フォト

カテゴリー

« 仲間入り | トップページ | 250SB  »

2015年8月12日 (水)

進行状況 エルシノア

復活修理作業 HONDA MT250 エルシノア

エンジントラブルで修行ツーリング当日に不動となったエルシノア

ピストンなどすべて廃番でしたので

WISECO製オーバーサイズの入荷を待ちシリンダーボーリング加工

Img_4664

シリンダーはプラトーホーニング

ピストン関係は、WPC&MOS2仕上げです。

エンジン組み上がり試乗しました

Img_4791

が、冬場影を潜めていたスロットル低開度での濃さがかなり

顕著に出てきました。

標準スロージェットよりかなり薄く振って少しマシになるという感じです。

信号待ちでは、プラグは真っ黒。

チョーク系統にも問題ありませんでしたので

腐食のみられるキャブレターボデーと判断しキャブレター交換。

付いてる純正は口径28mm 挿し込み外径約35mm

インマニをそのまま使用できる寸法でキャブレターを探して

KEIHIN PWK28 を入手

このキャブでやってみます。

Img_4833

Img_4835 左 純正 右 PWK

スロットルケーブル取り付け部分を少し加工して

Img_4837 仮 装着

全長はPWKが短く、エアクリーナー側挿し込み部寸法は大きいので

Img_4839

アルミ無垢材でアダプター製作

Img_4840

段付き変換アダプターです。

Img_4842

口径大きい方はキャブレターを圧入します。

Img_4843 完成

キャブレターボデーの段付きをキレイに削って

Img_4844 圧入

Img_4845 装着。

全体的に初期の設定より濃いジェットに交換して走りました

アイドリングでもプラグはしっかり焼けていて真っ黒に煤けることは

無くなりました。

が、手持ちのジェットでは、なかなか気持ち良く走ることができません。

まずはこのPWKで低開度から中開度までを決めてみます。

S様 大変お待たせしております

ジェットが入荷次第、作業を再開します

もうしばらくお待ちください

宜しくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県西宮市上甲子園4-12-36

0798-22-5587

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

« 仲間入り | トップページ | 250SB  »

修理ホンダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進行状況 エルシノア:

« 仲間入り | トップページ | 250SB  »

最近の写真

  • Img_2802
  • Img_2803
  • Img_2805
  • Img_2806
  • Img_2809
  • Img_2810
  • Img_2811_20191204223301
  • Img_2812
  • Img_2813
  • Img_2814
  • Img_2815_20191204225201
  • Img_2816_20191204223601