フォト

カテゴリー

« お知らせ | トップページ | Z1 »

2017年9月15日 (金)

GPZ900R A8

点検 メンテナンス作業 GPZ900R A8

入荷を待っていた部品も揃い

Dsc05073 冷却系と吸気系の組み立て。

エアクリーナーBOX本体を加工して開けられた穴の蓋(車体左側では無く車体後方)を

外してみようということで外して組み立てています。

エアーフィルターも社外製から純正に交換

Dsc05074 これで水廻り安心。

工場内での回転上昇に大幅な空白があり

気になるので

オーナーの了解を得てジェットやジェットニードルを触る。

Img_6144 試乗。

シュパーンと気持ち良く走るつもりがゴボゴボいって走りません。

Img_6145 バイクはかっこいい。

ジェッティングをミスったか?そんなはずはない。と、思う。

しかし実際走りませんので

キャブレターの触った箇所を元に戻す。

ゴボゴボゴボッボッボ・・ブワァ・・ボボボ

悪化しとるやないかい!

Kさんがこんな状態で乗っているはずがない。

やったことといえば加工穴の蓋を外したこと

店に戻り蓋を接着

Img_6154 フォーン、フォーーーーン、フォーーーーーン

GPZはこれである。

穴かよ。

だから加工した人も蓋してたんだね。

よく吸入口のダクトを外す手法があるが、穴を開けるというのは変化が極端。

Img_6155 夜がお似合いです。

Kさんおっしゃる通りスロットル開度1/3付近での空白は少しあるが

キャブレター内部パーツのヘタリ等もありましたので

OH含め、セッティングは次回の課題です。

今回の作業は完了しました。

K様 お待たせしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

« お知らせ | トップページ | Z1 »

修理カワサキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPZ900R A8:

« お知らせ | トップページ | Z1 »

最近の写真

  • Img_1888_20210225231101
  • Img_2257
  • Img_2324_20210225225701
  • Img_2326_20210225225701
  • Img_2340
  • Img_2341
  • Img_2342_20210225230301
  • Img_2343_20210225230301
  • Img_2344_20210225230301
  • Img_2345_20210225230301
  • Img_2349_20210225231101
  • Img_2350_20210225231101