フォト

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月26日 (日)

PHOTO

ボンネビルより入電

『 無事に車検合格 』

Img_2601

トラブルなく走りきれることを祈っています。

KITAMO


2018年8月25日 (土)

PHOTO

Img_2438 芦屋の丘。

Img_2100 MAGNI M氏とお知り合いの方。

Img_1476 記念撮影

Img_2442 Tさんのボッパー号

Img_2440 大好きな日本海へ。

Img_2535 パトロール中の隊長。

Img_2525 CBが公道デビューする為の部品と

Img_2527 タイヤ。

Img_2528 T先輩はα-14をチョイス。

Img_2568 こちらもα-14。人気タイヤです。

来週、鈴鹿で走行会ということで

Img_2579 相棒がタイヤ交換にご来店

ここで活躍するリフトは

悩みに悩んで、迷いに迷って、悩んで迷って

いつ買うの?今でしょ!

ってことで導入を決めた

Img_2586 スウィングアームのピボットを支点に

Img_2582 前後が一気にジャッキアップするリフトです。

タイヤはレーシングスタンドでOKなのだけれども

ステムベアリング打ち替えやリアサスペンションの交換にこのジャッキは重宝します。

残念ながらスウィングアームの作業はできません。

しかし安定感もあるので安全かつ迅速に足回り作業ができます。

Img_2575 しかもこの状態でバイクを移動できる優れものです。

ありがとうキタモービル。。。お前の魂は、このジャッキとエアコン(予定)に息づく。

Img_2573 かっこいい~

Img_2574 流石キレイに乗ってますな~

帰路の六甲山で

早速α-14の凄さを体感したみたいです

Img_2591 見た方に曲がっていく~

Img_2589 と、言ってました。

来月末あたりにもう1セットですかね!ね?

ご安全に

写真ありがとうございました。

KITAMO

2018年8月24日 (金)

進行状況 CL

不調修理 HONDA CL77

オイル滲みのある右クランクケースカバー内部

Img_2545 ケース上部からのオイル浸入も少しあります。

スプロケットシャフトのシールは外周漏れかな?

Img_2546 ケースにチェーンで削れた箇所があります。

薄型シールチェーンかノンシールに変更した方が良さそうです。

固着した左カバー

Img_2547 外れましたが遠心フィルターのシャフトと

カバーの位置関係がおかしくなっていました。

Img_2541 インテークチューブ

硬化が進んでいるので部品を発見できれば交換しておきたい箇所です。

Img_2544 左右のスロットルは要調整

Img_2549 キャブレター内部はキレイですが

ジェットが古いのとベークライト部のOリングは弾力無しです。

落下したアイドルスクリューとスプリングはエンジンに引っかかっていましたので

救出しましたが、左右で形状が違い、左右共に加工した跡がありました。

キャブレターは要相談。

U様 たいへんお待たせしております

ご依頼箇所の確認ができ次第連絡いたします

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

お知らせ

8月24日(金)、26日(日)は

打ち合わせと車両引き取りの為、昼過ぎまで店におりません。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2018年8月20日 (月)

お知らせ

ブレンボ製オートバイ用ブレーキキャリパー

ブレーキパッドの自主改善実施

国土交通省ホームページ

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_003071.html

該当する方はご確認ください。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

気化器

不具合のあるCRキャブレターと

不具合のあるかもしれないCRキャブレターの点検

Img_2467 

Img_2454 こちらKAWASAKI装着。オーバーフロー。

ゴム関係はかなりヘタっています。

フロートチャンバーには錆の粉が侵入しています。

ジェット等、過去の腐食跡有りです。

Img_2456 こちらHONDA装着。内部はキレイですが

気になる箇所が数か所あります。

Img_2458 今回の症状に直結するか分かりませんが

連結ステーに目視で分かる曲がりがあります。

Img_2461 KAWASAKI装着のキャブは目立つ歪ありません。

各車お待たせしております

点検を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2018年8月19日 (日)

PHOTO

Img_2436 8月19日

Img_1454 今日は

Img_1487 いや、今日も

Img_2432 バイクの日です。

Img_2435 ご安全に

KITAMO 

PHOTO 

PM7:10 神戸港出航

Img_1409 支部長の旅路

Img_1411 宮崎港着

Img_1412 先輩と九州ツーリング

Img_1414 モアイと観光客と支部長

Img_1415 

Img_1418 佐多岬

Img_1419

Img_1421

Img_1423

Img_1424 JR枕崎駅到着。ここまでは天気良好

Img_1425 その後は雨

Img_1426 支部長は

Img_1428 こういう建造物が

Img_1429 好きみたいです。

Img_1427 先輩は、ちょっとお疲れでしょうか!

Img_1431 ずっと雨

Img_1432 九州出て山口県。

Img_1433

Img_1404 無事に先輩のお宅に到着。

Img_1435 

総走行距離 1014マイル

雨ニモマケズ

支部長、写真ありがとうございましたm(_ _)m

KITAMO

2018年8月18日 (土)

お知らせ

デロルトで

Img_2410 夜の新名神に行きたい。

8月19日(日)は、車両引き取りの為

昼頃まで店に居りません。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2018年8月16日 (木)

道中お気をつけて

なかなか纏まった自由時間のとれないF氏が

日曜日から2泊3日で四国ツーリングに行くとのこと。

店の地図を見ながら一緒にあーでもない、こーでもない。

ついつい熱くなって、私の考えるルートを喋りすぎてしまった。

どうか余裕あるルートをご選択ください。

乗るか分かりませんが

F氏にこの動画を送ります。

受け取ってください。

ご安全に

KITAMO

お知らせ

走らないKMHRは

Img_2395 ただのMHRだ。

8月17日(金)は

役所と車両引き取りに行きますので

夕方ごろまで店に居りません

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

気化器

不調修理 メンテナンス

Img_2384 SUZUKI K125

フロートチャンバー内は少量のゴミ混入とニードルジェット周辺がガソリン腐食

その他ジェット類が古そうなので部品が出れば交換しようと考えております。

Img_2376 車体側も作業を進めます。

アイドリング不調 カスタム作業 HONDA CRM250

Img_2386 内部の汚れは調子を崩した後の

不動期間に発生したものかも。

気になる箇所を修正して組立ます。

Img_2382 個性的なキャリパー色です。

復活作業 KAWASAKI エリミネーター250V

Img_2358 要キャブレター作業になり内部確認

Img_2390 ダイヤフラムNG

Img_2392 ジェット類も使用不可です。

不動期間を考えると致し方ありません。

先ずはエンジン始動まで実施します。

各車お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2018年8月15日 (水)

芦屋の深みに嵌りそうだ

達人になると路面の質や

地形、雰囲気でいろいろ読み取るらしい。

Img_2330 どん突きを右に登ってみな。

Img_2331 へぇ~こんなところがあるのか

午後8時以降は夏バテぎみ

寄り道するのは、早朝ばかり。

Img_2333 しかし朝は気持ちがいい。

元は、どなたかの邸宅だったようだ。

Img_2334 

Img_2336 涼しい。

Img_2337 不思議な街、芦屋。

Img_2338 気になった建造物は美術館だった。

Img_2340 そして岡本へ

徐々に路地の繋がりを覚えてきた。

Img_2341 六甲山麓ハイキングコース

ハイキングコースの

立て看板を見ると住吉の石切までも繋がっている。

『 究極は徒歩だ 』 と達人が言っていた。

Img_2342 蚊が多い。

ここは過去に来た記憶がある

Img_2343 数回来ないと

見えてきまへん。

急坂にもマンションにも路地にも営みがあり

歴史がある

まだまだ深い

今週は通常通り営業しています。

試乗や引き取りに出ている時間もありますので

ご来店時は事前にご確認いただければ助かります。

よろしくお願いいたします。

KITAMO

2018年8月11日 (土)

GPZ900R

点検 修理 メンテナンス作業 KAWASAKI GPZ900R

Img_1965 カジリ発生のカム

カム山はカジリが酷いですが

ロッカーアームの当たり面は比較的キレイでした。

Img_2279 

オーナー所有のWPC処理済 カムシャフトとロッカーアームに交換

新車からお乗りで今回のカムで3セット目とのことですが

WPC処理がどういう効果を発揮するのか次々回の車検時にでも確認してみたいところです。

Img_2282 洗浄

洗浄油で洗ってパーツクリーナーで流してエアーで飛ばす

特にネジ穴は何度も洗わないとザラツキが取れません。

Img_2284

Img_2296 カムチェーンは酷い伸びではありませんが

今回一緒に交換。

Img_2297 テンショナーも交換。

Img_2298 組立。

Img_2300

その他、メンテナンス作業を実施し

Img_2303 試乗

以前出ていた加速時の小さいチリチリ音が消えている

Img_2305 しばらくは慣らし運転でお願いします。

Img_2306 気にされていたキャブレターは

同調作業とアイドリング調整作業を実施しました。

今のところ安定しています。

Img_2310 いいと思います。

M様 たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

CB750FB B2

点検 修理 メンテナンス作業 HONDA CB750FB ボルドールⅡ

工場内作業完了し

Img_2152 試乗

Img_2153 

Img_2154 大きいテールランプがかっこいい

Img_2155 今後の課題はありますが基本の状態はいいと思います。

Img_2159 晴天の走行では特に不具合感じません。

後はオーナーのおっしゃっていた雨天時の不具合確認

店に戻って水をかける

急に2番シリンダーが不調になりました。

Img_2280 いろいろテストするとプラグコード&キャップが原因のようで

コードとキャップをNGK製に交換

Img_2254 水をかけても不具合出ず、走行も問題なしです。

Img_2255 作業完了しました。

K様 たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

SMC 2018試作車製作 後編の後編

車体電装のチェック

赤いコードは非常時のキルスイッチ

どうしても納品前にシャシダイに載せておきたかった

土曜日に乗せるつもりで作業を進めるも

なかなか上手く行かず

無理言って日曜日に変更してもらい

Img_2202 以前GPZのジェットニードルでお世話になったガロニッシュさんへ

かなりハイギヤに設定していた為

走りだしに苦戦

そして燃料もかなり濃く、このままではボンネビルでは吹けきらない。

数回MJを絞り

なんとか基準となる参考セットを出す。

クラッチの不具合も分かったしシャシダイに乗せておいて正解でした。

ガロニッシュさんお忙しいところ何度も計測していただきありがとうございました。

さぁ店に戻って最終仕上げ

ラーメン食う時間も無く、飯は帰路の車の中で。

こんなに時間て経過するの早かったっけ?って感じで焦ってしまう。

皆さんの力をお借りし

Img_2215 とうとう完成

Img_2213 AFメーターだけ現地装着になってしまったがメーター類は見やすい位置に装着できたと思う。

Img_2217 師匠の最終チェック

Img_2218 かっこいいぞ。

Img_2220 出張帰りの監督はこの後、成田までSMC試作車運搬。

完成が遅くなって申し訳ありません。

Img_2221 空輸する箱に入れて

Img_2223 監督お気をつけて!

Img_2237 チーン。

たくさんの力をお借りしなんとか完成までたどり着きました。

ご依頼くださいました近兼監督、力を貸してくださった皆様

ありがとうございました。

後は、レース。

そんなに簡単な物ではないけど

Img_2216 がんばれSMC2018試作車

そしてパイロット近兼監督、お気をつけて

KITAMO

2018年8月10日 (金)

SMC 2018試作車製作 後編の前編

輸送が船から飛行機になった

それだけで与えられた期間が1か月近く伸びた。

それなのにギリギリまで作業するのは

どういうことか。。。

Img_1991 車体はようやくここまできた。

マフラーを加工し

ようやく火入れ

始動の確認はとれたが

問題はタンク

パイロットが伏せた時にタンクの上部とキャップが邪魔

燃料コック部もキャブレターと干渉して切り取る必要がある。

どうしようかと悩みましたが

ここはアルミ職人にお願いしてみようということで

早速 布施金属さんに連絡

『 あの~1週間しか納期がないのですが~ 』

Img_1997 今はこんな感じなんです。。。

N氏 失笑後に 『 5日でやりましょ 』

救世主である。

お忙しいところ申し訳ありませんm(_ _)m

5日後

Img_2181 流石アルミ職人。

タンクの仕上がりを待っていた間に

カウルの取り付け作業

先ずはステー類なしで干渉部分を最低限切り取り車体にかぶせる

Img_2126 おお~

Img_2131 かっこいい~

実際には使用しないのだが

製作していただいたスクリーンの中にスモークがあったので

Img_2138 おおおお~

夜な夜なやる作業でも こういう気持ちの盛り上がりを私は大事にしている。

連日夜な夜な師匠に足を運んでいただきカウルステーの考察

どこからどうとるか、材料は何を使うか

大きいカウルなら多くステーを作ってしまいがちだが

やはり適材適所。材質と場所が重要

Img_2186 相談しながらステーを製作していく

Img_2187 モゾモゾ

Img_2188 『 やりました師匠!フロントが固定できました! 』

『 おう、一回跨ってみいや 』

Img_2189 パシャ

『 うひゃひゃひゃ、これがお前の素顔や!うひゃうひゃ 』

翌日もう1枚送られてきた

Img_2190 わざわざ加工すんなや!!ゴールァー!!

あ、師匠いつもたいへんお世話になっておりますm(_ _)m

ある程度形になったところで

Img_2171 監督のラジオ収録

Img_2172 猛暑の工場で監督フルスーツです。

Img_2175 監督、咲紀ちゃんと記念撮影。

こんな日に私はボサボサじゃないか!事前にグラソリエントさんへ散髪に行くべきでした。トホホ。

で、大変な作業はまだあり

カウルを簡単に脱着できるようにするファスナーの取り付け 合計20か所

Img_2195 休日に相棒が全部やってくれたm(_ _)m

この日ツーリング先生もご来店くださり

『 おれ、手伝うつもりやなかったんや! 』 とおっしゃりながら

フロントフェンダーのステーを鉄で切り出してくれましたm(_ _)m

多田化工のKさん(from奈良)が夜な夜な塗装してくださったタンクを装着し

Img_2197 車体完成。

つづく

KITAMO

2018年8月 8日 (水)

お知らせ

8月9日(木)10日(金)は

陸運支局に行きますので

夕方頃まで店におりません

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

修理 メンテナンス と 試乗 2

リア廻りで問題が発覚し時間がかかってしまいました

Img_2104 キヨシ船長のスポーツスター

Img_2105 前後サスペンション変更とタイヤの効果で

とても乗りやすいバイクになりました。

Img_2109 

Img_2139 納車当日に六甲へ上った船長は

Img_2262 後日、下道で串本へ

Img_2263 船長いつもありがとうございます

船もバイクも運転お気をつけて

船といえば

Img_2121 エクスポートのオーナーも船乗り

定期メンテナンス作業

今回はドリブンスプロケットの丁数を純正に戻し

針が偶に振れるメーターの交換。

Img_2122 ドリブン2丁プラスで登りも楽チンです。

Img_2124 次の航海までバイクライフを楽しんでください

毎度ご依頼ありがとうございます。

点検作業 SUZUKI GS1200SS

Img_2256 走行距離なりのヘタリはありますが

目立つ不具合なくいい車両だと思います。

タイヤのバルブに亀裂がありましたので前後とも交換しました。

その他油脂類の交換。

Img_2257 スクリーンの大きさがいい感じです。

Img_2258 流通台数の少ない希少なバイク

Img_2259 二つ目がかっこいい。

Img_2260 F様 作業完了しました

お待たせいたしました。

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

修理 メンテナンス と 試乗

修理 メンテナンス作業のスズキ車 

Img_2110 Eと思いますと書いてから早や2年。

SUZUKI GSX750E4

~そして、ライバル達は、僕の背中に嫉妬する~ AGGRESSIVE MULTI  E4

陸運支局の検査官も

『 お~!まだ現役で走ってたか! 』 と言ってました。

前回の車検から距離に応じた点検を実施させていただき

必要箇所の部品交換とメンテナンス

Img_2111 今後の課題も順に作業できればと思います。

Img_2113 調子E

Img_2112 今回も作業のご依頼ありがとうございます。

Img_2118 お待たせいたしました。

修理 メンテナンス 部品製作作業 

SUZUKI DR800S

Img_2119 チェーンオイラーステー

Img_2120 2枚をラバーで連結。

Img_2145 片側逆ねじシフトロッドも製作。

Img_2146 かなり変更点の多いカスタム車ですが

とても乗りやすくてびっくり

Img_2147 コーナーも交差点右左折も全く怖くない。

オーナーのおっしゃっていたエンブレ後や信号待ちでのエンストも今のところ出ません

バルブクリアランスを規定値に戻した効果でしょうか。

Img_2148 なんとも個性的です。

Img_2149 今月は北海道ツーリングだそうです。

Img_2150 SUZUKI DR800S と誰も気づかない。

いたるところのカバー類が金属で製作されていることにビックリしました

製作者の苦労がうかがえます。

Img_2151 作業完了しました

K様 H様 たいへんお待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2018年8月 7日 (火)

SMC 2018試作車製作 前編

2018年の4月中旬

『 ボンネビルに行きたい 』 と近兼監督からお話をいただいた。

昨年師匠が挑戦した

塩の上の直線で最高速を競うレースである。

https://shiunchop.exblog.jp/27079227/

スーパーミニマムチャレンジ

2019年に50ccのスーパーカブでクラス世界最速を狙うチャレンジ

『 えっ?今年ですか 』

今年は125ccエンジンを使用して試作車でデータ取りとレースを経験するプラン。

当初の予定では船に積み込むのが7月なのでマシンの完成は6月末日までに。

迷いに迷ったが

やってみたい気持ちが勝り2018年の試作車製作に挑戦させていただくことにした。

こんな時の為に置いておいた

Img_2250 チームキタモ西宮支部 Kさんから頂いたノート。

これを専用ノートにしよう!

Img_2251 新品のノートが

Img_2252 今となってはよく分からないメモだらけである。

今回のベース車両は HONDA RS125 NF4

この車体にSP TAKEGAWA製のコンプリートエンジンを載せる。

早速ベース車両を受け取って来た

Img_9597 エンジン付いてないのはいいとして

他の部品も欠品が多いな

Img_9599 何が足りないのかから調べる必要がある。

そしてホイールの痛みが判明し

昔、RSでレースをしていたT先輩に相談

Img_9727 『 昔使ってたやつやで 』 と前後セットを提供してくださいました。

純正テクマグ。ありがとうございます。

師匠に相談しながら監督にもご来店いただき

Img_9702 どういう感じか、先ずは確認

Img_9706 ふむふむ こういう感じか。。。。。

問題はエンジンを載せるのにどの程度加工が必要か

これが載ったら乗るでしょ!?

ってことで190ccの別エンジンが届いた

Img_9813 スペースに入ったが

本番エンジンとの寸法が違い過ぎて参考にはならない。

Img_9819_2 これはあてがうのみにして本番エンジンを待つ。

Img_0692 中身が空の本番エンジン

これで位置だし。

Img_0790 後部マウント

チェーンライン、スプロケ位置、エンジン角度を確認しながら何度も位置変更

Img_0691 フルボトムで当たらないか?

Img_0792 後部で位置を決めたら前方から吊る方法。

チェーンも付けて確定したら

予備フレームにエンジンを装着して監督にパス。

数週間で

Img_1835 継ぎはぎマウントが削りだしマウントになって戻ってきましたヽ(´▽`)/

Img_1837 かっこいい。

この作業と並行してカウルの製作

人と車体をスキャンして

デザイナーさんがデータ化

そのデータを元に型製作

Img_1318 型製作担当の工場へ。

師匠と一緒に訪問

『 あれ?この形状だとカウルだけの脱着できませんよね? 』

『 え?マジで?。。。。。 』

Img_1319 しばし沈黙。

今から形状変更できるのですかの質問に

『 やるしかないやないかい 』 の回答。流石です。

Img_1493 で、仕上がってきたカウルがこちら。

バッチリ修正されてます。

Img_1498 しかし一度もフィッティングしていないけど付くのだろうか?これ

『 付けるしかないやないかい 』 私も心で誓う。

車体に戻って

Img_0906 オイルキャッチはこちら

Img_0905 マフラーはこちらを選択。

Img_1277_2 オイルキャッチタンクマウント製作と

Img_1296 SOLT GUARD (塩避け)

Img_1297 の製作

Img_1299 逆チェンジシフトの製作。

Img_1303

キャブレターのファンネルはネットを外して、叩きカール加工

Img_1919 マフラーはまだ。。。

タンクもまだ。

カウルマウントもまだ。

いろいろまだ。。。。

つづく

KITAMO

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

最近の写真

  • Img_4332
  • Img_4331
  • Img_4330
  • Img_4329
  • Img_4328
  • Img_4327
  • Img_4326
  • Img_4325
  • Img_4324
  • Img_4323
  • Img_4322
  • Img_4377