フォト

« お知らせ | トップページ | SMC 2018試作車製作 後編の後編 »

2018年8月10日 (金)

SMC 2018試作車製作 後編の前編

輸送が船から飛行機になった

それだけで与えられた期間が1か月近く伸びた。

それなのにギリギリまで作業するのは

どういうことか。。。

Img_1991 車体はようやくここまできた。

マフラーを加工し

ようやく火入れ

始動の確認はとれたが

問題はタンク

パイロットが伏せた時にタンクの上部とキャップが邪魔

燃料コック部もキャブレターと干渉して切り取る必要がある。

どうしようかと悩みましたが

ここはアルミ職人にお願いしてみようということで

早速 布施金属さんに連絡

『 あの~1週間しか納期がないのですが~ 』

Img_1997 今はこんな感じなんです。。。

N氏 失笑後に 『 5日でやりましょ 』

救世主である。

お忙しいところ申し訳ありませんm(_ _)m

5日後

Img_2181 流石アルミ職人。

タンクの仕上がりを待っていた間に

カウルの取り付け作業

先ずはステー類なしで干渉部分を最低限切り取り車体にかぶせる

Img_2126 おお~

Img_2131 かっこいい~

実際には使用しないのだが

製作していただいたスクリーンの中にスモークがあったので

Img_2138 おおおお~

夜な夜なやる作業でも こういう気持ちの盛り上がりを私は大事にしている。

連日夜な夜な師匠に足を運んでいただきカウルステーの考察

どこからどうとるか、材料は何を使うか

大きいカウルなら多くステーを作ってしまいがちだが

やはり適材適所。材質と場所が重要

Img_2186 相談しながらステーを製作していく

Img_2187 モゾモゾ

Img_2188 『 やりました師匠!フロントが固定できました! 』

『 おう、一回跨ってみいや 』

Img_2189 パシャ

『 うひゃひゃひゃ、これがお前の素顔や!うひゃうひゃ 』

翌日もう1枚送られてきた

Img_2190 わざわざ加工すんなや!!ゴールァー!!

あ、師匠いつもたいへんお世話になっておりますm(_ _)m

ある程度形になったところで

Img_2171 監督のラジオ収録

Img_2172 猛暑の工場で監督フルスーツです。

Img_2175 監督、咲紀ちゃんと記念撮影。

こんな日に私はボサボサじゃないか!事前にグラソリエントさんへ散髪に行くべきでした。トホホ。

で、大変な作業はまだあり

カウルを簡単に脱着できるようにするファスナーの取り付け 合計20か所

Img_2195 休日に相棒が全部やってくれたm(_ _)m

この日ツーリング先生もご来店くださり

『 おれ、手伝うつもりやなかったんや! 』 とおっしゃりながら

フロントフェンダーのステーを鉄で切り出してくれましたm(_ _)m

多田化工のKさん(from奈良)が夜な夜な塗装してくださったタンクを装着し

Img_2197 車体完成。

つづく

KITAMO

« お知らせ | トップページ | SMC 2018試作車製作 後編の後編 »

製作記録 SMC 試作車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559449/67036780

この記事へのトラックバック一覧です: SMC 2018試作車製作 後編の前編:

« お知らせ | トップページ | SMC 2018試作車製作 後編の後編 »

最近の写真

  • Img_2395
  • Img_2392
  • Img_2390
  • Img_2386
  • Img_2384
  • Img_2382
  • Img_2376
  • Img_2358
  • Img_2343
  • Img_2342
  • Img_2341
  • Img_2340