フォト

カテゴリー

« 進行状況 SG03J | トップページ | 進行状況 ESTRELLA RR »

2017年9月24日 (日)

一乗り惚れ

興奮冷めやらぬ朝だ。

それは

ここ数日、仁川に水が流れている

Img_6212 からでは無く

上流を

Img_6184 探検したからでも無い。

はたまた

Tさんから定期的に送られてくる

サイバージャパンダンサーズの写真が、べりーきゅーと!だからでも無い。

それは

Img_6224 昨晩、生まれて初めてアルチューロに乗ったからだ。

Dsc05145 車検も無事に通して

工場内で同調、点火時期調整を済ませ

Img_6225 試乗

Img_6226 ポジションは結構楽チン。

そして交差点の右左折やコーナーも安定感があり乗り易い。

スロットルのスナッピングやシフトダウン時の車体が右に振られる感じは

慣れるまで少し違和感があるが全体的に走り易い。

Img_6227 そしてバイクのかっこよさ

Img_6229 吸排気音も心地いい。

Img_6231 だが

六甲アイランドでは、このバイクの魅力にまだ気付けていない。

少し気になることがあり一度帰店。

六甲大橋で スムーズに走るぁ~ と感じてタコを見ると3000rpm。

店に戻って走行中の電圧を計測する電圧計を付けて

ハーバーハイウェイへ。

こ、これは!

衝撃である。

ベベルに初めて乗った時の感動を思い出した。

5000rpmからの加速

そして車体の安定感

恐るべし Arturo Magni

2速で引っ張って3速に入れた瞬間に車体が一瞬右に振れて

『 ドン! 』っとバイクが前に押し出される

『 うおぉーー!マーニィィ! 』って走っててもまだ4速。

そこから5速、また 『 ドン! 』って感じで加速していく。

もちろん現代のバイクとの差は歴然だが

加速感や走っている感じは 『 怖さ 』ではなく 『 気持ち良さ 』 。

そして車体がしっかりしているから

コーナーでも振られることなく走れました。

恐怖感の無さはフレームの剛性とパラレログラッモの効果なのか。

Img_6235 後ろの光線は

Img_6237 空を照らしている。

確認した電圧は、走行中も全体的に発電量は低め

もともとモトグッチは電圧が低いとの記述がある。

バッテリーがあがってしまうレベルではないが

ライトONでの電圧降下も幅があるので

できれば消費電力を抑えたいところです。

バッテリーの交換時期はオーナーと要相談。

帰路のハーバーも特に問題無く走りました。

Img_6228 とんでもにゃい経験をさせていただきました。

Img_6230 アルチューロ・・・好き。

M様 大変お待たせいたしました

作業完了いたしました

電気系に関しては相談させてください。

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

« 進行状況 SG03J | トップページ | 進行状況 ESTRELLA RR »

修理 他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一乗り惚れ:

« 進行状況 SG03J | トップページ | 進行状況 ESTRELLA RR »

最近の写真

  • Img_9242
  • Img_9213
  • Img_9211
  • Img_9224
  • Img_9225
  • Img_9226
  • Img_9227
  • Img_9228
  • Img_9229_20200924234401
  • Img_9232_20200924234401
  • Img_9233
  • Myct7940