フォト

カテゴリー

« 皆さんの振り替え休日とその前日 | トップページ | 修理とカスタムの金属加工 »

2020年2月26日 (水)

76年(H)と、82年(D)のシリンダー

エンジンリフレッシュ作業 HONDA CB550our K2 1976年

腰上の点検

Img_5038

ヘッドカバー

Img_5039

ロッカーアームシャフトは4本とも摩耗。 交換しておきたい部品ですが販売終了。

Img_5040

ロッカーアーム摩耗

Img_5041

カムの当たる部分に段付きがある物と虫食い跡がある物が数個

海外で入手可能でしたが8個揃うかはまだ不明です。

Img_5043

カムシャフト摩耗 指で分かる段差あり。

海外で入手可能、新品部品が手に入るだけ有難いと思いますが

金額が金額なだけに足踏み中です。

以上のことからヘッド廻りに関してはオーナーと相談して作戦を練り直しです。

Img_5056

バルブの研磨とシートカットは実施します。

Img_5047_20200226000101

洗浄

Img_5049_20200226000201

洗浄

ヘッドの面はスタッド穴周辺が少し盛り上がっていたりするので

洗浄完了後にチェックします。

シリンダー

Img_5044_20200226000201

こちらも洗浄してから

Img_5050_20200226000201

内径計測

5万キロオーバーですが、摩耗少でした。

現状のリングもギャップは規定値内に収まっていますが

4番シリンダーの縦傷と錆の痕跡があるので

今後を考えてO.Sで組みなおす予定です。

Img_5051_20200226000201

ピストンの吹き抜けの少なさはそういうことか。

Img_5053_20200226000901

4番の傷。

組付け状態を再現して計測すれば色が変わっている境目で多少は寸法差が出ると思いますが

この状態では指でも爪でも境目は分かりません。

スリーブの摩耗と言えば

Img_5055_20200226000301

こちら DUCATI ベベル 1982年 15000km

指ではっきり分かる段差

上部が減ってると思いきや下部が逃げて減ってないだけじゃないか?

と、今思えば意味不明な思考回路で

計測したら

やっぱり上部が減っていました。

このままオーバーサイズでボーリングしても

また同じことになると思うので

硬いスリーブに交換します。

それにしても縦傷が多い。

そんな話はさておき

Img_5054_20200226000201

流石 ホンダ技研です。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« 皆さんの振り替え休日とその前日 | トップページ | 修理とカスタムの金属加工 »

修理ホンダ」カテゴリの記事

熟成への記録 CB550FOUR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 皆さんの振り替え休日とその前日 | トップページ | 修理とカスタムの金属加工 »

最近の写真

  • Img_1888_20210225231101
  • Img_2257
  • Img_2324_20210225225701
  • Img_2326_20210225225701
  • Img_2340
  • Img_2341
  • Img_2342_20210225230301
  • Img_2343_20210225230301
  • Img_2344_20210225230301
  • Img_2345_20210225230301
  • Img_2349_20210225231101
  • Img_2350_20210225231101