フォト

カテゴリー

« 進行状況 CB400FOUR | トップページ | 進行状況 XL »

2014年2月 1日 (土)

気化器は根気

走行不調修理のHONDA CB400FOUR NC36

キャブレターの組立を終え卓上オーバーフローテスト

1日経つと2番キャブからガソリンがしみ出てきました

やはりオイルが増えた原因が潜んでいます。

そもそも負圧コックが壊れていないかぎり停止中に極端にオイルが増えるということは考えられませんので、アイドリング&走行しながら徐々に増えたかも。

この状態ではまた走れば走るほどガソリンはしみ出ると思います。

キャブ側座面、バルブの当たり面もキレイでしたが念の為2番のみ新品のバルブに交換。

新品だと漏れが酷くなる、他のキャブとフロート一式変えても同じ。なんじゃこりゃ~という感じで再度チェック。

結局2番キャブ本体の不具合でございました。

フロートピンと座面までの寸法が他の3つと違う。部品取りキャブは4つすべて同じでしたので

Dsc000112番キャブのみ移植。部品取りあって良かった~

Dsc000121日置きましたがバッチグーです。

Dsc00014組み立てて同調。

工場内の作業が完了しましたので

Dsc00020試乗。下から上までキレイに吹けます。

Dsc00022たまにホンダ車に乗ると改めて技術力を感じます。

Dsc00023試乗完了しました。

Y様 エンジン冷やしてから始動だけ確認します

もうしばらくお待ちください

宜しくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

兵庫県西宮市上甲子園4-12-36

0798-22-5587

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

« 進行状況 CB400FOUR | トップページ | 進行状況 XL »

修理ホンダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気化器は根気:

« 進行状況 CB400FOUR | トップページ | 進行状況 XL »

最近の写真

  • Img_4332
  • Img_4333
  • Img_4334
  • Img_4336
  • Img_4338
  • Img_4340
  • Img_4341
  • Img_3875
  • Img_3876
  • Img_3877
  • Img_4238
  • Img_4240