フォト

カテゴリー

« GU74A | トップページ | 日々の修理とメンテナンス 国内編 »

2019年5月26日 (日)

MOTO GUZZI 1000S

  走行前点検整備 カスタム作業 モトグッチ1000S

前後ホイールチューブレス加工

キャブレター修正が完了し

Img_8737

左右キャブレターの同調とケーブル引き代調整 グッチもベベルもこの作業が非常に大事。

Img_8748

先ず試乗して気になる箇所がないかのチェック

帰店したら

Img_8776_1

オイル交換とエレメント交換

毎回思うがなぜオイルパンの中にフィルターを入れたのか

Img_8777_1

まぁ 入ってるからオイルパンを外すしかありません。

ミッション、ファイナルギヤボックスのオイルも交換。

Img_8831

アルチューロに乗った時に思ったがツインといえど

このエンジンは高回転がより楽しい走りになる。

それはベベルも同じか

特に5000rpm付近からの伸びが気持ちよい。

この個体はポイント式だが

点火はセミトラの方がいいように感じます。

Img_8834

エンブレ時、シフトダウンの空ぶかし、アイドリングなど

車体が右に振られるのは慣れるまで時間がかかりそうだ

車体剛性がしっかりしているのかコーナーでの恐怖感は

ベベルほどない。前後サスペンションがいいのかな。

Gさんからカウル塗装完了と入電

Img_8896

やっぱりGさんは、職人である

Photo

これが元の形

ウインカー取り付け穴が表裏に立体的な形で成形されている。

それをフラットにしておくれという依頼でした。

Img_8897_1

裏もご覧の通り。素晴らしい。

手に入れたカウルのスクリーンが

Img_8879

曇っている。

Img_8880

こんな感じ。

磨き剤を付けてひたすら磨く

磨く~磨く

Img_8882_1

 

Img_8898

スクリーン装着

Img_8902

美しくなりました。

ここで問題発生

左右方向のアイドリング振動で製作したカウルステーがプルプルすることが判明

Img_8911

無垢防でステーに補強を入れます。

無事振れが収まりまして

Img_8914

最終確認

モトグッチは

Img_8907

センタースタンドより

Img_8912

サイドスタンドがかっこいい。

Img_8908

センターより

Img_8915

サイド。

だが、寝過ぎる場所はNG。

あと、モトグッチはスーサイドスタンドなので要注意。

Img_8916

Img_8924

Img_8923

Img_8918

作業完了しました

Img_8920

Y様 たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

« GU74A | トップページ | 日々の修理とメンテナンス 国内編 »

修理 他」カテゴリの記事

チューブレスキット代理店」カテゴリの記事

Custom 他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GU74A | トップページ | 日々の修理とメンテナンス 国内編 »

最近の写真

  • Img_9242
  • Img_9213
  • Img_9211
  • Img_9224
  • Img_9225
  • Img_9226
  • Img_9227
  • Img_9228
  • Img_9229_20200924234401
  • Img_9232_20200924234401
  • Img_9233
  • Myct7940