとポイントとポイントとポイントと・・・の

点を線で繋いだ装着状態の絵が

私の頭の中には描けなかった。

そうすると当然ステーなんて描けるはずもないのである。

もう見切り発車はしたくない。

ここをこうしたらここはこうできないのだけれども

久しぶりに全く描けない。

今一度、オーナーに確認

Img_6286

キタモ得心し脳が再起動しました。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月 4日 (月)

中間パイプ ZXRの巻

公道復活作業 KAWASAKI ZXR400

たいへんお待たせしております。

作業再開

サイレンサーをセットする為の中間パイプ

Img_5116_20200504194701

作り易さでいけば

Img_5104

このくらいの角度。

カウルは純正から社外に変更するとのことで

オーナーにご用意いただいた社外カウルをセット

Img_6227

Img_6228

純正よりもスペースを確保できたが

ご希望は、寄せて上げるとのことで

スタートがこの角度ですとなかなか上手くいかない。

少し長さと角度を変更し

Img_6229

切って貼った中間パイプを挿し込む。

Img_6230

角度はOKをいただいたが

Img_6231

サイレンサー手前の最終コーナーがきつ過ぎて目立つ。

Img_6238

中古パイプや製作用材料を切って

Img_6241

再度挿し込み。

Img_6242

最終コーナーの曲がりもマシになった。

Img_6252

Img_6249

角度と長さをご確認いただき

Img_6253

中間パイプを仕上げる。

集合パイプとサイレンサーの間にジョイントを入れることにより

寄せたり上げたりの微調整が可能になります。

Img_6259

これでスウィング時のアームとはギリギリです。

サイレンサーマウントステーでもう少し余裕を持たせます。

Img_6254

スプリングフック X6取付

サイレンサーステー製作してEX作業は完了します。

アッパー、アンダーカウルはオーナーにお返しして塗装。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月 3日 (日)

メンテナンス~修理 Y&D

ご希望箇所の部品交換とメンテナンス作業

YAMAHA V-MAX 1200

Img_6081

この車両はダイレクトイグニッションに変更されていますので

周辺部品を外しているこの機会にフロントの点火コイルを外す。

Img_6082

因みに

Img_6083

Img_6084

1台に4つ付いていますので151gX4

約600g軽量。

流用のダイレクトイグニッションが

トラブルなく使い続けられるのかは観察中です。

Img_6179

ニュートラルスイッチ改 ギヤポジションセンサーの取付。

カスタムメーター用に製作されたとのことですが

なるほど、これだとN突起を利用してギヤのポジションが分かります。

Img_6181

スイッチ、シール、ガスケット交換。

続いて

セパレーターのパッキン類の交換

Img_6077

シリンダーの冷却水栓

Img_6185

痛みは、ほとんどありませんがご用意いただいているので交換します。

Img_6186

掃除と

Img_6190

洗浄。

Img_6193

インマニも洗浄。

インマニtoVブースト間のジョイントは柔らかく状態良好でした。

冷却水滲みのあったサーモ部分

Img_6196

連結通路側のOリングを2つ追加で交換します。

Img_6198

シャキンッ!

作業を進めます。

ーーーーーー

Img_5973_20200503155601

不動のDUCATI モンスターの原因は

燃料ポンプ不良のようです。

Img_6171

ポンプの反応はあるけど、その振動が弱い気がする。

ライン上のフィルター外しても

吐出しませんのでポンプを交換します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年5月 2日 (土)

5月の予定

もう5月ですが5月のお知らせ

ゴールデンウィークは日()のみ修理工場は休みです。

その他は

10日()と 24日(

11日、18日、25日 の月曜日が休みです。

5月も引き続き、車両をお預かりして各作業を進めさせていただいております。

ご来店いただいての修理、メンテナンス作業も対応させていただいておりますが

電話かメールでの事前予約をお願いいたします。

修理、メンテナンス、整備相談などございましたら

お気軽にご相談ください。

5月も引き続き不便をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

最近の写真

  • Img_8339
  • Img_8343
  • Img_8344
  • Img_7889
  • Img_7890_20200801222601
  • Img_8152
  • Img_8153
  • Img_8154
  • Img_8155
  • Img_8156_20200801222501
  • Img_8157_20200801222501
  • Img_8158