フォト

カテゴリー

« 進行状況 GPZ | トップページ | 更新 »

2015年9月17日 (木)

対策部品

手直し作業 HONDA MT250 エルシノア

各部チェック後、走り回りまして

4000rpmまでのゆったりした走行なら問題ありませんが

アグレッシブに走ると薄いような感じがし

MJ交換しても迷宮に入りましたので

PWKのフロート容量に原因があるのか?と考えました。

純正キャブと比べるとその容量の差は結構あります。

アイドリング不調の純正キャブには戻したくないので、できるだけPWKを対策。

燃料コックも他がありませんし供給量はいじらずに

で、どうやって容量を増やすか考えましたが

Img_5339 見つけました。

PWKではお馴染みなのかもしれませんが

僕にとってはやっと見つけた救いのパーツです。の、はずです。

Img_5346 上から覗くと

あまり純正と変わりませんが

底面の部分が大きくなった分、縦筒の底がさらに横に広げられています。

Img_5345 JiT SiE

MITANI motor sports さんで購入できます。

トライアルでは必須なのかな

エルシノアに効果があるのかはやってみないと分かりませんが

簡単にフロート室MJ廻りのガソリン容量を増やせるうれしいパーツです。

Img_5349 装着

S様 ご迷惑をおかけします

天気みてテストします

もうしばらくお待ちください

宜しくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県西宮市上甲子園4-12-36

0798-22-5587

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

« 進行状況 GPZ | トップページ | 更新 »

修理ホンダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対策部品:

« 進行状況 GPZ | トップページ | 更新 »

最近の写真

  • Img_1888_20210225231101
  • Img_2257
  • Img_2324_20210225225701
  • Img_2326_20210225225701
  • Img_2340
  • Img_2341
  • Img_2342_20210225230301
  • Img_2343_20210225230301
  • Img_2344_20210225230301
  • Img_2345_20210225230301
  • Img_2349_20210225231101
  • Img_2350_20210225231101