フォト

カテゴリー

« 内視スコープ | トップページ | ベベル  »

2010年7月 4日 (日)

ベベル

6月に修理依頼で入庫した DUCATI 900SS

さすがすごいオーラです。

P1030073 ミッションの不調と

走行中の黒煙。

プラグがすぐに真っ黒になり

スムーズにエンジンが

回ってくれません。

ツーリング途中のトラブルでした。

しかも四国。ギヤはローギヤのままで動かないので試乗が出来ない為 さきにミッションから修理です。

クランクケースまで分解なら時間かかるなーと思いつつ クラッチ側から開けてみると

P1020880 ギヤシフトカムのプレートを

固定しているボルトが緩んで

チェンジシャフトに引っかかっていました。

ボルトにロック剤を塗って固定し直すと

しっかりギヤが動きます。

せっかくクランクケースカバーを開けたので世間で有名な注意点ピックアップコイルの

配線もチェックしておきます。

P1030022_2 さすが有名な注意点だけあって

被覆チューブの中はボロボロです。

手で触れば配線のゴムがパラパラ外れます。

ピックアップコイルの

手前まで浸食されていたので

中間を新しい配線で繋ぎ直します。

エンジン内部のオイルによって

配線がボロボロになるようです。

P1030026 つなぎ直しの図

依頼修理内容はこれで一気に解決か!と思い組み立てて試乗です。

« 内視スコープ | トップページ | ベベル  »

修理 ドカティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベベル:

« 内視スコープ | トップページ | ベベル  »

最近の写真

  • Img_1513
  • Img_2293_20210223181401
  • Img_2295_20210223181301
  • Img_2296_20210223181301
  • Img_2297
  • Img_2298_20210223181301
  • Img_2299
  • Img_2300
  • Img_2302_20210223181301
  • Img_2303
  • Img_2305
  • Img_2306