フォト

カテゴリー

« 緊要に戻れ | トップページ | 進行状況 エイプ »

2014年4月 9日 (水)

進行状況 900SS

改善作業の DUCATI 900SS ベベル

点火系をリフレッシュし

ASウオタニ フルパワーキットを装着。

これはすばらしい!アイドリングも安定、走りもパワフルです。

Dsc00599 試乗。

走りは良くなったのですが、今回一緒にご依頼いただいてたクラッチの調整はうまくいきません。

レバー関係を国産で流用したものの 遊びを付けるとクラッチが切れない

ギリギリ切れるところまで詰めると純正と同じくらい重い。。

ニュートラルに入らないもんだから重いクラッチレバーを信号待ちでずっと握ることになり

流石に僕も途中休憩しました。

Dsc00601 バリ取ったりいろいろしましたが変化無し。この車両のスプリングがくせ者っぽい。

Dsc00602 純正よりサーフレックス強化が軽くなるということで交換することに決定。

軽くなっても切れなければ一緒ですがこのクラッチはいい感じです。

スプリングが純正より短くフリクション、スチールの当たり面も純正より狭いので切れがいい^^

逆に滑り出さないか心配でしたが走行しても大丈夫そうです。

この仕様に国産流用クラッチレバーを再度装着。

Dsc00632 楽チンであります。

国産ほどの軽さはありませんが、初めにくらべかなり軽くなったししっかりクラッチ切れてます。

スッとニュートラルが出るってすばらしい。

久々の さんふらわぁ でしたが、弾丸フェリーにバイク弾丸が増えてました

https://www.ferry-sunflower.co.jp/bike_plan.html

Dsc00633 港湾関係の方とバイク談議の後

六アイ→ポーアイ→六アイ→ポーアイ→六アイ→・・・・・・セッティングです。

ハーバーハイウェイ走って中速から高速まで調整。

トラックが多くなるまでの時間みっちり走ります。

いい感じになったところで

Dsc00635 島の中をプラプラ走り

国道43号線で帰路につく

深江交差点の長い信号を最前列プレッシャー(背中に大型トラックそして右折レーン)でハンドルから両手を離して信号待ち。

不安なバイクはこの両手離しがなかなかできません。

この900SS、アイドリングの落ち込みすら無く安心でございます。

住宅街をトロトロ走って

Dsc00639 最終チェックポイント

プラグもOKでございます。

Dsc00640 いいバイクです。

O様  外した外装パーツ取り付けて完成です

お待たせいたしました

お時間いただきありがとうございました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県西宮市上甲子園4-12-36

0798-22-5587

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

 

« 緊要に戻れ | トップページ | 進行状況 エイプ »

修理 ドカティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進行状況 900SS:

« 緊要に戻れ | トップページ | 進行状況 エイプ »

最近の写真

  • Img_1513
  • Img_2293_20210223181401
  • Img_2295_20210223181301
  • Img_2296_20210223181301
  • Img_2297
  • Img_2298_20210223181301
  • Img_2299
  • Img_2300
  • Img_2302_20210223181301
  • Img_2303
  • Img_2305
  • Img_2306