フォト

カテゴリー

« 劇場へGO! | トップページ | GPZ900R »

2018年5月 9日 (水)

アニマルさんの気骨

カスタム作業 DUCATI 900SS ベベル

Img_8903 気骨その1 各ステーCUT 

Img_9600 黒で部分塗装して組立。

Img_9603 はっきり見えるデロルトが美しいです。

駆動は520にコンバートしています。

Img_9580 気骨その2の1 丸コンチステーCUTから作り直し。

Img_9672 気骨その2の2 丸コンチ黒塗装

Img_9674 かっこいいです。

気骨その3

Img_9476 Grant paint worksさんによる外装アルミ塗装

Img_9475_2 アルミですね。

Img_9690 組み立ててEG始動。

Img_9716 リアウインカーステー作り直しと

Img_9693 タンクキャップ裏側の当て板製作

元は1本づつボルトナットで取り付けてあり

キャップベースを外すとFRPが波打っていました。

上面の波打ちはGrantさんに修正していただいてます。

キャップベースを装着し易いように

Img_9695 当て板にナットを付けて

Img_9696 装着。

配線類も加工してカウルを外さなくてもバッテリーの電圧測定、充電、遮断ができるようにしています。

Img_9724_3 組立て。

Img_9726 残量窓が無ければアルミにしか見えない。

Img_9725 あとはオーナーによるシート色変更と

ステッカーチューンです。

K様 たいへんお待たせしております

タイミング見て試乗に出ます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

« 劇場へGO! | トップページ | GPZ900R »

Custom DUCATI」カテゴリの記事

熟成への記録 900SS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニマルさんの気骨:

« 劇場へGO! | トップページ | GPZ900R »

最近の写真

  • Img_9242
  • Img_9213
  • Img_9211
  • Img_9224
  • Img_9225
  • Img_9226
  • Img_9227
  • Img_9228
  • Img_9229_20200924234401
  • Img_9232_20200924234401
  • Img_9233
  • Myct7940