フォト

カテゴリー

« タイヤの端は何を語る | トップページ | 進行状況 GPZ »

2018年1月13日 (土)

進行状況 1000J

エンジン修理作業 KAWASAKI Z1000J

痛んだシリンダー

スリーブを交換しSTDサイズに戻すかどうか

今回その他いろいろ作業も重なりますので

相談の結果

Dsc05867 STDサイズの中古シリンダーを手に入れて

現車に入っていた0.5OSピストンで組むことになりました。

Dsc05896 ヘッド

既にリコイル済みの箇所もありますが

コイルを止める位置が浅くねじ山のスタートが浮いている箇所がある為

抜ける箇所は抜いてやり直しとねじ山が損傷した箇所のリコイル作業

リフターの入る内壁のキズもできる範囲でバリ取りします。

Dsc05897 割れたスタッドボルト穴

こちらも既にリコイル済みでしたが

Dsc05899 挿入角度がズレていて

マフラー取り付けに無理がかかり割れたのだと思います。

ここから角度を修正することはできませんので

Dsc05903 大きく削り取って

Dsc05908 盛って

Dsc05913 成形しました。

フランジボルト下穴用治具を製作して

穴を開け直します。

T様 お待たせしております

ヘッドの作業が完了次第、加工に出します。

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

« タイヤの端は何を語る | トップページ | 進行状況 GPZ »

修理カワサキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進行状況 1000J:

« タイヤの端は何を語る | トップページ | 進行状況 GPZ »

最近の写真

  • Img_1888_20210225231101
  • Img_2257
  • Img_2324_20210225225701
  • Img_2326_20210225225701
  • Img_2340
  • Img_2341
  • Img_2342_20210225230301
  • Img_2343_20210225230301
  • Img_2344_20210225230301
  • Img_2345_20210225230301
  • Img_2349_20210225231101
  • Img_2350_20210225231101