フォト

カテゴリー

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月28日 (金)

Z1000R2

各部リフレッシュ作業 KAWASAKI Z1000R2

Img_2651

各部いろいろな

Img_2655

部品を

Img_2641_20200228214501

昨年末にパウダーコーティング塗装。

Img_5092

たいへんお待たせしております。

作業再開

スウィングアームピボット NEWベリング&シールで

Img_5130

組む。

NWステムベアリング&キャップで

Img_5176

組む。

細かいステーや部品の各ネジ穴にタップを通したり

余分な塗装を磨ったり、取り付けるボルトの汚れを落としたりする地道な作業中、

モチベーションを保つ為に必要なことは走り出すイメージを持つこと。

Img_5177

前後輪が付いて

Img_5179

ハンドルとメーターが付けば。

頭ではもう走っています。

Img_5180

テールランプもウインカーも。

Img_5181

エンジンは準備が整い次第、搭載します。

Img_5182

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月27日 (木)

修理とカスタムの金属加工

曲がったサイドスタンドを戻そうと試みましたが

折れました。

Img_5119

純正は販売終了の為、付いていた物と同じ社外品

Img_5120

サイドスタンドを出した時の、角度を決める部分が少し変形しているので

Img_5121

サイドスタンド側に肉盛りして角度調整。

この車体の車両重量を支えるには、スタンドの強度が少し足りないと思われるので

Img_5123

可能な限り車体を起こす為の下駄の選定

厚みを決めたら

Img_5124

下駄を付けて塗装しました。

 

ーーーーーー

カウルに当たるエキゾーストパイプの通り道変更

Img_5097

エキゾーストパイプ4本を交換して

Img_5114

前方は回避

溶けて膨らんだ部分が元々付いていたEXパイプの通り道です。

4本交換して中間パイプがカウル、サスリンク、トルクロッドに当たりますので

Img_5112

集合部の後方を切って長さと角度変更

Img_5108

回避しました。

溶けて変形している部分が元々の中間パイプの通り道です。

お預かりしている材料を挿し込む

Img_5116

角度と長さは要相談です。

ーーーーー

前回の点検時に課題として残っていた

ステップベース、センタースタンド受けの修理

Img_5125 

車重を考えるともげることは無いと思いますが

長い目で見ると不安です。

Img_5126

ステップはどうにかできてもセンタースタンド部分が

リアブレーキのペダルを介した軸の通り道になっていますので思案中です。

Img_5128

長い年月を経てきたバイクですので

腐食した部分の修正跡などいろいろあります。

何処が母材で何処が補修溶接で何処が金属パテか確認する

Img_5129

忍忍。

作戦思案します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月26日 (水)

76年(H)と、82年(D)のシリンダー

エンジンリフレッシュ作業 HONDA CB550our K2 1976年

腰上の点検

Img_5038

ヘッドカバー

Img_5039

ロッカーアームシャフトは4本とも摩耗。 交換しておきたい部品ですが販売終了。

Img_5040

ロッカーアーム摩耗

Img_5041

カムの当たる部分に段付きがある物と虫食い跡がある物が数個

海外で入手可能でしたが8個揃うかはまだ不明です。

Img_5043

カムシャフト摩耗 指で分かる段差あり。

海外で入手可能、新品部品が手に入るだけ有難いと思いますが

金額が金額なだけに足踏み中です。

以上のことからヘッド廻りに関してはオーナーと相談して作戦を練り直しです。

Img_5056

バルブの研磨とシートカットは実施します。

Img_5047_20200226000101

洗浄

Img_5049_20200226000201

洗浄

ヘッドの面はスタッド穴周辺が少し盛り上がっていたりするので

洗浄完了後にチェックします。

シリンダー

Img_5044_20200226000201

こちらも洗浄してから

Img_5050_20200226000201

内径計測

5万キロオーバーですが、摩耗少でした。

現状のリングもギャップは規定値内に収まっていますが

4番シリンダーの縦傷と錆の痕跡があるので

今後を考えてO.Sで組みなおす予定です。

Img_5051_20200226000201

ピストンの吹き抜けの少なさはそういうことか。

Img_5053_20200226000901

4番の傷。

組付け状態を再現して計測すれば色が変わっている境目で多少は寸法差が出ると思いますが

この状態では指でも爪でも境目は分かりません。

スリーブの摩耗と言えば

Img_5055_20200226000301

こちら DUCATI ベベル 1982年 15000km

指ではっきり分かる段差

上部が減ってると思いきや下部が逃げて減ってないだけじゃないか?

と、今思えば意味不明な思考回路で

計測したら

やっぱり上部が減っていました。

このままオーバーサイズでボーリングしても

また同じことになると思うので

硬いスリーブに交換します。

それにしても縦傷が多い。

そんな話はさておき

Img_5054_20200226000201

流石 ホンダ技研です。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月25日 (火)

皆さんの振り替え休日とその前日

走り出したら♪止まらな・・いや、ハーバー走ってから

もっこすに行ってん。

もっこすの後はマクドで

朝まで喋っとってん。

日曜の夜(翌日が振り替え休日で仕事が休みの方々)の天使。

Img_5015

仕事後のAM2時集合で朝帰り全開青春ミッドナイトラン~もっこすナイト!+マクド。

ーーー

GSX-R1100 Iさん from山口 は

俺はショーコンディションを目指してんねん!

ということで

Img_5016

アウターチューブの研磨

これはクリアが塗装されているアルミなので大変です。

Img_5017

シャッキィンッ!!

流石でございます。

ーーー

支部長の750FZは

Img_5023

外装をブレアデスシルバーメタリックから

キャンディーナサートブルーへ

Img_5022

ずっと、青がいいと仰っていた支部長

Img_5024

おめでとうございますm(__)m

皆様 写真ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月24日 (月)

車両売却情報 MOTOGUZZI 1000S

売却希望価格値下げ

190万円 → 178万円(個人間売買になります)

状態良好そのまま乗り出し可能な車両でお買い得です!

車両の詳細は以下の説明をご確認ください。

ーーーーーーー

お客様の車両売却情報です

MOTO GUZZI 1000S

1991年式 初年度登録年月日 1991年11月

走行距離 44589km

現在も偶にお乗りですので走行距離は少し増えます。

車検 令和3年7月まで

Img_2809

調子良好。そのまま乗れます。

Img_2817

Img_2827

Img_2823 

Img_2805

フロントカウルカスタム

脱着は容易ですのでツーリング時のみカウル装着も可能です。

Img_2810

エンジン良好 まだまだこれからでございます。

Img_2814

セルモーターにて簡単即始動OK。

バッテリーは令和元年7月に新品交換済み。

Img_2811_20191204223301

アルミHリムはチューブレス加工

Img_2812

後輪もチューブレス加工済みです

チューブレス化をしていればツーリング先でのパンクなどトラブルに対して

対応策が格段に増え安心できます。

Img_2813

インテークマニホルド交換済み

 オイルパン内のオイルフィルターは前回の車検時に交換しています。

Img_2816_20191204223601

Img_2806

ハンドル、ヘッドライトステーはカスタムパーツです。

Img_2828

ツーリングに便利な USBケーブル差し込み口、シガーソケット付き

ETCも付いています。

Img_2815_20191204225201

 

Img_2803 

Img_2818

詳細な写真をご希望の方はメールで送らせていただきます。

Img_2821_20191204223401

Img_2820

Img_2802

車両の受け渡しは当店が責任を持って対応させていただきます。

( ご購入の際、ローンも対応できますが

当店で扱うローンをご使用になる場合は、別途手数料と消費税がかかりますことご了承ください )

名義変更代行、点検整備をご希望の場合は

お見積りいたしますのでご依頼ください。

状態のいい1000Sです

個体数も少ない車種ですのでお探しの方はチャンスです。

現車を確認されたい方は事前に連絡いただければ

対応させていただきます。

別途費用は必要ですが

追加作業、名義変更代行等、ご希望でしたらお申し付けください。

お問い合わせお待ちいたしております。担当北川

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月23日 (日)

修理と今日の試乗と いただきPHOTO

公道復活 修理作業 KAWASAKI ZXR400

キャブレター内のガソリンを抜くと

緑ではなく濃橙色。

これならそのままいける可能性あり。

燃料を送ると、ポンプNG。忍忍。

Img_e5005

ポンプ本体から燃料漏れ。要交換です。

直接キャブレターに繋いで

始動。

サイレンサーはまだ仮です。遅くてすみません。

エアクリーナー装着

無事にアイドリング。

作業を進めます。

今日も

Img_5004

好調。

全く何も起こらないのであとはオーナーに普段使いで乗っていただこうと思います。

Img_e5003

お待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

お引き取りまでに日があるのであと少しだけ乗ってみます。

こちらは

不調修理 HONDA CB750Four K2

1時間ほど走ったところで調子を崩したとのこと

先ずはスパークプラグの焼け色を見ようと思いましたが

Img_5009

4番はキャップ内部の金具が抜けました。

これが原因か。

この金具の嵌るキャップ側はバネで押される金具が入っているので

曲げ角度の付いたキャップは抜けた金具を戻すことはできない。たぶん。

戻せたとしても一度抜けた物は次も抜けますのでNGK製に4本とも交換します。

Img_e5012

抜いた1番と抜けた4番

どうやら4番は水分が混入していた模様。

Img_e5013

Img_e5014

内部に残った金具も変色しています。

リプロ品の新品コイルKITもキャップだけはNGK製か日和製に交換しておいた方が

長い目でみれば安心かもしれない。

キャップ入荷次第組み付けてテストします。

ーーーーーーーー

KさんからいただきPHOTO

『 ステッカー貼ったよー 』

Img_4973

なんとまぁ ステッカー貼るとこうも変わるか。

貼る前

Img_4481_20200223214101

貼った後

Img_5002

か、かっこいいです。

写真ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月22日 (土)

試乗 症状出た時、勝負。の巻

不調修理 KAWASAKI GPZ900R

突然のエンスト 再始動良好

『 ココ! 』 という箇所はありませんが

疑わしい箇所があったので点火系の修正。

Img_4983

始動して症状が出ないかの確認。

作業前も工場内では1回だけ症状らしき現象があったくらいでしたので

ここで何も起こらないことは喜べません。

点検するために外した電気配線と

気になっていた電気配線

Img_4984

修正作業のGOサインをいただき

Img_4985

修正しました。

工場内作業完了し

Img_4995

さんふらわぁ より

Img_4999

こっちの方が似合うか

Img_5001

六アイ内をいろいろな走り方と乗り方で試しましたが

症状出ず。

Img_4991

ただオーナーの話では

問題なく走れる時もあれば、出発して一つ目の信号までに症状が出る時も

あるとのことですので何日か乗ってみようと思います。

Img_4998

このハンドル乗り易いな。

Img_4997

GPZ900R かっこいいバイクです。

何回かに分けて試乗します。

こちら

公道復活修理

Img_4989

ET4

いろいろありましたが走るようになりました。

Img_4987

明日最終確認します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月20日 (木)

DUCATI 900S2

不調修理 DUCATI DM900R S2 ベベル

キャブレターオーバーフロー

Oバンク吹き返し アフターファイヤ

原因が判明し工場内では症状消えました。

車検が月末まで残っているよ。と、いうことで試乗

近所をしばらく好調に走っていましたが 『 ん?何だ今のは 』 

まだ何か潜んでいるようなので

六アイテストに出てみる。六甲大橋好調、ROKYU前~さんふらわぁ好調。

六アイ内をウロウロしていたら突然片肺

その後、何をするわけでもなく復調。

またしばらくウロウロして次に症状が出た時にいろいろ試して点火と判断。

相談の結果、今後を考え点火系をリフレッシュすることに決定。

Img_4812_20200220194001

ASウオタニSP2フルパワーKIT

BRITZ MOTORS 国産ピックアップKIT

Img_4816

クラッチカバー取り外し

Img_4817

ピックアップ交換.

ピックアップコイルの形状が純正とは異なるので

自身の考えた位置に装着しています。

Img_4818

折角なのでケースカバーのベアリングは

油圧確保のシールドベアリングに交換しました。

Img_4819

スターターのチェーンと干渉する部分は削っています。

Img_4820

BRITZ MOTORS製 ASウオタニマウントブラケットで装着

この付け方がシンプルで好きです。

Img_4821

リフレッシュしました。

Img_4829

試乗

点火系交換前とプラグの焼け方が変化しました。

MJ、SJ、JNC段 各所調整しながら六アイテスト

Img_4830

スロットルをワイドオープンで毎回走るのは疲れるとオーナーにお聞きしていましたので

アイドリングから1/8~1/4付近でウロウロしながら調整を実施。

Img_4831

トコトコ走ってもプラグはしっかり焼けています。

SPⅡフルパワーKITや国産ピックアップの手に入る現代において

キャブレターの調整さえしっかり実施すれば路地をトコトコ走ろうが

第三工区の長い信号を待とうが、山岳狭路に突入しようが

プラグはしっかり焼けると私は考えています。

Img_4832

念のためハーバーもテスト。

いいバイクです。

今のKMHRより調子がいい。

何故なら

Img_4789_20200220195601

KMHRは壊れている。

調子に乗ってブン回していたら、気になっていたメカノイズが

メガノイズになってしまいました。

しばらく走れないけど

もっと回せるエンジンにして復活させたいと思います。

そんな話はさておき

Img_4838

調子良好

Img_4836

美しいバイクだ。

店までの帰路、路地を通ってゆっくり走りましたが問題ありません。

一晩寝かせて始動、吹き返しの有無だけ確認します。

お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

Img_4834

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月19日 (水)

PHOTO

キタモステッカーNEWカラーが届きました

Img_4787

ベタですが似合うと思っています。

こちら

Img_4812

ASウオタニ御中のSP2フルパワーKITベベル用

& BRITZ MOTORS御中の国産ピックアップKITベベル用。

高額な部品ですがこの組み合わせで得られるベベルの安心感は絶大。

現在不調をかかえていなくても今後を考えると是非装着をお勧めしたいKITです。

点火系をリフレッシュしキャブレターをOHするだけでも激変すると思います。

あとは

Img_3933_20200219125401

これ。かな。。。

地味ですが

キタモ製クラッチケーブル角度適正化アダプターベベル用。

現在、製作方法と形状改良中です。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

お知らせ

2月20日(木)は

南大阪出張の為、夕方ごろまで店に居りません。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

CB550Four

エンジンメンテナンス その他作業 HONDA CB550our

走行距離5万キロover

オイル漏れも徐々に気になってきたとのことで

シリンダーとシリンダーヘッドのリフレッシュ

Img_4792

SOHC シングルオーバーヘッドカムシャフト

Img_4793

4気筒ともひび割れたインシュレーター

間一髪メーカー在庫有りでした。ホ。

海外にはあるようだけど、これで国内残はあと1台分。

前回のバルブクリアランス調整から約15000キロ

3番のみ広がったくらいで他は規定値内

バルブ突き無しです。

Img_4797

3番が広がったというのは

どうやらカムの摩耗

Img_4799

各カム山に1~3つの虫食い有り

Img_4801

カムが進行方向右側に寄るのか

サイドクリアランスの大きいロッカーアームが左に寄るのか分からないが

だいたいのカム山は進行方向右側に0.5mmほどの厚みで摩耗段差があり

その段差で削れたような痕跡がロッカーアームに残っている。

高負荷時にロッカーが左に逃げるのだろうか。

点検します。

Img_4802

ヘッドナット上のキャップはこのように強い液体ガスケットを塗布する必要あり。

Img_4803

シリンダーとピストン

目視だとシリンダー内壁はキレイですが

Img_4806

4番シリンダーに深い縦傷があるのと

部分的に錆の痕跡があります。

 4番ピストンにも小さな異物が噛んだような痕跡あり。

各ピストンIN側にヒートしたような擦れ跡小。

春夏秋冬走り回る現オーナーで、個体は5万キロ超えですのでいろいろあります。

装着されているのはスタンダードサイズピストンでした。

スパークプラグの状態は良好とは言えない

要チェックです。

Img_4804_20200219002101

テンショナーNG。部品捜索します。

Img_4810_20200219002101

点検を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月16日 (日)

日々の作業とKOP仕様変更

不調修理 KAWASAKI GPZ900R

突然のエンスト

パターンなし、再始動性良好。

Img_4756

症状が再現できるか不安でしたが

始動1発目から症状が出ました。

セル始動で全く点火せず、3回目のセル始動でいきなりエンジン点火。

Img_4758

各所配線関係触りながらいろいろ試しましたが

その後は全く症状出ず。

原因が確認できてから気になる加工配線は手直しさせてください。

Img_4759

プラグの焼け方とカシメ不良のコードの場所が合致するが

ブーツが捲れているとかではない。

点検を進めます。

ーーーーーーーー

長期不動 公道復活修理 ET4

点火不良

Img_4760

オーナーにご用意いただいたCDIに交換して火が飛びました。

Img_4762

インマニのヒビが貫通していますので交換します。

Img_4763

不動期間の割にキャブレター内部はキレイです。

ガソリン抜いて保管されていたのかな。

パッキンのみ交換します。

部品が届き次第先ずはエンジンを始動します。

ーーーーーーー

ベベルに効果抜群

Img_4683

ヘッドライトブースターKIT取付。

ーーーーーーー

キタモオリジナルパーツになる予定の

ベベルアーシングKIT

電気の伝導率で銅を選びましたが

アルミとの相性が良くないことが分かり

Img_4772

銅カラー、銅ボルトからアルミカラー、鉄ボルトに変更

銅がアルミより下に位置すれば腐食はマシになるとお聞きしたが

この場所だと下に取付ようがないのでアルミカラーにします。

Img_4771

KMHRは銅のままもう少し使って腐食を見てみようと思う。

電気をよく通す銅を選んだが

腐食すれば伝導率は低下していく。

ミスチョイスか。

因みにジュラルミンに含まれる銅はどんな銅なのだろうか。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月15日 (土)

750FC キャリア&パニアケース 専用品て言ってたじゃないの!の巻

HONDA CB750 FC インテグラ

ロングツーリング仕様にする為のキャリアとパニアケースの取付作業。

CB750FC用 リアキャリアとパニアケースセット(中古)

Img_4688

ジョイントのプラスチック破損 曲がり小

ねえねえ、いやな予感がするよ

あてがってみる。

Img_4680

ん~これはまさか。。。

いや、そんな筈はない

FC用っておっしゃっていた。

一先ず、破損したジョイントを抜いてアルミで製作

Img_4690

ドリル、バイト、エンドミル、加工の順番をよく考え

Img_4692

取付部を製作。

後方は挿し込みジョイントを製作

Img_4693

Img_4708

後方は挿し込みのみ

前方はボルトで固定。

Img_4704

部品の製作が済み

組み立てていくのだけれども

どうも上手く組みあがらない。

先ず外したウインカーを何処に付けるのか

左右のサスペンションの張り出しが違うのに何故ステーは左右共通なのか

リアサスペンションのリザーブタンクとパニアケースが何故接触するのか

既存のステーを曲げたり伸ばしたりいろいろしながら

久しぶりに気持ちが、ステーと一緒に折れかけた。

初めから製作するつもりで挑む作業と

なんとか既存のステーを駆使して取付ようと試みて頓挫する作業。

上手くいかない分、モヤモヤした作業になるのである。

分かったこれはFC用ではない。

『 お前がやらんかったら、誰がやるんじゃ! ゴールァー!!』

昔、師匠に言われた言葉を思い出し

折れそうな気持ちを奮い立たせた。

オーナーがこのインテグラを購入した思いは?

『 荷物を積んでロングツーリングに行きたいんや 』

ならば

Img_4710

前方ステー 左ストレート 右オフセットで作り直し。

元ステーからは最終的に穴距離25mmロング

Img_4714

中間ステーも製作

パニアケースの内側と当たるため後ほど角は削り落した。

キャリア全体を後方に寄せたので

Img_4712

BOXの蓋が開閉できるようになった。

Img_4717

パニアケースのワンタッチロックが破損していたので

相談の結果、ボルトで固定することになり

ウインカーは純正がいいということで

Img_4719

純正ウインカーステー一体型パニアケース固定プレート製作

Img_4721

パニアケース取付

Img_4722

リアウインカー取付

Img_4723

上部キャリアを外せば

Img_4725

シート着脱可能です。

Img_4729

いいと思います。

Img_4731

工場内作業完了し

Img_4734

さんふらわぁがよくお似合いです。

Img_4737

FCでは、なかなか見かけないスタイルになりました。

Img_4740

ハーバーの走りも良好です。

Img_4742

風の抵抗はあるがカウルに守られ体は楽チン。

足元のガードは冬に大活躍です。

Img_4746

Img_4747

このバイクでツーリングに行けるのは羨ましいです。

Img_4749

BT45 NEWタイヤで安心。

Img_4752

明日の最終チェックで完了にさせていただきます。

Img_4753

たいへんお待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

Img_4751

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月10日 (月)

KSP 2020

KITAMO

DM900R 吹き返し アフターファイヤ

不調修理 DUCATI DM900R ベベル

Oバンクシリンダーからの吹き返しとアフターファイヤ

アイドリング不安定

原因らしき箇所が分かりまして

吹き返し、アフター共に出なくなりました。

回転上昇も以前より力強く

アイドリングも好きな音に近づいてきました。

エンジン冷やしてから再度チェックします。

オーナーが陸運支局に出向いてから

必要であれば試乗テストを実施させていただきます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月 8日 (土)

DM900R 不調修理

不調修理作業 DUCATI DM900R Bevel

先ずはキャブレターオーバーフロー

Img_4640

腐食したGASを洗っていく

ユニオンのフィルター部分に

Img_4642

こういう不純物

勢いよくオーバーフローしていたOバンクDキャブ側が

VバンクSキャブに比べ量が多い。

錆では無さそうだけれどもフレークか?メディアか?何だろうか

と思ったらタンク内部のコーティング?でした

あまり見ないタイプのコーティング。

Img_4641

組み立てていく

この個体は以前キャブレターを開けた時に

ガソリン混入白樹脂から黒樹脂フロートに交換しておいたのだけれども

現在は黒樹脂が手に入らないようで

黒樹脂フロートを早く再販して欲しい。

Img_4644

カチカチのホースは交換。

流量は落ちますが、ろ過能力の高いフィルターを念の為装着しました。

不純物がまたフィルターに溜まるようならタンク内部の対策に思案が必要です。

Img_4649

Vバンクも装着。

で、エンジン始動。

オーバーフローは止まったけれど調子が悪い。

こうしたらこうなるというパターンに当てはまりません。

Oバンクに何か潜んでいると思われる。

発電、充電は問題ありません。

セルの反応が甘い。またスイッチの接触不良か、満充電バッテリーの力不足か、リレーか、セルか。

可能性の高いところから見ていきます。

一瞬、自身の好きなアイドリングになるのだけれど

すぐにズレる。

圧縮はOVで大きなズレはなし。

吹き返しとOバンクのアフターが気になる。忍忍

確認します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

プッシュロッド交換と ナナハンエフ & キモステニューカラー

ブレンボ ラジアルマスター

レバーが衝撃を受けレバーがプラプラになってしまったマスターの修理。

Img_4622

内部のストッパーアルミカラーの破損

Img_4624

プッシュロッドセットは部品で入手が可能なので

Img_4623

入手。

ロックリングを外すと

ピストンが抜けてくるので一緒に内部清掃

Img_4625

内部は比較的キレイでした。

シールの硬化やキズも見当たりません。

各所グリス塗布して

Img_4628

組み立て。

これは予備マスターとしてご自宅に保管です。

ーーーーーー

Img_4580

RC04 公道復活

入荷待ちの交換部品が入荷する前に

Img_4614

不具合が無いかの確認

大きいカウルだからか凝視する小学生が多い。

自分が小学生のころは 『 ナナハン 』 という名称に憧れた。

年代で考えれば1100や1300、大きいバイクはあったのだけれども、

やっぱりナナハンという響きがカッコよかった。

そんな話はさて置き

朗報

時計動きました。

Img_4617

部品が入荷次第、組み付けて再度試乗します。

ーーーーーーーー

先日追加の注文をした時に

作りたかったパターンを送信。

やっぱり言ってきやがった!と

もしかするとKing Designさんも思ったかもしれない。

今更というか

とうとうというか

いつまでこのステッカーなの?というか

このステッカーが好きだから仕方がない。

Img_4564

ニューカラー登場。。。。。

King Designさんに

そろそろ新しいデザインを考えて貰おう。かな。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月 7日 (金)

お知らせ

2月7日(金)は

陸運支局に行きますので昼過ぎまで店に居りません

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月 6日 (木)

RC04 INTEGRA

公道復活 修理作業 HONDA CB750FC インテグラ

お待たせしております

作業再開

東洋硬化御中よりインナーチューブが再メッキから戻ってきました。

Img_4539

美しい。

いつもありがとうございます。

因みにこれが再メッキ前

Img_3945_20200205230901

こうなってしまうと

オイルシールを交換しても錆がシールリップを攻撃しますので

フォークオイルが漏れてくる可能性は高くなります。

処理費用は必要ですが新品インナーチューブが販売中止の場合

ノーマルを復活させる方法としては最良の策と思います。

部品が出ても新品インナーチューブより安価に済むこともあります。

錆びたインナーチューブが気になる方はご相談ください。

で、インテグラは

Img_4540

洗浄して

Img_4541

組み立て。

昨晩

工場の外から振り返ると

Img_4548

Img_4549

カッコいい~

今回チョイスしたタイヤは

BRIDGESTONE 前後ともBT45 です。

Img_4570

Img_4571

これはこれでレーシーなカッコよさを感じますが

Img_4568

やっぱりこのデカいカウルがいい。

無事に始動確認が完了しまして

今回一緒にご依頼いただきました当店で大好評?ヘッドライトブースターの取付。

Img_4576

2個のリレーとヘッドライトカプラ3個はケース内に収めるのに無理がありましたので

ブースターKITの配線を加工し

ケース内はヘッドライトカプラ1個に変更しました。

比較画像

今度はカメラのピントを同じ位置に合わせたのではっきりと違いが分かります。

装着前 エンジン停止状態 ロービーム

Img_4574

装着後 エンジン停止状態 ロービーム

Img_4575

明るくなっております。

これで夜間走行の安心感が少し増します。

Img_4569

インテグラがオーラを取り戻してきました。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月 5日 (水)

ビフォーアフターと いただきPHOTO&KOPご注文

BMW 1200R

Img_4013_20200205093301

流用カスタム&安心走行

オーナーがゲットしたK1200S ホイール装着

付いていたタイヤもカチカチでしたのでNEWタイヤに交換して

Img_4535

試乗

やはり乗り難さと恐怖感はタイヤでした。

とても乗り易い。

Img_4014_20200205093301

Img_4536

ホイール&タイヤは以前より太くなりましたが

ブラック→シルバーになって見た目は軽快に感じます。

Img_4537 

Img_4538

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーー

気になったナンバー角度修正

GOサインをいただき

ビフォー

Img_4510

アフター

Img_4543

分かり難い写真ですが、よくなったと思っています。

ーーーーーーー

Kさん in 広島

Img_4427

お戻りになってから一か所手直ししまして

Kさん in 能勢

Img_4481

手直しはオイルフィルターカバーですが

ブラックからシルバーになっただけで

エンジンのメカメカしさが増し

より引き締まった感じでカックいいです。

ーーーーーーー

昨年メンテナンス作業をご依頼いただいた

YAMAHA XJR1300

仕事が忙しくなかなか慣らしが完了しない

ということで

Img_4322

お休みに白川郷へ

Img_4326

Img_4327

美味しいお蕎麦を食べに行く

Img_4325

1300 好調とのことで安心しました。

写真ありがとうございました。

キタモ オリジナル パーツ

Img_4512

早く製作の体制を整えたいとか考えながら

完成

Img_4514

ケラーマン用 ハンドルマウントブラケット ミリバータイプ

KITAMOステッカー 初 東北上陸

ご注文ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年2月 2日 (日)

お知らせ

毎月第一日曜日、毎週月曜日は定休日です

2月2日(日)、3日(月)店はお休みさせていただきます。

作業をお待たせしご迷惑をおかけいたしますが

ご理解の程、よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

GPZ1200R

カスタム作業 KAWASAKI GPZ1200R

ようやく全ての部品が揃いまして作業開始

Img_4223

フェンダーレスキットの取付

Img_4455

この個体に装着するには干渉する部分がありますので

仮組しながら形状加工し

Img_4459

タイヤハウス側はブラックに塗装

Img_4460

その他の部品もブラックにしました。

Img_4461

組付け。

ASウオタニ SPⅡフルパワーKIT 取付

GPZ900R用KITにユニットだけZRX1200Rにしていただいてます。

ASウオタニ御中 いつもありがとうございます。

Img_4483

シート下にユニットを装着。

Img_4475

配線テープを捲ると配線が加工してありましたので

根元から切断し延長配線製作

Img_4484

バッテリー後方でカプラ接続します。

Img_4485

点火コイルをウオタニ製に交換し

Img_4487

結線完了。

外装部品カスタム

ナイトロレーシングアンダーカウル 

マフラー側を少し加工し

Img_4491

装着。

スクリーンは

ゼログラビティー ダブルバブル スモークに変更

Img_4493

 工場内作業完了し

Img_4497

試乗

Img_4499

相変わらずかっこいいです。

1200cc FCR 走りに関してウオタニ効果があるのかないのか当方恐怖で感じとれませんが

アイドリングの音は太くなったと感じます。

Img_4498

フェンダーレスKITのナンバー位置は少し奥に追い込み

角度はもう少しだけ上げた方がいいかも

要相談。

Img_4501

見た目は900Rですがノーマルのままの部品がほとんど無くなってきました。

Img_4502

調子良好。

Img_4505

Img_4506

走ってみて気になった箇所のチェックのみで完了とさせていただきます。

Img_4507

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

最近の写真

  • Img_7889
  • Img_7890_20200801222601
  • Img_8152
  • Img_8153
  • Img_8154
  • Img_8155
  • Img_8156_20200801222501
  • Img_8157_20200801222501
  • Img_8158
  • Img_8159
  • Img_8160
  • Img_8162