フォト

カテゴリー

« お知らせ | トップページ | 11月からの営業形態変更のお知らせ »

2019年10月29日 (火)

触った時に感じる違和感の大事さと 日々の作業と PHOTO

修理作業 DUCATI 900SS ベベル

Img_2293

センタースタンドストッパーの加工

リアサスペンションが少し長くなったことにより

スウィングアームに垂れ角が付いて

センタースタンドとスウィングアームがヒットしてしまうことへの対策。

ストッパー部分にネジを仕込むのだけれど

穴が約8mmで8mmボルトだとスコスコ

かといって9mmは現実的ではなく

10mmとなると肉厚が不安なので

8.3mmの下穴を開けてリコイルを仕込み

Img_2294

薄く加工した8mm6角ボルトを仕込みました。

メーターケーブルの話

Img_2296

奥まで刺さっているのにこの隙間は嫌だぞ。

ケーブルの先端を切断してワイヤーが解れると後戻りできないので

Img_2295

カラーを製作。

Img_2298

これでケーブルは上下に押されることなくフリーです。

問題のブレーキ

Img_2324

症状消えずで

本日ローター研磨に旅立ちました。

点検 修理 メンテナンス作業 KAWASAKI GPZ400R

Img_2312

2013年式のタイヤを2019年式のタイヤに交換と

Img_2314

ホイールベアリング、錆びたCリング、変形したメーターギヤレシーバーの交換

Img_2317_20191028235001

前後16インチのホイールに

チョイスしたタイヤは DUNLOP GT601 ARROWMAX

Img_2318

リアも同様に ARROWMAX 

Img_2320

リアもホイールベアリング、スプロケットキャリアベアリング、シール 交換。

動きが渋かったフロントフォーク

Img_2321

カスタムパーツで言うところのエミュレーターと同じかどうかは

分からないがシリンダの上に純正でバルブが装着されている。

Img_2322

SUZUKIには無かった。

で、問題のアンチダイブ。

ブレーキプランジャが外してあり固定式アジャストボルトが付いた部品が装着してある。

少しテンションをかけた状態でアジャストしてあったが

これは何を意味するのか

何故乗り心地があんなに悪いのか

考え中です。

Img_2323

動きを良くするにはひと手間工夫が必要かも。

お山でもチェックしておこうと思い

Img_2302

先日のXJR1300最終チェック

Img_2304

乗り易くなりました。

本日車両搬出に行った帰り道

Img_2311

東の空。

毎年足を運べていないモーターショー

今年は行きたいと思います

その前に愛知県の職人のところに部品を持っていかなければ。

東京モーターショーに行くか、大阪モーターショーに行くか。。悩む!

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« お知らせ | トップページ | 11月からの営業形態変更のお知らせ »

修理カワサキ」カテゴリの記事

修理 ドカティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | 11月からの営業形態変更のお知らせ »

最近の写真

  • Img_4332
  • Img_4333
  • Img_4334
  • Img_4336
  • Img_4338
  • Img_4340
  • Img_4341
  • Img_3875
  • Img_3876
  • Img_3877
  • Img_4238
  • Img_4240