フォト

カテゴリー

« V-MAX カスタム | トップページ | 10th 極寒 トッピング »

2019年12月18日 (水)

ESTRELLA

公道復活修理作業 KAWASAKI エストレヤ

Img_2958_20191218215401

キャブレター洗浄でエンジンが始動できまして

優先順位を決めて実施作業を相談。

内容が決まったら作業再開

Img_3268

オイル漏れの酷いフロントフォーク

右は緩みましたが左フォークボトムアレンボルトが緩まず

ボルトの頭を飛ばして外しました。

Img_3271

頭を飛ばしてしまえば残ったボルトは毎回指で回ることを考えると

固着するのは銅ワッシャーとボルトの座面、アンダーチューブのアルミということになる。

組立時はひと手間加えて要注意。

Img_3390

洗浄してシールやOリング、リテーニングリングの交換。

ヘキサゴンの穴が傷んでいましたのでフォークボトムアレンボルトは右も交換しました。

Img_3391

組立。

Img_3273

製造から年数の経過したタイヤの交換

Img_3275

リム内部は錆がほとんどなく美しいです

Img_3278

リアも。

Img_3277

チョイスタイヤは、IRC GS19

Img_3279

面荒れの酷かったリアブレーキディスクは中古を探して交換しています。

Img_3393

フロント廻り組立

Img_3394

リア廻り組立

Img_3395

必要箇所はグリスアップしています。

こういうオートバイを修理していると毎回思う

すぐに分解図が確認できて、部品番号が分かって、値段も分かって、注文すれば翌日には部品屋さんが持ってきてくれて、

カワサキでも3~4日待てば部品が届くし、有り難い話だ。

何と言っても部品屋さんと日本語でやりとりできるというのがかなり有り難いのである。

そんな話はさて置き

Img_3396

準備が整い次第、試乗します。

K様 試乗後に連絡いたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« V-MAX カスタム | トップページ | 10th 極寒 トッピング »

修理カワサキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« V-MAX カスタム | トップページ | 10th 極寒 トッピング »

最近の写真

  • Img_1888_20210225231101
  • Img_2257
  • Img_2324_20210225225701
  • Img_2326_20210225225701
  • Img_2340
  • Img_2341
  • Img_2342_20210225230301
  • Img_2343_20210225230301
  • Img_2344_20210225230301
  • Img_2345_20210225230301
  • Img_2349_20210225231101
  • Img_2350_20210225231101