フォト

カテゴリー

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月28日 (木)

V-MAX CUSTOM ホイール編

カスタム作業 YAMAHA V-MAX1200

オーナーがお宅で温め続けていたホイールの交換作業

先ずは

Img_3003

同時に交換するクラッチハブの組立

毎度こういう部品を圧入で組み立てると精度に驚く。

で、オーナーがお宅で温めたホイールがこちら

Img_3004

ADVANTAGE EXACT マグネシウム鍛造ホイール

Img_3005

シルバーバルブを

Img_3006

ブラックバルブに変更し

Img_3008

フロントタイヤ MICHELIN PILOT ROAD3

リアタイヤ MICHELIN PILOT ROAD4 GT

フロントディスクローター サンスター

Img_3009

素晴らしいホイールの作り込みです。

Img_3012

クラッチハブの装着時にもmade in japanの精度に感動します。

Img_3014

Img_3011

Img_3013

重量比較

ホイール+タイヤ+ディスクローター

ノーマルフロント 2.15-18 110/90-18   16.5kg

EXACTフロント 3.00-18 110/80-18    11.5kg

ホイール+タイヤ+ディスクローター+クラッチハブ

ノーマルリア  3.50-15 150/90-15  18.5kg

EXACTリア  5.00-17 170/60-17  15.3kg

前後で約8.2kgの軽量化。

この重量差は走行するまでもなくバイクを押した時点で変化を感じるレベルです

いや、押すまでもなく

組み立てた車体のジャッキを降ろしながら直立のバランスを取っている時から感じるレベルです。

Img_3016

近日、車体組み立て作業を開始します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

V-MAX 1200

定期点検 修理 メンテナンス作業 YAMAHA V-MAX

工場内作業が完了し

Img_2946

試乗

とても乗り易くなりました。

今回は、はっきり不具合のあった箇所を重点的に作業させていただいたので

変化に感動します。

Img_2947

オレンジフェリーの待機場に停車するトラック群。

Img_2948

後方の建物は株式会社フェリーさんふらわぁの神戸本部。

Img_2949

エンジン好調。

Img_2951

ステムベアリングの動きが改善し右左折のし易さ、直進安定性が激変しました。

Img_2956

ブレーキキャリパ改善で押し引きが楽。

Img_2955

この角度のV-MAXが好きです。

Img_2954

作業完了。たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

気化器

点検 修理 KAWASAKI エストレヤ

始動はできるがアイドリングしないとのことで作業のご依頼

Img_2958

少々不動期間があります。

タンク内はマシでしたがキャブレター周辺からガソリン腐食臭がしましたので

先ずキャブレターの確認

Img_2962

キャブレター内部はガソリンが腐食し緑色です。

Img_2963

パイロットスクリューの蓋を飛ばす。

パイロットスクリューも洗浄

Img_2978

ジェットやゴム関係はまだ使用可能です。

Img_2979

組立

Img_2983

無事にアイドリングしました。

不動期間に伴う他の箇所のメンテナンスは要相談でお願いします。

こちらも

不動期間がありエンストの症状があった HONDA CB400SF VⅢ

Img_2871

キャブレター洗浄と

各連結通路Oリング類の交換

このキャブレターは連結Oリングのみでセット販売されているので助かる。

Img_2890

組立。

燃料の漏れる負圧コックの中身は

Img_2964

こうなっていたので

NEWコックに交換しました。

Img_2967

組み付け。

Img_2970

始動。

工場内の作業が完了したら

Img_2973

試乗。

タイヤが硬いです。次の優先順位はタイヤ交換をお勧めします。

エンストの症状は改善しました。

Img_2974

V-TECⅢは美しい。

そして乗り易い。素晴らしいネイキッドだ。

Img_2975

ⅡからⅢで激変したテール廻り。

Img_2976

1日置いて始動のチェックをします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月27日 (水)

V-MAX センダユニット取り付け 

カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200

装着されているカスタムメーターは燃料計付き

折角なので燃料計を使いたい。との作業ご依頼。

ご用意いただいたのは

Img_2891

ヤマハ シグナスの燃料タンク

これに付いているセンダユニットを左のV-MAXタンクに移植

Img_2993

火を使うので中をよくよくよく洗う。

Img_2994

センダユニットベースを摘出。

Img_2995

タンク上面で平らな部分、あらかじめマーキングしていたフレームと重なる場所を避けて

位置を決めたら

Img_2996

純正タンクにも穴をあけてセンダユニットベースを

Img_2997

合体。

Img_2998

穴が無いかのエア漏れチェック

チェックが完了したら

Img_2999

色を塗って

内部を防錆被膜液でトリートメント(コーティングではありません)

Img_3001

センダユニット調整

上限で約9Ω、下限で約95Ω

その数値を元に下限を検知でき、尚且つ上限に近い位置へできるだけ調整。

できるだけ調整した位置では少々ハッピーメーターになります。

Img_3002

こんな感じです。

トリートメント完了後に組み付けて結線します。

次は前後ホイール交換作業です。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月24日 (日)

お知らせ

11月26日(火)は

陸運支局に行きますので

午前中は店に居りません。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月22日 (金)

入魂カスタム メーターパネル編

熟成へ向けて DUCATI 900SS KSP ベベル

今回純正メーターからカスタムメーターへの変更に伴い

メーターパネルの製作。

以前の記事で

Img_2119_20191122222401

私やってますよ的な

Img_122_20191122222401

メーターパネルをお見せしたが

これにはいろいろございまして

以前のメーターパネルはトップブリッヂより下に着けていたので

今回はトップブリッヂの上に着けてみようと試みた。

Img_212

ボルトを挿す前から、メーターを入れる前から

わかっていたはずだよ。かっこが悪いということを。

スイッチの逃がし分だけ前方に出るに決まっているじゃないか。

Img_2124

ヘッドライトとの隙間も広いし収拾がつかない。

ヘッドライトとハンドルは絶対に上げない。これが二人の約束。

この写真を見て、流石にKさんも 『 コイツマジか? 』 と思ったと思う。

で、

上がダメなら下に降ろして装着してみるのだけれども

上に装着した時にしっくりくる寸法で製作したメーターパネルは

下に降ろすと 『 ここが当たるからここを曲げる。曲げると隙間が空くからまた戻す 』

など帳尻が合わなくなる。

ので、失敗は熟成への階段と作り直しを決意。

ホールソー買っておいてよかった。

作り直すならただのパネルは嫌だ

一個目のパネルのメーター穴を切り取り

Img_2675

重ねる。

これだけで別次元のメーターパネルだ(当社比)

横からスイッチが丸見えになるのは嫌なので

Img_2672

板を付けて

削る。

Img_2681

私は今、感動と興奮の渦の中に居ます。

Img_2678

Img_2687

トップブリッヂに下から2本、上から2本のボルトで固定するので

上側はキャップボルトを削って、カラーを製作。

Img_2706

Img_2707

かっくいいです。

Img_2708

ここから問題はメーターをどうやってパネルに固定するか

付属のステーで止めないよね?という無言のプレッシャーをバネに

あーでもないこーでもないを経て

本日ひらめきました。

日帰り1500kmも耐えるメーター周りにしてやる

私、自信あります。

もう一つのお題

リアウインカー取り付け方法の件も案が浮かんでおります。

興奮を抑えつつ加工の前に

エンジンの作業を進めていきます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

VMAX

定期点検 修理 メンテナンス YAMAHA VMAX 1200

各部品が揃いまして作業再開

Img_2831

キャリパー組立

フォークオイルが染み込んだフロントパッドは交換しました。

Img_2829

フロントフォーク内部洗浄と

オイルシール、ダストシール、錆びたストッパリング、その他ゴム 交換

Img_2830

組みあがりました。

Img_2788

NEWステムベアリング NEWグリスで組立。

Img_2789

アンダーもNEWベアリング&グリス。

Img_2833

組立。

フォークエア圧は0.5kg/cm3にしています。

Img_2845

普通のVMAXに戻りました。良かった良かった。

ステムの動きが改善し、ブレーキの引き摺りが無くなるだけでバイクが軽くなります。

K様 準備が整い次第、試乗します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

修理とカスタム&いただきPHOTOと3/100000000

Img_1662

なんともたくましい顔つきの猫だ。

そんな話はさておき

* HONDA スーパーカブ90デラックス

Img_2863

クラッチメンテナンス 追加部品がありましたので部品待ちです。

* 始動不良 修理 YAMAHA BOLT

以前にも同じような症状があったとのことですが

しばらくは乗れていて今回いよいよ始動できないとのことで修理のご依頼

Img_2781

バッテリーが弱っていますので充電後の電圧降下を確認

念の為バッテリーは交換し始動を試みるがセルの廻りが非常に弱い。

嫌な予感がして

Img_2860

セルモーターを外す。

Img_2861

内部マグネット粉砕。

これは振動か、バッテリーが弱い状態でボタンを押し続けた為か。

いずれにしてもセルが回り難い状態でボタンを押し続けると

関連部品はびっくりするほど発熱するので注意が必要。

元気よく回るセルモーターでも、ガス欠など他のトラブルで始動できない時も回し過ぎは要注意です。

セルモーター交換して状況確認します。

* カスタム作業 KAWASAKI GPZ1200R

以前から相談していたヘッドライトカスタムと

ウインカートラブルに伴い、折角なので交換

Img_2848

Img_2853

アッパーカウル脱着は緊張する。

Img_2854

RAYBRIC のマルチリフレクターライトと

Bull Docker TAGOS のスモールウインカーKIT

ヘッドライトでカスタム感が増し、シュッとした純正風のスモールウインカーで大人カスタムを演出。

カッコよくなりました。

ご依頼ありがとうございました。

* いただきPHOTO

Img_2857

GPZ400RのKさんが 『 ツーリングに行ってきたよ 』 のPHOTO。

順調に好調とのことで一安心。

Img_2858

流石、もみじ山です。

Img_2856

ホルモン焼うどん

Img_2855

皆さんKAWASAKIで楽しそうです

写真ありがとうございました。

世界総生産一億台突破したスーパーカブの

Img_2798

内の3台

Img_2801

一億台にハンターカブは含まれるのだろうか

含まれるなら4/100000000 

です。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月19日 (火)

いろいろ修理といろいろ修理

キックアーム戻り不良修理 HONDA CL

Img_2782

右側ケースカバーを外して点検

アームの軸等にグリスアップし

Img_2783

組み直し。

直りました。

ジョイントスターターの摩耗により軸受とのガタがありますので

ここは今後の課題。

キックシャフトのオイル漏れもシャフトの摩耗とこのガタが影響しているように思います。

続きまして

アイドリング不調 HONDA CB400SF VTECⅢ

不動期間があり一先ず公道復活したとのことですが

信号待ちでエンストしたりするので作業のご依頼。

Img_2735

少しガソリンの腐食臭がしましたのでキャブレターチェック

Img_2731

フロートチャンバーに少し沈殿物があります。

ジェット類は少し緑がかっていますので洗浄します。

Img_2732

一部のホースやゴムが劣化して割れてきていますので該当箇所の交換と

ガソリンが止まらない負圧コックを交換してから試乗してみます。

続きまして

長期お待たせしております

Img_2581

BMW R100RS の公道復活できるかのチェック作業

長い期間 停めていたとのことで各所腐食が進んでいますが

一先ずエンジンをかけることができるかどうか

Img_2785

久しぶりの結構キツイガソリン腐食臭です。

手前の工具は

Img_2786

大分県 中野モータース御中で販売している特殊工具。

EXフランジがかなり固着していますので油と熱で対処してみます。

続きまして

バッテリー上がり修理 YAMAHA XS650SP

走行中にエンスト。その後電装系の光り方が弱い。

BTの電圧は10.5Vまで下がっており液補充と充電して始動。

発電量が正常になったり異常になったり

該当配線や腐食したカプラ端子を交換しても改善せず

Img_2380

発電側を点検すると

Img_2378

ブラシ摩耗。ここはXSのメジャーなトラブル箇所だそうだ。消耗品です。

ブラシだから正常と異常をいったり来たりするわけだ。

Img_2387

新品ブラシと比較。

ブラシ交換して直りました。

同じくバッテリー上がり修理 KTM DUKE

ご自宅で満充電後にご来店。ご来店時には再始動できないくらいBTが弱くなっています。

点検開始 三相の発電量が低くなっており

Img_2710

ステーターコイル不良。

で、コイル固定ボルトでよくあるボルト固着。

しっかりかかるレンチで緩まないとなると

あまり期待できないが

Img_2711

頭だけ飛ばしてステーターコイルを先に外す。

熱を加えてバイスクリップで緩めようとするもやはり緩まず。

となると折ってねじ山を再生するしか方法はないので

Img_2750

折って、ボルトのねじ山ギリギリにドリルで穴を開ける。

そこへ同サイズのタップ

Img_2751

ドリルの時点でネジ側のねじ山はある程度割れており

一番奥のネジ先端がタップにひっついて抜ける。

Img_2752

手前は少し緩くなったが奥はしっかりしています。

現在ステーターコイルの入荷待ちです。

各車作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月18日 (月)

出張(中部編)

2019年 11月14日

U様号のフレームと

Img_2641

U様号の 各部品

Img_2642

Img_2644

N様号の各部品

Img_2659

これを持って愛知県へ

いつもお願いしている塗装屋さんですが

お会いするのは初めてでした。

電話で話す印象と同じ話易い雰囲気はそのままの方で良かった。

時間が押していたこともあり

行ってみたかったベベル屋見学は次の機会にして

Img_2660

三重県へ

空が広くていいな

約束の時間にSさんの職場に到着。

『 泊まっていきな 』 というお言葉に甘えて

翌朝5時に志摩発

帰路はできるだけ高速を使わず・・・

国道165号線で名張市まで出て

名張川沿いの県道80号で

マリ姉さんの街、名阪国道山添ICを目指す

Img_2661

県道80号

Img_2662

途中狭くていい道でした。

Img_2663

阪神高速の大渋滞で

大阪も下道だったけど無事に神戸着。

Img_2670

引き取ってきたのは SUZUKI 250SB改 SSP

自賠責保険の更新を止め、車庫で磨き続け、妄想を膨らまし、

今回、温めた妄想の具現化作業と自賠責更新に着手です。

この250SBを製作した戦いの記録はこちらをご覧ください↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat23819575/index.html

作業開始までお時間頂戴しますが

今回も入魂させていただきます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

V-MAXのステムベアリング交換X2とその他作業

点検 修理 メンテナンス作業 YAMAHA V-MAX 1200

オーナーと談合の結果

固着キャリパーOH ステムベアリング交換 フロントフォークオイルシール交換を

実施することに決定。

Img_2626

フォークのオイルを抜く

インナーチューブに目立つ傷、錆などはありません。

Img_2618

ピストンが固着したキャリパー

やはりシール溝には不純物が溜まっています。

Img_2619

フロントの片側キャリパーのピストンには

外周に挟んだような深い傷が入っていますので片側はピストンキットを交換します。

Img_2621

リアピストンは再使用です

シールキットのみ交換します。

問題のステムベアリング

テーパーB/Gのグリス切れとレースが傷んだ動き

ここまではっきり動きが悪いと

リフレッシュした時の乗り易さは格段に向上します。

Img_2717

錆有り。

V-MAXのステムベアリング交換の難易度が高いと言われる理由は

Img_2718

アンダーレースとネックに工具を掛ける段差が無いこと。

ここでKITAMO製V-MAX専用ステムレースSSTの出番

Img_2719

難なくクリア。

ですが、ベアリング鋼で製作した薄い爪の工具なので

6台ほど作業したら作り直す必要があります。

Img_2720

アンダーブラケットのベアリングも抜いてリフレッシュします。

こちら

カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200

トップブリッジ、アンダーブラケット塗装に伴い同じくステムベアリング作業

今回はアンギュラーベアリングに交換。

Img_2552

現状動きはスムーズで傷みはありません。

Img_2553

アンダーブラケットのテーパーベアリングは

Img_2557

この専用工具が使用できるサイズか否かで作業時間は全く異なります。

Img_2559

ハスコーの工具は怯むぐらい高額ですが楽チンである。

Img_2560

外しました。

今回の作業の一つ

Img_2630_20191118000401

シート下の燃料タンクカスタム

Img_2631_20191118000401

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月12日 (火)

委託販売車両情報 MV AGUSTA BRUTALE-910S

売約済み ご検討ありがとうございました。

お客様の車両 売却情報です

MV AGUSTA ブルターレ 910S

Img_2565

現状特に問題なく調子良好です

初年度登録 2008年 車検 令和2年5月まで

走行距離 17805km

Img_2567

水冷4ストローク 4気筒 909cc

6速ミッション

フューエルインジェクション

Img_2573

babyface スライダー付き

Img_2569

屋根付き車庫保管車両

各部キレイです。

Img_2568

NISSIN 6POT キャリパー フロントダブル

マルゾッキ 50Φ倒立フォーク

Img_2566

マフラーはノーマルです。

ステップはノーマル、位置を調整できる可変式です。

Img_2574

前後タイヤは MICHELIN PILOT POWER 

溝は十分残っており硬化はあまり感じませんが 製造2013年の為

アグレッシブに走行される場合は交換した方がいいかもしれません。

Img_2570

カスタムバイザー付き

Img_2576

Img_2571

ホイールベース 1410mm

シート高 805mm

Img_2578

Img_2575

車両の状態を考えればかなりのお買い得車両かと思います

興味がございましたら是非現車をご確認ください。

車両の受け渡しは当店が責任をもって対応させていただきます。

別途費用は必要ですが、名義変更登録代行・点検整備をご希望でしたらご相談ください。

Img_2579

車両は当店でお預かりしていますので

事前に連絡いただければ店頭にて現車をご確認いただけます。

お問い合わせは担当 北川まで 電話かメールでお願いいたします。

ご検討の程、よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

出張のお知らせ(中部地方編)

11月14日(木)は

愛知県の職人さんへ部品搬入&談合

三重県へ車両引き取り&談合に行きますので

店はお休みさせていただきます

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月 9日 (土)

お知らせ

11月10日(日)は

車両引き取りの為、昼過ぎまで店に居りません。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

膝擦りとカルストは憧れの的 &いただきPHOTO と日々の作業

おひとりでもシッシーバーズを守る

Jjkh1920 

CB550our Sさんのローダウンブラケット装着作業。

リアが下がりカッコよくなりました。

自身の決めたスタイルを貫くイケてる営業マンです。

あ、そういえば、、そろそろシッシーバー外したいねんっておっしゃってたかな?

いや、そんなはずはない!!

シッシーバーズ頑張ってください。

いきなり届いた写真↓

Img_0493

タイヤの端までもうちょいとのこと

R1-Z Tさんが愛でるツーリングの悔しさをバネに

Img_0492_20191109173401

昔を思い出して膝を擦りに峠に行ったのかと思ったら

サーキットの走行枠で走ってきたそうです。

TさんのR1-Zが走っている姿を見てみたいな。

最近はこちらがメインバイクになりつつある?

Img_0851

Tさんの モンキー125は

Img_0850_20191109180101

きっちり端まで使っていらっしゃいます。

神戸のHさんは仲間とのツーリングで

Img_2523

初の

Img_2524

四国カルスト!!!!

出発前日に私のカルスト体験談をうっとおしいくらいに話してしまい申し訳ありません。

晴れて良かったです

Img_2522

ステッカーありがとうございますm(__)m

トラブル修理 HONDA V-TWIN マグナ

Img_2482

チェーン外れです

弛んだ状態での走行はかなり危険ですのでご注意ください。

今回、前後スプロケットも同時交換で

Img_2503

リフレッシュしました。

タイヤが結構硬くなっていますので今後の優先順位はタイヤ交換とお考えください。

Img_2504

ん~マグナ結構かっこいいな

Img_2505

エンジンが強くて乗り易い。いいバイクです。

Img_2506

ご依頼ありがとうございました。

最終確認は

Img_2516

お山

作業完了まで長らくお待たせしました。

昨日気になった箇所は対策済です。

Img_2517

16インチは軽快。制動はローターとパッドの当たりが出ればより効くと思います。

Img_2519

K様 お時間いただきありがとうございました。

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月 8日 (金)

GPZ400R

  点検 修理 メンテナンス作業 KAWASAKI GPZ400R

ブレーキキャリパーのシール交換

Img_2489

フロントピストンのシールと当たる部分に錆のクレーターがありましたので

Img_2490

NEWピストンに交換

リアは再使用しています。

Img_2491

組立。

制動力が著しく低かったのでブレーキパッドは前後とも交換しました。

Img_2493

ブレーキホースは私の好きなGOODRIDGE製に交換。

フロント

Img_2495_20191108215901

リア

Img_2494

スロットルケーブルの動きに変な違和感あり

Img_2498

原因はケーブルガイド欠品

スイッチボックスに直接ワイヤーが干渉して少し削れています。

ガイドは単品で部品が出ませんので

Img_2496

部品取りスイッチボックスをGET。

Img_2497

欲しかったのは白いこれです。

Img_2499

装着。

ケーブルの動きが正常に戻りました。

タンクマウントステー取り付けボルト1本折れ込み

Img_2500

ドリルでボルトを切腹除去し

元のねじ山を整える。

Img_2501

これが一先ず今回の作業の最終か

Img_2507

傷んだ燃料ゲージ端子とカプラの交換。

工場内作業が完了し

Img_2509

試乗

Img_2510

すごく軽く回るエンジン

低速では頭打ちが速く感じるがTOPギヤに近づくにつれての伸びは

流石16バルブか。

Img_2514

制動力は改善しました

ブレーキパッドはしっかりした物を選ぶべし。

Img_2512

以前の乗り難さはありません

ハーバーハイウェイで速度が上がると少し頼りなさを感じますが

六アイテストではコーナー、右左折スムーズになりました。

動きの重かった前後サスペンションはしっかり動いています。

Img_2511

GT601 ARROWMAX の乗り味は好きです。

Img_2513

K様 試乗で気になった箇所の手直しと

明日、お山テストです。

テスト後に連絡いたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月 6日 (水)

v-max

カスタム作業 YAMAHA V-MAX 1200 05’

オーナーからお預かりした部品は

Img_1776

V-MAXを劇的に変化させる部品いろいろ。

Img_2461

パウダーコーティングを依頼する部品を摘出していきます。

塗装をお願いする間に加工作業。

続きまして

定期点検 修理 メンテナンス作業 YAMAHA V-MAX 1200 91’

点検開始

Img_2460

ホイールベアリング良好 シールもしっかりしています。

Img_2458

フロントフォークオイル漏れ有

ステムベアリングは少しゴロゴロ感が出始めています。

Img_2459

ブレーキキャリパーのピストンはフロント左右、リア

全て固着ぎみです。

Img_2464

インテーク系のラバーは少しですが亀裂有り。

Img_2466

冷却系統は今のうちに交換できる箇所を交換しておいた方が良さそうです。

Img_2463

点検確認後に作業項目の優先順位を相談させてください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2019年11月 5日 (火)

900SS

ブレーキ不具合修理 その他作業 DUCATI 900SS ベベル

ブレーキタッチに違和感

自社工場内でできることをいろいろ試しましたが

症状改善せずで

ディスクローターが原因と判断し

Img_2028

ヂスクローター研磨を依頼

Img_2364

研磨から戻ってきました。

毎度迅速なご対応に感謝いたします。

これからは、同じ症状の車両に出くわせば自社工場でどうのこうのせず

速攻でブレーキ屋さんにパスしようと思います。

どうのこうので時間がかかって申し訳ありませんでした。

Img_2365_20191104212301

Img_2366

症状消えました。忍忍

Img_2367

Oバンク EXパイプが再メッキで美しく輝いています。

Img_2368

ブレーキパッドはap racingの新品に交換しています。

Img_2369

Img_2370

DUCATI 900SS BEVEL

Img_2373

素晴らしいバイクです。

Img_2372

O様 作業完了しました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

ZX400D 1985

点検 修理 メンテナンス作業 KAWASAKI GPZ400R 

硬化して変形したインテークダクト

Img_2381

硬化していたのは1番キャブのダクト。

有り難いことにまだ純正新品が出ました。

4気筒共通品番で注文時はカワサキモータースジャパンにまだ在庫69個有りです。

Img_2430

交換。

続いて

車体のグリスアップ

フォークを外していますので折角のこのチャンスに

ゴロゴロ感は無いが動きが軽過ぎたステムのチェック

Img_2325

レース側の面は上下共に傷みなく良好

Img_2326

グリスは古くなっていますので洗浄して

Img_2395

NEWグリス

Img_2397

アンダー側もNEWグリスで組立。これで重くなく軽くなく。

動きの渋かった

Img_2382

リア周り

ボルト関係は所々錆が発生しております。

ベアリングやインナーカラーは状態良好でしたのでこちらも清掃して組立。

スウィングアームのガードチェーンと両サイドのキャップは販売終了。

清掃して再使用しています。

Img_2384

Img_2393

Img_2394

美しくなりました。

リアサスのエアー圧は標準が大気圧

範囲は0~2.0kg/cm2 。一先ず0にしています。

問題のフロントフォーク

AVDS(オートマチックバリアブルダンピングシステム)

Img_2399

ピストン上部のバルブはTCV(トラベルコントロールバルブ)

圧側の減衰力を働かせます。

ADV(アンチダイブバルブ)は販売終了

装着されていたADVはADA(アンチダイブアジャスタ)のダイヤルがバカになっていて

調整ができません。

そのままではフォークの動きが重く、ADVからのオイル漏れなど今後のトラブルも考えられますので

Img_2400

KADVCC(キタモアンチダイブバルブキャンセルキャップ)の製作

16mmドリル改 16mmエンドミルでOリング溝を掘る

ドリルの改造を考えながらケガいていたら、材料が勿体ない取り方をしてしまった。

Img_2401

KADVCC

Img_2402

ボルトを締めていない状態でのこの浮き加減。

ガスケットには真似できまい。

Img_2404

装着。

キャップ取り付けに伴い、内部ピストンを加工してフォーク組立

フォークオイルは指定よりも少し硬めをチョイスしました。

Img_2406

ようやく着地。

Img_2429

Img_2431

キャブレター同調。

K様 お待たせしております

一部追加部品がありましたので

届き次第組み立てます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

最近の写真

  • Img_0204_20201125000501
  • Img_0347
  • Img_0348
  • Img_0350_20201124233701
  • Img_0351_20201124233701
  • Img_0354_20201124233701
  • Img_0356
  • Img_0361
  • Img_0368_20201124233801
  • Img_0370
  • Img_0373
  • Img_0479