フォト

カテゴリー

« J 始動 | トップページ | Z1000J »

2018年3月18日 (日)

italia のバイク

不調修理 メンテナンス作業 モトグッチ ルマンⅡ

スロットル低開度の不調

試乗させていただくとスタート時に片肺のようです。

Dsc06488 スロットルケーブルの取り回し変更と

引きしろの調整

Dsc06489 キャブレターの取り付け角度も変更し

同調をとりましたが、どうもアイドリングに違和感があります

調整スクリューの戻し回転数も多め。

疑わしい箇所を点検します。

こちら

キングデザインさん号 ベスパ

しばらく乗っていなかったら不調になったということで修理作業

始動と走行はできますが極端にパワーが無く感じます。

Dsc06487 燃料混入のチェック

続きまして

始動不良 修理作業 DUCATI DAYTONA 

Dsc06490 始動できない原因は点火不良です。

Dsc06491 抵抗値など特に異常な箇所はありません

怪しいプラグキャップの交換や

コイル端子の錆などを除去しても改善せず

Dsc06492 ポイント

オイルでベトベトでした。

オイルを洗浄し無事に火は飛びました

Dsc06493 ガバナの奥のシール不良のようです。

Dsc06496 燃料が古い臭いがしていますので燃料抜きかえて始動を試します

シールは適合する物を探して交換します。

もう1台イタリアのバイク

燃料漏れ その他修理作業 MV AGUSTA

Dsc06497 DELLORTO キャブレターからの燃料漏れ

Dsc06498 Dellorto SS25A

Dsc06500 KEIHIN MJを大きくしたようなジェット。

Dsc06503 フロート室との接合面が荒れていますので

整えてから組み直します。

各車お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

« J 始動 | トップページ | Z1000J »

修理 他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: italia のバイク:

« J 始動 | トップページ | Z1000J »

最近の写真

  • Img_9242
  • Img_9213
  • Img_9211
  • Img_9224
  • Img_9225
  • Img_9226
  • Img_9227
  • Img_9228
  • Img_9229_20200924234401
  • Img_9232_20200924234401
  • Img_9233
  • Myct7940