フォト

カテゴリー

« VMAX | トップページ | お知らせ »

2019年11月22日 (金)

入魂カスタム メーターパネル編

熟成へ向けて DUCATI 900SS KSP ベベル

今回純正メーターからカスタムメーターへの変更に伴い

メーターパネルの製作。

以前の記事で

Img_2119_20191122222401

私やってますよ的な

Img_122_20191122222401

メーターパネルをお見せしたが

これにはいろいろございまして

以前のメーターパネルはトップブリッヂより下に着けていたので

今回はトップブリッヂの上に着けてみようと試みた。

Img_212

ボルトを挿す前から、メーターを入れる前から

わかっていたはずだよ。かっこが悪いということを。

スイッチの逃がし分だけ前方に出るに決まっているじゃないか。

Img_2124

ヘッドライトとの隙間も広いし収拾がつかない。

ヘッドライトとハンドルは絶対に上げない。これが二人の約束。

この写真を見て、流石にKさんも 『 コイツマジか? 』 と思ったと思う。

で、

上がダメなら下に降ろして装着してみるのだけれども

上に装着した時にしっくりくる寸法で製作したメーターパネルは

下に降ろすと 『 ここが当たるからここを曲げる。曲げると隙間が空くからまた戻す 』

など帳尻が合わなくなる。

ので、失敗は熟成への階段と作り直しを決意。

ホールソー買っておいてよかった。

作り直すならただのパネルは嫌だ

一個目のパネルのメーター穴を切り取り

Img_2675

重ねる。

これだけで別次元のメーターパネルだ(当社比)

横からスイッチが丸見えになるのは嫌なので

Img_2672

板を付けて

削る。

Img_2681

私は今、感動と興奮の渦の中に居ます。

Img_2678

Img_2687

トップブリッヂに下から2本、上から2本のボルトで固定するので

上側はキャップボルトを削って、カラーを製作。

Img_2706

Img_2707

かっくいいです。

Img_2708

ここから問題はメーターをどうやってパネルに固定するか

付属のステーで止めないよね?という無言のプレッシャーをバネに

あーでもないこーでもないを経て

本日ひらめきました。

日帰り1500kmも耐えるメーター周りにしてやる

私、自信あります。

もう一つのお題

リアウインカー取り付け方法の件も案が浮かんでおります。

興奮を抑えつつ加工の前に

エンジンの作業を進めていきます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« VMAX | トップページ | お知らせ »

Custom DUCATI」カテゴリの記事

熟成への記録 900SS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VMAX | トップページ | お知らせ »

最近の写真

  • Img_6813_20200703210201
  • Img_7019_20200703210201
  • Img_7469
  • Img_7470
  • Img_7471
  • Img_7472_20200703210201
  • Img_7473_20200703210201
  • Img_7476_20200703210301
  • Img_7477_20200703210301
  • Img_7401_20200703013801
  • Img_7402_20200703013801
  • Img_7403_20200703013801