フォト

カテゴリー

« 日々の修理とメンテナンス 国外編 | トップページ | PHOTOと 強い穴加工と 部品 »

2019年6月 4日 (火)

日々の修理とメンテナンス 国内編

不調修理 SUZUKI FR80

Img_9129

快調にお山へ登っていきます

何が原因だったのか、はっきりしません。

Img_9130

それでも外的な原因でない場合は、だいたいまた症状が出ます。

今回の場合はプラグをダメにした原因。

再度オーナーの普段使いで様子をみさせていただきます

予備のプラグをお持ちになって走行よろしくお願いいたします。

Img_9128

お待たせいたしました。

続きまして

メンテンナス作業 YAMHA セロー225WE

部品が入荷しましたので作業再開

Img_9081_1

錆びと固着のフロントキャリパー

Img_9082_1

最近手に入れたブレーキダストを落とせる溶剤で洗浄。

洗い油で落ちなくてもこの溶剤を使えば

Img_9083

ご覧のとおり

楽チンである。

問題は溶剤が割高。水で薄めて使いたいくらいだ。

か、トレーで受けてまたその溶剤を使いたいくらいだ。

Img_9084

NEWピストン、NEWシール、NEWパッドで組立

Img_9095

フロントマスターは、ご指定のセロー250用に交換。

ブレーキホースは225純正新品で前後交換しました。

Img_9097

キャリパー装着。

今回のオイル漏れは

恐らくセルモーター挿入部が原因の最有力候補

Img_9090_1

ボルトを緩めるだけでスコッと抜けました

当然Oリングは四角くなりカチカチです。

ケース下側にも滲みの汚れが結構あったので

Img_9091_1

カバーのガスケット、シフトシャフトシールの交換。

Img_9094

漏れてきません

Img_9092

ん~なんだこのセローは

なぜこんなに粘る走りをするのだ。

低速からパワーアップという表現ではなく・・・

私的には正しく粘る走り。これは面白いバイクだ。

数名のお客様が置いてあるこの個体をマジマジと眺め

『 ん~マニアック。。ただもんやないな 』 と

おっしゃっていました。

試乗して気になったフロント廻りのみ手直しして完了です。

お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« 日々の修理とメンテナンス 国外編 | トップページ | PHOTOと 強い穴加工と 部品 »

修理ヤマハ」カテゴリの記事

修理スズキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日々の修理とメンテナンス 国外編 | トップページ | PHOTOと 強い穴加工と 部品 »

最近の写真

  • Joov4218
  • Img_2892
  • Img_2895
  • Img_3102
  • Img_3103
  • Img_3105_20191210103801
  • Img_3106
  • Img_3155
  • Img_3158
  • Img_2884
  • Img_2886
  • Img_2972