フォト

カテゴリー

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月31日 (火)

2019年 最終日

本年もたいへんお世話になりました。

昨日30日をもちまして2019年の営業を終了いたしました。

2020年の営業は1月5日(日)から開始します。

定休日は第一日曜日と毎週月曜日

2020年も毎週水曜、木曜は 『 預かり車両の作業集中日 』 とさせていただきますので

不便をおかけいたしますが何卒よろしくお願いいたします。

作業納期含め、まだまだ課題は山積のままですが

また新しい年に突入します。

新しい年もまた

小さな不具合から、大きな不具合

小さな改善から、大きな改善まで

オーナーと一緒にその症状、変化を感じ取っていきたいと思います。

キタモの修理工場色がより強くなる令和2年ですが

今後ともよろしくお願い申し上げます。

年明け1月3日 16時から

サンテレビで 『 スーパーミニマムチャレンジ 』  の2年間の記録が

放送されます。

関東方面は1月4日 16時から 東京MXテレビ

製作から走行までのドキュメント

ぜひご覧ください。

 

みなさま

今年もたいへんお世話になりました

よいお年をお迎えください

そしてまた1年ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月30日 (月)

KSP 2019

2019年の締め作業

DUCATI 900SS BEVEL KSP

予定していた作業すべてはやり遂げることができずに申し訳ありません。

来年タイミングを合わせて実施させていただきます。

年内の製作物

Img_3634  

メーター固定と各配線

Img_3636

走行や始動でズレるキャブレターの押さえ製作

今回挿し込みスリーブも交換していますので

以前よりはカッチリ付いていますが今後を考え

Img_3637

スプリングでエンジン側に引きました。

Img_3638

Img_3639

見た目もいい感じです。

メーター固定

Img_3640

メーターカバーを製作し

Img_3642

小さいですがラバーを内蔵

Img_3643

半月状ですが固定に問題なく

Img_3644

見た目もいいのではないかと思っています。

Img_3645

いろいろ穴開けなくて正解だった。

Img_3646

で、車体前方の配線引き直し

Img_3648

メーター作動させて

Img_3647

各部組立

来年の課題は残りましたが

Img_3655

本日無事納車完了でございました

たいへんお待たせいたしました

ご依頼いただきありがとうございました。

Img_3654

ベベルのまだまだ秘めたる魅力を感じさせる車両に仕上がったと思います。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月28日 (土)

自分を信じる

だけではなく

疑うことも大事。

それでも

少しホッとしました。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

年内の試乗と残るは1台

公道復活修理の

Img_3400

カワサキ エストレヤ

Img_3404

好調です。

Img_3405

またバイクに乗ってみようという女性オーナー

Img_3401

先日無事に納車でございました

直ぐに勘は戻ると思います。

ご依頼ありがとうございました。

続きまして

不調修理作業

Img_3540

HONDA CB750F2-K

Img_3543

キャブレターに課題は残りますが

オーナーの気にされていた症状は右手で調整できるようにしています。

Img_3541

スロットルを開ければよく走るいいバイクです

『 俺、単車乗ってるんだぜ 』 という感じで気持ちよく走ることができます。

硬いサスペンションに関しては

見た目のカッコよさをとるか、体を労わるか 要相談です。

Img_3542

昨日無事納車でございました。

優先順位を決めて徐々に熟成させていければと思います。

ご依頼ありがとうございました。

続きまして

冬のセッティングご依頼

Img_3620

HONDA CB450 K1

スパークプラグの焼け色が危険なレベルになってきましたので

プラグの番手を上げて

燃料をプラス。

Img_3619

道端に停車するこの古いHONDAが

まさかあんなに加速していくとはと、皆思っていると思います。

堺の大先輩は

東名高速が開通した時に、この450でかっ飛びに行って壊したそうです。

『 これは速いで 』 とおっしゃっていました。

Img_3623

エンジンがもっと燃料をくれというので

メインジェットを加工し#150と#160を用意

流石に#160では 『 オエッ 』 っとなりましたので

#150をチョイス

Img_3622

まさかこのバイクがというくらいの伸びをみせます。

Img_3621

恐るべし本田宗一郎

本日無事納車でございました

ご依頼ありがとうございました。

続きまして

毎度お馴染み

Img_3610

マッド ボッパー号です

Img_3613

縦溝フロントタイヤがよくお似合いです。

定期点検でのグリスアップというのはとても乗り味に影響します。

動く部分がスムーズに動くだけで何が変わったのか分からなくても

何かは変わります。

重要なのは潤いだと思っています。(マイブーム)

Img_3611

マッド ボッパー号

本日無事納車でございました。

ご依頼ありがとうございました。

Img_3631

走り廻るボッパー号と いつ走るの?KMHRです。

写真ありがとうございました。

残る作業は1台

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月27日 (金)

KZ1000

定期点検 修理 カスタム メンテナンス作業

KAWASAKI KZ1000 A1 MAD BOPPER号

四季を通していろいろなところを走り廻るKZ

酷使された車体のメンテナンス

Img_3434

Img_3431

ホイールベアリングはそろそろ要交換

Img_3432

特にフロントとスプロケットキャリアのベアリング。

フロントタイヤも同時に交換

Img_3553

前回作業時の防錆処置効果あり。

錆の進行は遅らせられています。

次の車検時にはスポークとリムの交換を検討するタイミングになる可能性はあるかと思います。

Img_3555

NEWベアリング、NEWシールに交換

Img_3559

チョイスタイヤは、BRIDGESTONE AC03 ACCOLADE 

Img_3560

リアホイールベリング交換。ハブダンパーは問題なし。

Img_3561

Img_3563

NEWベアリングとNEWシールでリフレッシュ。

劣化したフロントフォークダストブーツ交換

Img_3576

防錆処置効果あり。リング関係に錆はありません。

フォークオイル滲みもなし。

Img_3578

こちらも効果あり。ピストンの動き問題ありません。

Img_3590

ケーブル関係は最低でも2年に1回はグリスアップ

私はケーブル専用グリスの春夏秋冬四季を通した動作が好きです。

Img_3574

距離が増えると緩み止めワッシャーが摩耗するのか

スプロケットの締め付けが甘くなる。

スプライン全周に嵌るワッシャーならいいと思うが

ポッチが一個となるとやはり弱い。

スプロケットにひと手間加えようと試みましたが

当然ドリルは刃が立たずで断念。

前回と少し違う方法でナット、ワッシャーをセットし

規定トルク範囲MAXで締め付け直しました。

Img_3585

酷使されたMB号が潤ってきました。

 針の動きに異常が発生したスピードメーターは

日本計器御中でOHしていただき

ラバーの劣化したメーター照明ハーネスは社外品に交換。

同時にLED化

Img_3586

インジケータランプはノーマル電球のままにしています。

Img_3595

電球がよく切れるとおっしゃっていたポジションランプもLED化

Img_3594

ヘッドライトは以前LED化していますが

配線やスイッチ関係でのロスを考慮しヘッドライトブースター装着。

リレーを介してバッテリーから直接ヘッドライトに電気を送るカスタムパーツです。

Img_3593

ヘッドライトブースターの効果で

Img_3599

明るさが増しました。

天候見て試乗します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月26日 (木)

Vmax 1200

カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200

前後足回り、塗装部品の装着が完了

Img_3536

Img_3537

他車種流用フロントフェンダーはカラーを製作し取り付けました。

Img_3545

試乗

素晴らしく軽いVmaxになりました。

Img_3546

NEWタイヤの安心感も相まって、直進、車線変更、右左折

全てにおいてとても乗り易く軽快です。

ノーマルで重いバイクほどマグネシウム鍛造ホイールの効果が大きく感じます。

まるでV-MAX650の車体に1200ccエンジンを積んだようなイメージかな。

 

Img_3550

恐るべしADVANTAGE EXACT

Img_3551

パウダーコーティング3分消しブラックも見た目が引き締まり

Img_3549

かっこいいです。

計画中のリアフェンダーカスタムが実現すればより一層カッコよくなると思います。

Img_3552

このVmaxなら普段のチョイ乗りも気兼ねなく乗れるな。

オーナーのご依頼品

Img_3524

ホースバンド改も完了。

今回装着した燃料ゲージは

Img_3565

満タン 約15L

Img_3566

約12L

Img_3567

約9L

Img_3568

約7L

Img_3569

約6L

この辺りから容量同じでも表示が点いたり消えたりシビアです。

サイドスタンドでは消えます。

Img_3569

これは点滅 約5~6L

残量5Lを切ると

Img_3573

4.5LほどでFUEL警告ランプが点灯

流用ゲージのアーム長とタンク内スペースを考えるとゲージで4L以下を追うことは

難しいと思います。

警告ランプが点灯する残量までを燃料ゲージがカバーする感じです。

いきなり警告ランプが点灯して焦ることなく警告ランプがそろそろ点くことがわかる・・・

これでOkをいただければ幸いでございます!!!(要相談)

Img_3548

N様 たいへんお待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月25日 (水)

XS1-B

修理作業 YAMAHA XS1-B

ミッションの不具合

XS1に関してはミッション系の新品部品がほぼ出ませんでした。

辛うじて摩耗したシフターフォークは新品最後の一個を海外から入手できたが

交換したい4速ギヤは無く

4速ギヤにドッグで相対するギヤも無し。

こうなれば中古部品に頼るしかなく

写真と睨めっこしながら捜索。

Img_3175

状態が良さそうに見える物がみつかり

海外からドライブアクスル&ギヤ一式が届きました。

万が一に備えて同じ人が販売していたメインもGET

Img_3176

XS1、XS1-B、XS650Eと書いてあったが、元々のミッションと比べると

ギヤの仕上げが違ったり肉厚の薄いギヤもあったので

結果的にメインアクスル&ギヤも購入しておいて正解だったと思います。

各歯数は同じです。

今回の予想原因箇所

Img_3174

4速ギヤとシフターフォーク。

こちら届いた新品シフターフォーク

Img_3294

若干形状の違いはあるものの

合わせてみて使用できると判断しました。

ミッションASSYは超GOOD コンディションとはいかないまでも

元々のミッションに比べれば断然いい部品達でした。

Img_3296

洗浄してまだヤマハから出るサークリップなど は交換

無い物はR-PRO御中から購入。

Img_3301

組立。

ドライブスプロケット側のカラーはR-PRO御中の

Img_3297

オイル漏れ対策カラーに交換。

Img_3314

ミッションをセットし

Img_3397_20191225204701

アンダーケース結合

Img_3407_20191225204701

ストレーナーキャップを装着したら

Img_3408_20191225205401

起こしてクラッチやシフター等を組立

Img_3409_20191225205401

Img_3410_20191225205501

エンジンを搭載したら各部品を組立

動かしながらミッションの動作を確認

工場内作業が完了し

Img_3413

試乗

Img_3414

いい感じです

以前出ていた一瞬のギヤ抜けショックは無くなりました。

Img_3419

シフトチェンジは速度と回転数を考え、できるだけスムーズに。

バイクにストレスをあまり与えないで

偶に鞭打つ。くらいがいいのかもです。

Img_3423

キビキビ走っていいバイクです。

Img_3437

楽しくて走り廻る

Img_3438

特に気になる箇所なく調子良好です。

Img_3425

たいへん長らくお待たせいたしました。

ご依頼ありがとうございました。

Img_3426

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

激闘 SSO Dry clutch の巻

DUCATI 900SS KSP ベベル

Kさんが探しに探して見つけた乾式クラッチ

ベベル用は日本初上陸だそうです。

Img_3454

見つけ出して先方と連絡をとって輸入したKさんの執念の塊。

そしてここからは取り付けへの私の執念の記録

部品をまじまじと見ながら作りの良さにうれしくなります。

何と言ってもクラッチバスケット、クラッチ板が

SSOさんオリジナルではなく高年式DUCATI用で

比較的簡単に入手できるというところが今後を考えると嬉しい。

クラッチに集中する為

Img_3456

先に右側を組み立てておく。

ブリーザータワーは今回NAG製バルブ内臓型に交換。

Img_3457

SSOさんのクラッチキットになることにより大きいフライホイールは外す。

これがベベルの走りにどう影響するのか。

説明書通りに組み立てていくのだが

説明書には、ギヤとの干渉を避ける為ピックアップコイルを指定した寸法だけ削りなさいという記述がある。

しかしこれは純正ピックアップの話。

Kさん号は以前からBRITZ MOTORS製に変更している為

マウントステーはもちろんコイルも違う。

少し削ってみたが、指定された寸法分削れば中身が出てくるんじゃないかと、嫌な予感。

削ってダメにしたらシャレにならない。

そこで以前修理した国産バイクのピックアップを倉庫からひっぱり出してきた。

Img_3467

こんなこともあろうかと。。。

ステーターコイルがパンクしたけどピックアップは正常なASSY部品。

いつかピックアップだけパンクした時の応急用に置いておいた。

 日本製のピックコイルではないが

最近のピックアップコイルの樹脂がどの程度の厚みがあるのか

知っておく必要がある。

Img_3469

樹脂薄っ!!!

即コイル到達。

同じピックアップコイルではないが

これではハイリスク過ぎる。

しかしながら、今更コイルを純正に戻すのは嫌だ。

BRITZ MOTORS製のピックアップコイルキットで得られるベベルへの安心感は計り知れない。

ということで

思案の結果ピックアップコイルを逃がすことに決めた。

Img_3471

干渉するのはセンサーローターの奥のギヤ。

コイルに関して、純正はセンサー金属部分が横向き

BRITZ製は縦向き。

それぞれの位置関係を導き出したら

先ずはセットカラーを取り除き干渉するギヤから軸方向に遠ざける。

そうすることで干渉するSSOさんのケースを削る。

そしてできるだけ外に広げる為、エアーギャップ拡大を補うセンサーローターの拡大。

因みに外に広げることにより干渉するマウントステーの裏側も削る。

そしてSSOさんのケースもまた削る。

SSOさんごめん。

Img_3472_20191225005901

このローター形状に削ってある部分は肉薄なので削ることはできない。

Img_3473_20191225005901

80mmのダミーを装着してギリギリ当たらないくらい。

Img_3458

これは77.9ダミー。

コイルを広げられる寸法、ケースに干渉しない寸法

このことから算出した数値を狙う。

Img_3474

2/3だけ肉を盛る。

Img_3476

治具にローターを圧入してボルトでロック。

Img_3477

狙った寸法プラスになるまで削って

Img_3478

整形。

加工ついでに

Img_3479

ローターセット治具を製作

Img_3480

こんな感じ。

実際のセンサーローターで位置を決めたら

Img_3482

ピックアップにグリスを塗って

ガスケット無しで仮組してみる。

これでもまだ一か所グリスがギヤに付着したので

最終手段はギヤ側の面取り部を少し削りました。

ガスケット無しで干渉無しが確認できればガスケット有りだと安心。

Img_3484

スパークしてくれるよう願って組立。

クラッチハブのセンターナットは手持ちの工具では締めることができないので

Img_3485

KOKEN改SSOさん専用ソケット製作

Img_3486

かっこいいです。

Img_3490

この角度も強烈なインパクト。

私が削ったスプロケットカバーも

Img_3491

よくお似合いだと思います。

Img_3493

まだまだ続きます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

KSP エンジン組み立てと加工の巻

DUCATI 900SS KSP ベベル

1年半くらい前から

『 スプロケットカバー加工したいなぁ~な? 』 とジャブを打たれ続け

とうとうその時が来た

Img_2940

使用するカバーを選んで

KSPに似合うカバーとはどういう物か

Kさんのキャラクターに似合うものはどういう物か

考えて

Img_3283

切った。

Img_3284

やり過ぎる前に止めて

Img_3288

磨く

Img_3291

我ながら上手くいったと思う。

Img_3292

KSPに似合うはずだ。

そうこうしている間に

Img_3164_20191224235601

CLOSEシムが届いた

Img_3107_20191224235801

これで調整しながら組めるぞと思ったのもつかの間

OバンクEXのクローズが・・・

ケースでいうところの上から3段目

一番左端のところに入るシムサイズがどうやらジャストフィット。。。

『 これからは自身でシムを調達する 』 とか言っておきながら

速攻でBRITZ MOTORS御中に連絡。

すぐに該当シムを送ってくださり、ジャストフィット。ありがとうございました。

やはりシム集めに終わりはない

Img_3260

第二弾注文

今回使ったシムと前回注文しなかったサイズのシム

各サイズ一個づつですが少しは増えた。

Img_3265

ヘッドの調整完了。

しかしこれはあくまでも単体での話で、エンジンに搭載後

何回もクランキングしてから最終チェックは必要。

そうこうしている間に

追加で注文していたクランクケース側のシムも届き

Img_3327

こちらは計測済みの指定寸法シムだったので

Img_3329

自身の考えるようにジャストフィット。

Img_3330

実圧縮比の測定

Img_3341

クランクケースにマリオサッシの強化オイルポンプ装着

Img_3342

ボルトを締めたら軸が回らないというトラブルはありましたが

軸を少し手直しして解決。

いよいよケース側ベベルギヤの調整

Img_3343

シムは余分に用意しておいたので

何度も試しながら

Img_3345

無事に調整完了。ここも自身の考えに基づいたOKラインです。

この後、いろいろあったが

今度は速攻でトレッセル御中に電話して、

また助けてもらいました。ありがとうございました。

Img_3372

かっこいい。

Img_3373

エンジンが組めたら

Img_3427

タイミングのチェックと

クランキングのチェック

Img_3429 

Img_3430_20191225003501

バルブクリアランス関係も確認して

Img_3435

車体に搭載。

当店ではベベルエンジンを適当な高さで床にセットし

上からチェーンブロックでフレームを下してくるという方法で搭載しますので

ご安心ください

腰は無事です。

つづく

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月19日 (木)

10th 極寒 トッピング

2020年1月3日

沼島解散は、毎年継続するメインプランの解散

10回目からはトッピングメニューをご用意しています。

10thのトッピングは四国に渡る

ご希望の方は、ご一緒ください

沼島渡船乗り場出発 

(渡船乗り場到着時刻にもよりますが11時~11時半の間には出発したいと思います)

神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南IC IN

大鳴門橋渡る

鳴門北IC OUT

県道11号 北上

*鳴門スカイライン 走行

路面良好 ワインディング

*国道11号 合流 高松方面

海沿いのキレイな道です

坂元交差点 付近 

*讃岐うどん 『 うどんや 』 昼食

『 お正月は混むきん、少し早めに来てくれたほうがいいと思う~ 』

昼食に並ぶことはご了承ください。

席数100席

休憩後

県道1号 讃岐街道 

萌える山岳狭路

山を越えたら 高松道 板野IC IN

淡路島に入ったらそのまま高速で帰るか

降りて海岸線などで帰るか選んでいただければと思います。

途中 山岳狭路が入りますが

距離が短いので

自身の考えでは休憩入れながらでも 板野 PM4時くらいかと思っています。

* 雨ですと危険なのでトッピングメニューは行きません。

* 四国内の各ポイントでは解散という手法はとりません。(特に1号線)

参加希望者の挙手をお待ち申し上げております。

KITAMO

 

2019年12月18日 (水)

ESTRELLA

公道復活修理作業 KAWASAKI エストレヤ

Img_2958_20191218215401

キャブレター洗浄でエンジンが始動できまして

優先順位を決めて実施作業を相談。

内容が決まったら作業再開

Img_3268

オイル漏れの酷いフロントフォーク

右は緩みましたが左フォークボトムアレンボルトが緩まず

ボルトの頭を飛ばして外しました。

Img_3271

頭を飛ばしてしまえば残ったボルトは毎回指で回ることを考えると

固着するのは銅ワッシャーとボルトの座面、アンダーチューブのアルミということになる。

組立時はひと手間加えて要注意。

Img_3390

洗浄してシールやOリング、リテーニングリングの交換。

ヘキサゴンの穴が傷んでいましたのでフォークボトムアレンボルトは右も交換しました。

Img_3391

組立。

Img_3273

製造から年数の経過したタイヤの交換

Img_3275

リム内部は錆がほとんどなく美しいです

Img_3278

リアも。

Img_3277

チョイスタイヤは、IRC GS19

Img_3279

面荒れの酷かったリアブレーキディスクは中古を探して交換しています。

Img_3393

フロント廻り組立

Img_3394

リア廻り組立

Img_3395

必要箇所はグリスアップしています。

こういうオートバイを修理していると毎回思う

すぐに分解図が確認できて、部品番号が分かって、値段も分かって、注文すれば翌日には部品屋さんが持ってきてくれて、

カワサキでも3~4日待てば部品が届くし、有り難い話だ。

何と言っても部品屋さんと日本語でやりとりできるというのがかなり有り難いのである。

そんな話はさて置き

Img_3396

準備が整い次第、試乗します。

K様 試乗後に連絡いたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月17日 (火)

V-MAX カスタム

カスタム メンテナンス作業 YAMAHA V-MAX 1200

リアホイール組み付け

Img_3125

ADVANTAGE EXACT マグネシウム鍛造ホイール

NITRON リアサスペンション

メンテナンスを兼ねて

フロントフォーク プリロードアジャスタ取り付け

Img_3252

純正の長さのインナーカラーではプリロードの調整幅がかける方向にしかできませんので

Img_3251

純正キャップとの寸法差を計測してカラーをカット

ご希望のラインマーク3段目で純正と同じ寸法にしています。

Img_3254

組みあがりました。

塗装依頼部品がパウダーコーティングから仕上がってきました。

3分消しブラック。いつもありがとうございますm(__)m

Img_3135

ステムの組立

ベアリングは、ご用意いただいた他車種流用のアンギュラベアリングです。

Img_3134

トップブリッヂ側もNEWベアリング、NEWグリスで組立。

Img_3137

ステムを装着したら

Img_3368

ハンドル廻りとフォークを装着

Img_3367

各部がブラックになり引き締まりました。

Img_3370

キャブレターのTOPキャップも今回一緒にパウダーコーティング。

Img_3369

これまた整備まな板から動かすのが楽しみな1台であります。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

お知らせ

12月18日(水)は

陸運支局に行きますので昼過ぎまで店に居りません。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月16日 (月)

新春 極寒修行ツーリング in 淡路島

今年もこのお知らせができることに感謝申し上げます。

2020年度 第1回修行ツーリング 極寒編

1年の安全を祈願し走る淡路島 今回で10回目の開催となりますm(__)m

メインテーマ 『 続:継続は力なり 』

開催日 2020年 1月3日(金)

集合場所 道の駅 あわじ (高速道路の真下、一般道の道の駅です)

集合時間 AM8時ごろ AM8時半解散

当日の天候が晴れでも雨でも行きたい方はご参加ください。

125cc以下でもジェノバラインに乗船すればご参加可能です。

道の駅あわじを出発したら、先ずはお好きなルートで沼島渡船乗り場を目指してください。

再集合場所 沼島渡船乗り場

再集合時間 10時半頃

近年、淡路島内の観光地がかなり混雑してきております。

10回目となる今回は

思い切って 『 沼島渡船乗り場で解散! 』 します。以上。

その後は、淡路島を満喫、四国へ渡る、などなど皆様の萌える道でお帰りください。

途中参加、途中離脱は問題ありません。

離脱の場合は、私の携帯にメッセージだけ入れておいてください。

ほとんど単独走行か数台のグループでの走行になると思います。

修行ツーリング経験者の方も

2020年度が初参加の方も

マナーを守って無事に走りきってください。

当日、よろしくお願いいたします。

ご安全に

P.S 私が自転車で行こうとしているわけではありません

バイクで行きます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月13日 (金)

VO2MAX59とは と 冬、アミーゴは南へ行く

VO2MAX(最大酸素摂取量)

年齢40代の平均が35。46までいくとかなり高く

52までいくと極めて優秀だそうだ。

因みに10代は平均49。

そんな最大酸素摂取量。

40代の妄想族特攻隊長がVO2MAX59という数値を叩き出した。

訂正

隊長は仕事終わりに毎晩10kmをタイムアタックしている。

キタモのある魚崎西町から打出交差点が丁度5kmなので

打出交差点でタッチしてキタモに帰るコース

休日はキタモのある魚崎西町から甲子園球場が丁度10kmなので

甲子園球場でタッチしてまたキタモに帰ってくるコースだ。

因みに隊長の10km新記録は40:27 

1km4分 のペースで走っている。

先週の土曜日

Img_3203

『 タイヤ=シューズ、シューズはナイキやからナイキXスズキで行く! 』 と

テンション高めのメールが届いた。

そう隊長は

Img_3149

野口みずき杯 中日三重 お伊勢さんマラソンに出場したのだ

バイクで会場に行ってマラソンに出場してバイクで家に帰ることが隊長の中では約束事。

ハーフマラソンで1時間30分を切るということを目標に特訓を重ねた日々。

Img_3148

無事にゴールしたタイムは

Img_3152

驚愕の1時間26分\(-o-)/

流石、旋盤工は根性、忍耐、集中力を兼ね備えている。

隊長曰く40代のおっさんは速い人が多いらしい

おっさんは努力するからだそうだ。

Img_3151

家族は全くマラソンに興味がないらしく

今回も一人屋台で達成感の余韻にひたる隊長であった。

隊長かっくいい!目標達成おめでとうございます。

ー・-・-・-・-

翌週の日曜日に今度はアミーゴからメールが届いた

『 オラーアミーゴ!只今の気温は17度だよ!! 』

日々、忙しい仕事と格闘し深夜帰宅のアミーゴが

年末の繁忙期前に心を充電

Img_3177

南の島へ ソロキャンプツーリング

Img_3179

夜は一晩中気温が17度だったそうだ。

Img_3178

アミーゴの愛車セロー250

Img_3197

木が違うからか山も独特な雰囲気

Img_3192

楽しそうな道です。

Img_3194

ここはジャングルか。

Img_3196

並んで

Img_3195

水をGET。

Img_3193

山と

Img_3200

海。

Img_3201

セローもよくがんばりました。

Img_3198

大阪 心斎橋 メキシコ料理店 『 エルパンチョ 』 の アミーゴ

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27001670/

写真ありがとうございましたm(__)m

KITAMO

2019年12月12日 (木)

修理とメンテナンス

オイル漏れ修理作業 SUZUKI GSX-R1100 GV73A

他の不具合で少し手こずりましたが

作業完了しました。

Img_3247_20191212224301

1100のオーナーは、キタモのお客様の中で恐らく一番ヤングです。

Img_3248

オーナー色の個性的なオートバイです。

カウル付き1灯も2灯も

Img_3250

やっぱりオートバイは魅力的です。

ご依頼ありがとうございました

日々、運転ご安全に

こちらはカウル付き1灯

Img_3211

定期点検 メンテナンス作業 DUCATI MHR R1 ベベル

工場内の作業が完了し試乗

Img_3212

エンジンの回転上昇がスムーズ

流石、匠が仕上げたエンジンです。

Img_3214

前方も

Img_3213

後方も美しい。

Img_3215

セル始動というのが、最近何だかうれしくなります。とても。

Img_3219

い~な~このべべル。

Img_3216

作業完了しました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月10日 (火)

いただきPHOTOと 日々の修理&試乗 と 工場ちょっと模様替え

ボッパーin静岡

Img_2704

朝4時に自宅を出発して

Img_2705

富士山の麓へ。

富士山はどこから見ても感動します。

*キャプテンは

Img_2886

毎年恒例の紅葉を愛でるツーリングin北摂

Img_2884

キャプテン号もいよいよ10万キロまで15000キロとなりました。

濃い~15000キロとなることを願っております。

*Z2お兄さんは

Img_2972

ホームコースの紀伊半島

雨で延期となったお兄さんプレゼンツツーリングのリベンジに向けて。

お兄さんいつもありがとうございます。萌えるコースを楽しみにしています。

*おーやんさんが

Joov4218

また単車乗りになりました\(-o-)/

*修理作業

オイル滲み修理 SUZUKI GSX-R1100 GV73A

Img_3158

ヘッドカバーのパッキン交換

カム山はキレイです。

バルブクリアランスは16か所中8か所が規定値よりも広くなっています。

調整してパッキン交換します。

*クラッチメンテナンスのHONDA スーパーカブ

工場内作業が完了し

Img_3102

試乗

Img_3103

クラッチの滑り無く好調です。

Img_3105_20191210103801

走行5万キロ超えても好調を維持する小排気量

流石スーパーカブです。

Img_3106

たいへんお待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

W650Mさんの義父さんから

いただいた定盤。

この定盤を使いやすくする為に工場内の一部を模様替え

一番奥にありデッドスペースの多かった作業台の向きを変えました。

腰は無事です。

Img_2895

椅子に座って作業できる台が増え

とても作業がやり易くなった。

Img_2892

歴史を感じる定盤

ありがとうございます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

MHR

定期点検 メンテナンス作業 DUCATI MHR R1 ベベル

全体的に状態良好です。

Img_3141

ホイールベアリング問題なし

Img_3140

フロントも問題ありません。

スプロケットキャリアのベアリングのみ

Img_3138

ゴロゴロしています。

Img_3144

内部は錆が発生していましたので

在庫のSKFベアリングに交換。

中空になる部分は結露等で錆びやすくなるので

キャリアの内部防錆処置して組み立てています。

Img_3142

毎度乾燥気味のメーターギヤもグリスアップ

ニップルからもできるだけグリスを注入し

Img_3143

組立。

その他キャリパー清掃とグリスアップ

Img_3139

オーナーの雰囲気とバイクの雰囲気のマッチング感が半端ねえベベルです。

各部作業完了後に試乗します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月 9日 (月)

KSP 腰上の巻

DUCATI 900SS ベベル 

KSPエンジンの組立

今回シリンダーとヘッドの作業は井上ボーリング御中にお願いした。

何故なら

Img_7241

ICBMシリンダーにしたかったからである。

Img_7242

減らないシリンダーICBM( Inoue boring Cylinder Bore finishing Method )

製作したアルミスリーブ内径にメッキをしたシリンダー

Img_7245

詳しくは井上ボーリングさんのHPをご覧ください。

30万キロ乗るというKさんにはベストチョイスのはずだ。

ニカジルメッキシリンダーの採用されたベベルは10万キロ走っても

シリンダーは問題ないと会長がおっしゃっていた。

会長のベベルは10万キロを優に超える。

メッキシリンダーではないベベルは5万キロで

スリーブ内面の段差が手、いや目ではっきり分かるくらい減っている。

恐るべしメッキシリンダー

そのシリンダーを

Img_3020

塗って

Img_3023

研ぐ。

このシリンダーの中で動くピストンは

Img_3165

TRESTLES 御中の 87mm 鍛造ピストン

Img_3166_20191209011801

Img_3167

組立まで待機。

そしてシリンダーヘッド

Img_3074_20191209011501

研磨したバルブはWPC + MOS2

組み付け前にすり合わせ

Img_3075

キレイに1本当たり面が現れます。恐るべし井上ボーリング。あたりまえだ。か。

今回使用するカムはKさんからお預かりしたイモラカム

Img_3077

当たることは無いと思うが

かなり接近するヘッドの内壁は一部削っておいた。

ヘッドのベアリングも全て交換。

このヘッドを構成する部品のセットアップにも多数シムを使う。

ベベルギヤの当たりもシムで調整する。

Img_3085

Img_3086

カム側とクランクケース側でもこのベベルギヤの当たり調整は必要なのである

クランクケース側はベベルギヤのホルダーブロックごと上下させて

クリアランスを調整できるようになっている。

これはリングプレートシムと併用するため

何とも気の遠くなるような調整作業の連続であるが

奥が深くて萌える作業だ。

同じくマニュアルには 『 いいように組め 』 としか記述がないので

自身を信じて調整するしか道はない。

ヘッド側カムの適正位置出しとベベルギヤの調整確認ができたら

各ロッカーアームの位置を適切な位置にセット

シムシムシムシムシム!

Img_3080

各バルブにOPENとCLOSE 各2本がセットされるので1つのヘッドで4本

Img_3089_20191209012101

前後シリンダーで合計8本のロッカーアームの位置が決まれば

Img_3092

OPEN、CLOSEのシム調整

バルブクリアランスである。

Img_3078

これはCLOSEのスプリング

左が新品。

ヘッドの作業に関してバルブシムの入手というのが今までネックであり

こつこつ集めたシムが

Img_3108

これ。

上2段がOPENで下がCLOSE

このくらいの数では何もできない。

一回一回注文していては作業が途切れてしまい効率が非常に悪い

しかし一気に揃えるなんて到底無理な話。

だが今回はこの効率の悪さを打開するべく

測定してチョイスしたシムの上下数個を海外へ注文した。

要はこれの繰り返しだ

日本のベベルの匠は皆こうやってシムを集めたと思う。

だから1個とかの販売なんて、まっぴらごめんなのは当然の話だ。

その1個を取り寄せるのに英語でやり取りするだろうし

送料も結構かかる。

こらからは自分で探して買うことに決めた。

先ずはOPENが届いた

Img_3164

これでKさん号のOPENは調整しながら組むことができる。

しかしOPENシムだけでこのケースが満タンになるまで集め続けなければ

今後、効率のいい作業はできない。

宝くじが当たったらシムを買おう。

来年の目標の一つはベベルのシムを充実させることに決めました。

注文したCLOSEが届き次第、ヘッドを組立ます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

KSP 腰下の巻

カスタム作業 DUCATI 900SS ベベル KSP

NE御中にお願いしていた部品が表面処理から戻ってきました。

Img_2480

毎度丁寧な梱包ありがとうございます。

開封したら洗浄開始

Img_2756

適材適所に WPC、 WPC+ハイパーモリショット

Img_2755

表面処理に関して詳しくはエヌ・イー御中のHPをご覧ください。

Img_2758_20191208233201

Img_2757

なんとも言えない美しさです。

クランクはコンロッド大端、小端、クランクピン、ピンシムに施工していただきました。

Img_2761_20191208233201

クランクの組立、芯出し、セット長合わせは酒井ボーリング御中にお願いしました。

いつもありがとうございます。

この他に表面処理はピストンリングやギヤが数個。

先ずは

ミッションの

Img_2897

Img_2912

組立。状態のよい3dogミッションで良かった。

ケースの作業

今回エンジンOHと同時に数か所の改善対策作業があり

その内の一つ

クラッチケーブルの取り付け角度改善

年間走行距離の多いKさん号の

クラッチケーブルトラブルはいつも同じ箇所の切断でして

Img_2942

この角度の悪さでアジャスターとケーブルが擦れて切れていたと思う。

ケース側の取り付け角度を変更するのは無理があるので

Img_2944

レリーズアームでこのくらいに上げてみようと思います。

Kさん宅の押入れからお預かりした

Img_2940_20191209001001

スプロケットカバーの加工と合わせてアームを加工します。

クランクケースのベアリングは全て交換

Img_2929

ベアリングを抜いて

Img_2945

ケースを手磨き。

磨き終えたら

Img_3111

ベアリングの圧入。

ベベルのクランクベアリングは高額。注文するのを少し躊躇してしまいます。

まだ使用可能なベアリングもありますが

折角ここまで開けていますので今までの走行距離と

今後を考えて交換します。

ベアリングのセットが完了したら

ケースの合わせ作業。

ベベルエンジンには各所シム調整が多数あり

この日の為に

特注焼き入れシムを数種類用意しておいたのである。

種類が多く、一気に全て揃えるのは金銭的にかなり無理があるので

このケースには今回必要と思われる必要最低限+α1+α2+寸法を読み間違えた悲しいシムが

入っている。

Img_3076

Img_3113

ミッションをセット

Img_3115

回転と位置を見るが

回転はやはり1本づつ確認しないと分かり難い

で、メインとカウンター1本づつ確認し

シフタードラム、キックシャフトも確認

『 まだ私にシムを買えっていうのか・・・・ 』

これは致し方ない。これが現実である。

こういうことを繰り返して

今後、その場でスパッと適正に組めるだけのシムが店に揃うのである。涙。

しかしマニュアルには数値は載っておらず

『 適正にしなさい 』 としか記述がない。

今、私が考えているのはシフタードラム

元々入っていなかった箇所だが入れた方がいいと思うので

やっぱり私は特注シムを買う。

次の入荷分で組み上げます。

Img_3162_20191209004901

クランクは決まりました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月 7日 (土)

Gear

900SS 3dog 5速ミッション

KITAMO

 

2019年12月 5日 (木)

お知らせ

12月6日(金)は

陸運支局に行きますので昼過ぎまで店に居りません

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年12月 1日 (日)

お知らせ

12月からも引き続き毎週水曜と木曜日は

預かり車両作業集中日とさせていただきます。

ご来店いただいての作業はお受けできませんので

何卒、ご了承ください。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

最近の写真

  • Img_7889
  • Img_7890_20200801222601
  • Img_8152
  • Img_8153
  • Img_8154
  • Img_8155
  • Img_8156_20200801222501
  • Img_8157_20200801222501
  • Img_8158
  • Img_8159
  • Img_8160
  • Img_8162