フォト

カテゴリー

« お知らせ | トップページ | 部長のV125  »

2018年1月17日 (水)

進行状況 CA

エンジン修理作業 HONDA CA

Dsc05953 クランクケース組立

異物の混入により内部の痛んだオイルポンプ

Dsc05950 右が元々付いていた物

クラッチアウターの裏側にあるポンプロッドが偏芯軸で回転し

ポンププランジャーの往復運動に変換しています。

Dsc05951 アウトレットバルブの形状が変更されていますが

外から別部品で蓋、ポンプに直接ねじ式の蓋 という違いですので

NEWポンプに交換します。

ポンプボデーとプランジャのガタも少なくなりました。

元々ケース取り付け部のガスケットが腐食してボロボロでしたので

圧力は逃げていたかもしれません。

Dsc05952 右側の組立。

クラッチプレート、フリクションディスク、スプリングは新品に交換。

Dsc05955 ヘッドを準備して

Dsc05956 NEWピストン、NEWテンショナー、NEWカムチェーン。

Dsc05957 テンショナーロッドスプリングもNEWです。

Dsc05959 左ケースカバーの掃除

ステーターコイルは部品入手できませんでした。

エンジン機関が治れば、この車体で交換しておきたい部品のTOPです。

捜索しましょう。

Dsc05958 シリンダ、シリンダヘッドの組立。

クランキングして右のクランクケースカバーオイル通路から

Dsc05961 オイルが出ることを確認。

フィルターは遠心力を利用した分離濾過式

他の車両でもキャップを外すとかなり不純物が溜まっていますのでいい仕事をしています。

Dsc05964 組みあがりまして

Dsc05965 車載。

Y様 お待たせしております

作業を進めます

もうしばらくお待ちください

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

« お知らせ | トップページ | 部長のV125  »

修理ホンダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進行状況 CA:

« お知らせ | トップページ | 部長のV125  »

最近の写真

  • Img_2480
  • Img_2755
  • Img_2756
  • Img_2757
  • Img_2758_20191208233201
  • Img_2761_20191208233201
  • Img_2897
  • Img_2912
  • Img_2929
  • Img_2940_20191209001001
  • Img_2942
  • Img_2944