フォト

カテゴリー

« お知らせ | トップページ | GPZ900R »

2018年1月26日 (金)

進行状況 ZX900A

メンテナンス 修理作業 KAWASAKI GPZ900R 改

折れたバッテリーボックス固定ボルト

錆などで固着したボルトを緩めようとして折れた場合

過去にエキストラクターなどで抜けた経験はない。

無理に抜こうとしてエキストラクターが穴に折れ残ったら

2倍以上の作業を要するので私は初めからねじ山再生の方法を選択する。

基本的なことだが

折れたボルトの中心に下穴を開けれた時は

Dsc06007 毎回うれしい。

ここから、ねじ山だけ残るようにドリルで固着ボルトを飛ばし

元のネジと同じサイズのタップで、残ったボルトのねじ山を切り出す感じに再生する。

上手くいった時は

Dsc06008 毎回うれしい。

バッテリーボックスは水抜き穴を追加しました。

Dsc06009 メインハーネスを純正新品に交換。

メインハーネスを車体から抜くと作業がやりやすいので

Dsc06010 ご用意いただいたサーモも交換。

フロントカウルに収まるカプラ端子の痛みは酷くありませんが

ステムの後ろ側のカプラ端子は腐食があるので

Dsc06015 交換します。

Dsc06017 エレクトロタップで結線された箇所と

その他気になった配線類を修正

Dsc06020 リザーブタンクもゴシゴシ洗って

Dsc06022 組みあがりました。

A様 お待たせしております

天候回復しましたら試乗に出ます。

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

« お知らせ | トップページ | GPZ900R »

修理カワサキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進行状況 ZX900A:

« お知らせ | トップページ | GPZ900R »

最近の写真

  • Img_1888_20210225231101
  • Img_2257
  • Img_2324_20210225225701
  • Img_2326_20210225225701
  • Img_2340
  • Img_2341
  • Img_2342_20210225230301
  • Img_2343_20210225230301
  • Img_2344_20210225230301
  • Img_2345_20210225230301
  • Img_2349_20210225231101
  • Img_2350_20210225231101