フォト

カテゴリー

« カワベニレキシアリ | トップページ | ツーリングキャリア »

2016年9月12日 (月)

進行状況 125

トラブル修理作業 SUZUKI アドレスV125G

走行後、再始動不可

調べると点火系のトラブルでCDIがパンクしていました。

Img_1476 電気配線が高温になり溶けています。

溶けたのは点火コイルに接続するアース線

端子部分の腐食も酷く通電はかなり悪かったかと思います。

Img_1477 隣接する配線も損傷。

オーナー様がお持ちのメインハーネス、電装部品の予備に総入れ替えします。

そして問題の

Img_1710 チタンマフラー

連結スプリング脱落による振動でステンレスのEXマニホールドとの連結部分が損傷

4分割マフラーですので該当箇所のみリペアパーツに交換しようと思いましたが

V125用マフラーはメーカー廃番でリペアパーツも出ないという回答でした。

サイレンサー部分はまだ十分使用できるしもったいない。

ならば修理するのだ

Img_1699 損傷した中古チタンEXパイプを手に入れ

コツをつかむ

Img_1711 溶けるの早い。

Img_1701 切って

Img_1708 くっつけた部分を潰してみる。

Img_1709 破断しかけていたフックは補修しました。

パイプは内側が振動で削られていますので

Img_1710_2 破損した少し径の大きい部分を切るしかない

材料があるのか調べてから切ります。

それまで場数踏んでおきます。

車体は

Img_1713 気にされてた箇所を点検して

要交換パーツの入荷待ちです。

F様 お待たせしております

マフラー修理まだ時間ください

すみません

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

« カワベニレキシアリ | トップページ | ツーリングキャリア »

修理スズキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進行状況 125:

« カワベニレキシアリ | トップページ | ツーリングキャリア »

最近の写真

  • Img_1888_20210225231101
  • Img_2257
  • Img_2324_20210225225701
  • Img_2326_20210225225701
  • Img_2340
  • Img_2341
  • Img_2342_20210225230301
  • Img_2343_20210225230301
  • Img_2344_20210225230301
  • Img_2345_20210225230301
  • Img_2349_20210225231101
  • Img_2350_20210225231101