フォト

カテゴリー

« お知らせ | トップページ | 対策、修理、改善 の金属加工 »

2019年9月12日 (木)

点検と修理 電気式メーターと うさぎのトルコン

  要交換部品と予防整備に必要な部品。

優先順位を付けながら今できることは今のうちにということで

YAMAHA純正部品が入荷。

Img_1316

点検 修理とカスタム

 Img_1312_20190912220901

作業前にスポーク折れ発覚のHONDA

国内で入手できませんので海外から取り寄せます。

定期点検でお預かりのKAWASAKI W650

反応の鈍かったメーター表示切替ボタンが、いよいよ無反応ということで

Img_1306  

内部確認。

スイッチの導通がありません。

いろいろ探しましたが同じスイッチは見つかりませんで

汎用のタグタイルスイッチを使用することに決めて捜索。

スイッチの種類は多く、ボタンを作動するのに必要な力(N)とかの表記があり

何がいいのかよく分からないので

使えそうなサイズで、Nが低めの物を数種類入手。

実際にボタンを押してみていい感じのスイッチをチョイスしました。

Img_1323

新品のタグタイルスイッチ

Img_1330

除去したスイッチ。

Img_1324

交換。

基盤に詳しい方ですと、部品のチョイスも作業もなんてことないのだけれども

基盤に不慣れな私としては作動確認できるまでとても不安。

Img_1331

CLOCK

Img_1332

ODO

Img_1333

TRIP

無事直りました。

続きまして

トルコンオイル漏れ修理 ラビット S601

Img_1279

トルコンを外して

Img_1337

フリーホイールを外す

 Img_1340

ガスケットが無いので液体ガスケットベタ塗りは致し方ないのか、、

しかしはみ出したガスケットがローラーに悪影響を及ぼしそうだ。

純正はシールとプレートが一体になっているのでシールのみ交換ができない。

そんなお悩みを解決してくれるのが

Img_1341

ラビットハウス製 トルコンシールキット

脱着できるオイルシールと、内側面にOリングを仕込んであるのが味噌。

これで18000円は、かなり良心的な価格だ。

Img_1342

フリーホイール組み立てて装着。

Img_1343

トルコンを装着したら地道にトルコンオイル充填。

Img_1344

リザーブタンクからゆっくり充填されていきます。

エアが抜けたら

Img_1345

試乗

特に問題なく走ります。

1日放置してオイル漏れを確認します。

Img_1346

各車 たいへんお待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« お知らせ | トップページ | 対策、修理、改善 の金属加工 »

修理 他」カテゴリの記事

修理カワサキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | 対策、修理、改善 の金属加工 »

最近の写真

  • Img_9242
  • Img_9213
  • Img_9211
  • Img_9224
  • Img_9225
  • Img_9226
  • Img_9227
  • Img_9228
  • Img_9229_20200924234401
  • Img_9232_20200924234401
  • Img_9233
  • Myct7940